2017年7月 4日 (火)

卒業記念に跳ぶ人たち

   昨日、ウェディングドレスでの卒業記念写真が多いってな話を

U393139983478895208fm26gp0
   いて、もう一つ思い出した。
   わたしの好みなのか、最近の傾向なのか、
   恐らく、両方なんでしょうが、近年?こんな人たちの写真が多い。
   それは、跳ぶひとたち。
    まぁ、大学生だから若いしねぇ。 
    この時期にしかこんなことが出来ないなら、これもありか!
   そん中でも・・・ってのは、わたしの見た、わたしの集めてる写真の
   中の更にさらにその、跳ぶ!部門??で
     何これ?どうやってんの??は
U38479162723806519971fm26gp0
    例えばこんなの。
    これねぇ、8名の共同作業ですが、
    左からお二人目と三人目にとっと乱れ?はあるものの
    それがまた、作り物でない?証拠とも言え、かなりの
    難易度でしょ、これ。
       まぁ、これだけでは、卒業の為?跳んでるかどうか
    までは判らないので、単に楽しくて?跳んでるのかも。
3
     こちらは、完全に卒業記念のようですが、
    せ~の!!でやっても揃わなかったようですが、まぁ
    逆にそれが躍動感ってんですか、なんか、上手いこと
    いってるような。
2
     ただただ、跳ぶだけ?ならこんな
    飛躍力?のある人たちん集団にはカナワナイ。
    ってことで、最近、跳ぶ人たちが多いよ!って
   紹介なんですが、
    これはもう完全に、デジタルカメラとインターネットの
   為せる技ですよね。
     これとは別に番外編。
    わたしの推薦。
U1070458362025684028fm26gp0
        これ。
     これねぇ、難易度はないですよ、
     これをですね、
    函館・五稜郭タワーの前でやってくれませんか。
    後ろにタワーが写り込んでるとなお結構。
     どうでしょう?
    タワー関係の方ご覧になっていたら、試してみてください。
     五稜郭宣伝ポスターにも使えそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

中国、数字の落とし穴、 一

Photo

    昨日のお話ともちょっと関係してますが、中国の話をするときに、
   よく、誰もが陥る落とし穴があります。「落とし穴」は失礼かなぁ・・・
   でも、これって、中国が自分の為に掘ってる穴ではなく、もっとも
   そんなのもあるにはあるので両方あるんですが、実は意外にお
   多くは中国を見ている他国の人が勝手に?掘ってる「落とし穴」が
   多いと思う。

    それって、数字に関することなんですが、
   昨日も触れたように、中国の何かを例にあげ、その客観的証明
   として、よく、数字を挙げる方が多いわけです。
    分かり好いですから、それはそれで、正しいんですが、
   注意しなくちゃならんのは、
    数字はウソをつかない、という先入観の上に、
    更に挙げられた数字があたかもどこから引いてきた客観的
   第三者的?数字であったにしても、
    そうであったにしても、
    いやいや、そうであるればある程、
   気を付けてください!
    その数字、全体からの割合で語ってませんか、この時の全体は
   人口でいうなら13億ですよね、その13億も実はあやしい?が、
   そして、それぞれの数字はその分母(わたしの言い方は全人口を
   分母として)での個々の割合ですが、なんせその分母が分母です
   からして、そこから導き出された数字をそのまま自国、日本であれば
   1億2千万の人口へ置き換えて、比較するのは危険!!
     危険でしょ、やっちゃならない・・・・
     ってなことを言いたかった。

     それを踏まえて、今日は、もう一つ。
   今日の数字は割合ではなく、
   歴史的な数字ですね。
     よくこれは中国側が言い出すことが多いかぁ?
    中国数千年の歴史の中で・・・の数字比較ですが、
    これねぇ~・・・これも間違いではないのですが、
   実は、中国、この新しい中国の歴史はたかだか70年に満たない。
   まぁ、歴史は途切れなくあるので、その意味では数千年の歴史を、
   悠久の歴史をもっている国ではありますが、
    実は、その今の制度を持ってからまだ、若い国なんですね。
   なのに、話は今、今の国の制度上からの問題なのに、
   比較してるのは悠久の歴史??ってそりゃ、どっちの物差しで
   モノを言い、比較してるの??ってことは注意して頂きたい。
1
    時に明らかに中国の人はそこを
   使い分けて話して、いいように自分の有利な話にもっていこうと
   しますが、それはどうもあまりにご都合主義でしょ。
    今のシステムはあくまでもここ70年くらい、それもその半分は
   外(国外)との関係を余りもとなかったから、せいぜいがここ
   30数年の自国のシステムを持ってする、或いは紹介するのに
   数千年の歴史を持ってずっとそうであったかのようにおっしゃるのは
   そりゃぁちょっと都合良すぎ!!
     この使い分けが上手くて、時に、数千年の歴史を持ち、営営と
    営まれてきたその暮らしを全く無視して、この新しい国を単に
    新しい国として見て発言されてる方もおられますが、
    それはそれでホラ、ちょっとねぇ・・・
    結論、
    難しいんだこの国は、
    でも、数字が出てきたらとりあえず、用心しましょうよ。
    数字がかならずしも客観的な頼りになる基準となる、
     は、危険だということです。
   もう少し数字についてはあるので、明日また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

