2020年7月27日 (月)

中国でも緩和、緩和・・へ

8ca7f1606c0d34dd7cade7a60574cca0

  先日もちょっと書きましたが、

  映画館が・・・というので

 

  見せられた?映像がこちら・・・

  これ、座席を空けてるのは分かりますけどね・・・

  でも、マスクして映画見るんだぁ~

  まぁ、それに越したことはないか?

   でも、でも、

  やっぱりなんか変だなぁこの映像・・・

   どうも・・・それ用??の写真なんじゃないかと・・

  中国の場合、

   この解禁!!が

  各自治体まかせなのか、各業界まかせなんか

  よく分かりません。

 

   地方発信の情報が多いので、

  これって、地域ごとに決まられてるんですかね。

   とするなら、

  北京のこの解禁は遅いのか?早いのか??

 

   これまた、先にも書きましたが

  映画館もさることながら、

  映画産業そのものの今後って

   どうなるんでしょうね。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

『感染列島』を見て、

Yjimageatxtdvax

  時間があるというのは、ありがたい。

  昨日、そんなんで、

  久々に確かあったなぁ~と思って、

  この映画『感染列島』を探し出して見てみた。

 

  わたしの見たのは無論?中国語版なので、

  セリフも中国語に吹き替え、下の字幕も中国語って

  やつで見てますが、アレッ!

  こんなんだったけか?この人出たたんだぁ~

  などと相も変わらずの忘れていたことを思い出させられ

  ちょっとそっちの方でも感激でしたが、

  なかなか、よく出来てたんですねこの映画。

 

   映画では2011年が舞台。

  東京下のある街で不明のウィルス感染症が発生、

  瞬く間に感染は拡大、最後は確か3900万人が感染、

  1100万人が死亡という悲惨な結果になるんですが、

  それまでに至る過程は、日本の病院内での混乱の部分は

  まさしく先日の武漢の病院内の様子と同じでしたね。

   なるほどね、武漢はこうだったんだろうな・・・と。

 

   いくつかの場面で、

  あれっ??

   このセリフ変だなぁ・・・ってところはあった。

  日本版が手元にないので、本物??は何て言ってるかは

  いまだに不明。

  しかも、下の字幕はそのセリフをそのまま中国語にしてるので

  なおさら違和感が・・・

   ってのは余計なはなしで

  ストーリー自体その展開、とりわけ院内シーンが多いがそこは

  結構よくできていて、今回の実際での様子も見て、なるほどね

  こうなるよね、と納得でした。

 

   因みに、中国語を勉強している皆さんの為に、

  この映画の上についている、上の画像の「神に裁かれるのは・・」

  のところを紹介すると。

   「未日病毒为何选择日本  魔鬼伤疫最终谁能控制

           交通全面瘫痪  城市机能停滞 日本社会全面崩溃」

   となっていて、ホラね

  全然違うでしょ。

   しかも、この 日本社会 ってところを置き換えれば・・・

 

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

新型肺炎が教えてくれたこと、テレビ報道について。

86d6277f9e2f0708fdd92b58e624b899a801f28e

  この関係・・・ってのは中国ウーハンの新型ウィルスの報道

 ですが、日を追ってというか、とにかく、毎日毎日すごい量の

 ということは、すごい時間をかけて、テレビなどは報道してますが、

 どうもその、あまり普段は見ないテレビを見たせいか?

  えぇ~日本のテレビってこうなの・・・?ってのが感想。

 

  で、

  教えられたのは、

  日本のテレビは、量的にすごく手厚くというか、毎日毎日

  しかも各局、時間をっかて報道するが、

  その中身はみな同じ。

  似たり寄ったり・・・ってのは、みなさんも大体同じ感想

  でしょ??

