2020年7月31日 (金)

『 台湾の主張 』 李登輝

9f868b16d4065831013b852e4e95248e

  手元に『台湾の主張』李登輝著、がある。

 八章に分かれて書かれている。

  第1章は、私の思想遍歴。

      では、マルクス主義との決別を、

  第2章は、私の政治哲学。

    民主主義は民を甘やかすものではない、と

  第3章は、台湾の「繁栄と平和」の原動力。

    「存在」こそが台湾の外交である、と

  第4章は、いま中国に望むこと。

    「一国二制度」は明確に否定、

  第5章は、いまアメリカに望むこと。

     アジア世界の十字路=台湾

  第6章は、いま日本に望むこと。

     大局観のある政治家が欲しい、と。

  第7章は、台湾、アメリカ、日本がアジアに貢献できること。

     中国大陸を世界に引っ張り出す。

  第8章は、二十一世紀に台湾。

    「国民サイエンス」の構想

 

   を書き、 

    李登輝がいなくなった台湾でも・・・の文もある。

 

   言えることは、

   彼は生涯を通じて、”政治家”ではなかった・・・と

   本人も言っている。

 

    ”人”は何処で生まれるかは図れない。

   生まれた国が

   その人のかなりの部分を形成することは

   逃れられない。

    こんな人がもし、

    中国大陸で生を受けたなら・・・・

   それはそれでまた全く違った人生だったのでしょうね。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

美国に対抗、国産化を急ぐ

20200611072903324

  波音ボーイング に飛行機を頼ってはいられない・・

  ってことなのか、

  国内の飛行機も国産化へ・・

  これって、喧嘩?の準備ですかね。

  何も美国(アメリカ)に頼らずともやってけますよ・・・

  ということなんでしょうか。

2020061112255744321325467

   そりゃぁまぁ

  何でもできちゃうはできちゃうんでしょうけどね・・・

 

  ちょっとタイミングがね・・・

  わざわざ、これ見よがしに見せてるのも・・・

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

蓬佩奥長官

  アメリカ、

  国務長官・ポンペイォ の対中国発言が過激さをましていますね。

  多分、かなり意図されてのことと思いますが、

   その意図?通りに相手が動くかどうかは分からない。

 

   もう一点は

  ケンカが始まって、

  前に書いてますように、

  吵架ツァォ・ジャァ 口喧嘩 から

  打架ダァ・ジャァ  殴り合い へ

   移行しそうな雰囲気ですが

  ケンカに付きもの???の外野

  ケンカをはやし立てる人も、

  やめろやめろと引き留める人も、

   両方いない

  かなり孤独な?ケンカですが

   大丈夫でしょうか。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

中美吵架は打架へ

1595347759113_642_636x331

   この中国とアメリカの争いが収まりがつかない。

  崔天凱は古代詩まで持ち出して、

  アメリカさんよ・・・と言ってはいるが・・・。

 

   まぁ、収まらないでしょうね、

  なんせ、双方とも喧嘩早いお二人が両国で

  睨み合ってますから。

   抑えようともしてないし。

 

 

 

  

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

HONGKONG 20年ちょっとしかもたなかった、約束。

Photo_20200702135101

  こちらが、23年前のあの日のホンコン。

 そして、昨日。

  あの、約束は結局、23年しか!もたなかった。

 駄目じゃないですか、

  50年約束だったのに・・・

 イギリスに100年の自治を与えても、

  びくとも?しなかった中国は何処へ??

  そんなみみっちぃ国じゃなかった?でしょ。

 

  100年後に返してくださいね、100年たったら

  返しますよ!!

  って、こんな約束をできる、そんな太っ腹??だった

  中国は何処へ・・・。

 

  政府を転覆させる勢力にたいしての措置だそうで・・・

  そんな、政府が恐れるべきは、

  人ではないでしょう。

  人は国を作る人たちで、

  もし、政府が恐れるなら、今回のような疫病や地震や災害や

  人治の及ばないところにこそ、政府はその目を向け

  不断の準備をしなくてはなりません。

 

   古今東西、こうして民衆が政府に何かを主張?してる時は

  少なくとも、時の為政者はそれに耳を傾けなくてはならない・・・

   というのは、

  4000年としっている国は十分身をもって知ってるはず・・・

 

   はず・・・・なんですが、

  そうもいかないのがこれまたニンゲンなんでしょうね。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

2020全国両会

D2696a0a4f34421a8eced69d77fae6f7

   かなり、無理をして?開かれている会議は

  日本でも話題にはなってるようですが、

  これまた、「経済成長率」が今年は示されたない??

  とかといった話題のようです・・・

   そりゃぁそうでしょ、今年、この状態。

  これ必要ですか?そんなことより・・・

  なのに、取り上げられるのはそちらばかり・・・

   というあいも変わらずの的外れで、

  それを知らされた人たちはどう反応すれば

  いいんでしょうね?? 一体??

