2017年10月25日 (水)

中国のケイタイ 事情

Timg_2

      先ず、そのケイタイ、手機、智能手機についての話題を取り上げては
  みましたが、わたしは、日本のそれすら余り興味がないし、詳しくもない。
   ですから、そうしたお話を期待してこちらをご覧になっている方は
  そのご期待には沿えないことをお断りしておきます。

    なのに何でその話題なの?
   ってのは簡単に説明ができる。
   中国携帯に再び?ノキアが殴り込み・・・ってな話題を見たからで、
   中国の携帯市場に入り込むのは大変だろうなぁ・・・ってのがあって、
   以前にも、あの、アップル社ですら、手こずってんですからね、
   というのを思い出し、ちょっと他の記事(中国の)もみて見た。
    上がそのシェァーってんですか、占有率。
     ちょっと見ずらいか。

    まぁ、覚える必要なんかないし、判ってもどうということもないので、
   勝手に話を進めると、
    結局?携帯の行く先ってか、
   わたしが見てる範囲での技術の最先端?ってんですか、
   同じ所へ行きつくらしい。
    ですんで、まぁ、時計型だとか、いろいろ考えてはいるんでしょうが、
Timg_1
     ある程度の情報量を画面で表示するためにはこれくらいの
   平らな画面が必要何でしょうし、
   画面上でも結局は上と下の辺を上手く使ってそれぞれの機能
   だとか、知りたい個別の要求になんてこたえることになると、
    まぁね、だいたい、にたりよってりの構成になりますよ、そりゃ。

    あとまはまぁ、その国によって・・・ってのがどれ位あるかというと、
   それはまた、言語の問題だったり、何を先に必要としてるか、何てな
   問題でしょうが、それって、恐らくこの辺の技術の人たちにはそうそう
   難しいことではないんじゃないかと。
Timg_2_2
     ・・・・となれば、
   結論は見えていて、
    中国での携帯は、外国企業がどんなに頑張っても・・・・となるが、
   そこはそれ、何と言っても、14億人もいる市場ですからね・・・
   となれば、わたしの次なる疑問は、
   じゃぁ、インドはどうしてんだろう??ってのがあって、
   気になりますが、わたしのことだから、調べてはいない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

液晶壁板現象がここでも、手機支付も同じこと

   先日書いていた、至る所液晶・・・の話と同じです。これ

U6140730692232590033fm27gp0
     昨日ちょっと触れました。この、スマホでのお支払いのお話です。
   ある人が驚いて言ってました。「中国の方が進んでる??じやないですか」
   と、だからその・・・それって、前に書いた液晶壁板現象とわたしが名付けて
   るのと同じでして、
     表面的?には確かに進んではおりますが、
   それは、ちょっと違った方面からの力が働いてそうなってるんですね。
U1247394233445360135fm27gp0
     幾つかあるです。
   一つはこの圧倒的、スマホ携帯の普及速度にあります。
   これまた、幾つかどうして?そうなった?の理由があってそこは前にも
   書いたし省く。一番早くて判り好いのは、家電を入れる時期に携帯が
   出始め、家電より携帯になったのと、その通話料金が日本ほど高くない。
   ってなこともあっての圧倒的速度でこれがあっという間に普及。

     ・・・・を押させておいていただいて、
     折角?あるこれを利用しない手はない。
    まず、中国の紙幣。
    数が・・・13億人の使う紙幣を刷るのだってこれでなかなかに厄介。
     それもあって、これまた前にも書いたが、
    もうこれ使用期限を過ぎてるでしょう!!ってくたびれた札が多い。
    いやいやぁ~これもう紙が耐用年数すぎてますよ、ってのが。
    ってことは汚れていたり、判別できなかったり。
      加えて、ニセ札問題も。

      それもあってか、まだまだお財布を持たない人が多い。
    ポケットにそのまま札をぐちゃぐちゃにして突っ込んでる人が。
    財布が要らない・・・ってか、最初から財布なし。
U3523499249676277458fm27gp0     そんな中国の人たちが、
    国外で、まぁ、この場合日本で、
    これで、ピッ!!と支払えば、
    小銭でポケットが・・・ってなこともなくなるし、
    帰国の時また、使いきれんかった日本円を両替・・・ってのも
    要らなくなるわけでして、
     当然、勢い、今後はますます、こちらへ向かうんでしょうね。
U6833687773340711876fm27gp0
      早い話、日本でこれが普及しないのは、
    単にその差し迫った必要性をみんなが感じておらず、
    現状困ってないし、携帯への不信感?も拭えないからでしょ。

     ですので、これをもっていして
   進んでる・・・進んでいない、論議は先月号「わたしの見た中国」で
   書いた、液晶問題と同じ土俵にあるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

