2019年11月27日 (水)

阿里巴巴 アリババ 香港上場

7e3e6709c93d70cf41f1924591b21e05bba12be6 

 このニュースはさすがに日本でも報じられるでしょう。

  中国、阿里巴巴 の香港株式市場への上場。

 

  ニュースはおそらく、この後ろはその額面がどうだとか、

  値上がり幅がどうだとか・・・になるのでしょうが、

  教えてほしいのは、

  なぜ?この時期だったんですかね。

  誰か教えてください。

   しかも、香港はいまいま先の選挙が終わっての

  興奮まださめやらぬこの時期。

   なにかあるのあなぁ~

  たまたまかなぁ~

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

羨ましい、香港

K10012189921_1911250538_1911250539_01_02 K10012189921_1911250538_1911250539_01_02

  何が羨ましい、といって

  まだ最終的に発表されてないと思いますが、

  その投票率。

  70パーセントは確実に超えてるでしょう。

   これですよね、

  民意って、

  全体の三分の二以上の人たちが意思表示をし、

  それが全体に表され、

  それを受けて決められる、

  これが民主主義の基本中の基本。

   なのに、いまの日本って・・・

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

米中経済戦争の最中・・・なのに・・・

Dc54564e9258d10992e2e9cfde58ccbf6c814d4d  これですね、

  ボーイング787 波音787 の機種で、

  この絵でわかりますか?

  中国が波音社から、100機中国へ納入した、

  ってニュース。

   一度に100機納入?!!

 

   まぁ、相当前に購入は決定してたんでしょうが、

  それにしても、いまのいまは、

  互いに経済戦争と言われる、火花を散らせているにに、

  これだもんなぁ~。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

昨日、掲載を忘れた一枚。

1125192217_15728875144031n  昨日の続きです。

  一枚は昨日、あげたんですが、

  もう一枚の方を忘れたら指摘されましたので、

  日本のマスコミではあまり発表されないもう一枚は

  こちら。

   ほら、場所の関係もあるのでしょうが、

  習近平の右側斜め前に座ってますよね。

  彼女のとなりの席にもう一人いて、香港側?は

  この二人。

   一方、習近平左手側には、各閣僚が座ってます。

  まさに談笑ってな感じでしょ。

   昨日も、握手の二人、

  とりわけ、習近平の満面の笑顔。

   そう多くはないのです。満面の笑顔の写真は。

 

   ということで、昨日忘れたのは

  こちらの写真でした。

   失礼しました。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

二枚の写真から見えてくるもの

B3fb43166d224f4ab994d76706f790529822d1b1  こちらの写真が、

  日本でも新聞紙上などで発表されている写真ですね。

    中国側の題は、「習近平会見林鄭月娥」

  というあっけないキャプションがついてます。

  日本側のというか日本の新聞紙上での同じ写真を

  使った記事は

   習氏「香港の秩序最重要」

   強硬姿勢支持 長官に強調

  と、かなり中身に踏み込んだ、かつ、中国側発表をそのまま

  受け入れた、内容と表題になってます。

   まぁまぁ、伝える側としてはそんなところが無難でしょう。

 

  先ず、この会見。

  上海で会ってますね、お二人は。

  しかも、お二人とも違う用事っていうか、上海の商業関係展覧会への

  出席ってのが、その名目でして、ついでに??会ったわけです。

 

   ですので、写真を見ていただければわかりますが、お二人の後ろの

  景色が普段と違います。

   習近平が誰かと会う場合、しかもこうした写真を撮らせる?とき、

  その後ろは大体は北京の会議室での会見となります。

   発表されている写真が二枚きりでして、

  一枚はこちら、

  もう一枚は、お二人が座って話している様子の写真で、二人は

  横並びではなく、はすに座って、林鄭氏の横にはもうお一人、

  その向かい、習近平左手側には、重鎮王氏をはじめ、4人が座ってます。

 

