2019年1月16日 (水)

今月号、「伴舞者 バン・ウー・ヂャ」の話題 3

 
    が今月号の話題でして、
     上をクリックしてご覧ください。
    さてその文の中に書かれている、
   日本にない?そのバックダンサーの一つがこちら、
   少数民族にひとたちが時折登場します。
    多分、多くは本物の??少数民族の人たちではないでしょう
   おそらく。
     そこはそれ、あくまでダンサーですからして、
    日本でいうとなんですか
    ちょいと違いますが、あの民謡の人たちや、
   あるいは日本舞踊の名取?的なひとたちが後ろで踊ってる
   ようなことでしょうか。

     多分、政府?としても
    少数民族の人にも気をつかってますよ~
    の宣伝広告?の為にもときおりこんな踊りが多いですが、
    何よりもその
    少数民族が、少数といいながらも多いですから、
    50いくつもの民族がいて、それぞれ独特の文化を
    育み、それぞれ固有の衣装と踊りがある・・・・
    となれば、これを取り入れた踊りが当然数多くあります。

    まぁ、その見ていても
    楽しいは楽しいんですが
    その背景なるものも知らず、ただ、その衣装の美しさだったり
    独特のしぐさだったりですか、そんなのに目がいきます。

     思えば、
    きっと、ホンモノの?その民族の人にとっては
    にがにがしく思ってたりするんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

伴舞者 と 教練コーチ

U42314549051702737596fm11gp0     今月号「わたしの見た中国」の話題は、
   バックダンサー。
     実は、
   文の御終いのほうで書いてますが、
   このバンクダンサー伴舞者 たちを指導する 
   中国語は教練ジャォ・リェン と言いますが、この職業のひとたち
   たまたまなのか、実際にそうした人が多くなるのか、
   何故かその~女性的といいますか、
   そうした言葉遣いを使ったりするする人を日本でも目にしますが、
   中国で出会った彼はかなり印象的でしたね。
    ・・・と言っても別段名乗りあったりしたわけでもなく、
   単にわたしの乗ったバスの後ろの席の人がそうだった・・・というだけの話
   ではありますが、バックダンサーというと、
   彼の方の印象が強くて、バックダンサーよりも、ダンサーを指導してる
   らしき、彼が今でも忘れられない。

     わたしが彼がそうした職業だということを知ったのは、
   単に彼の声が大きくて、すべて電話の会話の内容が聞こえてきたこと。
   彼はそのその長距離バスでの移動のかなり長い時間をすべてその
   一回の会話に費やしていたこと。
   ちらちらと座席の隙間から伺うかれの様子は、それこそシナを作って
   とても女性的だったこと。
     これらが、日本と違うのは、
   まず、言葉の問題でいうと、
    ご存じでしょうが、基本!中国語には女性言葉ってのはないわけでして
   その、この詞をつかったから、女性とか、
   女性的言い回しがそれなりに、あるにはあるんですが、難しい。
    ひとつは声の調子、その発声法などですよね、
    かなり女性的?な声でお話になる彼。
   話のもっていき方、これがまた、また、
    更には、まぁ、指導者だからでしょうが、たびたび、相手の
   多分相手はダンサーの女性、発言を遮り、自分の意見を一方的に。

    確か、この日の都市間移動はバスで4時間まではかからなかった
   とは思うが、
    おかげで道中全く退屈することなく
    思いのほか、早くに目的地に着いちゃった。
     細かい、体の向きだの、別の団員の踊りはどうだこうだの
    批評だの、あそこはほらあれを表現してるんだから・・・と
    いったお話をありがたく拝聴した。
     目的地に着いて、バスを降りる間際に、
    席を立って、ほんの一瞬眼が合って、
    彼の方から、「お騒がせ・・・」的な何か言ってくれるのかな?
    と思ったらそれもなく、
     急がなくっちゃ・・・的な独り言をつぶやくをそそくさと
    バスを降りて行ったが、バックを肩にかけて歩くその姿もまた
    すごく女性的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

スターの子供たち

U11346467164085701929fm11gp0   日本の方はこの画を見せられたところで、どうということもないでしょうが、
  これが、中国の人たちが見れば・・・
   おぉ~あの・・・スターの子供だぁ・・・って分かっちゃう。
   なのに、そんなに顔出しして大丈夫??
  ってことをお話してるわけです。

