2017年7月17日 (月)

福島でも海水浴の声!

F2deb48f8c5494ee2779898327f5e0fe982

       夏だ!
   海水浴場で、海開きを喜ぶ若者たち!
   しかも、この海が、福島・・・
    ってなニュースを、
   わたしが知ったのは、中国ニュースを見ていて知った。
    そうなんだ、
   そりゃ、嬉しいだろうなぁ・・・ と。
     それにしても、
    最近こういうことがよくある。
    もっともわたしの場合は、日本国内のニュースの情報量が
    極端に少ないので、基準にはならんが、
     ところで、こんなニュースは日本でもやってました??
    何人かに訊いてみたら、
     どうやら、国内では、九州のニュースと
     芸能人の浮気ニュースで忙しいんだとかで、
    見てないなぁ・・・知らないなぁ・・・と言われた。
      こんな逆のことがちょくちょくおこる。
    日本のニュースというか、へぇ~そうなんだぁ・・・情報が
    中国で報じられていて、
     中国での出来事が日本で詳しく・・・・
    って、劉暁波のようなニュースはあれはまたあれで
    特殊?状況なんで、基準にはなりませんがね、
     日本で報じれてる中国の情報も、へぇーって、
    中国の人が思うニュースが多いんですよねぇ。
      どうなの、これって、
    たまたま??
    それとも何か意図してます??
     まぁ、両方ありなんでしょ、きっと。
A40ceaaf47234d0fa161f3a38d0cede0_si

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

中国、数字の落とし穴、 二

2

     昨日のお話の続きですが、
    落とし穴・・・ってのが失礼なら、数字のマジック?とでも
    いいますか、そんな、お話を昨日しました。
     つまり、数字はある客観性を持たせるためにそのお話の中に
    使われたりするのですが、こと中国の場合、ちょいと注意が必要
    ですよ、というお話ですよね。
      今日のお話は、これとまた違った観点で気を付けなくては
    いけないのはですね、
      中国の人達は、わたしの印象では総じて数字に強い?ってのが
    わたしの印象ですね。わたしがまた極端に数字に弱い?ので、
    羨ましい。
     例えばですね、ある数字を中国の方は大概一度で覚えて
    しまします、そして忘れない。一方のわたしは覚えれない、覚え
    ないから忘れようもない、ってな状態で、地元なのに毎回毎回、
    青函海底トンネルの距離なんてのは、中国の人に教えて貰う
    情けなさ。
      更にはその基本となる数字を一度で覚え、そこから割引出す
    計算も速い、速い、これらをわたしは数字に強い!と言ってる。

      なのに・・・というか、これからの話がそれと関係あるのかどうか、
    中国が・・・中国各機関が、中国の人達の、発表する数字はどうも
    実態と違うものが多い。
      これって、明らかに意図的な時もあれば、たまたま・・・ってな
    こともあるんでしょうが、それにしても、酷い。
     正式?の期間が発表する、正規の場で挙げられた数字が、
    まさか、まさか?それそのものが間違ってるなんてなことが、
    あるんですよ。これが。U255794752626483246fm23gp0
      この発表の数字から、そっこから様々な数字や割合を割引出し
     話をされていたりしますが、それって、そのもともとの、大本の
     数字が・・・なら、そっから導き出される結論は無論大きく実態とは
     異なったものになる。
       これねぇ・・・
     日本人の数字の感覚から申しますと、
     世界に名高い?日本のあの交通機関の時間厳守に似ていて、
     日本はそこんところを間違うと大変なんで、細かい。
     数分の遅れが許されないようなダイヤを組んでそれをそのまま
     人間が機会になったかのように実施しちゃう日本という国は
     世界の中でも異端でしょうが、
     つまり、数字に寄せる日本人の絶対的な信頼感がある。
      それに比べ、中国の方の数字に対する精密度が最初から
     どうも怪しい。
      怪しいながら、大体でいいや、と思ってるところがあるらしく、
     大体はあってるが、大体でやると、その大体の他のところも
     含んでたり抜け落ちたりしてるんで、
       案外?その抜け落ちているそここそが一番大事な所だった
     ってなことは往々にしてあるわけで、
       結論、発表の数字をいきなりそのまま取り上げて、
     更にそっから具体策を出すようなお話は・・・・
        と、わたしは思うんですね。
     ですから、
       中国の経済学者ってのは、どうやってんのかなぁその辺のところ?
     といつも不思議に思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

