2017年7月25日 (火)

瓜田李下・・・の結果・・・

U13118068044071822555fm26gp0

      本当は・・・ってか、
   まぁ、日本では下の文しか使われないのでいいんですが、
Yjimage_2
    昨日、国会で冒頭、総理が引き合いに出した中国の故事は
   こちらですね、
     「李下に冠を・・・」の譬えをだして、
   疑われてもしようがないが・・・
     っての意味での引用ですね。
    つまり、自分のそんな態度を反省。
   その反省をした上で、
     昨日の審議は、じゃぁ・・・李下で冠を正したのは何故??
   ってことが知りたいわけですね、こっちは。
     このことわざを引き合いに出すまでもなく、
    そんな時、そんなことをしちゃならん、
    ってのは、知ってるわけですよ、
    知っててなお、そんなことをしてしまった、
    その行動をとらせた要因は・・・ってのが、
    頭がかゆかった・・・とか、冠が曲がってた・・・とか、風が強かった
    ・・・とかの何かを言ってくれればいいんです。
Yjimage_1
     まぁ、風が強かった・・ってのがその理由なんですが、
    その風って、結局まだ、吹いてもいないのに、
    お友達との関係からこりゃ、のちのち風が吹きそうなあぁ・・・
    ってんで、まだ、風が吹いてもいないのに、
    やたら、冠をさわっちゃうから・・・・
 
      それは、ともかく、
     日本の国会、
U2412624465367858389fm173see9121_2
     こちら、台湾国会と比べて・・・・って、
          比べなくてもいいんですが、
     どこも大変ですね~
     何が大変って・・・・
     どっちも、これを見せられている国民がたまらん。
     仕事しようよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

選んだ側の責任

42fd19aa0c2ae71_w550_h400_2

    こちらの方は、日本では話題にもならなかったので、
   誰も知らないと思いますが、
    それは、まぁいいんです、
   しかも、ちょっと前の話でして、ニュース性は全くありませんので、
   詳しいことはこの際省くとして、
     何で、この方か、というとですね、
    短命で有名になった、副市長さん、
   なんでそうなったか?ってえ~と、
   アンマリ具体的話は意味が無いので、ちょっと彼のお兄さんが
   悪いことしちゃって、その絡みで彼にも疑いがでて、
   さっさと、その場を追われてしまいました。
     この際に、
   問題になるのは無論彼のその悪行ですが、
   ですが、ですよ、こんなに短命なのはそりゃまぁ、
   彼を任命した方の人にも問題あんじゃないの・・・ってのが、
   ちょっと?気が利いた中国報道機関の一部でもその点に気づいて、
   そんなことを書き始めたなぁ・・・と思っていたら、
     急にその視点での報道辞めちゃったんでガッカリ??
   せっかく好い処に気づいたのにねぇ・・・
     そこでしょ、問題は、
Image
      中国はまだ、この間違いの責任を転嫁することが可能ですが、
    選挙で選ばれたその人たち、
    選んだ人たちの責任がいま問われてますよね、
     選んだ後にあ~ 間違っちゃった!と
    気づいたときにその次の選挙まで手がない!
    これまた、困ってますよね
     いまそれで、日本も困ってますよね。
    どうなるの、
     選ぶ側の間違いはどこでどう解消すればいいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

