2020年10月16日 (金)

範冰冰の復帰?はなるの??

U8807192413413251715fm173app49fjpeg

   雲隠れ・・・ってか、

  なんにしても、そうそう、おもてには出れんでしょ・・

   とは思いますが、

  何やら動きがありそうで・・・

 

   まぁ、中国ではそうなったら、大騒ぎでしょうが、

  日本じゃね・・・

   まぁ、あんまり話題にもならないか。

 

   それより、一体経緯はどうなってるんですかね

  巨額のお金・・・

 

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

やっぱり、日本だとちょっとね、のスターの子供たち

0823dd54564e925849ca957eeb00be5fcdbf4e29

  どう考えても、

  こんな、お母さんが顔を隠さなくとも、

  息子さんは・・・って思うけどなぁ。

 

   やっぱり、ちょっと、出しすぎ??

  学校なんかでも困らないのかなぁ・・・と思ってしまう。

   まぁ、たぶん、普通の学校には行ってないのか・・・

  それにしも・・・ですよ、

   ご本人(子供の)意向だったあるでしょうに・・・

 

  しかも、治安の面からいっても、

   さてさて、

  これで問題ないのか・・・

   ないとすれば、日本は・・・

U10168352972412394459fm26gp0

   どっちかが、おかしい???

   もうこれでやめますけどね・・・

 

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

中国、スターたちの子供たち

U2495528761624708067fm11gp0

   治安を心配する面もありますが、

  中国のスターたちって、自分の子供たちを

  画面に露出するのが日本より多い??んん~

  多いと思う。

   実はこの辺の日本のスターたちの活躍って、

  大概その、息子や娘がある程度大きくなって、成人して

  そんな人たちが画面に出ることはあっても、余り小さいうちは

  露出しませんよね、ところが中国では・・・

 

   これって、一人っ子??が関係??

  或いは、中国を歩いていて思うのは、圧倒的子供に対する、

U11445498851853122974fm26gp0

  好感度・・といいますか、子連れであることの・・・それが

  ぜんぜん違います。

 

    日本でも小さな子供を買い物に行かせる番組・・・

  「はじめてのおつかい}??だったかな?のような、番組で

  多くは一般の方の子供たちに混ざってたまに芸能人の子供・・

  ってのはあるにせよ、

    中国ではもう最初から芸能人の家庭のその子供を

  狂言回し??にした番組が成立してるし、人気もある。

   大丈夫なのかなぁ・・・・と

  いつも不思議に思ってみている。

   どうやら、大丈夫らしい・・・

   なんで??

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

中国のスター と 子供たち

U744153143387887418fm173app49fjpeg

  ご存じ!

  李连杰 リ・リェン・ジェ は、

  ジェット・リー の 方がとおりがいいか・・?

 

   暫く、画面では拝見してなかったので、

  急に、上の画のように、

  両脇、お二人がお嬢さんなんだそうで・・・

  えぇ~そうなんだぁ~

  ってのと、

  いいの、こんなに顔出して・・・ってので

  驚いて、数日前に見たこの話題は本来が何の話題だったか

  忘れてしまった。( ´艸`)

 

   確か、何か病気を抱えて、療養にあたってるとの話を

  聞いたのは何年も前ですが、

   まぁまぁ、回復されたんでしょう。

   もう、落としでもありますし、以前のような立ち回り??は

  無理にしても

   「海洋天堂」のような、あんな、家族を扱った映画なら

  まだまだ、とは思ってましたが、

   あの映画からも、もうすでに 10年かぁ~

 

   それにしても、

  このお二人のお嬢さんの為に、

   お父さんはまだまだ、頑張るんだろうな、きっと。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

別に?コロナじゃなくとも、こんなんですけど・・

54fbb2fb43166d22f6ead3897b0a46f19052d23a

  中国の芸能界のひとたち、

  別にコロナに関係なく、コロナが始まる前から

  こんなんですけど・・・

  マスク着用、これにサングラスか、帽子の組み合わせ。

  だからかどうか、

  いまや、復活した飛行場は

  ニセ?芸能人だらけ・・・

2160c85708d4ef558aa9e453a99bb8e9

   前にも知人から、

  芸能人目撃証言をわざわざ、携帯でとったんだろ写真と

  一緒に送られてきたことがあるが、

   申し訳ない!