四つの季節を、数日で

U767881182476037187fm11gp0

     コンピューター時代、
   各国、それぞれに、その国で人気の検索サイトってのがあるわけですが、
   どのサイトでもいいんですが、
    意外に、その横に大概、よく検索するサイトの項目を並べてますよね、
   例えば、政治・経済・住宅・自動車・・・のように、
    それで、この項目に例えば中国では「天気」というのがない!
   必要ないらしい。
     ・・・・ってことで今日も気候の話題なんですが、
   この標題
     「四つの季節を、ここ数字で味わう・・・」ってな中国ニュースを
   見ていて、
     上手いようなぁ・・・こういう表現法、と感心していた。
   確かに!
    ここ数字で、気温が上がったり下がったりが激しく、
   冬かと思えば、急に夏がやってきて、
   ってな具合で、一体いまの季節は何時なんだ、という感じのここ数日
   中国も同じですね。
     とりわけ、国土が広い中国、
    昨日は、奥の方で雪(青海省)が降ったりで、
    驚きの一日。
    いつもいつも話題になりますが、
    これをもって異常気象なのかどうかですが、
    まぁ、こんなことは珍しいということでは、いつも尋常な気象はなくって
    異常なんでしょうね。
    その数日前までは暑くて暑くてだったようですよ。
     日本も少しそうしたところがありますから、
    みなさん、この気象についていくのが大変でしょうが、
    どうぞ、お体に気を付けて。
U1955904319314455693fm11gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

香格里拉では雪、邯鄲市は地獄の熱さ

   今日は、昨日と打って変わって暖かい・・というより少し暑いか?

  昨日、函館(北海道)に旅行に来た人、
  取分け、台湾の人達なんか可哀そうなくらい、寒かった。
   少し前もありましたが、東京より、九州より、いやいや沖縄より
  北海の方がその日の最高気温を示す、何てなことがるんですね。
   あるんですよ、
 
   中国ではもっとあるんですねこれが。
   今日もそうですが、中国東北が暑くて、南がそれほど気温が上がらない。
   もう、数日前の事ですが、
1
   シャングリラ 香格里拉
  分かりますかすねぇ・・・その位置、
  まぁ、南は南ですが、ここは高度も高いので・・・
  ってのを考慮しても、この日は雪、
  南が雪で、
   それがまた、
                  「邯鄲の夢」って有名な物語ご存知ですか?
   その邯鄲市古い街ですが、
   そんな歴史はどうでもよくって
U3860697302796180432fm23gp0_2  同じその日に、無茶苦茶な厚さに、
  かなり病人も出たらしいですが、
   これが、何日前の事だったか、
  そんな前じゃないですよ、
  せいぜいが、数日前。
   同じようなことが日本でも起こってるなぁ~
 と思って、
    いま、今日のこの天気を見ています。
     まぁ、これがニュースの常道??ってやつですけどね。
   南が普通に?暑かったら、ニュースにならんし、
   北が寒いのは、当然、が裏切られる?から面白いんですよね。
        ただ、面白さはそれでいいですが、
   ニンゲンの体がなかなかそれについて行きませんよね、
   いまいま、ちょっと洋服をちょっと着すぎてきたので反省しながら、
   すぐ近くの小学校の生徒たちが、
   半袖すがたで帰って行くのをみながら、
   なんで、彼ら彼女らは、ちゃ~んと今日こんな暑くなるのを知ってん
   だろう・・・と、ぼんやり考えながら眺めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

中国の花の日

    中国の母の日に関するお尋ねですが、

U769248952437368656fm23gp0
     もう、母の日もすんで終い(14日、第二日曜日)申し訳ない。
   特別調べたりしていたりはしてなかったのですが、
   数日雑用に追われて、今日になりました。悪しからず。

