2022年6月17日 (金)

鉄道改編

738b4710b912c8fc977fcf6c1670ed4fd7882104

  とりたてて、鉄道ファン・・・いわゆる「鉄ちゃん」ではないわたし。

  でも、これでかなり中国の鉄道には乗っていて、

  まぁ、航空便と鉄道が選べるなら、鉄道かな・・・

  でも、このところ、中国の鉄道の安全性も・・・ちょっとね。

 

    6月20日だったかな、

  鉄道ダイヤ改編が予定されてたと思います。

 

    以前は、都度、「鉄道時刻表」を買い求めては、

  なんということはないのですが、それを、くくって眺める・・

  という楽しみもあったのですが、

    これが・・・どうも・・・ここのところ楽しめない。

 

    一つは、「時刻表」そのもの、そうした印刷物を待ってる人は

  もう少ないらしく、ネットで調べることができればいいやぁ~・・

   ということで、この「時刻表」そのものがなくなりつつある。

 

   次は、中国鉄道も?高速化へ一気に進もう!!ってんで、

   高鉄ガォ・ティエ 高速鉄道が縦横に走り回り、

   そこでは、あたかも、時間?こそが大事なようで、

   どんだけ速く?つけるか、どんだけ時間がかからないか!!が

   売りで、それって、鉄道ファン?にとって、そんなに魅力的でもない。

 

    ということで、

   またまた、楽しみが減った??

    「鉄道」の役割を速さに求めるのは、間違ってると思うんですが。

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

最惨黄金周

F603918fa0ec08fa8819b732257f776754fbdaa2

   今年、2022年の、ゴールデンウイークは最悪!!

  と、中国の人たちは言ってますね。

 

   まぁ~上海の例を見るまでもなく、ですね、

  今度は、首都・北京を恐れるあまり?日本でも報じれていたと

  思いますが、娯楽施設が封鎖になったりしていて、

  「遊びに出かけるな!!」と言わんばかり・・・

  なのに、休みはあるもんですから・・・

  「本を読みましょう!!」ってんで、

  各地、図書館だとか、本屋さんの話題を一生懸命ふりまいて?

  ましたが、

   その~、休みだ!遊びに行こ~・・ってひとと、

   休みだし本でも・・・ってひとは、違う人たちなんで、

   しかも、本でも読もうかぁ~

   なんて人は、他人から言われたから・・・というわけではないので、

   そこを押して?もねぇ・・・

 

   わかりますよ、最悪だ!!と言っている人たちのそのお気持ち・・

 

   季節もよくなり、暫く、のびのび外へでれなかった、

   さんざん、やれオリンピックの為だ、終わったら、パラリンピックだ

   感染者は出されない・・・ってのが続いたやっと?

   一息つきに、休みだし、と思って、

   国外はまぁ、がまんするにしても

   国内くらいは・・・と

    ですが、まぁ~生憎というか、

 

    上海の効果?は見えないし、

   各地からの報告はそれぞれ、単発的なんでしょうが無視できない。

    となっての、今後は更なる厳しいそちも・・・

    映画産業もさんざん、

    各地娯楽施設もさんざん、

    確かに、良いところなし・・・かなぁ~

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

春、江南、油菜の花畑

03dedd5aaaf86d6dbaff138507f6710a

   春、

   花の季節です。

  まえまえから、木々に咲く花も綺麗だなとか、

  咲き乱れる色んな花が、目を楽しめせてくれる。

 

   だが、

  食べるため?に育てられる野菜の花も存外?綺麗だ・・

  というのは、感じていたし、

  実際、自宅の小さな菜園でも、野菜の花は

  美しい。

 

    中国の菜の花畑は

   以前に、江南を旅しているとき、時折、

  車窓からまた、街をあるいていて時々目にして

  その優しい黄色が、春の気分を掻き立ててくれる。

 

   今回、それを上から移した写真を見るにつけ、

  こんなにたくさん、作ってるんだぁ~と

  今更ながら感心!!

   そういえば、よく料理にも出てくるもんなぁ~

  それにしても、圧巻!

   綺麗だ!!