監視され続ける社会のこれから

U33366363602226368232fm21gp0

    これはもう、中国に限った事ではないのですが、
   街に監視カメラが溢れ、何時でも、何処でも・・・の話を書いてきた。
    今日はそのこれからを。
   大きな流れとしてそれ、
     今後も監視カメラの量・質とともにそれへの依頼度?が
   高まる流れはもう留めることはできないでしょう。
     一般によく、その量的な問題、
   どこでも、ついていて、見張られている感?が
    問題にされてますが、それが、一番目に見えて普通に感じる
   部分でしょうね。」
U20486907344204360560fm23gp0
    いま、ちょうど「わたしの見た中国」3月号を書いていて、
   今月のテーマを、「中国の路線バス」にしようと思ってるんですが、
   中国はバスの中にもついてますよね、
     これって、バスが前の方を監視している、いわゆる、
   ドライブレコーダーではなく、逆に車内に向いてるカメラですね、
   を、思い出したりして、どこにでもついてるよなぁ・・・と
    感心している。
    さて、話はその今後ですが、
   無論、先のお話のように量的に、これからますます、それが
   増大。これは間違いない。
    次が、カメラの変化ですよね、一つは
U14820721404244543469fm23gp0     こんな感じでカメラの方が移動する。
    前に福島の原発内部を映すロボットってんで紹介されて
    ましたが、アレに搭載されているカメラ、それをもっと特化?
    して、カメラの方から移動して撮っちゃおう、ってやつ。
     この一つにドローン例のあの飛行するやつに備え付けて、
    も同じことですが、こんな、
     カメラの方から追っかける?こともできる監視タイプ。
    さて、さらにその先は
U27205286532894343703fm23gp0
      3D監控 と言ってるようですが
    3Dってんだから、たぶん立体的に見れるってことなんでしょうが
    わたしにはよくわかってません。
     3Dになることで、なにが好いんでしょうか?
     この開発に余念がないようですよ。
     と、見てきて
    当たり前ですが、
    って、ここが意外に大事なんですが、
    今後とも、監視する側にとって便利でありその需要を満たす
    方向へ進むんですね、
     ということは、
    監視される側は・・・って問題と、
    大問題は何を監視したいのか?ってことですけどね。
     そうした、大問題を一体誰が監視というか、きちんと
    見てくれるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

監控ジェン・コン 時代

    監視かんしと、制御を合わせて、中国語ではこう呼ぶ。

U16615395353062217692fm21gp0
   まぁ、早い話が、監視カメラの時代と訳しても構わない。
    これって、世界中のことでしょうが、
   いまや、この監視カメラがなければ、犯人を捕まえるのは
   おぼつかないし、
    捕まえたあとの証拠としてなにより、このカメラ、一番の
   働き者だ!
     だから、その必要度はますます高くなり、
   いまや、これなくして、安全が保てない。
     あやるところに、気づかないうちにある。
   中国だって・・・
   というか、中国はかなり積極的?で、
   もうつけ放題??という言い方が正しいのかどうか、
   ついてるし、無きゃダメでしょ、とも言われてる。
     その代表は交通を見守るカメラ。
    見守るってか、こちらは事前に防ぐことはないので、
    まぁ、カメラの性格上?ですね、お判りでしょうが、事前には
    防げないですね、期待?の抑止力??ってやつも、まぁ・・
    ねぇ、無いとは言えませんが・・・
      その交通を見張るカメラ
D439b6003af33a87f81276b2cf5c1038534
      これ、前にも取り上げたことがるんですが、
    どうよ、
    カラスじゃないんですよ、
    端からはじまで、これぜ~んぶカメラなんですかねぇ?
    違うでしょ??
      でも、こんなん
    何度も見たことありますね、
U18538315191484558244fm23gp0
      まぁ、色んな方向を撮りたいんでしょうから、
     こんなん状態のも。
      で、これらで撮られた映像をわたしたちが、
    わたしが目にするのは、その中国のテレビ番組を見ていて
    その事故の実態なんかが写されたときに
    おぁ~、いまのカメラは凄いなぁ・・・
     ってな関心のレベルで見るわけですね。
     こちらは、主に、車を、というか車オンリー??
    いやいや、たまに脇の歩道なんかを歩いてる人を識別する
    のにも使ってはいますがね、
     位置的には車、狙い、でしょ。
     ところが、ってか、当たり前ですが、
    最初から“人”狙い、ってのもあるわけでして、
    こっちの方だって、数的には・・・
      知られてないし、単体であちこちについてるので、
    実態は判りませんが、
     一体全体どんだけついてんの??ってくらい  
    あるんじゃないでしょうか。
      もうすでに、いい悪いじゃなく、
    これなしにわたしたちの安全は守られないのかも。
     自分たちがそうしたんだから、どうしょうもないですがね。
     それでも、
    悪い人はいて、事件、事故が減らないのは、
    最初ふれて様に抑止力とはならないからでしょ。
   なんだか、悪い人や、事故が以前よりふてる感じがしてるのは
    本当に、
    クルマが単に増えたとか、
    人々の関係が互いにきうすになってきてるとか、
   そんなことが要因なんでしょうか??
    それに対する、対処が、本当にこのカメラ監視社会で
   解決するのかなぁ・・・
     なんか、
    カメラの威力??にあまりに
    頼りすぎたり、それに溺れてません??
    今日見た、中国テレビ実録物でも、監視カメラで犯人が
   捕まったニュースをみていて、ちょっと気になった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