   まず、
   中国にも?「母の日」はあるの?ってところですが、
   あります。
   ・・・ってか、日本も取り入れ型ですが、中国も同じく。
   それが、何時頃から?ってきかれるとちょっとはっきりしない。
   わたしの時間間隔?からすれば、ほんのここ数年のことですよね。
    盛り上がってるか?
    と訊かれると、そうねぇ、日本ほど?も・・・ってことですから、
    中国の全体で言うならまだまだ、ですね。
    それでも、最近は「母の日」ってのは知ってる!って人も
    増えて来てはいる。
U40573822923809813875fm23gp0
      母の日 = カーネーションですが、
    中国もそうなの?
    と言われれば、一応?そうなってるようですが、
    まぁ、そのつながり位は知ってるのかなぁ~
    でも、特別?康乃馨 カン・ネィ・ション ってなことでは
    ないようですが、まぁまぁ
    売れてるは様ですし、
U1763504233594516615fm23gp0
     これから、力を入れそうだなぁ・・・
    何度も何度も、申し上げておりますが、
    中国ではちょっと人が、一部の人が始めただけで、
    日本の人口の半分が・・・ってことになるので、
    ちょっと怖い。母の日が近づくと、この花が特別高くなる日が
    その内来るかもねぇ・・・。
     折よく!中国から電話があったので、
    聞いてみました。「母の日知ってます?」「知ってるわよ!」
    「娘さんから何かプレゼント届きました?」「なんにも・・・」
    「例えば康乃馨の花とか・・・」「いや!電話があっただけ」
    「え~その電話はなんて?」「お母さん、今日は母の日よ、って」
    「あぁ・・・それだけ??」 「それだけ」
    「良かったですね!」「何が・・・」
    「だって娘さんお母さんを気遣って・・・」「それが、違うのよ・・・」
     からは、ひどく長い話だった。
      ということで、
    中国の「母の日」はまだ、そんな熱くなってないようです。
    その方が好いですけどね。
     最近、中国のカレンダーにもこの日は
    「母親節ムゥ・チン・ジェ」
     の表記がされてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

どこにでもいるよねぇ~ 中国の人たち

   行楽シーズン、人々はあちらこちらへ、

   何処行っても会いますねぇ、
   中国の人達と。
    ここは、あんまり人も来ないし・・・
   と思っててもいるし、
    この宿はあんまり知られてないし・・・
   と思っててもいるし、
    この宿は交通の便が悪いから普通では
   これないだろう・・・と
    思ってもいるんですよねぇ・・・これが。


    今日お会いしたのは、
   もう日本では3年目になるんだそうですが、
   初めての北海道旅行とのことで、
   3年もなるのに、妻はまだ日本語が・・・と
   おっしゃてましたが、
    でもまぁ、日本の普段のきまりが??判るんですから
   問題ないでしょうが、
     ところで、ここはどうして選びました?と
   聞いたなら、
    ちゃぁ~んとあるらしいですよ、
    日本に住んでいる中国の人たちの注目するサイトが。
   なんだろうなぁ、
    情報はそうやってお取りになるそうで、
    進んでますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

シェア する 社会へ

 どうやらその、   そちらへ・・・というのは   シェアする社会へ向かいたいらしいが、   その過程でいろいろ問題が起きているのは、ご存知の通り、   それに触れて少し書いた。    まだ、函館の「雨傘革命」??にこだわってるが、   あの傘が、発表によると、    9割戻らなかった・・・・   ってんでしょ、    ってことは、1割が戻ったってことでもあるわけで、   この1割をどうみるか??ですよね。     何の制約もない、そんな状態でも    1割の人は、きちんと戻すんですよね。    これってそれなりに評価してもいいんじゃないかと、    多分いま、係の人達は   9割も戻らずそれに打ちひしがれておられるのでしょうが、    この1割の人は、    誰が見てなくとも、誰に言われなくとも、ちゃ~んと    戻した、これから使う人の為に、    これって、なかなかなんですけど・・・    ちょっと、今日は出先で書いてるもんで、    時間もないし、画面がいつもとちがって、勝手が違うので、    明日またこの続き、書かせてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

シェアすることの難しさ、 共享難

    きのうの続きです。

8435e5dde71190eff0d75de0c41b9d16fdf     中国でも、というか、中国の方が今は積極的??かも
   しれませんが、
     この手の問題は、自転車だけに限らず、
   どこでも同じように、住まいを、自家用車を・・・と
   色んなものを共同で使う、というところへ来ています。
Yjimage_7
     この話題の発端は、
    函館の雨傘もんだいですが、
    こちらは日本・北海道・函館でのこと、
    難しいのは、
    このあるものを共有する難しさ。
    これって、かなり高い道徳観というか、
    一緒に使う相手の身になって考えることが求められます。
    しかも、
    その相手が見える?自分の知っている、或いは普段から
    利害を共有している人だと見えてる??んですが、
    それが、全く知らない人、
    しかも、そこに何の罰則?も無ければ、
    金銭的損失も生じない、
     ・・・・こんなに沢山の
    道徳的関門があっては、ちょっと、難しい。