    かなり、林鄭氏の緊張ぶりが伝わってくる様子があります。

  上海の高級ホテルの最上級の部屋なんでしょうが、

   お二人の後ろのレースのカーテンの傍には政府関係者が。

   これはひょっとしたら叱責を受けるかも・・・ぐらいの恐れで、

  会見に臨んだ林鄭氏なのに、お褒めの言葉をいただき、それもまた

  緊張気味の二人の握手の様子でしょう。

   習主席の方が、グッと、香港長官の手を握る様子、

   二人が立って握手しているこの写真、

   習主席の方から長官が座っている椅子の位置まで移動して握手しています。

  多分、この一枚。

  これしか、発表しないんだろうなぁ。

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

近づく国慶節、国慶将至

U11584993612714645233fm26gp0  いよいよ、近づいてきました

  国慶節(10月1日)。

   此の頃に多くなる、話題の一つが、

  大型連休になりますので、この休みを利用しての旅行へ出る

  人たちの話題。

  建国記念日ですので、それに伴う国行事に関わる様々な話題。

   例えば、天安門広場の飾り付けがどうだとか、

   今年の例で言えば、70周年という節目の年なのでそうなのか、

  それとも、国威発揚に力が入ってるいるのか、

   わたしが、いま、見れる範囲で中国の様子を国外から見ていても、

  年々といったところがあるでしょうが、

   とりわけ、今年は、街での国旗掲揚が多い。

   商店街はもとより、広場や、メインストリート無論のこと、

  いろんなところで、国旗が飾られている。

   それで、初めて知ったのは「国旗法」という、法があるらしく

  そりゃまぁ、一国国旗ですからあまりあつかいを疎かにはできないでしょうが、

  そんな法律まであるんだぁ~・・・と感心しましたね。

 

    まちまちに、紅い国旗がたなびき、

   そのことでまた一層、お祝い気分が盛り上がる!

   ってのは人間普通にあるでしょうけど、それにしても、

  どの街をって、まぁ、提供されている中国各地の街の様子なんかを

  時に動画で、時に写真で、時にマスコミの放送でみてますが、

   中国全土が紅くいろづき始めています。

   これって、壮観だなぁ。

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

70歳の中国、この先の30年は?

37d3d539b6003af30d8aff7d3a2ac65c1038b6fe 70歳のお誕生日を迎えようとしている

  中国です。

   昨日書いた、カントリー・イヤーからするならば、まだまだ、

  国の年齢としては、若い!!

   それなのに、ですよ、

  もう、アメリカを相手にそろそろ世界のトップに立とうしてるんですから

  この凄さがそこにある。

   しかも!ですよ、

  70年、70歳ではありますが、

  前半のまぁスッキリ半分ではないですが、35年くらいは

  子供の頃の中国と、後半、35年の中国は、同じ人格か?!!ってくらい

  違いがありますので、

   驚きはそこにもあります。

 

   この先、30年の中国。ってことは・・

  2050年の中国かぁ~

  もう、自分には見えないだろうなぁ・・・

   いまいま、確実なのは

  2050年の中国は、いまの日本の比じゃない高齢化社会だということです。

    どうなってるかなぁ・・・

  もう、今から準備したほうがいいんですがね、

   それはまぁ、若い人にとっては深刻な問題ですが、

  いまいまの年寄りたちは考えてくれないだろうなぁ・・

   環境問題もそうですけどね。

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

情報量と真実への距離の相関関係

  毎日、新聞をスクラップというか、切り抜いてます。

 切り抜くのは、中国に関した記事のみ。

 ですが、もうかれこれ、数十年続けてますので、この切り抜き

 記事も相当量がたまってますし、貯めてます。

  定番?コクヨスクラップブックに張り付けて、一応いつでも

 見れて、それなりに、地域別だったり分野別だったりの工夫?

