2022年6月 4日 (土)

今週の中国語 - 「功能障碍 ゴン・ノン・ザァン・アィ」

0a09edffaa36cb9b9c09a4ea377fdc65_1

   100日を超えた、ロシアのウクライナ侵攻で、

  時々、耳にした、 こちら、 国連が

  「機能不全」に陥っている・・・と、言われた。

 

  中国語では、このコトバ、

  多くはその、身体的なことに使われることが多いような?

  肝機能の不全とか・・・ですね、

  まぁ、でも、ある組織がその働き、その目的を

  達することができずにいる状態を言わないわけではない。

 

    でも・・・やっぱり、こうは言わないよね。

   多分、

   無法完成任務 ウ~・ファ・ワン・チェン・レン・ウ

   くらいの訳かなぁ・・・

   とりあえず?あの機関のそれを、

   「機能」とは言わないよね、

   「任務」とは言いそうだけど。

  

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

今週の中国語、「偏見、偏圧、偏用、偏離」 バイアスについて

Shutterstock_212047501

   またまた、アメリカでの銃乱射事件が起き、そのことが

  報じられておりますが、

   違うところでも、発言してますが、こうした事件の扱いを見て、

  どうもその、例えば、同じような事件が、

  例えばですね、場所が、中国で起こったとするなら、

   報道のされ方もまるで違うくなってるでしょうね、

 

   曰く、野蛮な国だ、危険だ、治安が悪い、

  ・・・と、その非難の矛先と強さがまるでちがってるんじゃないか?

   というのが、以前からのわたしの感じで、

 

   これを、「バイアス」がかかっている、と言ってますが、

   どうもその、同じことでも、こと、中国となると・・・

   そして、同じことがアメリカで起きたなら、

   まただよ、しょうがねぇなぁ~・・・くらいの報道ですむし、

   これからもまた、起きるであろう、この手の事件を

   強く非難しない、

    まぁまぁ、よその国のことでもあるしね・・・

 

    でも、また、話は戻るが

   これが、もし、中国で起きるなら、そりゃぁもう非難の嵐!!

   になるはず。

 

     これって、まぁ、

    相手が中国に限ったものでもないでしょうし、

    報じる、マスコミに限ったものでもないでしょう。

 

    なかなか、抜けられない。この「バイアス」

   中国語では、

    要は偏ってる、この偏ピェン  にかかっていて、

   一番簡単には、 偏見 ピェン・ジェン ですかね。

 

    持たないようにしたのですが、誰にもありますよね。

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

今週の中国語 - 「人道主义走廊」

  「人道回廊」って、日本語でもちょっとその~

  まぁ、意味は分かるんですが、これ・・・

 

   今回は、いろんなコトバを知ったし、教わった。

 

   戦争中も「人道」は、あるらしい!!

  「戦争」そのものが、もう、「人道」なんてあるもんか!!

  ってんで、始めるものだと思っていたら・・・

    そんな?中でも、「人道」はあるらしい・・・

   ってか、

   「人道」と、言いながらそれとは反対のことをやってる

   そんな、ことは無視??して

   あれが・・・「人道・・」と言えますか??

 

   なんだろなぁ~

   矛盾してるような気がするけど・・

   まぁまぁ、中国語でもそんな矛盾をはらみながらの

   そのままの訳になってますね。

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

「戦争犯罪」・・・って・・

_123914638_mediaitem123914636

   日本のニュース番組を見ていたら、

  しきりに、こうした行為は「戦争犯罪」にあたる・・・

  と、おっしゃる。

 

   ちょっと、このコトバに引っかかる。

  なんでだろう??

   「戦争犯罪人」ってなら?まだわかるかな・・

  そんな人ですよね、

   だが、戦争と犯罪が一緒になって、何が言いたい??

  戦争は犯罪じゃないの??

  犯罪じゃない、戦争があるっての??

 

   これ、

   中国語でもヘン!!

 

   ただ、中国ではきっと、犯罪との言い方でなく、

   戦争罪・・・みたいな、

   わざわざ?犯罪とはいわんよね。

| | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

新年度  シン・ニェン・ドゥ  開始了!

Img_8307

   4月1日、新年度・・・って国は

  珍しいでしょうね。

   このままで、中国語的にも通じるは通じます。

  シン・ニェン・ドゥ

   と読めば。

   但し、普通の?人にはだめですね、きっと。

  何が??って、思われるくらいのもので。

 

   だいたい、暦と別に、国の会計年度を持つ・・

  ってのは、

   いいんですかねぇ?