     ・・・・ですよね。
    だから、失敗した。
     つまりこちらの期待するほどの道徳観はまだ日本でも
    持ちえなかった。
     いっそ、そんな道徳観なんかに頼らずに??
    共有をどうすれば問題なくできる??
     というのが、
    いまの中国の「共享ゴン・シャン」が向かおうとしている道です。

    たぶん、この先、様々な問題はまだまだ発生するでしょう。
    自転車が道路に乱雑に溢れていたとか、
    返すべきものが返らない、
    なんてな問題はそう遠くない将来に全て解決するでしょう。

     ですが、そうしても
    必ずこの共有の部分には、ある、道徳観が求めれられる。
    問題はそこをどうするか?
    ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

何処でも、何時でも、カメラから見られている時代

   監控ジェン・コンの時代だと昨日書いた。

U16615395353062217692fm21gp0
    何処でも、何時でもカメラから見られている時代になった。
   だからこそ、先日の
Yjimage
     先日のこのニュースだって、
   われわれは、その殺害の現場そのものの映像を見ることが
   でき、犯人を捕まえることもできた。
    もし、現場にこのカメラがなかったなら・・・・
   ということが、言える。
      中国のそれが、
    特別多いのかどうかは判らない。
    恐らく、どこも数なんか発表してないでしょ。
    発表どころか、数をつかまえることすらできないでしょ、
    と思う。
     でも、中国のテレビ番組なんか見てると、
    なんか、多そうだなぁ~ってな感じは受ける。
      それくらい必要なんでしょう。
U7486374874103601232fm23gp0
     あれって、
    あぁして、カメラの存在を誇示??することで
    抑止力をも狙ってたりもするんでしょうね、きっと。
     要所、要所には必ずあるようだ。
    飛行場は無論のことでしょ。
    鉄道の駅や、バスターミナルなんてな
    人が集まりそうなところは、もう、景気よく?何台も
    あるんだよなぁ、きっと。
      これ以外にも、番組なんかでみてると
    へぇ~こんとこの映像もあるんだぁ~と
    感心?させられることもある。
      でも、これって、
    悪いことをこれからしよう!ってな人も見てるわけだから
    あんまり手の内見せない方がいいんじゃないの・・・
    とか思っちゃうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

拉拉手ララショウ、手を繋ぐについて考える

   

U15333428603437940583fm21gp0

     この行為、拉拉手ラ・ラ・ショウは、
   きわめて人間的?でしょ?
    まず、手に手をとってのこれをする為には、
   二足歩行でなくては難しいでしょ。
    ってことはもう限られますよね。更に、お猿さんの間に
   こうした行動があるのかどうかは分かりませんが、
   あったにしても、人類のそれと目的?が同じなのかどうかは
   怪しい。
     これとは別に、テレビで象さんが鼻をからめて遊んでるのは
   見たことがあるが、あれはあれで、お遊びなんでしょうからね。
U3980692050899668623fm23gp0
  非常にニンゲン的行為であるのは
  間違いない。
 
   次にこの行為、
  これまで見てきたように、
  日常的(母親が子供手を引いたり、
  小さな子供たちが一緒に歩くときに
                 手と手を結んでいる)なのと、
   上のように大人になってからですね、
   恋人同士が手に手をとって・・・の非日常的な行為として
   二つの面がありますよね。
     一応?民族を超えてどこの国でもやってはいるようですが、
   この行為にも、国民性はあるのかも知れない。
     とりあえず、この行為、
   とり合う二人は、仲良しね!を、
   内外共に?表す行為として優れている。
U235560751915229310fm23gp0      回り回って、
    話がまた元に戻りますが、
    その行為が、同性同士、
    しかも!女性どうしで・・・を
     2月号「わたしの見た中国」で、書いたわけです。
    たぶん?
    今でも中国へ行ったなら、見られる光景だと思いますよ。
     まぁ、
    わざわざ見に行くほどの意味はありませんけどね。
     いま、さかんに中国のテレビで時々流れる、政府広報の
    ようなCMで、学生の頃、始めて手を繋いだ二人が、年老いて
    すっかり歩くのもようやっとになって、それでも二人は、
    手を繋いで、ゆっくり歩いていく、というあのCM,
    「おもいやり」を訴えてるようですが、
      人だけでなく、国同士もそうあって頂きたいものです。
U40129166751544899281fm23gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