今年の端午節ドゥァン・ウ・ジェは・・・

U42685806352237362487fm11gp0_2

     先日、ちょっと書いたんですけどね、
   今日また書いてるのは、
   中国、今日は端午節でお休み、
Photo
      まぁ、皆さんには関係ないですが、
    とりあえず?三連休でして、
      各地から、端午節に関するいろんなニュースが届いてます。
     今年の三連休となった、端午の節句のこのお休み、
    高速道路は残念ながら、有料だそうで、
    そんな点もあってか、車関係、近郊へのお出かけニュースなどが
    少し、いつもの連休よりすくないのかも。
25sjms
       各地、自慢の?催し物はやってまして、
      これは何処だったかなぁ・・・
      中国在住の外国の方を集めての、ちまきづくり教室??
      多分、欧米の方にはそのちまきそのものが新鮮でしょうから、
      愉しいかも。
       準備させして貰えれば、作り方自体は至って簡単、
      詰めりゃいいだけですからね。
     いいなぁ、粽たべたいなぁ~
U37051800462075748614fm23gp0
      できれば、ですが・・・
     いま、中国の人が粽を作ったので持ってきてくれるらしいですが、
     南の人の作ったちまきが面白い?ですよね、
      お米ですからね、
      元来が南の文化でしょうしね、
     更にもち米ですしね、
     そして、その中に入れる、具と言っていいんでしょうか、
     南の人のは面白い。
       各地でいろんなのを入れるらしいんですね。
U41479690921798028523fm11gp0
      ところが、
     昨日になって、粽を・・・と連絡くれたのは
     北の人なんですが、
      なんでもいいんです、本場も物の粽が食べられるなら。
      愉しみにしてますよ、Rさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

一足お先に、端午節 - 昆明動物園の動物たち

    明日、土曜日を出勤すれば、日・月・火と三連休。

U41479690921798028523fm11gp0    端午節ダン・ウ・ジェ
    端午の節句ですね。
      こちらの物語、故事は前にも書いているので省略。
    今日紹介するのは、
     その連休を控えて、連休に入ったならきっと沢山の
    お客さんが訪れるであろう、昆明動物園でのお話。
     動物園の粋な計らい??で、
0824ab18972bd4078efcfa8671899e510fb
     事前にパンダさんにも
    粽を。
     ん、 笹を食べるだけあって?
    粽も好物か?なぁ~
     ホントなのかなぁ~この画。
    まぁ、パンダですから・・・無理やり食べさせてるわけでもなし、
    まんざら、粽のその笹の葉で巻いてくれれば・・・
    喜んで?喜んでるのかなぁ・・・この顔??
     他の動物の写真(動物たちに粽を上げている画像)も
    ありましたけど、喜んでるかどうかまでは、分からない。
     でもまぁ、
     明後日あたりからは、どっと人がでて、
    見に来た人たちを喜ばせなくちゃならないので、
      ここはひとつ、粽でも食べて・・・・って、
     ホントに喜んでんのかなぁ・・・
    存外迷惑だったりして。
      人間の方は、
     明日がんばって働けば、連休です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

中国も、田植えの季節を迎え

3b292df5e0fe9925d97476233ea85edf8db

       もちろん、地方によっても違いますが、
   冬が過ぎ、暖かくなってきて、早い処ではもうとっくにでしょうが、
   ようやく、北海道も暖かくなり、
   そろそろ、田植えの季節を迎えるようになります。
    水のはられた田んぼの景色はきれいですよね。
    こちらは、中国貴州省での空撮風景。
   綺麗ですね、
     なんとなく、これだけの風景なのに
   温かみを感じることができます。
     のどか。
     こんな感じで世界があれば、いいのになぁ~と
   思うんですけどね。
     緑と水
    欠くべからざる条件ですよね、 
    ヒトが生きていく上で、
     急に北海道も気温が上がり、
     驚いてますが、
    農家の人達はそれとは別に忙しい季節を迎え
    大変なんでしょうね。
     最近では機械で、
Yjimage ってところも日本では多いようですが、
 中国?
  同じかなぁ~
  あんまり機械で植えてるところ見たことが
 ないのは、
  イメージの問題だろうか、
              そんなにこの季節旅行に出る機会はないので
   どうだったかなぁ??と今考えている。
Yjimage_1_2
         貴州省、
    こんな日本の様な棚田の景色が綺麗なところがあるのは
    覚えている。
     ・・・ってなことを書いてるとまたまた
    行きたくなっちゃうから困るんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