没有メィ・ヨゥ没有メィ・ヨゥ・・ないよ、ないよ、は中国の専売特許だった

  昨日のお話のつづきですが、

U20322603141302642720fm26gp0  こんな時代の中国のお店で、一番聞かされた
  というか、耳に馴染んだ?の言葉が、
  没有メィ・ヨゥ・・・無いよぅ・・・と
  いう一言だった。
   例えば何かを買い求めに行く、これこれを・・
  と全部を聴かないうちに、
   実にキッパリ
                「没有メィ・ヨゥ!!」と一喝されることが多かった。
    あれって、じゃぁホントに無かったのか・・というと、
   実はあの頃の店員さん、中国社会主義のもと公務員ですから、
   しかも全員が。かなりの店員さんは、客の相手を嫌っていた、
   相手をしたところで文句を言われたりロクなことはない。相手をしない
   からといって、自分には何の関係もない、例え相手の求めるものが
   奥の棚にあったところで、それを取りに行ったりまたその客の相手を
   するのが甚だ面倒。相手をせずとも店にも自分にも何の影響?も
   ない。となれば、そこは面倒なだけなら、一番簡単に客に諦めさせる
   「没有メィ・ヨゥ」の一言が一番効果的。
     実はあるんだが、どうせばれっこないし、ばれたところで、
   わたしの経験では、ちょっと垣間見えたその棚の奥の方にあるじゃない
   ですか・・・と言ったら。その店員さんは、あれは「様品ヤン・ピンよ!」
   (サンプルですから売れない)と、言った。あぁ言えばこう言う・・・だ。
Yjimage_2
  で、話は飛んで、
  このところの日本の報道に接していると、
  昨日かいたように、どうも日本が時代を遡って?
  中国に近づいてるんじゃないの?
  と思わせる。
     とりあえず?一言目には「ありません!」と言っとく、
    無いんですから、話にならない、無いものを出せと言われても・・・
Yjimage_1  ところが、
  一旦その無いはず??のものが見つかると、
  いやいや・・・あれは・・・
  ってんでしょ、似てませんか?この対応。
   似てますよね、
  ほんとによく今は日本で耳する
  「ないよ、ないよ」の大合唱、
    それで済めばいいんですが、
     なかなか・・・・
    これって、皆さん文字通り
Yjimage_3  公務員なわけですが、
  公務員の宿命?ですかね。
   そうかもなぁ、
  だって、中国で「没有、没有!」が
  聞かれなくなったのは、
  先の人たちがみな、公務員でなくなった
    あたりからだもんなぁ・・・・
      で、
    いま、中国はどうなんているかというとですね、
    中国のお店の店員さんたち、とりわけ、お見せによっては
    売上高の成績がかかっていて、
      もう、売る気まんまん・・・・
    こっちは大して買う気がなくとも、後をついて離れなかったり、
    ちょっと、こんなのありますかねぇ??などと尋ねようものなら
    「有!ヨゥ 有! 有!!!」と言って
    ホントは無いのに有る振りしちゃったりして・・・・
      何だろうなぁ・・・
    途中がないんだよなぁ。
     丁度好いって加減のところが。
    さて、日本のこれからはどうなる??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

ないよ、ないよ、没有、没有・・は、以前の中国

U3145713372267354349fm26gp0

         日本と中国の時代が逆転してるかのように思える。
   どういうことかというと、
    基本?日本に現れたその色々が、時代を経て中国での同じように・・
   ってのが、大概の場合はそうなってる。
    その辺は、中国に行ったことがなくともご理解いただけると思う。
   行かれるともっと実感として、あぁこれ日本の何年前かな・・・ってな
   感覚です。
     それって、とりわけ20世紀に入っての両国の関係なんですが、
   それもまた、お判りいただけると思う。
      更にその前になると、中国文化を積極的に日本は模倣していた
   わけですから、その時点での後先が、新中国になってから逆転して
   るわけです。この点も程度の差はあれご理解いただけると思う。
U1248021228667897196fm26gp0
      さて、何が言いたいかというと、
    このところの日本の政界、
    聞こえて来るのは、「ありません。」の繰り返し。
    中国語では没有メィ・ヨゥ!
     これねぇ・・・
    以前、どんくらいだろう、70年代・80年代、90年になっても
   少し残っていたかなぁ・・・
    中国で、とりわけお店で
U287460826084815793fm26gp0
     始終きかされたのは、没有!!の二文字。
    とにかく、こっちが何か言うとほぼ同時に、「没有!!ありません!」
    と、きっぱり言われ、取り付く島がない。
     (そう言えばわたしは子供の頃これを、取り付く暇がない、と
      覚えていて、忙しくできないんだぁ、と勘違いしていた。
      閑話休題)
    つまり、ここのところ、政府答弁やその他のところで聞かされる
    「ありません!」が中国の「没有!」にかぶって、
    おいおい、いつから時代が逆転したんだぁ!!
     ってな感じで、居心地が悪い。
U20322603141302642720fm26gp0
     中国のあの時代の、
     「没有!」の一喝も、
     ヒトを介して、ちょっと裏から探ると、
     ないものが出てくるんですよ、これが。
     その点でも、いまの日本、
     かなり以前の中国にホントよく似ている。
      但し、
     但し・・・が、ついてですね、
     日本の場合、地域限定でして、
     永田町あたりの、
      没有!!
     ですが。
          時代が逆転してるよね、はまだある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

”一帯一路”イー・ダィ・イー・ルゥは何なの?

