2017年11月 8日 (水)

はし、橋、 橋話題

   中国でここのところ、続けざまに橋の話題を耳にし、目にした。

4bed2e738bd4b31cc6e067f58cd6277f9f2
     今日、みたニュースはこれ。
   これもまぁ、橋?かな、
    高架橋ってやつですかね、
   こちらは、今日その着工が始まった!的なのを目にしたんですが、
   中国・北京でまたまた飛行場作ってまして、そのニュースから本来は
   お知らせしなくてはこの話題にならないんですが、そこは端折って、
    つもりその、新北京空港までの、リニアなかぁ?
   高速の交通機関を走らせよう、ってわけで、その準備に入ったよ!
    ってニュースでしたね。
   んん・・・・いつも思いますが、やることが早いよね。
   こんなのを見ると、日本の数倍のスピードで今中国は駆け抜けようとして
   いるのがよく判りますよね。
574e9258d109b3de6fc97926c7bf6c81800
     こちらは、高速鉄道と交差して走るこれ自動車道でしょうか、
    どちらも谷合に橋を架けてまして、
    それがまた、途中、空間で交差することもさることながら
    その橋の長さもまた、長そう!
9c16fdfaaf51f3de608e3e2a9feef01f3a2
     こちらは、出来上がったばかりの橋の上で
   その開通を祝って、まだ誰も通らないその橋の上に
   卓を並べ、村人が食事?のような説明文だったと思うが、
   この画像ではちょっとはっきりしないんですが、
    これが橋の上らしいので、その先のずっと向こうの光景が
   見えてますが、見えた先までず~っとそのまま橋なんでしょうね、きっと。
   だって、橋ならどっかで向こうが下降するはずですから、
   その前に途切れてもよさそう・・・
    いやいや、待てよ!谷あいに或いは河の上に掛けたはしなら
   そのままの高さかぁ・・・・んん・・・
     左前方に高層の建築物が見えるが・・・・
   まぁ、早い話がこの橋も長そうだ!と。

    あと、先週だったかに見たニュースでは
   記憶が曖昧というか、ちゃんと聞いてなかったが、
   三峡でしょうきっと、そこにまた新し橋が架かってその長さが・・・
   的なニュース。

    たまたまでしょうが、
   なんでこんなに、橋 ニュースが多いの??
   と思った。

    中国はまだまだかかるよねこの辺の交通・道路関係の整備に。
   そだけでも、あとからあとから、ありそう。
    それなのに、そんな、一番最初に書いたような飛行場専用のも
   また作らなくちゃならんのだから・・・・。

     ただ、
    わたしの杞憂は、
   こうした全ての建造物は建てるときは、盛大でいいんですが、
   そのあと、何十年かしてからの補修が!
     これが大変なんですよ。いま、日本がそうですが。
   考えてんのかなぁ・・・そんなことまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

十九大各省代表団討論 -

1e30e924b899a901125ada5b16950a7b020

    ご質問、というか、ご意見というか、戴いておりますが、
  昨日、わたしが書いた、言いたかったのは、
   別に新聞が間違ってるとか、ウソが書かれてるなどとは言ってません。
  基本、基本ですが、新聞を始めマスコミは基本ウソは書かない報道しない
  ことになっております。
   まぁそうですね、滅多にないです。更に昨日のあの手の話題でその
  必要もありませんしね。

     ただ、そのお問い合わせをいただいた、中国で一体今何が・・・
  ってな大きな問題はわたしにも分かりません。判るはずもなく、
  自分でも判ってるなどと思ったことは一度もありません。
    どんな報道の接しておられるかちょっとわからないし、アンマリ最近
  日本のニュース番組も見なくなってしまい、ラジオなんかは時に聞いて
  ますし新聞は読んでるので、そんなのを自分では基準に話してます。

     一つはこの話題に限らず、必ずある脇の話題ですね。
   北京の警備が厳しくなっただの、天安門の様子が・・・だのは、
   それって、会議に話題ではなく、脇筋の話題ですよね。
    まぁまぁ、それを伝えることにも意義はあるでしょう。
   でもそれをもって、今回の大会は・・・ってのは言えない・・・ですよね。