 

   あんまりその~芸能人に詳しくない、

  関心もない、

  別にいいでしょ、彼女や彼らがどこを歩こうと・・

   まぁ

  わざわざ送ってくれたので、

   お礼は言っときましたけどね・・・。

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

今月号、「伴舞者 バン・ウー・ヂャ」の話題 3

 
    が今月号の話題でして、
     上をクリックしてご覧ください。
    さてその文の中に書かれている、
   日本にない?そのバックダンサーの一つがこちら、
   少数民族にひとたちが時折登場します。
    多分、多くは本物の??少数民族の人たちではないでしょう
   おそらく。
     そこはそれ、あくまでダンサーですからして、
    日本でいうとなんですか
    ちょいと違いますが、あの民謡の人たちや、
   あるいは日本舞踊の名取?的なひとたちが後ろで踊ってる
   ようなことでしょうか。

     多分、政府?としても
    少数民族の人にも気をつかってますよ~
    の宣伝広告?の為にもときおりこんな踊りが多いですが、
    何よりもその
    少数民族が、少数といいながらも多いですから、
    50いくつもの民族がいて、それぞれ独特の文化を
    育み、それぞれ固有の衣装と踊りがある・・・・
    となれば、これを取り入れた踊りが当然数多くあります。

    まぁ、その見ていても
    楽しいは楽しいんですが
    その背景なるものも知らず、ただ、その衣装の美しさだったり
    独特のしぐさだったりですか、そんなのに目がいきます。

     思えば、
    きっと、ホンモノの?その民族の人にとっては
    にがにがしく思ってたりするんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

伴舞者 と 教練コーチ

U42314549051702737596fm11gp0     今月号「わたしの見た中国」の話題は、
   バックダンサー。
     実は、
   文の御終いのほうで書いてますが、
   このバンクダンサー伴舞者 たちを指導する 
   中国語は教練ジャォ・リェン と言いますが、この職業のひとたち
   たまたまなのか、実際にそうした人が多くなるのか、
   何故かその~女性的といいますか、
   そうした言葉遣いを使ったりするする人を日本でも目にしますが、
   中国で出会った彼はかなり印象的でしたね。
    ・・・と言っても別段名乗りあったりしたわけでもなく、
   単にわたしの乗ったバスの後ろの席の人がそうだった・・・というだけの話
   ではありますが、バックダンサーというと、
   彼の方の印象が強くて、バックダンサーよりも、ダンサーを指導してる
   らしき、彼が今でも忘れられない。

     わたしが彼がそうした職業だということを知ったのは、
   単に彼の声が大きくて、すべて電話の会話の内容が聞こえてきたこと。
   彼はそのその長距離バスでの移動のかなり長い時間をすべてその
   一回の会話に費やしていたこと。
   ちらちらと座席の隙間から伺うかれの様子は、それこそシナを作って
   とても女性的だったこと。
     これらが、日本と違うのは、
   まず、言葉の問題でいうと、
    ご存じでしょうが、基本!中国語には女性言葉ってのはないわけでして
   その、この詞をつかったから、女性とか、
   女性的言い回しがそれなりに、あるにはあるんですが、難しい。
    ひとつは声の調子、その発声法などですよね、
    かなり女性的?な声でお話になる彼。
   話のもっていき方、これがまた、また、
    更には、まぁ、指導者だからでしょうが、たびたび、相手の
   多分相手はダンサーの女性、発言を遮り、自分の意見を一方的に。

    確か、この日の都市間移動はバスで4時間まではかからなかった
   とは思うが、
    おかげで道中全く退屈することなく
    思いのほか、早くに目的地に着いちゃった。
     細かい、体の向きだの、別の団員の踊りはどうだこうだの
    批評だの、あそこはほらあれを表現してるんだから・・・と
    いったお話をありがたく拝聴した。
     目的地に着いて、バスを降りる間際に、
    席を立って、ほんの一瞬眼が合って、
    彼の方から、「お騒がせ・・・」的な何か言ってくれるのかな?
    と思ったらそれもなく、
     急がなくっちゃ・・・的な独り言をつぶやくをそそくさと
    バスを降りて行ったが、バックを肩にかけて歩くその姿もまた
    すごく女性的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