シェア・・・する? 共享単車

B03533fa828ba61ea26a600f4b34970a304

    ついこの間?までは、このコトバ
   「シェア」は、その占有率として使っていた。
   こちらの商品はシェア××パーセントってな、使い方。
   それがいつの間にか、それを差し置いて?共有するってな意味で、
   今では使われていて、
   「シェアする」なんてな、活用形で使ってますよね、
    いつ頃からだろう・・・、「シェアハウス」なんてな怪しい使われ方
   で、いまではもう定着か??
    話題は、昨日の函館での雨傘、
   あれもじつはその~シェア・・・なんですね、
   シェア雨傘、おぉ~こんな言われ方するかもよ!!
   昔、シェルブールの雨傘ってあったけど・・・。
       あれは、ってのは函館のそのシェア雨傘ですが、
   無料だったんですね、一切お金もかからず、届けも要らず、
   誰に断ることもなく、
     「どうぞお持ちください!」ってのを、どうやら
     「どうぞ持ち帰ってください」と解釈されたようで、そのまま
   ほぼ9割戻ってこなかったてんですから、まぁ、そりゃ止めるわね、
     って話をしました。

     今日は、所変わって中国です。
    中国でもこの「シェア」大流行。でも流石?漢字の国ですので
   「シェア」なんてなことは言わず、「共享 ゴン・シャン」
   言ってますね。「共に享受する」ってんだから上手いよねやっぱ。
D000baa1cd11728b47810503c2fcc3cec3f     今日取り上げたのは、自転車。
   これ、いつから始めたのか、去年旅行した時も見ましたもんね、
   まぁ、そのレンタルと理解していただいていいんですが、
   料金がかかりますよ、それから、この時代ですから、スマホで
   事前に登録なんかも必要なんですが、
     要するに、自転車をみんなで共有して使おうじゃないの・・・
   ってことで、始まったんですが、
     これが、始めたのは民間です、行政は手を出さない。
     これ、そこそこ金になると踏んでるのか、かなり色んな会社が
   乗り出してるようですね。
    まぁ、設備投資ってか初期投資ってんですがそれが少なくて
   済むんでまぁやってみっか!見たいが企業がどっと、一番は、
   登録や決済にネットを使うんで、きっとその辺のネット関連会社
   が参入!!
     スマホで個人の情報を登録、
     事前にあるお金を積んでおきます、
     利用の際は1時間いくらの電子マネー決済かな、
    まぁ違う方法もあってもいいんですが、
    要するに、いまいま気軽にそこに自転車があっから・・・と、
    利用はできないです。

      さて、このシェア自転車、
    やっぱ!ですが、様々な問題が・・・・
    それを取り上げて取り立てている人も多くいますが、
    どうなんでしょ、
    ある新しいものを取り入れた時ですね、最初からそうそう
    上手くはいかんでしょ、予想外のこともあるでしょう、
    不備もあるでしょ、
     でも、そこばかりあげつらうのはどうなもんかなぁ・・と
    わたしは見てますね。
      整備すべきは整備されるでしょ、そのうちに。
    問題点はひとつひとつ学習され、解決されていくでしょ、
     それとの兼ね合いで、この
    「共享」が上手くいくなら、いいんじゃないですか・・・
     色んなのに手を出してますが、ある種のものは上手くいくと
    思いますよ。
     何も何から何まで個人所有でなかっても構わないし、とは
    思うものの、中国の人がホントにそう思えるかどうかってえと
    ちょっとそこが不安。人間、所有欲ってありますからねぇ・・・
    日本ではさんざんもう一度はみんなが持ってそれで考えたのが
    所有すると結構邪魔な問題があるってのをこの長い年かけて
    学習したんですが、
      中国ではまだ、そこが・・・・

      と、公共ってか、ここではこの自転車は公共のものではなく
    単に会社のもんなんですが、
      要するに、自分のものでない、他の人と一緒に使うその
    気遣いがどんだけできるか・・・なんですが、
      この点も中国ではかなり苦労するだろうなぁってのは
    想像できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

