2019年1月12日 (土)

日本政府算錯帳 スァン・ツォ・ヂァン

U17206995721330526518fm85app2fjpe_2  日本の厚労省の問題が、
  中国でも話題に。
   これって・・・
  日本のお役人というか政府というか
   その言ってる根本のところの資料や数字がいたって
   いい加減!!ってのが発覚。
    とりわけ、ここ数年の政府や官僚の言ってるその
   根拠となる数字がいい加減なんだから、
   そっから導き出される方針なり根拠ってなによ(#^ω^)
   ってことになるわけでして、
     それを中国で取りあがられたりするのは・・・・
   中国は今でもですが、
    各地方の発表数字だったり、政府の言ってる数字は
   あるときは、自己保身、あるときは、過大評価、
   ってんで、そんな目でみてますが、
     え~、日本もそうなの??ってのわたしの驚き。
    このところの日本企業のその手の問題もあって、
   どうなの??
    日本人の質??下がってる。
   多分ね・・・矜持というか、自己に対する厳しさ、
   なくなってきてるんだろうなぁ・・・・
     じゃぁ・・・それはどっから来て、
     何時からなのか?
   研究してる人いるでしょう!
    教えてください。
   それも政府機関が関係したところで調査していたりして・・・。
     中国語的には
    政府の計算間違い・・・的な表現になってますが、
    これはちょっと軽すぎるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

ちょっと、恥ずかしいか?日本の民主主義

094g910l0    中国の某有名ネットサイトでも
   取り上げられた、日本の先日のこの様子。
    中国の方がこの映像とあの説明でどれくらいの方が
   判ってるのか、かなり不安ですが、
    ちょっと、恥ずかしいかな。
   この様子が恥ずかしいとは思わない。
    必死で双方が、自分の主張を通そうとしてそうなってる。
   その事になんの不思議もないし、
    個人的にはあの台湾議会の様子などを見てると、
   まだまだ・・・・と。

     恥ずかしいのは、
   白熱する議論・・・とある報道は言ってましが、
   全く白熱してないでしょ・・・これ。

     もし、もし、
   民主主義が数の理論だけで成り立つなら、
    今は、現状、数だけで言うなら、
   あらゆること?を通すことができるのですから、
    議論の場など要らない??
    これが、民主主義の姿だとするなら、
   中国の人たちは上の映像を、
    どんな感じで目にするんだろう??
    掴みかかる、自由?
    罵倒する  自由?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

蔡英文、哭了!

09205v0200    これで、もう止しますが、
   まだ、台湾の話題。
   統一地方選挙の結果、大敗北?の民進党のトップが
   単独記者会見。

    こんなニュースも日本じゃ取り扱って貰えない?でしょうから、
   ちょっと触れておきますが、
    「蔡英文 哭了 !」 と、
   大々的?に報じたのは、
     中国の報道。
    まぁね。
    そんな取り上げられ方でしょうけどね、
   敗北の原因分析、敗北に対する責任の追及、
     こんな時代ですので、ネットでの誹謗、等々、
    彼女がいま大変なところにいるのは分かりますが、
    哭いてはいないと思いますよ。
    そりゃまぁ確かに、痛手ではありますし、
    失望の度合いはいかばかり・・・とは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

台湾総選挙への関心度

Yjimage    昨日も書いてますが、
   この台湾での選挙結果への分析はまぁ
   それなりにされるのでしょうが、
    わたしの話は、
   あまりに関心が薄すぎませんか?
    という話であり、
   今回は、統一地方選挙ですから、
   全体はまた別なんだ・・・・という意見があればあれで
   それで結構なんですが、
     選挙すら知らない?
     知らせない??
   は、ちょっとね。

     と、思いますよ。
   近いんですしね、
   更に関係も密なんですよ、ちょっと関係がいびつですが。
     それすら、
   若い人たちが知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

台湾統一地方選

298645c55f9b4bc7efae7fb4cd2f38e7_2    このニュース、というか、その結果・・・って、
  日本のニュース番組、テレビなどではどの程度伝えられ
  取り上げられているのか、あんまり、見ないんで分かってないですが、
  多分??
   これ、あんまり取り上げられてないと思います。
   新聞でさえ?っていうか、新聞も・・・っていうのか、
  あんなに激変の結果だったのに、
  一頁ぶち抜き!なんてな扱いにはならないよね・・・
  逆に最近、二頁ぶち抜きの、宣伝が・・・・
    ここで、あんまり個人的な感想を書いてもしようがないので、
   こちらでもまぁまぁ、
   そこはちょっと遠慮しておきますが、
   蔡政権は2016年に登場、そして、この2年!
   僅か2年ですよ、政治の世界だって2年じゃその成果も欠点も
   まだまだ判断は早すぎるんじゃないの・・という
   実際はその2年とちょっとなんですが、ダメだった・・・なぁ