     次は、昨日書きました様に、この会議はもう完全に整った形で
   やられるので、急に何かこれまでには全く話のなかった話が出てくる
   なんてなことはないんでして、筋書き通りに進むんですね。
     では、なぜそんなに(まぁ日本が一番熱心ですが、他国の報道も
   詰めかけてはいますが)大きく取り上げるかというとですね、
    簡単に言えば、
   中国、普段はなかなか自国のそれも政治部分を見せてくれないんです。
     それが、この時期だけほんの少し窓が開かれて覗き見ることが
   できるんですね、全開ではないので、角度によっては見えたり見えなかったり
   ですが、普段は見えないところがチラッと見えるし、見せてくれる、
    だから、普段から見たいと思ている各国報道は殺到する・・・・
   ってのが、この間の報道だと理解していただけると好いと思います。
00e93901213fb80e2e354aba3dd12f2eb_2
     全体会議を終えて昨日あたりからは、こうしたまぁ分科会とでも
   言いますか、各省の代表を相手に政府側が意見を聴く、ってな会を
2017102003084642344
     習主席は今年は、貴州省の代表団と・・・・
    この辺です、誰がどの省を相手するか、
   こんなどうでもいいことが、わたしの言う窓の開き具合なんですが、
   判りますかねぇ・・・その辺の気分?
     ところが、肝心な?こうしたことは余り報道されないですよね、
B8014a90f603738d402e2b4eb81bb051f81
     まぁねぇ、あんまり面白くもないし、
   話題として衝撃性ってんですか、ニュース性とでもいいますか、
   絵面もほら、こんなんで面白くもないしね。
    だから、いいんですよ、これで。
   そうわたしは言いたかったんですけど。お判りいただけたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

「第19回中国共産党大会」と習近平体制

0dd7912397dda144a64a0fd8b9b7d0a20cf

  やっぱりなぁ~
  トップニュースかぁ~
   ってんで、今日の新聞、一面には
   「習氏「社会主義強国築く」 2期目基盤固め狙う
  と、見出しが躍ってますよ。

    まぁ、5年に一度の記念大会ですしね・・・
  でも、いつも言ってますが、
   何で?
   なんで?お隣の国のそのたまたまの会議にこんなに
  騒ぐの?かが判らない。

    しかも、
   見出しを見てもお判りでしょうが、会議報告ですからして、
  共産党大会ですよ、共産党大会で社会主義強国を唱えて
  何か問題あります?
    政治の世界で、2期目ともなれば、基盤を固めようとして
  何か不思議ですか?
8b13632762d0f70393e180b703fa513d2_2
       何で?そんなに取り上げて騒ぐかが
   ちょっと理解できず。

     今一つは、
   上の彼、習近平を少しみなさんで持ち上げすぎでしょ?
   何か必要以上に祭り上げてる感がわたしにはちょっと気持ち悪い。
     評論家なる人たちが、
   「核心」という言葉が使われて云々のお話も、
   なんだかなぁ・・・
   と思えて。

     お隣に国で、
    ちょっと大きな会議が開かれたからといって、
   こんなに取り上げて、騒がれるのは中国だけだなぁ・・・
   というのがいつもながらの感想で、

     この会議、粛々を予定通り終える会議ですので、
   みなさん、何を期待してるんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