   いいこともあるでしょうが、そうでないこともあるのでは?

 

   どの国もだいたいそうですが、暦通りに

  1月から~12月までのその一年を、会計年度上も一年とする、

  ってのが分かりいいし、中国もまた・・・。

 

   ただ、学校がそうなってないのはですね、

  いろいろあるんでしょうが、

   例えば、中国。

  1月入学、12月卒業はちょっと、その~

   他とのからみもあって、よろしくないでしょ・・・

  大体、ちょっと、年末は何かと忙しいのに、新年は春節に近すぎるし、

   これは、避けたいよね。

   で、夏休みってのが、どうせ?ありますから、その夏休み明けに

  新学期を・・・ってのは、自然な流れ?かも。

 

   これまた、日本の4月、新入学ってのが、際立ってますよね、世界で。

  これこそ、この新年度とくっついてる?でしょ、

   しかも、季節的に・・・春!! 新しい季節!! 出発!! 桜!!

   ってのが、あっての、この時期の新学期始まりが、うまくあってる。

 

   この国は、・・・ってのは、日本ですが、

   明治にいろいろいじってる?わけですが、

   一気に、世界とその歩を合わせようとしはしてたようですが、

   意外な?ところでは、結構、頑なというか、勝手というか、

   決めてますよね。

    それを、ず~っと一途に?守ってます。

 

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

今週の中国語 - 「日本火腿 棒球队」

91qhltwmjl

 今週の中国語は、こちら↑

  「日本ハムファイターズ」

  中国はまったく??そのままでして

  ハム・・あの食べる・・むろん、この球団名も

  そういう?ことですので、

  「火腿 フォ・トゥィ」 ってのがそうでして、

  こちらの、「腿トゥィ」そのものは、あしのことですね。

  中国で足は、日本の足と違って??その全体?言わないのは

  ご存じでしたか?つまりその腰からしたの部分で日本語が言ってる

  足は、関節ごとにその呼び名が変わるわけでして、腰骨に近いほう

  太ももとか言ってる部分を、こう呼んで、

   足首の方は、「脚 ジャォ」 と言ってますよ。

   ということで、学習?終わり・・・・。

 

   で、今日は何でこれかといくと、

  こっからは全く私的なお話になりますよ。

   昨日、夜、ラジオをつけたらですね、

  おおむね、夜はラジオを聴きながら本を読む・・・ってのがわたしの

  過ごし方で、そこでも、本は手放さないんですね、これが・・・

   本を片手に、できれば片手にはコーヒーカップ、

   そして、できれば、音楽を・・・ってのが毎夜のわたしの至福の時間

  ・・・・なんですが、

   なんと!!昨夜、ラジオをつけると、

  民間某局は、開幕戦??だったんですか?このファィターズ開幕戦中継・・

   そうかぁ~そんな季節かぁ~と、違う局に合わせたら・・!!

   えぇ!またもや、野球中継、しかも・・・同じ・・・

  となれば、しょうがない、某国営放送なら・・・と思ったら

   ここも同じ!!

 

   どういうこと!! 3局ですよ、同時に同じ放送・・・

  必要??ありますか!!

   ないでしょ!!

   よくわからん!!

 

   野球放送に関心のない・・・そんな人だっているんでしょうに。

 

   ちなみにわたしにとってはこの時期、つまり、

  高校野球からはじまって、プロ野球のナイター戦の

   野球ファンにとっては心躍るこの季節、

   ちょっと、かんべんして欲しいんですけど・・・。

  という、まったくの個人的愚痴です。

| | コメント (0)

2022年3月12日 (土)

今週の中国語 - 「 尹錫悦 」

Photo_20220312104701

   今週の中国、ちょっと変わってますよ、

  これ、中国語の勉強になるかなぁ~

  まぁ、個人的にはかなりこれ興味がある点なんです。

 

   韓国大統領選が終えて、ご存じこの方

  あたらしい、韓国の代表となられた

  「尹錫悦  ユン・ソク・ヨル」とお読みするんだそうで

  近年は新聞紙上そのた日本で紹介される際もこの韓国読み?