 

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

北京大学図書館

1128581631_16505266653341n

   んん~ まだまだ・・・ちょっと・・・無理

  でしょうけどね、

   ちょいと、中国へ行けない(このコロナ流行の影響で)時期が

  まだ、続くんしょうね、きっと・・・。

 

   という間に

   先日書いたのは「老子博物館」

   今日は、「北京図書館」の話題。

 

   新しくなったそうで・・・

   行ってみたい。写真は見れてるんですが、

   まぁ、それだけでも十分魅力的。

 

   ただ、一般人?が

   しかも、外国からの旅行者が行って

   突然?入れるかどうかは、分かってないが。

   たぶん?大丈夫でしょ、

   パスポートがあれば、身分は証明できてるんだし・・

   なんどか、大学の・・・ではないが、

   旅先で図書館に入ったことはあるし、閲覧もできたし、

 

   何で?旅に行ってまで、

   図書館だったり、博物館だったり、美術館・・なのよ!

   と、言われるが、

    それって、その~

   逆ですよ、旅先だからの・・・・

   普段は見れない、行けない、体験として、

   これが、わたしの旅の魅力となってます。

 

    行きたいが・・どうしてどうして、まだまだ・・でしょ。

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

柳絮 の 季節

C8177f3e6709c93da850d3a55721ced6d00054ed 日本ではあんまり馴染みなかぁ~

   でも、中国でのこの時期の、特に、北京あたりでの

   思い出はこれですね。

 

    日本だと、スギ花粉症??とかかなぁ~

   こちらは、目に見えて凄いんですよ、

   まるで、雪が降ってきたかのような・・・

    まぁ、花粉症の方もおられるんでしょうね、きっと、

   わたしは何ともなくて、

    風情があるなぁ~・・などと、

   時に感心したりしてましたが、

    生活者?にとっては、そうも言ってられなくて、

   大変だったようですよ。

 

     例えば、

   結構、これ、地上に降りると、ところどころ溜まってましてね、

   白い塊が・・・

 

    それだけならまだしも、

   道路におちたこれは、

    脂分があるらしく、

   車がスリップ!!

    なんてな、危ない話を聞いたこともありますが、

   実際に目にする機会はありませんでした。

 

    でも、たしか??この時期だよなぁ~と

   懐かしく思っています。

 

    こんな題の小説もありましたよね、

   誰だったかな・・・・?

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

老子博物館 開館

769ea6c47eb24e898f9fe52da630d6e1

    またまた、新しい博物館が出来たらしい。

  中国旅行の楽しみの一つにこれがある。

   なんせ、どの博物館も素晴らし・・・

  まぁその~、公共施設ですから、多くは政府の或いは

  地方自治体が開設するわけですが、

   そのお金のかけよう?というか、力の入れようというか、

  ちょっと並外れていることが多い。

 

   ですので、例えば、省レベルの博物館でもでかくて、

  内容物が豊富で、見るのにも半日がかり・・・ってな

  ところが、多く、見ごたえがある。

 

    大体は期待を裏切らない。

 

    今回、目にしたのは、「老子博物館」。

 

   日本人になじみが多いのは「孔子」の方でこちらはすでにある。

   しかも、孔子のあの里へ行くと、町がまるごとそんな感じの

   博物館を早くに持っている。

 

    中も少しだけ、映像で見れるんだが、

   やっぱり、実際に行ってみないとね・・・

   ・・・って、いつになったら、行けるやら。

| | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

中国・車窓から紅葉を! 

Photo_20211102114701

   いま、中国でも話題になってます。

  列車の、車窓から眺める、紅葉の名所!!ってな題で

  いろんな方が写真をあげてます。

   そりゃまぁ、きりなくあるでしょうね。

  広いですし。

32fa828ba61ea8d319b5dbc43f39bc49241f5812

   こうした、車窓からでもない、ちょっと引いた?絵になると

  もう、無尽蔵にありますよ。

 

   どうなんでしょ?

  中国でも鉄道ファンは多数おられると思いますが、

  日本でいうところの、鉄ちゃんたち??

   乗りテツ??って人たち居るでしょうね・・・きっと。

 

   わたしも、ずいぶん、乗りましたよ、中国鉄道。

  中国へ着いたなら、どちらかと言えば、国内旅行は飛行機より

  鉄道・・ってな思いがあって。

   そんで、

  中国の列車は、乗客が多いし、その他にも郵便やら小包なんかも

  運んで、一つの列車の車列が長いんですよね、

  何両も何両も、機関車が引っ張って走ってる・・・

   と、どうなるかというと、

  ある時、カーブに差し掛かり、そのカーブが緩やかに曲がってると

  車窓から、先頭も後ろも見えたりして、

   その時はじめて、こんなに長い列車を引っ張ってるんだ~と感動。

 

   その車列と、車窓の景色とがとってもいい感じの時、

   感動しますね。

 

   日本の鉄道ファンの方にもおすすめです。

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

中国の黄金周、五連休

2021050509012875314484769

  中国も、今年は、五月一日からの五連休です。

   ・・・ということで、各地はこの人出!!