72年目の広島 - 中国報道に見る

   72年目を迎えた被爆地・広島のニュースを中国でもやってましたが、

  これがいけません!これではダメです。
10513057752622366837   被爆地広島からのニュースなのに、映像がこんなのですから。
   多分、日本の報道では絶対されない映像が流れていました。
    広島入りする首相を糾弾する・・といったような、そんな団体の
   動きやデモ行進を紹介。
    まぁまぁ実際有ったんでしょう、そんな動きも。
   でも、昨日伝えるべきはそこじゃないでしょ。
     そんな動きがあったことも否定しません。
   それでもこの報道はおかしい。
    この報道だけ見せられたなら、それはまた違った考えを
   視聴している人に与えることになる。
     明らかにそう意図している。
    この映像で訴えたいのは、安倍政権における日本の右傾化
   らしい。
     ご心配はありがたいが?ちゃんとその前に
   伝えましょうよ!
      広島の人たちが、その直接原爆を落としたアメリカに
   ではなく、いかなる戦争もダメだ!と言っていることを。
     その死者数が問題なのではなく、いかに戦争も悲惨かを
   訴え、それはその時代では終わらないことを。。
      いまなお、核が取りざたされている現状を。
     ちゃんと伝えましょうよ。
    あの報道では、いけない。
    同様に、中国のことを報道する日本の報道でも見られる。
   お互いに何やってんの?と思う。
    そのニュース違うでしょ、そこじゃないでしょ!!と言いたい。
Dzfyfyitpmh3176232
     ちゃんと伝えましょう、お互い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

瓜田李下・・・の結果・・・

U13118068044071822555fm26gp0

      本当は・・・ってか、
   まぁ、日本では下の文しか使われないのでいいんですが、
Yjimage_2
    昨日、国会で冒頭、総理が引き合いに出した中国の故事は
   こちらですね、
     「李下に冠を・・・」の譬えをだして、
   疑われてもしようがないが・・・
     っての意味での引用ですね。
    つまり、自分のそんな態度を反省。
   その反省をした上で、
     昨日の審議は、じゃぁ・・・李下で冠を正したのは何故??
   ってことが知りたいわけですね、こっちは。
     このことわざを引き合いに出すまでもなく、
    そんな時、そんなことをしちゃならん、
    ってのは、知ってるわけですよ、
    知っててなお、そんなことをしてしまった、
    その行動をとらせた要因は・・・ってのが、
    頭がかゆかった・・・とか、冠が曲がってた・・・とか、風が強かった
    ・・・とかの何かを言ってくれればいいんです。
Yjimage_1
     まぁ、風が強かった・・ってのがその理由なんですが、
    その風って、結局まだ、吹いてもいないのに、
    お友達との関係からこりゃ、のちのち風が吹きそうなあぁ・・・
    ってんで、まだ、風が吹いてもいないのに、
    やたら、冠をさわっちゃうから・・・・
 
      それは、ともかく、
     日本の国会、
U2412624465367858389fm173see9121_2
     こちら、台湾国会と比べて・・・・って、
          比べなくてもいいんですが、
     どこも大変ですね~
     何が大変って・・・・
     どっちも、これを見せられている国民がたまらん。
     仕事しようよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

選んだ側の責任

42fd19aa0c2ae71_w550_h400_2

    こちらの方は、日本では話題にもならなかったので、
   誰も知らないと思いますが、
    それは、まぁいいんです、
   しかも、ちょっと前の話でして、ニュース性は全くありませんので、
   詳しいことはこの際省くとして、
     何で、この方か、というとですね、
    短命で有名になった、副市長さん、
   なんでそうなったか?ってえ~と、
   アンマリ具体的話は意味が無いので、ちょっと彼のお兄さんが
   悪いことしちゃって、その絡みで彼にも疑いがでて、
   さっさと、その場を追われてしまいました。
     この際に、
   問題になるのは無論彼のその悪行ですが、
   ですが、ですよ、こんなに短命なのはそりゃまぁ、
   彼を任命した方の人にも問題あんじゃないの・・・ってのが、
   ちょっと?気が利いた中国報道機関の一部でもその点に気づいて、
   そんなことを書き始めたなぁ・・・と思っていたら、
     急にその視点での報道辞めちゃったんでガッカリ??
   せっかく好い処に気づいたのにねぇ・・・
     そこでしょ、問題は、
Image
      中国はまだ、この間違いの責任を転嫁することが可能ですが、
    選挙で選ばれたその人たち、
    選んだ人たちの責任がいま問われてますよね、
     選んだ後にあ~ 間違っちゃった!と
    気づいたときにその次の選挙まで手がない!
    これまた、困ってますよね
     いまそれで、日本も困ってますよね。
    どうなるの、
     選ぶ側の間違いはどこでどう解消すればいいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

