2017年11月28日 (火)

中国・烏鎮での会議

   この会議、
  まずは、何でこんな?というか、ここが好いのかぁ・・・
  と思って見ているとの、
   この会議でまたまた、中国はグンと先を行くんですかね?
  と思って注目。
   日本じゃ誰も騒がないでしょうが、
   そりゃしょうがない。
 
   かなり、狭い業界?での会議だし、
  その注目度は国内(中国)にあってもそう大きくはないようだ。
  でも、前にもやったことがあるそうな。
   この烏鎮ウー・チン自体は観光地でしてしかも
   そんな大きな町ではないので、
  あぁ・・あそこでやるんだ~というのと、
  そういえば、昔の古鎮グーヂェンの中に何やら大々的に
  やたら、近代的だが昔風の設えのを建ててるな・・・と思ったのは
  何年前の旅行の時だろう。
    そん時からもうこんな考えあったんですね、きっと。
   やっぱ先をみる時間の感覚が日本人とはどうやら違う。
   さて、その会議、具体的な中まではわたしも判らんが、
  わたしがいま、感じている中国のアイ・ティを初めとした、
  この辺の最新技術、
   そろそろ、その位置が逆転しそうだからだ。
   そういえば・・・・
  逆転だよね、
   先日書いた文がそのまま言えてる、それって・・・
   それは明日また。
03087bf40ad162d9d03caf8f1adfa9ec8_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

今月号 ー 「確認座位」 の失敗

   これで、何度か失敗している。これ・・・というのはその今月号の話題
  「確認座位」チュェ・レン・ズォ・ウェィ ・・・ リコンファーム。
   なんせ、これ、ちょっと、わたしには、手ごわかった。

   何故、そうなるかというと、幾つかの関門?があって、
  まずその、これって、あらかじめ時間が向こうから指定されていて、 
  ちょっとは余裕はあるんですが・・・一週間くらいから三日くらいかなぁ
  会社によって違う。
    要するにこの間に済ませなくてはいけない。つまり、前もって例えば
  出発の際というような余り早すぎても受け付けてくれない。
   そりゃそうか、それじゃ、確認??にならないから・・・。
 
     時間が区切られ、制限がある。
   しかも国際便となれば、言語の問題がある。
   大概、英語での応対が多かったように思う。しかもそれは互いに母語
  ではないので、そこそこ、大変。そこで、中国語でお願いします・・・って
  いうと、そうしてはくれるのだが今度は向こうの話す話し方が余りに
  早くて加減がなくこっちが追い付かない。
   更にしかも、電話での応対。
  更に更に、中国の当時の電話事情は今の様なわけにはいかない。
  更に更に更に、中国で電話を受ける相手側は、相手が”客”などという
  認識というか、様子にお役様扱いなどしてくれないどころか、
  まるでつっけんどん!!
    そして、文章にも書いたようにこっちは旅先であそんでるのであって、
  朝ちょっと早いと向こうはまだ出勤時間にならず
  ちょっと午後遅いと、さっさと帰ってるのか、もう勤務時間があと少しと
  あっては誰も電話を取り上げない。
    大体電話しても、繋がった向こうが、
  こちらは××服務中心です・・・ってなことを向こうから名乗ることはない、
  しょうがないのでこちらから、そちらは××服務台ですか??と訊く、
  その時点で、何が服務台サービスカウンターだ!!
    ぜんぜんサービスなんかないじゃないか、どこがこれのサービスか
  不思議でならなかった。
    まずは、つながらない。やっとつながってもこのありさま。
  なんでこんなに旅先で苦労しなくちゃならんのだ・・・と
    思ったこと数知れずの「確認座位」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

国慶節長期休暇(黄金周)終わって見れば、7億人の移動

U24281875582593255263fm11gp0

    国慶節休暇を終えたばかりの中国。
  今頃は、無事お帰りになった人たちの旅のお土産話で盛り上がってる
  ことでしょう。
    今年は、8日間の休暇。
    終わって見れば、
  国内、中国国内を移動してこの期間遊んで歩いて人たち、
    7.05億人。
  この間、使ったお金が
    5836億元。
  とのことです。
U10199967211743026660fm11gp0    以前と違うのは、
   有名場所は相も変わらずの人出ですが、それ以外の場所
Photo
     今ここに挙げている場所や
   天安門広場なんてのは相も変わらずですが
   今年になって、あれ?何でこんなところが人気になって、
   何でこんなところへ行くの??ってな場所が増えてきた。
    