いまどきの、清明節

U152341584192801639fm23gp0
     清明節、チン・ミン・ジェ です。
   なに?清明節が判らない??それはちょっと・・・困った、
   どっかで調べてください。上の画を見ても何を意味してるかが
   判らない方、もうここでも何度も書いてますが、まぁ、たいがいこの
   時期、一年に一回のことですからね、
    別に分からなくとも構わないのですが、
    ちょっと、その辺の説明を省きたいわけであります。
    今日がその清明節でして、
   中国、今日はお休みです。
     でその、いまどきの清明節ってのを書きたいわけです。
    どんどん変わってきています、
    このことに限らないわけでありますが、
   いまどきになってみると、
     どう変わったか、ってなことをこれから述べるわけですが、
    これって、前を知らないと、いまどきが生きない??わけですが、
   年を取るとこうして前と比べてどうこう・・・ってのが好きになるん
   ですね、ですから、まぁ、そんなもんだ、要するに役にも立たない
   情報だってことですが、
     それはまぁ・・・ここの記事は毎日そんなようなもんですから、
   いまさら・・・・
     変わった点を、二つのべておきます。
   一つは、その清明節本来の意味合いが薄れ・・・って
   これまたどの国もどんな歴史的伝統行事が皆そうですが、
    その本質をはずれ、単なる?休みという認識が強くなり
   遊びに行くぞぉ~って人が増えている。
     これは、国内消費拡大と、観光産業にとっては望ましい
   ことではありますが・・・
     これまた、あまり行き過ぎるとですね、
     これでいいのか??となるわけであります。
    二つ目、
    中国のニュースをみておりますと、盛んに”エコ”という用語で
    呼んでますが、んん~ちょっと、違うけどなぁ・・・
1
      こういう習慣ですね、
    紙を大量に燃やすことを止めよう・・・ってわけですね、
    一番最初の画もそうなんですが、
     墓場でもこうして紙を燃やしたりするもんですから、
   火災になったりして、
     それこそ大気汚染を促進する??ってわけで止めましょう!
    と言ってますが、
     そうなんですかねぇ・・・
     まぁ火事になることは防ぎたいですですが。
     ということで、長年の習慣にも変化のきざし??が、
    変わるんですよ、あらゆるものが、変わるんです。
 
B812c8fcc3cec3fd042558a9df88d43f869
          この写真の下には
     「90后(今時のわかもの)は、墓前にあっても
      跪くこともなければ、涙を流すこともない・・・」
    ってなことが
     それはちょっと?非難???に
    あたらんでしょ、
     だってこの若者ちゃ~んと、墓参りに来てるんですよ、
    偉いじゃないですか・・・
      そんな必ず大声出して泣くことに何の意味があるんですか?
    ですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

まだまだだよなぁ~、中国ニセモノ天国、3・15

   3・15が「世界消費者権利デー」だ、なんて知ってました。

Yjimage    この日、中国は
   そうした、ニセものを取り締まりに、本気ですよぉ~!!との
   姿勢を示すために?
    ブラックリストも発表!!
   これだけで、結構笑えるけど。
E4774639s
     こちらは、お馴染みの??
   偽物を並べて、車で粉々に粉砕してニセモノ撲滅作戦を
   眼で見える形にしたもの。
     まだやってんだぁ~こんなこと。
     上の写真は消火器ですよね、ダメでしょ!こんな
   命に係わるもののニセモノじゃ!肝心な時どうすんのよ(≧ヘ≦)
     以前はこれ、
    よく下にはニセDVDってな映像だったんですが、それは無くなった。
   何故か?って
    今時誰もDVDを買って映画を見なくなった、み~んなネット、
   だから、そこではもう儲からない=ニセモノ業者も撤退。
     相変わらずのブランドはその標的にあってますね、
   一番上のナイキ、
    いつも言ってるが、ナイキは可哀そうだ、誰でもあのマークは
   マネできるもんなぁ~。
      まぁ、いつになく本気度??を見せてるんですが、
    それって、見せてるだけで、
    その本気度そのものが・・・・ってことですか??
    たまらんなぁ・・・。
     ついでに、もう何年も前になりますが、
    わたしの書いた、中国ニセモノ騒動記
   をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