没有メィ・ヨゥ没有メィ・ヨゥ・・ないよ、ないよ、は中国の専売特許だった

  昨日のお話のつづきですが、

U20322603141302642720fm26gp0  こんな時代の中国のお店で、一番聞かされた
  というか、耳に馴染んだ?の言葉が、
  没有メィ・ヨゥ・・・無いよぅ・・・と
  いう一言だった。
   例えば何かを買い求めに行く、これこれを・・
  と全部を聴かないうちに、
   実にキッパリ
                「没有メィ・ヨゥ!!」と一喝されることが多かった。
    あれって、じゃぁホントに無かったのか・・というと、
   実はあの頃の店員さん、中国社会主義のもと公務員ですから、
   しかも全員が。かなりの店員さんは、客の相手を嫌っていた、
   相手をしたところで文句を言われたりロクなことはない。相手をしない
   からといって、自分には何の関係もない、例え相手の求めるものが
   奥の棚にあったところで、それを取りに行ったりまたその客の相手を
   するのが甚だ面倒。相手をせずとも店にも自分にも何の影響?も
   ない。となれば、そこは面倒なだけなら、一番簡単に客に諦めさせる
   「没有メィ・ヨゥ」の一言が一番効果的。
     実はあるんだが、どうせばれっこないし、ばれたところで、
   わたしの経験では、ちょっと垣間見えたその棚の奥の方にあるじゃない
   ですか・・・と言ったら。その店員さんは、あれは「様品ヤン・ピンよ!」
   (サンプルですから売れない)と、言った。あぁ言えばこう言う・・・だ。
Yjimage_2
  で、話は飛んで、
  このところの日本の報道に接していると、
  昨日かいたように、どうも日本が時代を遡って?
  中国に近づいてるんじゃないの?
  と思わせる。
     とりあえず?一言目には「ありません!」と言っとく、
    無いんですから、話にならない、無いものを出せと言われても・・・
Yjimage_1  ところが、
  一旦その無いはず??のものが見つかると、
  いやいや・・・あれは・・・
  ってんでしょ、似てませんか?この対応。
   似てますよね、
  ほんとによく今は日本で耳する
  「ないよ、ないよ」の大合唱、
    それで済めばいいんですが、
     なかなか・・・・
    これって、皆さん文字通り
Yjimage_3  公務員なわけですが、
  公務員の宿命?ですかね。
   そうかもなぁ、
  だって、中国で「没有、没有!」が
  聞かれなくなったのは、
  先の人たちがみな、公務員でなくなった
    あたりからだもんなぁ・・・・
      で、
    いま、中国はどうなんているかというとですね、
    中国のお店の店員さんたち、とりわけ、お見せによっては
    売上高の成績がかかっていて、
      もう、売る気まんまん・・・・
    こっちは大して買う気がなくとも、後をついて離れなかったり、
    ちょっと、こんなのありますかねぇ??などと尋ねようものなら
    「有!ヨゥ 有! 有!!!」と言って
    ホントは無いのに有る振りしちゃったりして・・・・
      何だろうなぁ・・・
    途中がないんだよなぁ。
     丁度好いって加減のところが。
    さて、日本のこれからはどうなる??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