    尚且つ、こうしたところへお出かけの人々も皆さん
   スマホで撮った画像を次々に発信されてますので、
   圧倒的映像の量です。
    そして、初雪の場所に行った人から、南国へ行った人まで
   それぞれの想い出と、各地からのこの数字の話題で溢れてます。
    それを見るにつけても
   中国の旅行者、旅行の在り方がまた新たな段階に入ってのを
   感じさせてくれますね。

       いやいやぁ~色んな映像投稿で、
    面白いのは?旅先で悪いことをして人たちの映像も誰かがそれを
   目撃して投稿するもんですから、その映像から悪質なのは捕まった
   りしてますよ。こんなところからも変化が・・・。
      7億人の想い出を持ち帰った人たち。
    さて、次の休みはどうなりますかね。
U41719962494200480987fm11gp0
     むろん、それ以外の何処へも行かず、こんな人たちも
   これまた数億いるわけです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

どこも、人、人、人、の国慶節 長期休暇中日

    国慶節長期休暇(8日間)の中日。

42166d224f4a20a4a8e948b79b529822730
    昨日は、国外へ出る人たちのお話をしました。
   その数倍、数十倍?は、いわゆる国内旅行へ出かけています。
     この話題、確か去年も書いた。
   去年もこちら、杭州・西湖の橋の上はこの混雑で大変だった。
   しかも、湖に携帯を水没させる人が続出、
   今年は学習?して、防水のスマホを用意した?らしい。

     ってんで、中国か各地から続々その、あそこも・・・ここも・・
   の話題が届いてます。
     今年、注目したのは
5cf55da54543a83_size104_w930_h618
     こちらが、話題のその橋の上ですが、
    これだけじゃぁ、何処か判んないですよね、
    しかも珍しくもないごくごく普通の橋ですし、とりわけ
    みんさん景色に酔ってるふうでもありません。
      これを少し引きの画でみるとこうなります。
54fbb2fb43166d22aae268e44d2309f7905
      これでもまだ、何が何やら、判りませんが、人の多いのだけ
    は判って貰えますかねぇ~
     凄い人でしょ。
     これでもまだ、何が良くって?ここにこんなに!って思うでしょ。
    これ、実はその解答?が判ってもなお、わたしなんかは何で?
    ってところでして。
       じらさず、答えを先にお教えすると。
    これは、中国東北部、北朝鮮との国境近くの様子なんですね、
    いまいま話題?の北朝鮮を肉眼で?見ておこうか??って
    ことなんでしょうか?よく判りません。

     昨日もちょっと触れましたが、
    中国のこうした話題が日本で取り上げられることは少ないですが、
    日本での話題は、中国の人がくるぞぉ~ってのと、
    爆買いはどうなんだぁ~ってので統一?されてますが、
      例えば、爆買いで言うと。
    今年の話題は、連休前ですよ、その旅行に出かける為の準備の
    色んなものを買う、例えば旅行鞄とか、なんじゃかんじゃ旅行関連
    商品が、中国でもう連休に入る前に爆買い??されている話題。

      日本ではいまだ、「外国人観光客は・・・」ってな言い方で、
    区別?に忙しいですが、
     あんまりにも、外国人、外国人というのが耳障りなためか
    最近は得意の?外来語ってか、インバウンド??ってな言い方で
    誤魔化してますが、
      これまた、何度か書いておりますが、
    今のこの状態、これくらいの数でしてもう日本はあたふた??
    してますが、そんなんじゃないんですよ、とわたしは何度も言ってる。
    本気?できちゃったら、もう、こんな悠長な数じゃなくってですね
    これの数倍、数十倍、なのになぁ・・・と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

日本では報道されない、国慶節あれこれ

U664280953233441196fm27gp0

   国慶節、3日目。
  もう中国のみなさんは、それぞれご自身の目的地について
  遊び回ってる?はずです。
    概ね、遠い処よりも、例えば海外へ向かう旅行者も
  アジアが多いようですしね。
    この傾向はずっと同じ名だなぁ・・・。
    まぁ、あんまり遠いとね・・・といったところで。
  当然!日本も大人気!!

