2017年10月10日 (火)

国慶節長期休暇を終えた中国、さて・・・その分析は?

Timg_1

     国慶節のお休みを抜けた中国、
   毎年発表されるこの間の人手とか、経済効果とか・・・
   どこも同じですね。
    で、大体はこうした分析は、政府関係者か経済学的観点からの
   ものだったのが、徐々に一般の人からの意見も。
     これは以前とはすこし違った面を見せてますね。
   小さな数字?から見えるもの、ってのもありますからね。
Timg_2     政府発表の大まかな数字はもう出尽くしたのかもしれません。
   結果はこれまたどの国も同じでして
     前年比であるとか、今年の特徴などを論説。

     数字から見えるそうした分析は、概ね経済的なことですね。
   もっと違った観点、
   例えば、中国旅行者、或いは中国旅行社の成熟度とか、
   長期休暇そのものの過ごし方、ってなところに来てほしいなぁ・・・
   と、思って見ていまして、
     この後に期待してます。

     そうした反省?というか、見直し?がないと
   ただただ、数が大きくなって、増えりゃいいの??ってことですよ。
     中国に関して言えば、
    黙ってたって総体は増えてくでしょ、この先何年も、
   ただ、あっちが増えてこっちが減ったと一喜一憂してるのは・・・・
   こてまたどの国も同じか!

     肝心なことは、
   そんな政府発表の数字のところにはないんだ・・・・ってことに
   そろそろ気づき始めて欲しい、というか、
   気づいてるとは思いますが、
     さて、気づいてどうするか・・・ですよね。
   それを見たい。
Timg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

国慶節、今年のお休みは 8日間

U3302855462418518812fm11gp0

    今頃は・・・
   もう、中国各地の職場で、気もそぞろ・・・ってな人が
   沢山いそうだなぁ・・・

     いよいよ、国慶節まであと・・・幾日、という今日、
   こちらは、中国の人なら誰でも知ってるというか、
    今頃??その話・・・と笑われそうですが、
   日本では知られてないので、一応ね。
U112122614613682842fm11gp0
           こんなんなってましての、8日間!長期休暇!!
    拍手!!パチパチ!!
     いまいまの話題はですね、
    最近はホント日本と似てきまして、
    高速道路渋滞予測、なんてなのをやってましてね
    何日が行きのピークで、帰りのピークは・・・ってなのをやってますが、
    ここで、日本とちょっと違うのは、
    日本は流石、東京一極集中の国ですからして、
    東京からの出の流れと、帰りを見ればいいだけですが、
    中国はそうはいかないぞぉ~、
      何せ、東京クラス(1000万都市)数ありますからね。
    当然、大都市周辺はその出入りが。
      更に、広い広い。
    移動する人たちの移動距離が半端じゃない。
    ・・・ってな点には触れず、まぁそれで普通と思ってんじゃないですか。

     あとは、お天気ですよね。
    行楽と言えば、お天気の心配。
    ・・・・ってところはどこも同じですね。

     その反動?で
    今日のニュースってか話題を見ていたら、
    こうして皆が遊んで歩く時期こそ、三次産業の人たちはその人たち
    へのサービスの為にお仕事に・・・・ですが、
    その担い手が足りない。
     ってんで、この休みの間、残業代として××元!!ってな
    なんかとてつもない金額が。
     多分それでも集まりは悪いんだろうなぁ・・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

近づく、国慶節、天安門の飾りつけに忙しい中国

6a600c338744ebf81f226a25d2f9d72a605

    あと、一週間。
   中国、国慶節を迎えようとしている中国。
    毎年のことですが、只今、天安門広場はその
   祝賀ムードを盛り上げるための飾りつけに余念がない。

     その飾りつけも、年々やっぱり凝ってるようですよ。
   以前から比べても、その
0eb30f2442a7d93348f08f6ca64bd11373f
      こうした飾りの材質そのものが違いますからね。
     思い切ったものができるんでしょうね。
     無論、
    生花も他の部門が担当して、
    10月1日に咲くように調整された花たちが
    圧倒的な数をもってこのあと広場を飾ることでしょう。

     一方、
    人々は、この長期休暇をどうすごすかの話題で盛り上がってる
    頃でしょうね。
     国外へ、日本へ旅行を予定されている人たちはもう
    トランクに荷物を詰め終って、
     さて・・・・
    という頃でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