U1780323040881177658fm11gp0

     ご質問をいただきましたが、
   多分?ご質門をなった方も、沢山の報道にすでに接して
   大まか、大体のことはお分かりの事と思います。
     報道でされている、こうした、「現代のシルクロード」の説明が
   代表的なものですが、
     あれに間違いありません。
     また、あれ意外にありません。
    ですので、あと何をご説明すればいいのか、ちょっと見当が
   つかないのですが、
     これまた、もう報道でも言われてますし、
U19139143382936908140fm23gp0
     この方、の美国優先メィ・グォ・ヨゥ・シゥァン の
    対局?にある提案として・・・・と評している報道、そうした
    評論家の方の論調も多く拝見しました。
      これも間違いではないですが、
    対局は対局なんですが、目指してるところは同じかな・・・
    ってのがわたしが付け加えるとすればそれくらいで、
     全く気にされなくていいんだと思います。
     究極、
5243fbf2b2119313c8fd29ba6f380cd7912
       これがやりたかったってことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

ますます、威力を増す、中国パスポート

   まもなくです、春節。長期休暇。海外旅行へ。

U3700783604247722948fm23gp0    ということで、
   今年もまもなく、ドット、中国国内からこの休みを
   利用して、国内・海外旅行へ・・・ってな人がいま準備
   してるわけですが、
     海外へ・・・と思ってる人の数が・・・
    年を追う毎に増えてるわけですが、
    それと一緒に増しているのが、
   中国 フゥ・ヂィァオ  このパスポートの威力。
U13196673053565107805fm21gp0
     沢山のお金を落としてくれる
    中国旅行客はどこの国でもモテモテ??
    こぞって、わが国へどうぞ!!・・・の大合唱。
     ビザも要りません、
     優遇制度もあります・・・って事になってるのは、
    日本でも報じられてるのかなぁ・・・・
     これ、いまやもうアジアに限らずですね、
    どこも、ひくてあまた、ってやつでして、
     ・・・・ということは、
    いつのまにか、結果的には
      中国パスポートの力?威力??が
    それでけ、増したってことになるんですね。
U28303703241974195975fm11gp0
      各国、
     なりふり構わぬ??誘致合戦は
    これはこれで、なんか変ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

美国再次偉大、美国優先 - 特朗普

    いまいま、世界中に発信されている、トランプ就任挨拶、

1120355717_14849570103861n
    無論、日本ではどこもトップニュースで扱われている。
     それとは、別に大して?構わないのが中国??
    無論、伝えてはいるが・・・
     扱いが違う。
     そして、この演説内容
      「美国再次偉大 メィ・グォ・ザィ・ツゥ・ウェィ・ダー
       美国優先    メィ・グォ・ヨゥ・シェン」
     も、
       何だろうなぁ、叫べば叫ぶほど、
     アメリカ・・・余裕ないなぁ~・・・ってのがわたしの感想。
     あんなに声高に、あんなに必死に、あんなに何度も、
     叫べば叫ぶほど、そんなに苦しいのかよ?と
     聞こえてきます。
        嘗てのアメリカは、
       何かが、他のくにであっても、
      あぁ、いいよ、アメリカが何とかするって・・・
      ってな、語り口にも余裕があった。
        何だったら、助けてあげますよ・・・位の
 
      そんな余裕はもうないらしい。
      それにまたいちいち反応する日本もちょっと・・・
     ってことで、
      なんだろなぁ・・・
      意外にも中国のいまの対処の仕方、
      大人なのかもね。
      反目もしないし、褒めもしない、
      それでいいのかも。
20170121040230594989146

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

間もなく、11・11 頼みの宅急便業界

U12185217072352055511fm15gp0

      11月です!
     “双11”将至
     の声が聞かれるようになりました。
     11月11日がいかに盛り上がるか・・・ってな話は
    何度かこちらに書いてますから、いつもご覧いただいてる
    みんさんには今更必要ないでしょう。
      それで、今日の話題は
    その11・11を目の前にして、
    快逓公司が月額8000元で、人を募集!というのが
    話題です。
      いや、いや、低迷する日本経済、
    一部日本のマスコミでは、中国経済も・・・・と言ってますが、
    一緒にできない。
      まるで、違う!
      衰えたとはいえ、中国経済、まだまだです。
U22826945212719619100fm11gp0
      8千元の月額もどれくらいわかっていただけますかねぇ、
     これ、ちょっと驚きですね、わたしには。
       急激に発展する中国の輸送、
     それを支える柱として最近のこの日本で言う宅急便の
     会社ですね。
      まだまだ、制度といろんな細部に問題はあるものの
     この勢い止まらんでしょ。
      そして、先日も話題にしましたが、
     日本でも・・・というか日本の百貨店業界の低迷は、
     中国でも同じように百貨店が倒産してるのは、
     日本のそれとはまたちょっと違う理由があってのそれ、
     なんですが、日本での論評はみ~んな一緒にしてるのが
     気になる。
       中国を論評するとき、
     まるで、時を同じくして同じ様な現象が起きると、
     日本のそれをそのまま中国に当てはめて論評する記事が
     多いんですが、これだと間違いますね。
       違うんです。
      同じ現象でも中国のそれは、日本とは、
     何故なら、経済規模が、そして経済の成り立ちが、
     更にはそこに至る経緯が、日本はずっとやってきて?これでしょ
     中国はこうした資本主義的?やりかたをとって、たかだか
     30数年ですよ、そんでもって同じ現象が今あるからと言って
     同じなわけないでしょ。
      そこんとこをもっと考えて貰いたいものです。
      中国の宅急便会社の今後もそうした目で
     また、これに限らず中国のニュースに接するときはそうした
     眼をもって、ご覧いただきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