ないよ、ないよ、没有、没有・・は、以前の中国

U3145713372267354349fm26gp0

         日本と中国の時代が逆転してるかのように思える。
   どういうことかというと、
    基本?日本に現れたその色々が、時代を経て中国での同じように・・
   ってのが、大概の場合はそうなってる。
    その辺は、中国に行ったことがなくともご理解いただけると思う。
   行かれるともっと実感として、あぁこれ日本の何年前かな・・・ってな
   感覚です。
     それって、とりわけ20世紀に入っての両国の関係なんですが、
   それもまた、お判りいただけると思う。
      更にその前になると、中国文化を積極的に日本は模倣していた
   わけですから、その時点での後先が、新中国になってから逆転して
   るわけです。この点も程度の差はあれご理解いただけると思う。
U1248021228667897196fm26gp0
      さて、何が言いたいかというと、
    このところの日本の政界、
    聞こえて来るのは、「ありません。」の繰り返し。
    中国語では没有メィ・ヨゥ!
     これねぇ・・・
    以前、どんくらいだろう、70年代・80年代、90年になっても
   少し残っていたかなぁ・・・
    中国で、とりわけお店で
U287460826084815793fm26gp0
     始終きかされたのは、没有!!の二文字。
    とにかく、こっちが何か言うとほぼ同時に、「没有!!ありません!」
    と、きっぱり言われ、取り付く島がない。
     (そう言えばわたしは子供の頃これを、取り付く暇がない、と
      覚えていて、忙しくできないんだぁ、と勘違いしていた。
      閑話休題)
    つまり、ここのところ、政府答弁やその他のところで聞かされる
    「ありません!」が中国の「没有!」にかぶって、
    おいおい、いつから時代が逆転したんだぁ!!
     ってな感じで、居心地が悪い。
U20322603141302642720fm26gp0
     中国のあの時代の、
     「没有!」の一喝も、
     ヒトを介して、ちょっと裏から探ると、
     ないものが出てくるんですよ、これが。
     その点でも、いまの日本、
     かなり以前の中国にホントよく似ている。
      但し、
     但し・・・が、ついてですね、
     日本の場合、地域限定でして、
     永田町あたりの、
      没有!!
     ですが。
          時代が逆転してるよね、はまだある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

”一帯一路”イー・ダィ・イー・ルゥは何なの?

U1780323040881177658fm11gp0

     ご質問をいただきましたが、
   多分?ご質門をなった方も、沢山の報道にすでに接して
   大まか、大体のことはお分かりの事と思います。
     報道でされている、こうした、「現代のシルクロード」の説明が
   代表的なものですが、
     あれに間違いありません。
     また、あれ意外にありません。
    ですので、あと何をご説明すればいいのか、ちょっと見当が
   つかないのですが、
     これまた、もう報道でも言われてますし、
U19139143382936908140fm23gp0
     この方、の美国優先メィ・グォ・ヨゥ・シゥァン の
    対局?にある提案として・・・・と評している報道、そうした
    評論家の方の論調も多く拝見しました。
      これも間違いではないですが、
    対局は対局なんですが、目指してるところは同じかな・・・
    ってのがわたしが付け加えるとすればそれくらいで、
     全く気にされなくていいんだと思います。
     究極、
5243fbf2b2119313c8fd29ba6f380cd7912
       これがやりたかったってことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

ますます、威力を増す、中国パスポート

   まもなくです、春節。長期休暇。海外旅行へ。

U3700783604247722948fm23gp0    ということで、
   今年もまもなく、ドット、中国国内からこの休みを
   利用して、国内・海外旅行へ・・・ってな人がいま準備
   してるわけですが、
     海外へ・・・と思ってる人の数が・・・
    年を追う毎に増えてるわけですが、
    それと一緒に増しているのが、
   中国 フゥ・ヂィァオ  このパスポートの威力。
U13196673053565107805fm21gp0
     沢山のお金を落としてくれる
    中国旅行客はどこの国でもモテモテ??
    こぞって、わが国へどうぞ!!・・・の大合唱。
     ビザも要りません、
     優遇制度もあります・・・って事になってるのは、
    日本でも報じられてるのかなぁ・・・・
     これ、いまやもうアジアに限らずですね、
    どこも、ひくてあまた、ってやつでして、
     ・・・・ということは、
    いつのまにか、結果的には
      中国パスポートの力?威力??が
    それでけ、増したってことになるんですね。
U28303703241974195975fm11gp0
      各国、
     なりふり構わぬ??誘致合戦は
    これはこれで、なんか変ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