2017年度「全日本中国語スピーチコンテスト北海道大会」案内

Yjimage_1

       2017年度「全日本中国語スピーチコンテスト北海道大会」の
     ご案内です。
   日時:10月22日(日)12:30~17:00(受付開始 11:40)
   会場: かでる2・7 5F 540研修室 (札幌市中央区北2条西7丁目)
   種目;  暗誦の部  中国語文の暗誦(自作・他作を問いません。)
                 ※ 原稿を読むことはできません。

         朗読の部  中国語文の朗読(主催者で用意した課題文を朗読)
                 ※ 課題文については「中学生・高校生の部」
                 「大学生・大学院生の部」「一般の部」の部門ごとに
                 それぞれ用意しています。
                 課題文が必要な場合は、協会宛お申し出ください。

         弁論の部  中国語による弁論(生活体験、見聞、意見など
                  テーマは自由)※原稿を読むことはできません。

   発表時間: 各種目とも5分以内。
   出場資格: ①日本国籍を有し、北海道に居住している人。
           ②中国語を母語としない人。
           ③過去・現在とも、中国語を日常的に使用する職業に
             就いていない人。
           ④過去に、当大会の全国大会に出場していない人。
           ⑤留学を含めて中国語に滞在した経験のない人。

   参加人数:  暗誦の部10名 朗読の部10名 弁論の部10名 計30名
            ※申し込み順

   参加費用 無料

    主催: 北海道日中友好協会
    共済:(公社)北海道国際交流・協力総合センター、
        (公財)札幌国際プラザ、札幌日中友好協会、札幌姉妹都市協会
    後援:北海道、札幌市、中華人民共和国札幌総領事館、札幌大学孔子学院
        札幌商工会議所、北海道華僑華人連合会、北海道新聞社、
        北海道中国会。
    申し込み受け付け、 9月10日~10月5日
      参加お申し込みは協会まで。
Yjimage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

口卑酒妹  口卑酒宝貝

    日本語何て言うんですか?キャンペーンガール??

U23642604181815741437fm26gp0
    って、もう日本語じゃないし!
   それで、その~、ビール話題でもう一つ思い出した。
   ここのブログは色気が足りない、とのもっぱらのご指摘ですが、
   今回は頑張って?そんな話題を。

     多分?各メーカーで雇うんでしょうが、突然お店にこうした人が
   いると驚きますよね。
U1923586911601347740fm26gp0
      日本だって驚くと思うんですよね・・・それが中国ですから・・・
    驚いちゃうんですよ、これが。
     えっ?何で??何?って感じでしょうか。

     これが、餐亭などにもおりましてね、
    食事に入って行たら、突然、現れた!!
      飲み物の注文の際に、横にいて薦める。

      実際には見てないが、
    この口卑酒会社主催のこの手のコンテストもあるらしい。
     確か新聞でか、雑誌で見たように思う。
     まぁ、ビール会社主催のミスコン、と思ってもらえばいい。
    多分、これに受かったらもうさの先のお仕事は決まったようなもんで
    それがよくて応募するのか、そこそこの賑わいのようですよ。
     この口卑酒妹 や、口卑酒宝貝バォ・べィ(ベビーの当て字)って
    何時どこに出没するのかまでは判らん。
      ってことで、結局大した情報にはならんでしょうが、
    一応??紹介しておりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