     ちょっと自滅?的なところもあったように思う。
   もうちょっとですね、先を見てみないとどんな政権だって
   分らんでしょうに。それぞれの立場によって良いことも良くないことも
   やってんでしょうが、
    まぁ、敗因はこれから民進党が分析し発表するでしょう。
    そして、そんな結果は日本では報じられないよね。
   大きく取り上げればそれでいいってもんでもないですが、
     政治的立場を抜きにしても、
    距離的も、現在の観光を支えている面でも、
    まえの日本の災害で度々お世話になってる面でも、
   今の日本の、台湾のニュースの扱いは、
    あまりに冷たすぎない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

「わたしの家の犬が嫌いな猫」の関係について

U11316722973273409812fm11gp0    昨日ですね、ちょっと触れましたが、
  別に対して深い意味はないのですが、この
           「わたしの家の犬が嫌いな猫」
  という、不可思議な?日本が
  とってもよく今の中国とアメリカの関係を表すときに、
  自分の中ではピッタリきていて
   結構、気に入ってます。

     結局この翻訳不可能な日本語の、どっちともとれる
   この関係と、
    どっちが、どっちでも結局のところ嫌ってるんだろうな、
   ってとこが、
    二国の関係性を表していて面白い。
   特朗普トゥ・ラン・プゥ になってからのアメリカ、美国メィ・グォ
  非常に判りよくて、
    世界のトップであり続けた、アメリカの危機感が
    とてもよく感じられて、
    トップは二番に落ちるのは嫌なんだろうなぁ~ってのは、
   何となくは分かりますが、
    そのなりふり構わずさ?にもちょっとね・・・と
   思わせるところがあり、
    さて、この中間選挙を過ぎて、またまたどっち舵を取るのかが
   見ものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

これが、中国経済発展の象徴

  昨日の話題とも多少関係しておりますが、
20180804152218_6a754b3f0d305b2b02d3    盛んにわれわれは、マスコミなどで、
  中国の経済発展のその速さ、だとか、その規模とか、ですね
  日本のそれを抜いたとか、世界大×位の経済規模になったとか、
   を目にし耳にもしてますよね。
   それって、間違いではないのです。数字の上では確かに。
  しかし、
   昨日わたしが書いたのは、
  「甲子園高校野球大会」を見ていて感じる日本のそれは、
  やっぱり、ほかの国にない豊かさだなと思う、というようなことを書いた。
20180804152218_6a754b3f0d305b2b02_2     上の写真と合わせて、2枚の写真をご覧ください。
    これ、中国の高速道路が立体交差してる様子のものです。
    経済発展の象徴、と言ってもいい。
   でも、
    写真で分かるようにこの無秩序・・・
   中国の経済発展がこの立体交差は非常によく具現していると思う。
     経済的には発展しています、
     そのスピードも目を見張るものがあります。
     規模もすごいです。
     技術的にもこんなものができる。

     ・・・でも、でもですよ。
    その在り様というか、その結果が・・・・
    ってのが、見える画だなぁ・・・と思う。
     これねぇ、こうしたことを書くと必ず誤解されますが、
    悪口じゃないですよ。
     いま、こうあるということです。
    日本だって・・・これとは違ったかたちで、経済発展著しき頃
    間違いを犯しています。
      だから、どの国もその背伸びをする、その時の
    間違い。
      これって、避けて通れないのかなぁ・・・ってのが、
    上の画をみながらの感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

日中平和友好条約40周年

Yjimage  日中平和友好条約締結40周年
 記念の行事について
  昨日、一昨日と書いたので、
  この平和友好条約についての
 ご質問をいただいたが、
  わたしも、条約の中身を語るほど
 詳しくはないので、そちらは、他のところで
 あたっていただけるとありがたい。