意外!中国人を黙らせたのは・・・今月号「わたしの見た中国」

  「わたしの見た中国」ご愛読いただきありがとうございます。

 今月号は、中国での携帯事情といいますか、携帯、スマホがどうやら
 中国人を変えちゃた?というお話です。
U38356560982009582262fm21gp0
    ・・・それで・・・以前は、こんな食事のシーンで中国の人がこれだけ
  集まって、静か!なんてなことはあり得なかった。
   いまでも、わたしなんかは、あり得な~い!!と思ってるが、
  現実はこうだ。
    この前の旅行の時も、向こうで食事している小人数の団体の部屋が
  覗けて見えてたが、みんな下を向いて黙ってた。
    それで、今月号「わたしの見た中国」は、「低頭族ディ・トゥ・ズゥ」
  取り上げた。
   実は「低頭族」の話題は何度かあちらこちらで取り上げていて既に
  何回か書いている。
U9681405473816329188fm21gp0
    それでも、敢えて今回まだ書きたかったのは、その速さ。
  あっという間にこうなる。
    中国の変わり身の?速さはこれに限ったことではないのだが、
  それにしても・・・あの、おしゃべり好きをこんなに簡単に黙らせる
  とは、スマホ、恐るべし!
  で、そのスマホを操る人たちが「低頭族」だというのは触れてますが
  そのスマホ本体については触れてませんが、ここでちょっとだけ
  補っておきましょう。
    こんだけ急激に変わるには、そんだけ急激にスマホが普及して
   ることの証明でもあり、それなしにはこうならん。
    ということは、みんなスマホを持てるようになった。なってきた。
   更に、ということはスマホに手が届く。
   更に、更に、ということは、スマホが安い??という論法なんですね。
   まぁ、どこを基準に話せばいいか、色々あって結構ややこしいのですが、
   安い!ということにしておきましょう。
   それは、安いスマホの登場ですよね。
U24370596411624395993fm21gp0
    それが、こちら「小米シャォ・ミィ」と言うんですが、
   この会社、中国向けに販売している廉価スマホを提供、
   中国を席巻している。
    これなくして、中国の、「低頭族」はない。
    あんまり詳しくお話してる余裕がないが、この会社、2010年から
   スマホ業界に参入して、あっという間に、アップルを抜いちゃう。
U2761999503394299761fm21gp0
    破竹の勢い、ってやつです。
     だから、ある意味、「小米が中国人を黙らせた・・・」と
   言ってもいいんですが・・・
    とにかく、昨日までは?煩かった中国の駅や地下鉄や食堂や
   色んな場で中国の人が集まるところは、そのけた外れに大きな声で
   埋め尽くされていたのが、
    み~んな、だま~って、下を向いてる時代になったんです。
    もう、この勢いは止まらんでしょう。
   文ではこれも書けなかったが、心配は、
U42180154851375932758fm21gp0
    この人たち。
   おいおい、今からそうで、大丈夫かぁ~・・・と年寄りのわたしは
   心配している。
     先ずは今月号「わたしの見た中国」ウェブ版、16年9月号
    をご覧ください。
    読後、ご感想などございましたら、いつでもお寄せ下さい。
   謝謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

地鉄“低頭族”

U11767568111155248915fm21gp0

               これが   ☝  そうなんですけど。
  低頭族 ディ・トゥ・ズゥ
  ですね。
    そんでもって、なぜかその地下鉄ではとてもよく目立ちますね
   この方たち。
    前の旅行記でも書きましたが、
   改めてその中国での低頭族の急増に驚いてます。
     これは、地下鉄がホームに入ってくるのを待ってる人たちの
   それですが、
     危ないんですよ、これで。
     ・・・ということで、ホームとの間にガラスの仕切りをず~と
   設けてますね。流石!万里の長城の国??でして、
   つまりその安全の為の壁を作っております。
1      車内ではもっと集中してまして、
   ホラホラ、み~んな 低頭族 でしょ。
     旅行中にも感じましたが、
   なんか・・・
   どこか・・・
    気持ち悪いんですけど・・・・。
    あんなに?話好きだった中国の人たちがだま~ってるのも
   変です!!
    携帯は中国人をも変えちゃうんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)