ドゥテルテ外交

Cf8b01859e184f7a9a439ef7044c69fb_th

    今いま、話題のこの方
   フルネームでは、ロドリゴ・ドゥテルテ とおっしゃるんだそうで、
   中国語表記では、みなさん、ドゥテルテ大統領とおっしゃってるんで
   そちらの方が漢字になって、
     杜特爾特 ドゥ・トゥ・アール・トゥ
   と、なってるようです。
     祖父方に華人がおられるようですので、中国人の血も
   幾らからおありのようですよ。
     その祖父方が呂さんらしいですから、ロドリゴなのかなぁ。
     彼の話題は大概がその乱暴さ?(失礼!)のところに
   あって、良く言えば決断の人らしい。
     とみにこうした強い指導者を求める声が世界中で強くなって
   きている傾向のありますね。
     アメリカのトランプ氏がここまで頑張れた理由もそこに
   あるのではないでしょうか。
     それとは別に、
    わたしの興味は、この方の英語力。
    どうなんですか、英語の方の専門の方から見て・・・?
    多分、当然というかタガログ語はおできになって、
   普段はそれで・・・?
    先に書いた中国との関係でも、かなり中国語も分かるらしい
   ですよ。
     フィリピンの方の英語力はまぁ、それで暮らしてる方も多数
   いらっしゃいますから、普段にお使いなんでしょうが、
    前の大統領、アキノさんの英語もちょっと癖ありましたよね。
    まだ、日本におられるんだと思いますが、
   この方の外交、とっても判り好い、
   各国に支援、援助を頼まなくは国内の様々なインフラが
   まだ整っていない、だから・・・・だが、
     大統領自らがその宣伝媒体となるところが凄いし
   本人はちゃ~んとそれを意識している・・・と思いますよ。
79b8e92e7ea94b22afa5867fc24a0557_th
     恐らく日本でもこんだけ騒がれて、
   本人は大満足??なのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

おめでとうございます!双10節 ー 台湾国慶節

Yjimage

     10月1日が、大陸の国慶節(建国記念日)なら。
  10月10日が、台湾の国慶節でして、
   こう言うと、台湾の建国記念日?と誤解されそうですが、
  建国記念日とは別でして、
   国のお祝いの日として、台湾ではこの日、一日だけの
  祝日となっております。
    おめでとうございます!
    10月1日、大陸の国慶節の日にもそんな、おめでとう!
   記事を書きましたので、 
     今日は改めて、台湾の人々へおめでとう!を。
    これで、結構気を使ってんですよ!
1476057217202
   そんで、今年注目したのは・・・この方の、この日の談話ですよね。
    多分、かなりの方が注目してたと思いますよ。
   これまでとは違った?何か??がでてくるのかなぁ・・・と。
    結論から先に言えば、そうした期待?に応えるような
   過激な発言はありませんでしたね。
    でもまぁ、これまた、結論から先に言えば、
   それでよかったんじゃない?と、思います。
    まぁまぁ、概ね国政に対する基本姿勢をお話になってますが、
   どこも同じですね。
    台湾でも若者に気を使い、若者の就職、子育て、などに
   触れています。
     総論として・・・ですが、今後は、アメリカ・日本との関係を
   重視的なことを言ってます。
    ・・・・ということは・・・大陸とは・・・って話にすぐなっちゃいますが、
   そこは、あまり強烈には・・・。
    でも、それでいいんじゃないでしょうか。
    何よりもおめでたい日なんですから、
    双の字だって、雙 こんな難しい字を書くんですよ、台湾では。
    雙10節   
    おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