   但し、
   わたしなりにこの記念の年に思うことはある。

   条約の意義やその当時の歴史的経緯については、
  若い方はみなさん、ネットか何かでお調べになり、すぐにわたしより
  詳しくなるので、それはそちらにお任せすることとして、
   わたしに中の?この条約の記念の年、40周年をちょっとだけ
  書かせていただくと。
    先立つ、1997年、鄧小平が副主席に・・・
   これが大きいですね。ほぼこの年のこの頃のことを
   今振り返って改めて見てみても、
   鄧小平のその存在が大きい。
    いろいろあるんだが、核のところだけ書くと、
   1978年10月。副主席としての初の訪問先に彼は
   日本を選ぶわけです。この条約の批准を看板?に。
    有名なあの「白い猫だろうが黒い猫だろうがネズミをとる
   猫はいい猫だ」理論?ですが、当時は恐らく中国側でも
   誰もその本質を理解していなかった。判ってたのは数人?
    そして、彼は「近代化」とも言った。この「近代化」を
   理解してる中国人は彼の傍にもそう何人もいなかった。
    彼は精力的、
   日産自動車、新日本製鉄、松下電器産業を訪れたあと、
   あの今でも話題になる、新幹線に乗るわけですよ。
    この辺ん彼の行動はわりと誰と会ってどんな発言をしたか、まで
   わりと詳しく当時も報道されている。
     が、この後の報道がない。
   それは、彼は帰国後の確か数か月後の
   北京での3中全会(共産党の全体会議)に出席。
     ここで、
    「改革開放」と言った。
     日本を訪問して、一番切実に、何より手を付けなくてはいけないのが
   彼をして
     「改革開放」と言わしめた。
    ですので、いきなりの結論になりますが、
   わたしにとっての
    日中平和友好条約は、とりもなおさず、
   鄧小平をして「改革開放」へ走らせた日本との関係であったと
   言えます。

     鄧小平というこのおじさんが凄いのは、
   この人、実に現実的で
   世界を見る目も、かなり独自のものを持っていた人でしたね。

    実はこっから、
   これがスタートで今の中国があるわけでして・・・
   それを書くと長くなるから止すが、
   今の中国が始まった年が、この1978年なんですね。
    そう覚えた方が早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

次々と各方面で新たな提携が

Large_180723_kyushu_01   ここで扱うからには、無論、その中国との提携ですが
  つい先日驚いたのは、こちら、JR九州と中国・アリババが・・
  その提携の詳しい内容をお知りになりたい方は
  すみませんが、どっか違うところで扱ってるのをご覧ください。
   ここでは、早い話、
  中国との提携がつぎつぎ・・・の話でして、
   今日見たのは、日航と中国東方航空が・・・ってやつでして、
  どちらも、これまでの枠組みを変えるくらいの 
  ちょっと、大きな提携です。

    あまり、一般の方にはしっくりこない?かも知れませんが
  これって、
   つまりその、阿里巴巴アリババ の実力?をどれ位ご存知か
  判りませんが、
   凄いんですよコレ!!

    このあとの、JR九州の動向が楽しみ。
   一緒に、アリペイも導入。
   アリペイは中国ネット決済の大手。
   集客を図る提携なんですが、
   ちょっと驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

李克強リー首相の足跡

  5月も残すところ、あと一週間、今月の、とりわけ北海道にとっての
 ビックニュースは、この人の来道。その割には、扱いが大きくないが、
7965011484551412925   まぁまぁ、一般の?人にとっては何やら大物が来て帰っただけ、
  札幌にいるわたしの知人などは、単に交通規制が印象に残っただけ、
  と言っていたから、そんなものかもね。
58713352cad74c8ab4f76b435693a7e2      実は、というか、そんな意外でもないですが、
   このお二人、首相と高橋知事ですが、
   これが初めてじゃないですよね、
   以前は確か、
    李首相が、まだ遼寧省に党書記さんだったころにも
   会ってお話ししてますよね。
     そんな話題がこの日のこの会談でも出たのかどうかは
   分かりませんが、

     中国側でちょっと話題になったのは
    李首相が北海道へ向かったその全日程、全行程に
Bf1bbfa44aa94dbcbedeaa5f54ebe07e     安倍首相がびっしり付いた??ことですかね。
   これって、かなり異例なんですかね、
   そうなんでしょうね、きっと。他国のトップが来て、東京で
   日本の首相が迎え、会をもち、食事はするでしょうが、
   そのあとの日程にもぜ~んぶついて歩くというのは
   どうやら、珍しいようで、中国ではそのことが話題になって
   ましたけど・・・。
    これは、きっと前にも書きましたけど、
   安倍首相が単に国会に居づらかっただけなのでは、
   そういえば首相きょうもロシアへ。
     落ち着かない。
   国会はやってるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