    そんなテレビ番組まであるんですね。
   まぁ、その中国全体でいうと、
   子供を大切にする、というか、子供大好き、というか
   そんなお国柄?ではありますが、
   それとは別に、安全面で問題ないのかよ!
    と、思うでしょ・・・普通。
    例えば、中国旅行へみなさんがいかれる際、
   もし、もしですよ
   自由旅行で、ちょっと中国の観光地を回るなんてな
   ことがあったとして、
    これ、子供を連れて行ったら、断然、有利??
   もう、そのモテ具合?が違いますよ。
    子供がいるだけで?大人気に。

    なんだろうなぁ・・・あの感じ。
   あの感じがそのまんま、芸能家族にも。
    日本じゃちょっとありえない。
    その代わり??中国での子役の子って少ないよね。
   その役割も果たしてるのかなぁ。
    ずっと気になってる。
U18566234901753615226fm26gp0   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

こんなに顔出しして大丈夫なのかなぁ

63d0f703918fa0ec4de78c4a2b9759ee3d6  ずっと以前からですね
  思ってはいたんですが、
   ちょっと、
  こう頻繁だと、その
  不思議さも相まって
  よく理解できないので
  お分かりの方がおられたら
   ご教授いただきたいですが、
    中国の芸能界で、
   上の子はアイドルでもなんでもなくて、
   この子のお父さんが・・・・
    で、
   中国ではへっちゃらで、こうして顔出ししてますよね
   しかも頻繁に、いろんな子が
    大丈夫?
   ってのと、なんで??
   ってのがずっと不思議。
    殆ど毎日のように、
   超有名スターの子供たちが、ごくごく普通に
   写真に納まってますけど、良いんですかねぇ・・・
    ちょっと不思議な、というか、
   何で?と疑問に思いますよね。
    危なくないの?と、
   その辺はどうなってんでしょうか?
   というのと、そんなに、そんなに、子供の写真必要?
    分かんないなぁ・・・この辺が。
   教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

中国から、GLAYコンサート ツアー

   来るのか?中国からも・・・
006s0lbugy1fu3rvg70hyj30cr0ftwgh    昨日の続きです。
   ちょっと、調べてみた限りでは、さすがにツアーはない。
   そりゃそうだ、やっぱり、チケットの入手が困難。
     でも、情報としては、ファンは当然知っているし、追っかけていて
   いろんな人が書き込んでるから、
     知ってるし、来たい?らしい。
     その点で、そのファンが見ているその周辺には函館の情報サイト
   が一杯、散らばめられてるから、
     どうやら、ハコダテの
   ホテル情報やら、会場の緑の島 なんかは相当の人が
     クリックしてみてるようだ。

     ちょっと、ついでに、台湾のサイトも覗いてみたら、
   流石に?台湾の人たち、
    日本情報をそのまま見てる人が多い。
    日本のこの関係のサイトがずら~っとぶら下がって?いて
   そっから、情報を得てるらしい。
     書き込みから見ると、
    ハコダテ行ってみたい~・・・とか
    行ったことあるぞハコダテの人とか、
    そのハコダテ旅行の目的の一つがそれだったりを書いてる人はいた。
     

      誰も?昨日私が書いた
U21514757553601402210fm85seb50178b1
     注目はしてないようだ。
   そりゃそうだよね。
     江沢民だって?彼らが何者でなんでこうなってるのかは
   不思議だったんだろうし、
     この4人だって、江沢民がなんで、どうなってるかなんて
   分かってなかったでしょうからね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

日中国交正常化30周年の年の、GRAY

   5年ぶりだそうで、函館でのコンサート。その日が近づいてます。
9d82d158ccbf6c8176f4abf2be3eb13532f    地元でもそれなりに?盛り上がってるようでして、新聞紙上でも特集記事
   を目にしますし、雑誌もその特集、
   電車も特別仕様のが走ってる・・・・らしい。