中国の路線バス 

1     中国のそれ、路線バスが、日本のそれと

   どう違うか?ということですが、
    基本、そう違わないです。バスですから・・・。
    どれくらいの方が中国旅行をされて、実際に現地のこうした
   路線バスにお乗りになる機会があるのかは分かりませんが、
   まぁ、そう少なくない方がお乗りになった事があるのでは。
     上の画像でもお分かりの様に、
   全部じゃないですよ、路線によりますが、こうした
   2輌連結のバスをよく目にします。
     まぁ、真ん中で蛇腹式に繋がってるだけで電車のと
   同じと思っていただいて構いません。
    人が多いせいです。
U758693100503882079fm23gp0     車内も、最近ではそう違わないものになりました。
    降りる時の降車ボタンってんですか、あれがないくらいかなぁ。
    ある路線もありましたけどね。まだ少ない。
     人が多いので、バスの本数は圧倒的に多い。
    ですので、バス停の表示には時間は書いてなくて、
    始発から、終点までのバス停の名前がずら~っと
    書き連ねてありますよね。これは見事。
     このことは前にも書きました。
     車内放送なんかもそう言えば、
    似てきていて、最初に、「次の駅は××、お降りの方は・・・」
    ってな車内放送が女性の声で、
    すぐ後をおって、同じ内容を英語で・・・
    ってな方式は同じです。
      違うのは乗客のみんなが、日本の様におとなし~く
    してない。大声で何か話している人が多すぎて、
    大概、聞き取れない。
    聞き取りづらい。
      もっちょと音量を上げては貰えんか・・・と思うが、
    そうしたら、きっと周りの話し声がそれに輪をかけて
    大きくなるんだからおなじだろうなぁ・・・。
      愉しいですよ、
    一度、試しにお乗りになってください。
      混んでるときはそれなりにスリに注意などは
    欠かせない外国旅行の常識です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

3月8日、といえば、中国では・・・

U18753707451223550269fm23gp0_2

       3月8日と言えば・・・
     三八婦女節 サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ
    と読みます。
     中国では言わずとしてた? 女性の日ですね。
    余り、日本では知られていないし、
    騒がれない?ので何度か書いてますが、それでも・・・
     「わたしの見た中国」2013年のやはりこの月、3月号でも
    書いております。
     もし、お時間がありましたら、どうぞご覧ください。
     そちらへは、下のクリックしていただけますと、
    ご覧いただけます。
    ですが、これももう、
     四年前ですからね、そっから中国も変わりました。
    当然、この日の位置も少しずつではありますが、
    変わってきています。
     13年に書いた頃をその前の中国のそれが書かれてます。
    多くはあの時代、公務員でしたよ、国営がまだまだ幅を
    きかせてましたね。
      それから、大きな民営化の波が押し寄せ、
    民間会社になってみると、先ずは、そんな余裕が・・・
    ってのは、この日を特別な日?と認めて、何かをする
    ということはなくなってきました。
4
 例えばこれ、
 何ですかね、簡単な健康診断でも
 やってくれてるんですかね。
  これって、
 もう、私企業じゃないですね
 ちょっとわたしの写した写真じゃないんで
                はっきりしたことは言えませんが、
                どうやら、学校のグランド・・・的な
     そんな催しでしょ、
U23153696162453450351fm23gp0
  こちらはもう完全に
  会議ですよ、
  っていうか、集会。
   三八婦女節での集会で
  女性ばっか、
   誰かが表彰されてりするんですかね。
    まぁ、兎に角例としてはこんなもんでお分かりいただけましょうか?
   以前ですとこの日の、この手の、催しがあって、
   更には、新聞紙上などでも大々的に取り上げられていたのが・・・
    大きな要因は上に書いた、国営が減った、
   多分今後もこうした傾向にあって、
   以前ほど盛り上がらない??ことにはなるんでしょ。
    それって、
   表面的はそうなっても、中身?がその日を大切にする日であるなら
   それはそれで好いことなんですけどね。
     わたしの言いたいのは
   シルバーシート何てものが必要なのは、そうした人に黙ってると
   誰も席を譲らんからでしょ!!
    スッと誰かが席を譲ってくれるなら、そんな指定の色分けした
   シートなんかは要らない。
    本当はそんなんのがあるのが恥だ!!と思わんくちゃならんのに
   田舎でも?都会の真似して、あるんだよねぇ~シルバーシート。
     そんなんだったら、老人人口の方が多いんだから、
   本来?なら、座席の半分以上がシルバーシートで、残りのちょっとが
   普通の席でいいんじゃないの??
     だったらイッソ、若者シートってのを作って、特別に疲れてる
   若者ののみまぁここなら座っていいですよ、的なのを作ればいい・・
     と、余計なことを考えてしまう。
   日本がそうだが、婦人が・・!婦人の・・・!の声高に叫んでる 
   うちはダメだってことですよ、
    ってことは、
   いまの中国の傾向、好ましい方へ向かってるのかというと
   これがまた、そうとも・・・というところが悩ましい処ではありますが、
    とりあえず、
     三・八婦女節 おめでとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