    この時期が、中国では国慶節(建国記念日)を挟んで
  大型連休になる・・・・らしい・・・ってなことは日本の方にも大体
  知られるようになってきた。
    ただ、この挟んで・・・の挟むが何を挟んでる??
  のかは触れられることも少なく、中秋節も日本では余り大事に
  されなくなってきたのに加え、旧暦と新暦の違いもあって判り
  ずらいのかも。
U6741167591434542606fm27gp0
    話題になるのは、
   こんな、国慶節→大型連休→海外旅行者→爆買い の
   方程式で語られるその様子が毎年毎年取り上げられ、
   もうそろそろ飽きないか?と思うのだが、まだこの話題は
   日本人に受けが?好いらしい。
Photo
     このカードも、街のあちらこちらで目にするので、あぁ~
   あれね、とか、お店の人にとってはあるとないとでは大違い
   なんで切実に知ってる人が多いし、
1
     急激に、いろんなところで使えるは目にするようになった。
   自分たちは使ったことはないが。

     例えば、日本のゴールデンウィークでも年末年始の
   連休でも兎に角その連休に、マスコミなどでよく成田の映像で
   今年海外に出かける人は・・・或いは、休みを終えて帰国の映像
   なんてのを目にしますよね。
     あれで、ホントに大雑把に言って、およそ60万人くらい。
   さて、中国は同じように大型連休、海外ですよ、国外は除きます。
   パスポートを持って国際便に搭乗する人の数、いくらだと思います?
           600万人  
    桁が一つ違ってる。
    そりゃ、日本にだってくるでしょ、この何分の一かは来るんだから。

     ・・・・ってことは、
    気づきました?
    中国国内で遊んでる人の数って、一体どんだけ~ってのに。
    そんな報道はしないよね、日本は。
      必要ない??
    んん~
    そうかなぁ~
     そっから見えてくるものもあるし、学ぶものもあるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

日本酒(清酒)が人気!

    清酒チン・ジュゥが人気。中国での話ですよ。

U1141458123700250983fm27gp0     あと少しで昨日も書きましたが、中国は長期休暇に入ります。
   どっと、中国から人がやってきます。
    お土産としては持ち易さに欠けますが、そこはそれ、お酒好きには
   そんな問題はなにするものぞ、です。
     その方面の方は備えた方がいいですよ。
Main201411120938000281002499019
     最初に、この手の話題をする場合に必ず先に断っておりますが、
   わたしは、酒を飲みません、いや、アルコールがダメです。ですので
   この話題は踏み込んだことは書けないし判りません。
     それでも、逆に酒飲みには見えない角度の話もありますから、
   その変のお話をしながら話を進めます。
Main201411120943000233618868351
      何故、日本酒、清酒が中国で人気か?ってのは簡単です。
    美味しいから。
     また、酒飲みの人は世界中がそうですが、自国のお酒の他に
    外国のお酒を好んで飲みますよね。
      それって、それだけで、少し酔える?のかも。
     更に日本酒にはその飲みやすさ。その一つがアルコール度数が
    中国で言うと、黄酒ホワン・ジュゥ(15度くらい?)で、
    流石に中国の若者たちも白酒バィ・ジュゥのアルコール度数(高い)
    には付き合いきれず?でもビールでは・・・という人や、ワインは・・
    ってな人がいるわけですよ。
Main201411120945000063616133938
      更に、これが意外?と中国料理にも合う。結構相性?が
    いいんだ、ってのをどっかで知ってですね、更にそうした人たちは
    日本酒の種類の多さを次に知るわけですね。
      大吟醸ってんですか、その口当たりの好さですよね。
    酔い心地も、格別らしですからね。
     味では、甘口と辛口のその間にも相当の段階があって、
    自分に合った?自分のお気に入りを探すのも楽しいらしい。
Main201411120946000448762528000
      更に更に、
     日本酒はその飲み方がいろいろ楽しめる。
    ♪お酒はぬるめのかんがいい~ってのも知ってるらしい。
    でも、お好みによっては、ロックで・・・、
    熱燗で・・・と様々に楽しめる。
     ということで、なるほどね!!の人気なんですね。
Main201411120949000521627976879
       ここに挙げているこれらの写真は全て中国ネット上で
     日本のお酒について書いてる人たちが、それぞれ、自分の・・・
     ってんで、挙げてる写真を転用してます。