 

  どうしてこうなるんですかね。

  これだけの時間をかけるなら、もったいない。もっとこう

  こちらの局では、あちらの局ではやってない、

  違った視点からの報道って・・・できないのかぁ・・・。

 

  悪いけど、

  見せられた、中国の国内映像もどの曲も同じような・・・

  同じ局が違う放送時間帯に同じ映像を使うのはまだ・・・

  分かる?が、違う局もまたその映像って、どういこと・・

  しかも、その映像も実に枝葉末節というか、どうでもいい

  映像が。

   違うでしょ!いま放送すべきは・・・

 

  ってな経験は実は、

  われわれは、あの3・11福島原発事故でも経験してます。

  経験してますが、あの時はあれで、国内で放射能の問題って

  扱いづらいんだろうな、くらいに思ってた。

   違うらしい。

   ・・・ってのを今回学んだ。

 

  圧倒的量の報道は、結局なにも知らせてくれない。

   周りに情報ってあふれているようでしょ、

  でもその情報って・・・。

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

今年の元宵節は、家でテレビを

5243fbf2b21193135880f42f769d20d193238d9d

  元宵節 ユァン・シャォ・ジェ

 といいます。

  簡単に言えば、今日でもう

 お正月気分も終わりね・・・って日でして、

  春節から起算して数えますので、

 毎年違いますが、今年は、

  今日がそうです。

 

  ホントなら??この日

 家族そろって、あるいはお年寄りを伴って

  外で食事でも・・・・って

 ところでしょうが、

  今年はねぇ・・・・

 

  どうしようもないですよ。

 あきらめて、お家でテレビでも見て

  今日の特別番組、きっと

  大勢の人が見るんだろうなぁ

  みんな出かけられないから。

U4282771860213835964fm190app2sizef242162

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

中国版アカデミー賞「金鶏百花電影節」 開幕

Ac6eddc451da81cb76facdb15d66d016092431a9  たまたま

 ですが、中国映画の話題を数日書いていたら、

 今日、この開幕式のニュースに接しました。

 

  今年が28回目だそうで、中国を代表する

 映画祭が開催となり、

  その開幕式のニュースです。

  開幕式だけでもかなりの話題で、

 華やかなで、その年のスターや監督や話題の作品などが

 一同に会するわけですから話題にことかきません。

 

  日本からも誰か行ってるのかなぁ。

  作品も何かノミネートされているとは思うですが、

  今日のところはその派手な開幕式の様子を伝えています。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

映画・放題『失踪、発見』は中国映画祭で公開済み・・だそうです。

Movie02  『探到你』

  「昨日、触れていた映画、東京映画祭で上映済みだと思います」

  と、東京に住む知人から、お知らせが届いた。

  当然、わたしの反応は、

   で、どうだった?どうよ?よかった?

  と、矢継ぎ早の問いに、友人は落ち着いた声で

  「見てないけど・・・」

   なんだぁ、見てないのかよ、

   何のために東京にいるんだよ・・・と口には出さず、毒づいてた。

  この彼は、すぐに中国へ旅立てるように、それが楽しみで東京に

  しがみついて?るやつで、

   油断すると?上海から連絡が来る。

 

   よくよく、話を聞いたら、一日限りの上映だったので

  日にちと時間が合わず、残念ながら見逃した、らしい。

    「ゲストにさぁ、馬伊王利が来たんだよなぁ~・・」と、

  ミーハーなことまで言ってた。

   こんな時だけ、

   東京暮らしが少しだけ羨ましいな、と思う。

201910chirashi

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

映画『探到你』 いま見たい映画

Photo_20191118112101  どの国もいい映画作りに苦労してます。

  中国映画でいま、見たいのは、幾つかあるんですね、

  評判は聞いてますけど、

  多分、日本公開にこぎつけるかどうかが分からない。

  かつ、地方(函館)では見れないないだろうなぁ~と、

  あきらめ気味ですが、

   この映画、見たいです。

  「探到你 ザォ・ダォ・ニィ」 は、

  よかった!って話を中国の知人からも聞いている。

 

   出来れば、DVDで手に入れたいんですが・・・

  いい映画はなかなか見れないんですよね。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

映画 『 我和我的祖国 』 中国建国70周年記念映画

U19872641773174368136fm11gp0 U19872641773174368136fm11gp0

   この映画、中国建国70周年を記念しての映画です。

  ですので、まぁ、国策映画といっていいでしょう。

   7つの故事で成り立ってまして、

   オムニバスってんですか、短編でつづられていて

  それぞれの物語にそれぞれの監督が、

  という具合に出来上がってます。

    日本公開はまだ?