スターの子供たち

U11346467164085701929fm11gp0   日本の方はこの画を見せられたところで、どうということもないでしょうが、
  これが、中国の人たちが見れば・・・
   おぉ~あの・・・スターの子供だぁ・・・って分かっちゃう。
   なのに、そんなに顔出しして大丈夫??
  ってことをお話してるわけです。

    そんなテレビ番組まであるんですね。
   まぁ、その中国全体でいうと、
   子供を大切にする、というか、子供大好き、というか
   そんなお国柄?ではありますが、
   それとは別に、安全面で問題ないのかよ!
    と、思うでしょ・・・普通。
    例えば、中国旅行へみなさんがいかれる際、
   もし、もしですよ
   自由旅行で、ちょっと中国の観光地を回るなんてな
   ことがあったとして、
    これ、子供を連れて行ったら、断然、有利??
   もう、そのモテ具合?が違いますよ。
    子供がいるだけで?大人気に。

    なんだろうなぁ・・・あの感じ。
   あの感じがそのまんま、芸能家族にも。
    日本じゃちょっとありえない。
    その代わり??中国での子役の子って少ないよね。
   その役割も果たしてるのかなぁ。
    ずっと気になってる。
U18566234901753615226fm26gp0   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

こんなに顔出しして大丈夫なのかなぁ

63d0f703918fa0ec4de78c4a2b9759ee3d6  ずっと以前からですね
  思ってはいたんですが、
   ちょっと、
  こう頻繁だと、その
  不思議さも相まって
  よく理解できないので
  お分かりの方がおられたら
   ご教授いただきたいですが、
    中国の芸能界で、
   上の子はアイドルでもなんでもなくて、
   この子のお父さんが・・・・
    で、
   中国ではへっちゃらで、こうして顔出ししてますよね
   しかも頻繁に、いろんな子が
    大丈夫?
   ってのと、なんで??
   ってのがずっと不思議。
    殆ど毎日のように、
   超有名スターの子供たちが、ごくごく普通に
   写真に納まってますけど、良いんですかねぇ・・・
    ちょっと不思議な、というか、
   何で?と疑問に思いますよね。
    危なくないの?と、
   その辺はどうなってんでしょうか?
   というのと、そんなに、そんなに、子供の写真必要?
    分かんないなぁ・・・この辺が。
   教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

中国から、GLAYコンサート ツアー

   来るのか?中国からも・・・
006s0lbugy1fu3rvg70hyj30cr0ftwgh    昨日の続きです。
   ちょっと、調べてみた限りでは、さすがにツアーはない。
   そりゃそうだ、やっぱり、チケットの入手が困難。
     でも、情報としては、ファンは当然知っているし、追っかけていて
   いろんな人が書き込んでるから、
     知ってるし、来たい?らしい。
     その点で、そのファンが見ているその周辺には函館の情報サイト
   が一杯、散らばめられてるから、
     どうやら、ハコダテの
   ホテル情報やら、会場の緑の島 なんかは相当の人が
     クリックしてみてるようだ。

     ちょっと、ついでに、台湾のサイトも覗いてみたら、
   流石に?台湾の人たち、
    日本情報をそのまま見てる人が多い。
    日本のこの関係のサイトがずら~っとぶら下がって?いて
   そっから、情報を得てるらしい。
     書き込みから見ると、
    ハコダテ行ってみたい~・・・とか
    行ったことあるぞハコダテの人とか、
    そのハコダテ旅行の目的の一つがそれだったりを書いてる人はいた。
     

      誰も?昨日私が書いた
U21514757553601402210fm85seb50178b1
     注目はしてないようだ。
   そりゃそうだよね。
     江沢民だって?彼らが何者でなんでこうなってるのかは
   不思議だったんだろうし、
     この4人だって、江沢民がなんで、どうなってるかなんて
   分かってなかったでしょうからね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