2020年1月11日 (土)

今週の中国語ー「小姐シャォ・ジェ」の変遷

  12月号「わたしの見た中国」でも書きましたが、

 呼称の変遷がいちじるしい中国、いまちょっと困ってる・・

 ってなお話を書きました。

 

   その代表の一つにこれ、

  「小姐シャォジェ」があるんですが、

  次回とともにというか、主に中国側の事情?でですね

  呼びかけるその、その呼びかけ方に困ってる。

  ホント、困ってる。

  中国の人たちだって、「怎么称呼你好?」

  「どうお呼びしたらいいですか?」ってんだから、

  こっちはもっと困った宇。

  「小姐」は新中国成立直後は使えなくて、

  文革が終わってちょっとしたあたり1980年代ですかね

  「小姐」とか、「先生シェンション(主に男性に)」ってのが

  とって変わって、暫くはこれでよかった。

   それが、やく10年くらいそんな穏やかな時期があったのに、

  90年代に入って、南のほうで主に「三陪小姐」なるその

  サービス産業しかもあまりよろしからぬ、「小姐おじょうさん」たち

  が出現。たちまち、「小姐」の呼び名が嫌われ始める。

   嫌われるどころか、使うことがはばかれるようになった。

 

   そうなって、それに代わるものを何かみつけてくれりゃぁ

  よかったのに、それがない。

   ないまま、現在に来ている。

  「服務員フゥウユァン」でそれに代わるかというと・・・どうも。

  しかも呼ばれたほうも喜んでないし。

   何かみつけてくださいよ、

  そちら、というか、中国側でまず見つけてもらいたなぁ・・・。

   困ってる。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

今種の中国語 - 「貨到付款フォ・ダォ・フ・クァン」 着払い

U10217504102993425700fm72  この制度、いままでなかったんですが

  中国でもちょっとづつこれが浸透。

   着払い、ってやつですね。

 

  11月11日に先日来お伝えしている、双11スゥワン・シィイーから

  こっち、これまた、以前にお伝えしましたように、

  ネットでの購入のあと、

  そのあとの配送が大変、いままさに、そんな時期の中国です。

   それで、いろいろ問題があることもお話ししました。

  苦情の多くが、商品に対する不満とか、届いた届かないの問題です。

   その快活策の一つとして、これは確かに少し役だつでしょうね。

 

   11・11以降、その先ず爆発的量、

  それで、皆さんは、あぁ~大変だ~とお思いでしょうが、

  そう、確かに量なんですが、

  それって、実はその量を処理するだけの社会制度といいますか、

  インフラなどと最近は言ってますが、

   購入の際の、携帯、スマホのところの通信インフラはもう

  ほぼ出来上がってるんでしょうが、これは早かった、中国。

   しかし、それを届けるためには、

  まず、配送ですね、このシステムがまだ追いついてなかった、

  配送する為には、道路が、

  配送の際の人員、配送の際の中継基地、配送の際のパッケージ、

  配送先の受け取る体制、などなど

   これらが、整備される前に、

  この、双11がどんどん大きくなったんですから、さぁ大変。

 

   つまるところ、

  現象としては、いま大々的に報じられている、双11のその日の

  バカ騒ぎ、一日で幾ら売上げたかを声高に言ってますが、

   この先の、

   配送する人たちがほぼ、残業とういか徹夜に近い状態での稼働、

  そんな人たちが増えればその人たちの夜食を準備する会社が必要、

  その人たちを確保する人材会社が必要・・・と、

   またそこに新しい事態と問題が、

  限りなく大変なんです。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

今週の中国語 ー 🎃ハロウィン - 「万聖節ワン・セェン・ジェ」

2019110210002141519916616  近年、

  どうやら、この時期ともなると、ハロゥインそのもの?というよりも

  東京の一部どこやらの街の若者の騒ぎが話題になってます。

   ハロウィンの訳自体は以前にも書いた。

  「万聖節 ワン・セェン・ジェ」

  ってのがそれなんですが、

   これはその・・・割と意味をとったほうに片寄ってまして、

  それが、香港あたりでは、今度は、音に寄った訳を目にした。

  「哈羅喂 ハ・ルォ・ウェィ」

   ってのがそうなんですが、

   さて、これからですが・・・どっちがこれから

  定着するんでしょ?

   

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

今週の中国語 - 奥运会 残奥会

   今週の中国語は、言わずと知れた?・・・

 オリンピックと、パラリンピック は

 もうご存じですよね。 中国語では

  奥运会 アォ・ユン・フィ

  残奥会  ツァン・アォ・フィ

  となります。

  でもって、

  围绕2020年东京即将举办奥运会和残奥会一事,

   奥运会议员会发表了将会马拉松在北海道札幌举行

  のニュースで今、わいてますよ。

 

  大丈夫かなぁ~

  一体何年前から準備してるです??