 なんかもしてますが、これがたまりにたまって、

  相当量に達しています。

  これまぁ、個人的な事情ですからここではどうでもよいことで、

 いま、感じているのは、

  毎回?事あるごとに、とりわけこの中国関係の記事は急激に

 おおくなったりするんですね、多分、何となくみなさんもお気づき

 でしょうが。

 

   で、何が言いたいかというと、

  ここのところの、米中のもめごとと、香港での様子がいまいま

  大量に報じられてます。毎日、切り抜くとわかりますが、紙面に

  占めるその量がとても多い。多すぎ??

   でその~、多ければ多いほど、仔細にそのことが見えてくるかと

  言えば見えない!

   肝心の?というか、結局何が伝えたいのか見えないし、

  報じられてることをそのまま鵜呑みにしていいんだろうか・・・

  本当にそうなの?本当にそうだとするなら、幾つかの疑問があるが

  それには応えてくれそうにない。

    なんだろなぁ・・・・ちょっと、情報量が多いのに真実に近づいてる感

  がない!ないなぁ・・・あります??

 

   例えば、

  香港でのその問題の本質の、反対されている法案のきちんとした全文って

  読んだことあります?

   そんなに強い反対にあう、その法令案って、

  大概は「逃亡犯条例・改正案」って、見てます?

   情報はいっぱいあるんですから、毎日めにしてるんですから、一回ぐらいは

  みなさんの目に触れててもいいはずなのに・・・。

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

熱い! 香港

Yjimage_20190805113201  いま、香港が熱い!

  ずっと、熱いのだが、

  それは、気温も含めて、暑い。

 

   8月5日 大規模なストライキが呼びかけられ、

  どうやら、その規模もそこそこ大変らしい。

   航空便がどならんだろう・・・

  飛行機はパイロットや乗務員だけいても飛びませんからね。

  多分、影響はでるでしょうし、

  ほか、現地交通機関にも影響が。

 

    それにしても、熱い、ホンコンの人たち。

  先日の参議院選挙の翌日にもちょいと触れて書いたが、

  日本のひとたちが無くしたものをお持ちのようですね。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

半分弱の民主主義 

Photo_20190727121201  先の、参議院選挙

  結果はご存じの通り。

   これはいかなぁ~と思ったのは、結果よりもその

  投票率の低さ。これは、ダメでしょ。

   半分に満たない。更に制度の複雑さ?というかいい加減さ?

  で、これで民意が・・・とは思う。

   ちょっと、中国のネットでの評価を覗いてみた。

  そこにはそこで、ワンクリックの中国?民主主義ですが、

   結果は、

 

   民意によって政権を交代させることができる、或いは選べる

  というのが、この民主主義選挙の最たる特徴ですが、

  生かせてない。こうして自分たちで選択できるんだから、

  独裁体制よりも優れた?制度だというが、自分たちで選ばない?

  民主主義は独裁体制よりもっと手に?負えない??

 

    ってな、ご意見を目にすると、だよね!と納得。

   これ、書いた人どれ位深く知って考えてるんでしょうね。

 

   別の方は、

   政治の安定というか民意を代表してるように見せかける

   には、マスコミの統制が必須。マスコミを抑えている現

   日本の勢力はその点をよく知ってる。それをどう言論統制

   のようには見えないようにするかが上手い!

    この方、鋭い!どんだけ日本の報道見てんですかね。

 

    多党になればなるほど、人気投票的な意味合いが強くなる

   から、結局、みんな言ってることは良いことだけど、それって

   結局、みんな同じことを言ってと同じでしょ。あれもこれも

   タダにします、福祉はこうします・・・って、その人気投票に

   わざわざ行く??

 

    ってな、ご意見を拝見してると、

   結構よく見えてますよね、日本の政治。

   振り返って自国の政治を・・・と書こうとすると、

   やっぱ、ややこしいのかなぁ~、突っ込まないよねこっからは。

     ワンクリックで帰れるかなぁ・・・政治を。

U3686382419465546135fm26gp0

| | コメント (0)

より以前の記事一覧