      ということで、これがかなり詳しい人がいる。
     酒のみの世界はそれはそれでまた好きな道ですからね、
     とことん・・・の人もいっぱいいそうだなぁ。
      悲し哉、わたしにはそれが全く判らないってことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

「はこだてグルメサーカス・2017」 お礼!

Yjimage_1

      9月2日、3日、二日間の「はこだてグルメサーカス」終了致しました!
    会場へお越しのみんさん、
    お買い上げのみんさん、
    事前にお手伝いいただいた、みんさん、
   ありがとうございました。

     当初の予想を裏切って?天候にも恵まれ、当初は雨模様を
   心配しておりましたが、昨日3日などはとてもよい天気でした。
Yjimage_2
      先にも書きましたが、
    函館日中は、この催しに函館との友好姉妹都市をもつ、
    天津市のブースで出店しております。
      これは、初回からずっと変わっておりません。
    お隣は、韓国、オーストラリア、ロシア、カナダ、といった具合に
    同様に在函の関係団体がそれぞれ出店しております。
     当然のことですが、とりわけ、
    とりわけ・・・というのは、例えばお隣の韓国ブースには市内で
    韓国料理のお店をお持ちの方がされてると思いますので、売っている
    ものも、お店の商品です。同じ様なことが他団体さんでも見られます。

      その点、函館日中は全くの対中国親睦団体でしてそうした
    飲食関係の人はいませんし、まったく設備を持ちません。
     そこで、別の公共施設の厨房をお借りして、そちらで作ったものを
    会場に運んで販売。そうした技術もありません。
P9020679
     今年、函館日中が取り組んだのは、
    中国からいらしている中国人留学生の手助けをかり、
    彼らが作ったものを売ることにしました。
      そこで、彼らが選んだのが、
    「肉串ロゥ・ツァン」ですが、
     一言で説明するなら、中国風串揚げ ですかね。
    もう一つが
    「女乃茶 ナィ・チャァ」となったわけです。

      事前に留学生から言われていた、
    鶏肉の串刺し、からイメージしていたものとはちょっと
    わたし自身の早とちりもあってか、違ったものでしたね。
     ミルクティーの方もまた、わたしが・・・・ってことは
    わたしのイメージ不足ですかね。

       会場の上の、テントにも二日間ずっと留学生が
     入ってくれました。
    多分、全く知らないお客様の中にはお気づきにならなかった
    方もおられますし、中国の人たちと気づいて驚いていた
    方もおられたようです。
       ほんのささやかではありますが、
    予測なしに、突然の、一般の方との、交流ができ
    留学生たちにとっても刺激になったことと思います。

     おかげさまで、用意した分、完売し、終えました。
     ありがとうございました!!
P9020686
       留学生のみなさんにも
     はこだてでの一つの想い出になってくれたと思います。
    謝謝!
              謝謝!大家!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