 

   今日あたりから、

   上のように分会が開かれていて

  あぁ~やっぱり、湖北の会議には出るよね彼は・・・

  ってのは、報道されないんだろうな・・・きっと。

 

   まぁ、

  日本の近日のこのありようを

  外国でどう報道され

  どう印象づけられているかも同じようなものか。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

中国教育現場の難点

3c1a72045817c5b77887d36d7326514a

  中国に限らずですが、世界中で只今、今日、

  教育現場はかなりの混乱ぶりです。とりわけ

  昨日も書いてますが現場が大変!!

 

   それは、まぁ、容易に納得していただけると思いますが、

  そのうえで、

   中国の大変さは何かというと、

  単純には、やはり人が多い、学生数が・・・

  地域が広いので、その点でも・・・は、中国が何の問題でも

  人・国土を持て余すほど?持てるものの悩み。

 

   それを基本に置いておいて、

  教育現場もいまや中国では上の画像の小学校のような

  「貴族学校」とも呼ばれてますが、環境条件をお金で買うような

  めちゃめちゃ恵まれた学校もあれば・・・、

  めちゃくちゃ・・・もある。

   これはその教育環境というか、衛生面での生活環境ですね

  お昼がどうなってるか、とか。施設面での環境とか。

   この差が日本の非じゃない。差 ありすぎ!

20200413020613761_20200515121501

   高学年になると、このどはあの!有名な”高考ガォ・カォ”の

  問題。これがまた、ほぼ、その子の将来の方向性がほぼこの一日に

  かかっているという、むちゃくちゃなところにいまいまいて、

   それでなくとも、地域差と、民族差と、家庭差の障害が多数あって

  そのうえにこの病毒騒ぎが重なる。

 

   大学生は、ご存じのように?寮生活ですので、

  日本風にいうなら、もう”三密”の最たる生活を強いられてるわけで

   どうすんのよ!!・・

  と、言ってますが、どうもなんないでしょうね・・・。

 

   結局、こうしたことが起こると、

  そのしわ寄せというか、負担は多く弱者の身の上にかかってくる

  というのもまた、世界中同じなわけですが、

   弱者のその数の多さもまた・・・

   弱者はまたまた、自分に非はないのに、

   その負担を一番多く負わされることになる。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

中国では、減税策の延期を発表

3c6d55fbb2fb4316ed234a810b38c12508f7d3ab

  日本では、てんやわんや?の

 現金給付の発表。

  当然?!

 中国ではこれはありえない・・・でしょ。

  14億人に現金給付って・・・

 中身はちょっと細かいのでここでの紹介は

 難しいが、

 

  とりあえず、北京市が発表したのは

  各事業・・といっても限定されてるんですが

  減税策のこれまで発表してきたものを継続しますよ・・・

  との発表でしたが、

  これで、乗り切れるのかなぁ・・・

  怪しいな・・・

  大丈夫かなぁ・・

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

グローバル社会の中の ニッポン

U12590545493088502183fm11gp0

   昨日書いたのはですね

  グローバル社会・・・と言われながら、

  ちっともグローバルじゃないじゃん!!

   特に日本は!!

  ということを言いたっかった。

 

   世界の中でも日本はやっぱりこの対ウィルス騒ぎ?

  でも際立ってますよね。

   不思議だろうなぁ・・・世界からというか

  外から見る日本は。

   議員さんたちの言ってることも何を言ってるのか

  ハッキリ分らんし、

   このハッキリ言わんところがまた、いいんですね~

  日本では。

   なんだろうなぁ、このぼんやりさ??

  勝てるのかウィルスに?

  

   マスコミも面白いですけどね。

  

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

安倍首相、訪中、参加国会議は なんで成都なの?

U38832696952971115236fm11gp0jpg

  ご質問の趣旨?はだいたい分かりますけどね・・

 いきなりの答えは、

  対して、意味はないと思いますよ、成都であることに。

 

  向こう(中国)が決めることですしね。

 そうは、言っても相手が、わざわざ?成都というからには・・

 のご質問でしょうが、

  それも分かったうえで、

  そんな重大?な意味はないともいます。開催地に関しては。

 

  日本も以前に、福岡でやったことがありましたよね。

 あんなくらいの・・・

  おっしゃる意味は分かります。首都・北京でやればいいものを

 国内移動距離が、数千キロですからね。

 

  敢えて、いうなら、

  日本との経済関係では、成都はそれなりに、・・・というか

  代表、イトーヨーカ堂さんですかね。

  はやくからのお付き合いが。

  そして、先ほど触れてように、日本が福岡でやったように

  地方の、食べ物の特徴ある美味しいところ・・・ってんですか、

  北京のお役人もたまにはどっかへ行って美味しい会議?を

  したいんじゃないですかね。

 

   因みにですが、

  多分、まったく余計な情報ですが、

  成都市と、日本では、甲府市が友好都市となっております。

 

   こんな、答えでいいですか??

| | コメント (0)

より以前の記事一覧