  で、すべて紹介されているのはご存じの通り。

   中国の人の名前はそうはいかないよね・・・って

  お話は前にもしました。

 

   中国・韓国・日本の漢字の読み・音ですね、

  三者近いものがありますよね・・ってはなしは皆さんすでに

  感じておられる通り。

 

   さて、こっからです。

  毎回ってか、韓国の大統領が新しくなるたびに、へぇ~そう読むんだぁ!

  と、感心?なんかしてたんですが、

 

   今回のかた「尹錫悦」は中国語読みですと、

  イー3・シィ1・ユェ4  後ろの数字は四声、

   ここまではまぁなんということもない、その読みのお話。

 

   今回この方をわざわざ?とりあげたのは、

  とっても興味というか、面白い?とおもったからで、

  どこに面白さがあるかというとですね、

   この三文字、姓が一文字、お名前が二文字。

   実はこの三つの漢字、三つとも全部、中国人の姓としてあります。

 

   つまり、彼のお名前は

   尹イーという、中国人の姓の人がいて

   錫シィという、これまた中国人がいて、

   悦ユェさんという、これまた姓の人がいるという

   珍しい?珍しいのかなぁ・・・あんまり韓国の人のお名前に

   なじみがないからなぁ・・・

    

   たんに、それだけの話です。

   今回当選のニュースに接するたびにあれ~この人の名前

   面白い!!

   と、面白がってるのはわたしだけでしょうが。

| | コメント (0)

2022年3月 5日 (土)

今週の中国語 - 「痛惜 トン・シィ」

E7979be6839ce79a84e6848fe6809d

   中国が今回の、ロシアがウクライナ侵攻に

  気を使ってる??話をしてきました。

   そこで、使われているのがこのコトバ、

 

   「痛惜トン・シィ」

  日本語でもそのまま使えますね

  「痛惜の念にたえない・・」ってな使い方で

  人が亡くなったときにその哀惜の念を表すのに

  使われたりしてます。

 

   中国語の中での意味もそう違いはないですが、

  このコトバを使うところにも、

   ちょっと、その~

  気の使い方?が見え隠れしてますね、

   それって、無論、ウクライナへの「痛惜」の念であり

  ロシアへはあからさまな非難の言葉とは映らないような、

   そんな使い方をしています。

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

今週の中国語 - 「 烏克蘭 乌克兰 ウ・クゥ・ラン 」

As20220129002086_comm

   今週、というよりも

  ここしばらくはこの話題でしょう

   ウクライナ

  に世界中の目が。

 

   ウはカラスの字が簡体字になって、

   クは日本にもあるので問題ないですが、

   ランは簡体字でまたこうなります。

 

   音をとってますので、字はその音を

  あてたものとなっております。

 

   ということで、注目の 乌克兰

  実は中国にとっても結構大切な場所で・・・

  ってな話は、長くなるのでまた。

 

   

 

| | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

今週の中国語 - 「閉環管理」方式 バブル方式

Cbc156a36201691517ac917718eb0a28

   東京オリンピックでもそうでした、

  コロナ下の奥運会ということで、感染予防にとりわけ

  力を注ぎ、編み出された??のが、「バブル方式」と、

  東京オリンピックでは言ってました。

   日本のマスコミでは、

  北京もまた、それと同じように「バブル方式」で・・

  と、報じられております。

 

   東京よりも更に一層厳しい管理体制化にあるようですよ。

  で、その中国語は、

   「バブル」そのものは中国語にも、「泡あわ」という

  意味ではあるんです。

   ですから、「バブル経済」の時は、「泡沫経済パォ・モォ・・」

  と、そのまま訳してたんですが、

   今回はそのバブルとはちょいと違いますよね、

   膨れ上がったその泡というのではなく、

   

  「閉環管理 ビィ・ホァン・グァン・リィ」 と言ってますね、

  「クローズド・ループ管理」だそうで、

   そのあまりの厳しさにマスコミ関係者からは多少不満の声も

  聞かれてますが、

   なんせ、「感染予防!!」という印籠を見せられると・・・

  尻すぼみに。

 

    このおかげ??で、もしこんな管理下になければ、

  これだけの世界中のマスコミ関係者がいま、北京に押しかけてますから

  それなりに、中国の様子とか、庶民の声とか、

   マスコミによっては、中国の触れてほしくないそんな問題に切り込む

  人たちもおったんでしょうが、

    その意味では、

  この「閉環管理」は、

   中国にとっても利点があったということでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