      函館出身の彼ら、
    わたしにとっては、この
U21514757553601402210fm85seb50178_2      江沢民との握手シーンが今だ印象深いが。
    これが、2002年のことですよ
    「日中国交正常化30周年」のその年ですよ。
     確か、北京で誰かを案内して万里の長城へ行ったら、
   もう間もなく長城って位置で、
    急に車が止められて、そっから先に行けない。
    かなり待たされた。
   それって、後で知ったのは、確かこの4人が来ていて
   一緒に誰かお偉いさんも来てたんでしょう、
   前面通行止めになってたように思う。

      函館もコンサート会場付近はきっと交通規制になって
    大変なんでしょうね。
      ・・・・ん?!
    このコンサートに来るのか??
    中国からも・・・・
      ありえるよね。
    世界中?を追っかけてるファンはいるらしいからなぁ。
     ちょっと、中国のネットを見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

久々に見た、張曼玉マギー・、 激やせ?

0  香港を
  中国映画の
  大女優ですからね、
  ちょっと出てくると何かと話題に。
   激やせ・・・ってな
  扱いの記事を見ましたが、
  この人、
  もともと、そんな・・・・
  ですから、ちょっと、変な扱い方だなぁ
   との印象。
    どの国でもそうですが、
   一時代を騒がせた大女優が時を経て再びマスコミの前に
   姿を現すってのは難しいんですよ。
    彼女の映像を見て、
   ここに先週書いた、民族衣装・・というか、日本へ来て
   和服、浴衣に興味をもつ旅行者が多いという話を書いて、
   逆に、日本人が中国へ行っての
    チャイナドレスブーム??に火をつけた彼女のことを
   思い出した。
    U26016382042894999340fm27gp0     その映画がこちら。
    「花様年華」でのチャイナドレス姿。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

五月晴れが望めないので、五月天を聴く

   今日も昨日につづき、とても五月晴れは望めそうにもない。
  今朝、すれ違った観光客多分、台湾の、ヘッドホンから漏れていたのはYjimage
    知ってる人は知ってると思うが、五月天ウ・ユェ・ティェン
   の 歩歩 ブゥ・ブゥ だったと思う。

     五月天 メィ・ディ だよね、そうだよね。
   かつ、この天気は五月らしくないもんなぁ、台湾じゃもう夏なのにね。

     そんなことを思いながら、ちょっと後ろを歩いていて、
   そういえば、
    いま、日本では違う五人組がなんか問題を起こして謝罪会見
   してたなぁ~と
     全く違う方へ思考が。

     暫くぶりで、彼らの音楽でも聴いてみよ!
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

まもなくお披露目 

6f061d950a7b02082e84c8b369d9f2d3572   上野パンダのお披露目がまもなくですが
  しょうがないこととはいえ、
  誕生した香香シャンシャンの話題で盛り上がってますが
  おかあさんの真真の話題が少ないのはしょうがないのか。
   今から経済学者がその経済効果を
  どうのこうの言ってるの目にしたが
  いやいやせっかちですよね日本人って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

趙微 ヴィッキーー・チャォ 帰国したと思ったら・・・

  つい、この間(わたしの感覚では・・・)
 彼女(趙微ヴィッキー・チャォ)が、
  今度は、
  ・・・ってのも、彼女何度も裁判沙汰になってますし、
  彼女の丈夫(夫)がまた、経済の面でなかなかの
  やりて?らしくて、
   そちらの方、彼の会社関係でも度々話題になってますが、
  今度は、
    中国の証券法違反とかで・・・
  のニュースを目にしたがこれがなんか難しくてわたしには
  ちょっと詳しい処が判らない。
   判るのは、彼の夫の会社、
  ペーパーカンパニーかなんか作って、
  操作したらしい、という程度のことで、
   問題の核心がわたしには判ってない。
   わたしに判るのは
  彼女が望んで自分からそうしてるのか、
  そこもわからんが、とりあえず彼女、
  闘う人らしい、
   決して屈しない、ってことは非を認めない。
   んん・・・でもこれ、中国の女性ってか中国の人にとって
  そんな珍しいことではないからなぁ・・・
   つい、この間話題に人がまたまた話題になっていて
  ちょっと、あれ!と思ったそれだけのことではありますが。
  Ev_2fypatmu9404278_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