七夕の夜、

U30059415064287403371fm26gp0

    今夜は七夕。
   これって、中国から・・・は、みなさんご存知。
   その中国にはもう何も残っていなくて、空っぽ。
   そっから、韓国を通って、
Yjimage_2
       日本へ。それは地理的に当然というか、理解できる。
    韓国までが、忠実に旧暦での7月7日を守っているようです。
     もっとも、日本でも、新暦切り替えの時に、そのままこうした
    古いものは旧暦で残した地域もありますので、日本では
    新旧歴とりまぜての現在ですよね。
      韓国でもとりたてて、催し?はなく、多少食べものと
    結びついてるようです。
      日本へ渡ってから定着の七夕は、かなり変わっていて
    最初の方の、そのロマンチックとも言える物語はあるものの、
    そっから更に行事として定着。
       函館の七夕は、ハロウィンだ!と去年書いた。
    あんな風に変化するとは思ってもいなかったので、この後も
    これ、変化があるのだろうか?
     以前はローソクだったのが、お菓子に変化。
     お菓子にも食傷気味の子供たちにとって、今後はなんだろう?
    そんな、各国の七夕様子に本家?中国が影響されて、
    最近はあのロマンチックな物語から恋人の日、ってなことに
U24960119191762435929fm26gp0
     近づいて行きそうな気配。
    ですが、この日に限らず、その恋人の日?的な日は
    沢山ありますので、そうそう恋人同士だってね・・・・と、
    思って見てはおりますが、
U35631762322035554092fm26gp0
      この日に、愛を告白・・・ってのが、
    沢山出てきそうで、なんだろうなぁ・・・・
     結局何かに踊らされている?感があって、どうもその・・・
    そうかと言って、一番最初の??
    そのお針ごとに戻るなってことはもう意味が無いしね。
U7984506161364558684fm26gp0
     やっぱ、こんな感じかなぁ~
     中国の人から見て、
     竹に短冊・・・・の日本の七夕は、色んな人の書いたのを
     見てると、やっぱそれなりに奇異ではあるようです。
      今年は、中国ネットでは、
     今夜のその天体観測には、日本では鳥取県がお勧め!
     ってなのを見てますが、
     これって、どっと押し寄せるのかなぁ、鳥取に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

香港、ホンコン

Yjimage_3

   ホンコンと言えばこの人も、
   それ、やっぱり聴くでしょ
    この際?
    ところで、7月1日が
   そうなのに、
   習近平の香港入り
   やけに早くないですか?
    これ、何かありそう。
    ・・・ってことはどっからも漏れてこないよね。
    ってことで、
    取り込んでますので、
    テレサテンを聴きながら今週はもう終わりで、
    6月も終わりで、
    ついでに言えば、今年も半年が終わっちゃたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

ホンコンと言えば、重慶大厦のあのシーン

200pxchung_king_mansions

   いま、聴いているのは
  王菲 フェィ・オン 「夢中人 モン・ヂォン・レン」
   これ、広東語版と、北京語版の両方あるんですが、
  やっぱり?広東語版かなぁ。
Yjimage
  ご存知・・・ってか
  別にご存知なくても構わないんですが、
  わたしの中ではもう、この歌は
  この映画の中にあって、この映画が
  あれらの画像があっての
  あの歌でして、
   更に言えば、
  あれらの映像がわたしの中の
           1990年代を代表するホンコン!!
     日本では、すっかり「恋する惑星」ってな
   ロマンチックな題??で知られてますが、
   配給会社はまぁ、そうですよね
   これ「重慶森林」ってのが原題なんですが、
   これじゃぁ売れないし、
   なんとも・・・
   ってんで、こんなホンコンらしくもない題名の映画に
   なっちゃってます。
     映画の舞台になったビルはまだあります。
   すっかり表かわのお店なんかは様変わりしてますし
   もともとが、映画のようなお店、映画そのもののお店が
   あったわけではないでしょうから、
   そりゃいいんですが。
    あの映画、あの場面、あの感じが
   わたしの中のいまでも、わたしのホンコン。
     で、昨日も語ってるその20年後ですが、
    正確にはあの映画は1997年の前に撮られてるので、
    映画からは20数年なんですが、
     ホンコンは変わった!
    そりゃ変わるわい!ホンコンでなくたって変わる。
     その変わりようがですね、
    そんな、表のことだけでなく、
    変わってるんだろうな、ってのはいろんな物を読んだり
    見たりする都度、感じてはいますが、
    何よりもそこに暮らす人たちだよね、
    それって、その人たちが変わるべくして変わった部分と、
    変わらざるを得なかった部分があると思います。
       それって、いま沢山北海道のいらっしゃっている
    ホンコンからの旅行者たちにも
    あるのかなぁ・・・自覚??
     でも、若い人多いんですよね。
    ってことはあの人たち、まだ生まれたか、小さかったか、
    でしょ。
      分かんないよねきっと。
      ってんで、聴いている、フェィ・ウォンの歌は
    色あせてませんけど。
Yjimage_2
      この歌聞くとなぜか、あぁ
    ホンコンだよねぇ・・・と独り納得。
Yjimage_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