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

香港、マスク禁止法 - 「禁蒙面法」

Yjimage_20191012113801  デモの際のマスク禁止法

  ってのが、発令されました。

  実際に、その「法」で逮捕者が出てます。

 

  何とも不可思議な法律ですよね、これ。

  「法」本体?も不可思議なら、

  その「法」を取り決めた過程もまた、ちょっと・・・

  ということで、

  香港政府がちょっと迷走?しております。

   この迷走ぶりは、それだけ、政府側がお困りだという

  証明でもありますが、

   それにしても、イギリス式教育を受けた香港政府の

  その年代の人たち・・・

   なんで??

 

   中国語では「禁蒙面法ジン・モン・ミェン・ファ」

  というそうで。

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

フィットネス・スタジオの急増 - 「健身房ジン・セン・ファン」

Photo_20191005125201  近年、中国でも急激に増えてます、

  フィットネス・スタジオ。 健身房 ジン・セン・ファン

  以前は、外国人専用のちょっと高級なホテルなんかに付属の施設として

  あった、健身房が、その専門のビルやら、ビルのどこやらに入ってる専門の

  スタジオが急に増えて目立つようになりました。

 

   まぁまぁ、中国だってそれぞれのスポーツに専門の選手がいるわけで、

  選手も、プロ・アマ取り混ぜたら相当の人数になるでしょうしね、

  必要ですよね。

   しかも、どの国でもまた、ダイエットに関心が。

   となれば、そうした場が必要ともなり、これもそうですが、

  雨後の竹の子・・・ってやつですが、増えました。

   最新式の器具を備えてものやら、特別の講座をもってるものまで。

U28674606403696102471fm26gp0  この先、

   まだ増えそうですよ。

   健康志向は今後ますます、盛んになるでしょうからね。

 

   基本、日本と同じですが、

   違うのは、わたしが見たところでは、中国の人でこうした

   施設で鍛えてるひとたち、熱心さが日本人のそれより強いし、

   日本もあんまり年寄りはいないが、それでも、中国の方がきっと

   平均年齢で若いでしょうね。

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

今週の中国語、「あおり運転」

Photo_20190824150401 中国語での「あおり運転」は、

  もうすでに、定着?してる訳がありまして、

  その、一つがこれ、「路怒症ルー・ヌゥ・ヂェン」

  ってんですがね、

    まぁその、怒れる人たちですよね、しかもそれが、

  病気の一種でもあるかのような。

    この訳ねぇ・・・どうも気に入らない。

 

   その、日本語のこの「あおってる」感や「あおられる」方の

  立場の意味合いも汲んでほしい。

 

   何がいいんですかね・・・

   そのまま、「あおる:が 冲击ツォン・ジィ」でいいなら、

  あとは、運転の方は、驾驶ジャァ・シィ か  开车カィ・チュゥで

  処理しちゃダメですかね??

    逼靠ビィ・カォってのも、寄せられる感じで捨てがたい??

  逼るんですからして。

    沖逼ツォン・ビィ ってことばは無いんですよ、ないんですが、

  こんなのを使いたいかな。

 

    今回の騒動。

   このモノの売れない時代に、一躍

   消費税増税の前ということもあってか、

   ドライブレコーダーが飛ぶように売れてるそうじゃないですか。

    貢献しましたね、売り上げに。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

請注意今晩学習漢語課在另外一個地方上課!

    今日の、中国語教室はいつもの場所から

  変わっての授業となりますご注意ください!!

     函館日中

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

中国語スピーチコンテスト ご案内

3  毎年開催しております、

  中国語スピーチコンテストは、

  今年は、9月1日からの受付で

  皆様の参加をお待ちしております。

   北海道日中友好協会ホームページに

  詳しく内容がのっております。

   毎年同じですが、朗読部門もありますので、

  そちらでも自分の中国語を試すことができます。

   暗誦の部、弁論の部それぞれ細かい規定が

  ございますので、参加ご希望の方はお尋ね下さい。

   北海道大会は

  10月14日、日曜日、札幌かでるでの開催予定です。

 

    参加ご希望の部門が決まりましたら、  

  申し込み締め切りが10月5日となっておりますので、

   お早目のお申込みください。

   ご連絡いただければ、詳しい説明を致します。

 

  参加をおまちしております。

              函館日中

 

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

今週の中国語 - 「見張る」は難しい

  

4d086e061d950a7bd8f0421104d162d9f3d3c91a

 

  ここちょっと、「見張っといて・・」のこの

 「見張る」は、中国語ではちょいと工夫がいります。

  このままだと「見張 ジェン・ヂァン」は、通じない。書いても。

  この言い方が中国語にない。「見長」はあるが、この場合の「長」は

  成長の方の長ですね。それを見る。

   で、「見張る」を言いたいなら、

  それの意味が、「監視」する事なら、このままいけます「監視ジェン・シ」

  は、でも日本語と同じで硬過ぎますよね。

   多分、お尋ねの、これちょっと「見張っといて」の中国語は

  「看一下」ぐらいで、十分。

 

   ただ、このところの暑さで鉄道保線部が「見張る」的な、上の写真の

  ような場面では

    「守望 ショゥ・ワン」と言います。

    「安全守望」のことですか?お知りになりたいのは??

| | コメント (0)

より以前の記事一覧