2018年1月17日 (水)

カレンダー話はもういいか。

  ほんとうは、もっちょと、その中国のカレンダーお話が
 したかったし、あったのですが、
  これがまた、ちょっと今身辺があわただしく、
 昨日も時間がとれなかったし、
   いま、書き始めようと思ったらまたまた
  邪魔?が入っちゃって、
  出かけなくちゃ!
    U18506854813772932265fm27gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

中国カレンダー見聞

   多分そうわたしの見た中国の間違いはないと思いますが、
  もし、違う点があればご指摘いただきたいのです、
  中国のお宅にカレンダーが少ない、というのはまぁ間違いない
  と思いますね。
   特に、わたしの感じでは、あの一年が一枚ものになっていて、
  写真と組み合わさったような一年一枚ものカレンダー・・・
  みなかったなぁ。
   あれって、結局日本でも大概は企業かお店の宣伝の為のもので、
  自分じゃ買わないですよね。
   でもそれが、日本ではそこそこ、今に貼っても芸術的に鑑賞に
  耐えうる程度の出来栄えのが多い。
    だから、壁に貼れる。
   ないなぁ、中国は。
   中国ではカレンダーは、基本自分で買い求めるものですね。
  しかも、年貨ニェン・フォ はなんと訳せばよいでしょう。
   日本で言うとあの、年の市での扱い商品ですよね、年末のその
  時期しか見ません。
   書店や夜店や露店で見ますが、
  そんな誰でも買ってないもんなぁ。
    もし、日本だって全て自分でカレンダーは買わなくてはならない
  となったなら、あんなには各家庭で壁にカレンダーを飾ることは
  なくなるんじゃないでしょうか。
    この点がやはり一番の違いかな。
   こんな感じで売ってます。
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

「わたしの見た中国」カレンダー

   今月号、「わたしの見た中国」は
        「掛暦グァ・リィ」
   昨日のご案内で、リンクをはるのを忘れてました、
   上をクリックしてご覧下さい。
   で、まず中国に限らないのか、
   意外に部屋にカレンダーが掛かってない。
   これって、
   日本のようにあの企業がただで配布してる
   カレンダーが少ないのが要因でしようか。
    文中わたしがその触れていた
   毛沢東カレンダーは
   こんなんです。
U2761722572164978562fm15gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

今月号「わたしの見た中国」は、カレンダーが話題。

   1月、歳も改まり、今月号の「わたしの見た中国」
  更新ししました。
   ご覧ください。
  カレンダーが話題です。
   みなさんのお宅でも新しいカレンダーをさげて
  おられるでしょうが
    これが中国では・・・
  という、お話です。
    まずは、そちらは「隗」のホームぺージで
  ご覧下さい。
    今年も「わたしの見た中国」をYjimage
   どうぞよろしく。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

『隗報』100号記念号、発刊!

  フリーペーパー版、「わたしの見た中国」掲載紙、
  『隗報』の第100号、記念号がようやっと?出ました!
  長らく滞っておりましたが、ほんとにようやっと出ました。
  お待たせいたしました。
   すでに予約お申し込みの方には発送しております。
  今少しお待ち下さい。
    100号記念号はすべて「わたしの見た中国」で
  埋められております。
   みなさんの投稿もお待ちしております。
  101号発行に向けて是非お願いいたします。
    入手ご希望の方は、
  お電話(0138)51-0041か、
   で受け付けております。
001_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

やったり、とったりの 「礼多人不怪」

   この時期は特にですね、この感がありますよね。
  「礼多人不怪」って、そりゃまぁ、手厚いお礼はそれに越したことは
  ないとは思いますが、
   これまた、程度問題で、あんまり、その程度もあるし、
   あんまりその、手を広げすぎちゃってもね・・・ってのがあって、
  悩ましい。
    この先の、年賀状だってそうでしょ、
    年々少なくはなってきているらしいのですが、
  それはそれで、寂しいかな・・・とか、
  古くからあるものも大切にしなくちゃねぇ~ってもあって、
  こちらも悩ましい。
    結局のところ、
  欧米の人たちにとっても、あるのかなぁ、この「礼多人不怪」の感じ、
   まぁ、あるんでしょうね、きっと。
   みなさん!この場を借りて、
  いろいろ、お贈りいただきありがとうございます。
   Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

「礼多人不怪」の通じる地域

  この「礼リィ」がだいたいどれくらいの国でどのように意識されるか、は
  当然ですが、この手の眼に見えないものを規定、捕まえるかは、難問。
    ってことで、
   最近話題の、モンゴルの人達に一生懸命これを説明しようとして
  おりますが、これ、難しいよなぁ。
    お相撲の話ですが、
  ここのところ、毎日のようにトップニュース扱いですよね、
   これ、中国では余り話題にならないのは、この辺のお相撲界の
  目に見えないものの説明、難しい。
    更に角界のホントに狭い狭い世界の話なのに、日本ではもう
  大問題。誰もがこれに一家言ある、ってのがまた驚異だよね。
     難しいんですよ、「礼リィ」をどうとらえ、それが多いか少ないかで
   自分が相手にどう印象を与えるかは。
     ってことも含めて、
   ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

日本人は何度も礼を言いすぎ -「礼多人不怪」

U30784236861319661017fm27gp0 中国の人からですね、
 日本人は何度も何度も礼の言いすぎだし
 簡単に、あやまりすぎ、とのご指摘を何度か
 聞いた。
  まぁね、後ろの方の、あやまりすぎは、判る。
 ついね、「すみません!」と言いたくなる。
 実はそっから始まったりもする。ほぼ挨拶?
 みたなもんで・・・、習慣化している。
  同様に、頂いた物へのお礼を何度も何度も言ってるのも、そんな
  あなたの言うように何時までも感謝してるわけではなく、あれも
  挨拶、の一種と思っていただけると幸いです。
    でもほら、中国の方は他のことではいっぱいお話になるのに、
  こと、この二つは余りにアッサリ・・・しすぎでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

「礼多人不怪」これって意外に難しい

  今月号「わたしの見た中国」は、
  「礼多人不怪 リィ・ドゥォ・レン・ブ・グァィ」 の話を続けます。

    これね、これ・・・っていうのは「礼」のことですが、
  これね意外に難しい。
   そりゃまぁ、この標題みたいに、多くってもいいんだろうが、
  余んまり多いとね、流石に、ちょっと、どこまでがどう、というのが
  この手の、数字で計れないものはいつもついて回ることではありますが、
  難しい。これくらい・・・って、適切程度が、難しい。
   それは、その関係にもよるし、その時々で違うので一概に・・・
  は言えないのもよくわかる。
    だからこそ、難しい。
   「礼リィ」は、もともとが中国のそれを学んだ部分が日本には
  多くある。
    諸外国の「礼」はどうなってるんだろう?
   マナーってやつか、どっか、煩そうな細かな話も伺ったこともある。
   それって、階級社会からきてるものかな。
     それとは別に、人としての「礼」があるはずですよね。
    それが、どんどんやってくと・・・
   文にも書いた日本のそれのように、
   或いは、どの国もあるんでしょうが、形骸化したその「礼」と、
 
    と、書いてきて、ここまでの話も分かりづらいですよね、
   んん~「礼」難しいなぁ・・・ってのがわたしの今のところの感想。
U2506773446898917fm27gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

今月号、「わたしの見た中国」は、礼について!

Photo_2あっという間に年末を迎えました。
今年も一年、ご愛読ありがとうございます。
 さて、今年最後となりました、
 ホームページ「わたしの見た中国」
テーマは、礼についてですよ、
 どうぞ、下をクリックして先ずはその
今月号をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