卒業記念に跳ぶ人たち

   昨日、ウェディングドレスでの卒業記念写真が多いってな話を

U393139983478895208fm26gp0
   いて、もう一つ思い出した。
   わたしの好みなのか、最近の傾向なのか、
   恐らく、両方なんでしょうが、近年?こんな人たちの写真が多い。
   それは、跳ぶひとたち。
    まぁ、大学生だから若いしねぇ。 
    この時期にしかこんなことが出来ないなら、これもありか!
   そん中でも・・・ってのは、わたしの見た、わたしの集めてる写真の
   中の更にさらにその、跳ぶ!部門??で
     何これ?どうやってんの??は
U38479162723806519971fm26gp0
    例えばこんなの。
    これねぇ、8名の共同作業ですが、
    左からお二人目と三人目にとっと乱れ?はあるものの
    それがまた、作り物でない?証拠とも言え、かなりの
    難易度でしょ、これ。
       まぁ、これだけでは、卒業の為?跳んでるかどうか
    までは判らないので、単に楽しくて?跳んでるのかも。
3
     こちらは、完全に卒業記念のようですが、
    せ~の!!でやっても揃わなかったようですが、まぁ
    逆にそれが躍動感ってんですか、なんか、上手いこと
    いってるような。
2
     ただただ、跳ぶだけ?ならこんな
    飛躍力?のある人たちん集団にはカナワナイ。
    ってことで、最近、跳ぶ人たちが多いよ!って
   紹介なんですが、
    これはもう完全に、デジタルカメラとインターネットの
   為せる技ですよね。
     これとは別に番外編。
    わたしの推薦。
U1070458362025684028fm26gp0
        これ。
     これねぇ、難易度はないですよ、
     これをですね、
    函館・五稜郭タワーの前でやってくれませんか。
    後ろにタワーが写り込んでるとなお結構。
     どうでしょう?
    タワー関係の方ご覧になっていたら、試してみてください。
     五稜郭宣伝ポスターにも使えそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

中国、数字の落とし穴、 一

Photo

    昨日のお話ともちょっと関係してますが、中国の話をするときに、
   よく、誰もが陥る落とし穴があります。「落とし穴」は失礼かなぁ・・・
   でも、これって、中国が自分の為に掘ってる穴ではなく、もっとも
   そんなのもあるにはあるので両方あるんですが、実は意外にお
   多くは中国を見ている他国の人が勝手に?掘ってる「落とし穴」が
   多いと思う。

    それって、数字に関することなんですが、
   昨日も触れたように、中国の何かを例にあげ、その客観的証明
   として、よく、数字を挙げる方が多いわけです。
    分かり好いですから、それはそれで、正しいんですが、
   注意しなくちゃならんのは、
    数字はウソをつかない、という先入観の上に、
    更に挙げられた数字があたかもどこから引いてきた客観的
   第三者的?数字であったにしても、
    そうであったにしても、
    いやいや、そうであるればある程、
   気を付けてください!
    その数字、全体からの割合で語ってませんか、この時の全体は
   人口でいうなら13億ですよね、その13億も実はあやしい?が、
   そして、それぞれの数字はその分母(わたしの言い方は全人口を
   分母として)での個々の割合ですが、なんせその分母が分母です
   からして、そこから導き出された数字をそのまま自国、日本であれば
   1億2千万の人口へ置き換えて、比較するのは危険!!
     危険でしょ、やっちゃならない・・・・
     ってなことを言いたかった。

     それを踏まえて、今日は、もう一つ。
   今日の数字は割合ではなく、
   歴史的な数字ですね。
     よくこれは中国側が言い出すことが多いかぁ?
    中国数千年の歴史の中で・・・の数字比較ですが、
    これねぇ~・・・これも間違いではないのですが、
   実は、中国、この新しい中国の歴史はたかだか70年に満たない。
   まぁ、歴史は途切れなくあるので、その意味では数千年の歴史を、
   悠久の歴史をもっている国ではありますが、
    実は、その今の制度を持ってからまだ、若い国なんですね。
   なのに、話は今、今の国の制度上からの問題なのに、
   比較してるのは悠久の歴史??ってそりゃ、どっちの物差しで
   モノを言い、比較してるの??ってことは注意して頂きたい。
1
    時に明らかに中国の人はそこを
   使い分けて話して、いいように自分の有利な話にもっていこうと
   しますが、それはどうもあまりにご都合主義でしょ。
    今のシステムはあくまでもここ70年くらい、それもその半分は
   外(国外)との関係を余りもとなかったから、せいぜいがここ
   30数年の自国のシステムを持ってする、或いは紹介するのに
   数千年の歴史を持ってずっとそうであったかのようにおっしゃるのは
   そりゃぁちょっと都合良すぎ!!
     この使い分けが上手くて、時に、数千年の歴史を持ち、営営と
    営まれてきたその暮らしを全く無視して、この新しい国を単に
    新しい国として見て発言されてる方もおられますが、
    それはそれでホラ、ちょっとねぇ・・・
    結論、
    難しいんだこの国は、
    でも、数字が出てきたらとりあえず、用心しましょうよ。
    数字がかならずしも客観的な頼りになる基準となる、
     は、危険だということです。
   もう少し数字についてはあるので、明日また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