 

  こちらは、山西省の大同かなこれ・・・

  世界遺産も多いしね・・・

 

   昨日の発表では、中国31省で7例の

  感染者が・・・との発表でした。

 

    こんだけ、人が出たら、もう

   毎回見せられる、東京渋谷のスクランブル交差点・・・

  なんで、毎回毎回あそこなのかがよくわかってませんが

   あの比ではない、

  とてもとても、もっと、多いのは北京かなぁ・・・やっぱり

   とにかく中国全土のこの連休人々は移動しまくり??

  さて、どうなるんでしょうね・・・

   ちょっと、このあとの発表を注視してみましょう。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

中国だって?烏魯木斉は雪が・・・

Cee620891f96e8a6f96a3d3e380c699e

  今朝がた、北海道のどこかでは雪!!だったようで、

  気温が急激に下がった地方があるようです。

   さて、広いひろ~い 中国、

  そりゃまぁ、ありますよ、こんなことも

  こちらは、4月25日、烏魯木斉 ウルムチの様子。

   まぁ、烏魯木斉とは言え、珍しいですよ

  この時期の雪は・・・

 

   でも、ほら、上の画像でも分かりますよね、

  みなさん、まだまだ、冬のダウンコートを仕舞わずに、

  いざ??って時は出して着てますね・・・

 

   流石ですね、備えあれば・・・ですね、

  北海道でも、北のほうの人たち、

  一体、何時になったら??マイカーのタイヤ

  夏タイヤにするんですかね・・・

   同じ北海道に住んでいてもこれくらに差はある。

  中国の人たち、こんなニュースでは驚かないのかなぁ~

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

花を食す・・に戻りますが・・

Aec379310a55b319e7f283a0192de32ecefc1763

  話が、行きつ戻りつし・・・申し訳ないですが、

  昨日、届いたニュースで、

  先日書いた、花の話題から更に、その花を食すには・・・

  との話題で書いたばかりのときに、このニュースに接し、

   更にこれが、雲南大学の学食の話題だそうで・・・

 

   って、何のことか分かりませんよね、

  まずは、その昨日届いたのは

   雲南省の省都にある、雲南大学の学校食堂で

  バラを使った料理を提供、しかも、その品数というか、種類が

  20種くらい・・・とのニュースと画像を目にしました。

 

   一つは、上に書いたように、先日書いた、花を食べる料理の話

  ですね、しかも、バラを、バラの花びらを料理に・・・ってのは

  ないわけではないですが、と、日本語的言い回しですが、

  ないわけではない、が、これって、かなり無理してません??ってのが

  一点、

    更には、お味のほうはあんまり書かれてなかったので、どうなんでしょう。

  が、二点目、

   三点目は、なんで?学食??ってが、あって、

   これは、あとで解明された。学校がバラの栽培をしてるらしい・・・が

  分かったが、でも、この度は何でバラの栽培??って疑問と、なんでそれを

  食堂が使うことになった、いきさつも書いてよ・・・と思う。

 

   までが、昨日のニュースで、

  これとは、別にわたし個人の、記憶に大きく起因してますが

   雲南大学はちょっと思い出があって・・・

   あれは、90年代後半ですね、雲南省を旅してました、昆明という町なんですが、

  省都です。その地に宿泊することになり、

   ここもそれなり?に観光地、でも当時はまだまだ現在のように観光産業が

  整っていたわけでもなく、ある湖がありまして、その湖畔のホテルに宿泊を計画、

  タクシーに乗って、そのホテルへ向かっていたら、運転手が、

   「あんたがたは、どこから来た??」といつもの質問。

   まぁ、きっと国内旅行者とは思ってるんでしょうが、まさか、こちらが日本から

  とは思っていなかったと思います。その次に

   「一昨日だったか、あそこのホテルで、日本人旅行者が殺害される事件があって・・」

  あのホテルは今大変だよ・・・ってな説明、

    それを聞いて、急遽、宿泊先を変えようと考えた、ところが、その周辺のホテルが、

  日本のマスコミやら、いろんな取材の人たちが来ていて、空いてない!!

 

    当時、今のように携帯があるわけでもなく、街に引き返し、

  大学の、ゲストハウスにお世話になった。その大学が・・・

    あの時、確か、朝食だけだがお世話になったが、

   こんなオシャレな?食堂でなくて・・・・との思いで

  昨日の映像を見ていた。  

    変わったものです、中国の変わりようは色んな時に色んな事で知らされることになる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