  されるのかなぁ・・

    ありがたいことに、その大体のところを

  ダイジェスト版ってんですか、

   ネットで見れますので、見ました。

 

   やはり、それぞれに時代を代表してそれぞれのエピソードが

  語られていて、

   ひとつは、どの国も発展する中で、自国でのオリンピック開催

  ってのが、自国の一つの発展途上でのメルクマールとなってる、

  という点。日本はいま、2回目のそれを迎えようとしてますが。

   もう一つは、スポーツの世界での、圧倒的自国の力、

  そういう意味ではオリンピックもそうなんですが、

   中国が、全土が歓喜したあのバレーボールの試合。

   日本も且つてそんなことがありました。

 

   ってのが、あったりして、そう変わらないな・・・と

  思える部分と、

  映画の後ろに実際は鳴ってはいないのですが、わたしの耳には

  ずっと、あの中国国歌が鳴り響いている、というこれは

  日本の映画にはありえない、その違いが際立っていた映画でした。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

映画 「ダンスウィズミー」

Yjimage_20190810121201
Yjimage_20190810121201
矢口史康監督、映画「ダンスウィズミー」が
来週、16日から全道公開。
この映画、そういえばちょうど一年前のこの時期
だったと思う。今となってはどういう経由で
函館日中に連絡が入ることになったのかは
既に忘れてしまったが、突然連絡が入り、
函館ロケを予定していて、エキストラを募集
というか、探しているとの連絡をいただいた。
それはその、エキストラが中国の人であって
ほしいとのことで、函館の地、中国、エキストラ、
函館日中、という繋がりらしかった。
映画全体も無論よく呑み込めなかったが、
なんでも、最近その中国からの観光客が多いので
そんな人たちが登場するシーンがあるらしいことは
わかったが、そう言われても・・・まぁ留学生かな
と思って、連絡やらなにやらしていたら、制作側には
制作側のご事情があるらしく、そりゃそうでしょう。
留学生は男女差はまぁ何とかできるにしても、
年齢が偏るのもなにやら・・・というお話とか
そうだ、一年前のことを今思いでした。
その映画が完成、上映となれば、知り合いのあの人
この人もエキストラで出演していることでもあり、
そりゃ、見に行かないとね・・・とは思うが、
道内、何か所で上映されるのかなぁ・・・
できれば、函館での上映があると嬉しいが。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

香港電影金賞奨

U19414488931492386939fm26gp0  香港のオスカー賞
  と呼ばれているのがこちらの
  香港電影金賞
  でして、
   まぁ、大体どの国にもですね
  その映画界に於ける権威のある
  賞ってのがありまして、これまた、
   どの国でも大体同じように毎年一回、或いは数回
   その年の優秀作品ってなのが選ばれてますよ、
   香港も例外ではありません。
     ・・・というか、日本よりはずっと力が入ってますけど。

    更に、
   ちょっと話はずれますが、こうした賞は、映画に限らず
   ですね、例えば、各国文学賞ってのがあって、
   日本なんかですと、毎年発表されるその文学賞の数も
   相当なものですが、
    これまた、それなりに、権威のある、賞ってのが
   あるわけでして、
     ただ、ここのところ、文学関係でいうと、あれ?これが??
   ってのが賞をとることが・・・・
    これはまぁ、その賞を審査する形態だったり、
    その賞がある一社が持っていたりすると、その社の社運も
   かかっていたりして、ちょっと違う力も働くんですが・・・
     ・・で、何が言いたいかというと、
    昨日紹介の映画、「十年」が、
   ここのところ、わたし的には鳴かず飛ばずだった、
   香港映画界に大きな一石を投じる作品のようだ、ということと、
   この映画が選ばれるくらいの熱はまだ香港にありそう、
   ってことで、今後もやっぱりこの映画賞注目でしょ。
     香港映画に期待してるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