今年の端午節ドゥァン・ウ・ジェは・・・

U42685806352237362487fm11gp0_2

     先日、ちょっと書いたんですけどね、
   今日また書いてるのは、
   中国、今日は端午節でお休み、
Photo
      まぁ、皆さんには関係ないですが、
    とりあえず?三連休でして、
      各地から、端午節に関するいろんなニュースが届いてます。
     今年の三連休となった、端午の節句のこのお休み、
    高速道路は残念ながら、有料だそうで、
    そんな点もあってか、車関係、近郊へのお出かけニュースなどが
    少し、いつもの連休よりすくないのかも。
25sjms
       各地、自慢の?催し物はやってまして、
      これは何処だったかなぁ・・・
      中国在住の外国の方を集めての、ちまきづくり教室??
      多分、欧米の方にはそのちまきそのものが新鮮でしょうから、
      愉しいかも。
       準備させして貰えれば、作り方自体は至って簡単、
      詰めりゃいいだけですからね。
     いいなぁ、粽たべたいなぁ~
U37051800462075748614fm23gp0
      できれば、ですが・・・
     いま、中国の人が粽を作ったので持ってきてくれるらしいですが、
     南の人の作ったちまきが面白い?ですよね、
      お米ですからね、
      元来が南の文化でしょうしね、
     更にもち米ですしね、
     そして、その中に入れる、具と言っていいんでしょうか、
     南の人のは面白い。
       各地でいろんなのを入れるらしいんですね。
U41479690921798028523fm11gp0
      ところが、
     昨日になって、粽を・・・と連絡くれたのは
     北の人なんですが、
      なんでもいいんです、本場も物の粽が食べられるなら。
      愉しみにしてますよ、Rさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

一足お先に、端午節 - 昆明動物園の動物たち

    明日、土曜日を出勤すれば、日・月・火と三連休。

U41479690921798028523fm11gp0    端午節ダン・ウ・ジェ
    端午の節句ですね。
      こちらの物語、故事は前にも書いているので省略。
    今日紹介するのは、
     その連休を控えて、連休に入ったならきっと沢山の
    お客さんが訪れるであろう、昆明動物園でのお話。
     動物園の粋な計らい??で、
0824ab18972bd4078efcfa8671899e510fb
     事前にパンダさんにも
    粽を。
     ん、 笹を食べるだけあって?
    粽も好物か?なぁ~
     ホントなのかなぁ~この画。
    まぁ、パンダですから・・・無理やり食べさせてるわけでもなし、
    まんざら、粽のその笹の葉で巻いてくれれば・・・
    喜んで?喜んでるのかなぁ・・・この顔??
     他の動物の写真(動物たちに粽を上げている画像)も
    ありましたけど、喜んでるかどうかまでは、分からない。
     でもまぁ、
     明後日あたりからは、どっと人がでて、
    見に来た人たちを喜ばせなくちゃならないので、
      ここはひとつ、粽でも食べて・・・・って、
     ホントに喜んでんのかなぁ・・・
    存外迷惑だったりして。
      人間の方は、
     明日がんばって働けば、連休です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

中国も、田植えの季節を迎え

3b292df5e0fe9925d97476233ea85edf8db

       もちろん、地方によっても違いますが、
   冬が過ぎ、暖かくなってきて、早い処ではもうとっくにでしょうが、
   ようやく、北海道も暖かくなり、
   そろそろ、田植えの季節を迎えるようになります。
    水のはられた田んぼの景色はきれいですよね。
    こちらは、中国貴州省での空撮風景。
   綺麗ですね、
     なんとなく、これだけの風景なのに
   温かみを感じることができます。
     のどか。
     こんな感じで世界があれば、いいのになぁ~と
   思うんですけどね。
     緑と水
    欠くべからざる条件ですよね、 
    ヒトが生きていく上で、
     急に北海道も気温が上がり、
     驚いてますが、
    農家の人達はそれとは別に忙しい季節を迎え
    大変なんでしょうね。
     最近では機械で、
Yjimage ってところも日本では多いようですが、
 中国?
  同じかなぁ~
  あんまり機械で植えてるところ見たことが
 ないのは、
  イメージの問題だろうか、
              そんなにこの季節旅行に出る機会はないので
   どうだったかなぁ??と今考えている。
Yjimage_1_2
         貴州省、
    こんな日本の様な棚田の景色が綺麗なところがあるのは
    覚えている。
     ・・・ってなことを書いてるとまたまた
    行きたくなっちゃうから困るんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