2019年10月25日 (金)

ペットとニンゲンの暮らしについて

U32732213362556787614fm26gp0  今月号「わたしの見た中国」、

  「寵物熱」ペットブームに触れて書いております。

 

   さて、そのわたし自身とペットの関係でいうと、あまり

  自慢できるものもないし、ペットとの暮らしの時間も自分の時間の中では

  そう大きな部分を占めてませんので、ペット好きの人に比べるものもなく

  大して考えもないのですが、

   この話を閉めるにあたって、

  いま、思うのは、先日書きましたが、ニンゲンとペットの始まりはきっと

  馬だったと思うんですが、そっから、当然、ニンゲンの暮らしに合わせて

  ペット世界は右往左往して現代に至るのでしょう。

 

   中国のペット事情を見ていると、

  日本もかつてそうでしたが、中国の田舎のほうに行くとですね、

  あれ?この犬飼われてるのかなぁ、それともノラ??というような風景に 

  出会います。どうも、どっちとも判断しづらいくらい、その犬は繋がれる

  こともなく、割と自由にそこらじゅうをウロウロ。

   だからといって、はじめてのわたし達に吠えるわけでもなく、我が道を

  行くとばかり、ただその辺を歩いていて、近くに来たからといって、

  媚びを売るわけでもなく、あっちへ行ったりこっちへ来たり、自由。

  ちょっと大型犬で、毛並みは悪くない。でも首輪もなんの装飾?もない。

   何か食べモノでも探してるふうで、あれ??やっぱりノラかなぁ~

  と、思ってたら、ようやく歩き始めたよちよち歩きの小さな子供に近づいたので

  あれ~大丈夫かぁ~、子供が驚いて泣いたりしないのか、その鳴き声に驚いて

  今度は犬のほうが余計に吠えたりしないのかぁ・・・と思って見てたら、

   よちより歩きの子供が何かにつまづいて、前のめりに転んだ!!

   突然で驚いたのだろう、その子が大きな声で泣き始めた、

   ケガはしてないと思う。転び方がのんびりというか、ペッタ・・って

   感じだったから。

   そしたら、犬がその子の背中のあたりを噛んで、

   何だろう、起こそうとでもしてるような、そんな素振りにわたしには

  見えた。そしたら、遠くからやってきた、その子の母親が、何とか!!と

  叫んだ。犬の名前なのか、それともわたしの知らない叱る言葉だったのか、

  とにかく、犬に向かって叫んだんだと思う。

   それって、叱責なのか、注意なのか、命令なのかも分からないなにか。

 

   と、その子はもぞもぞと立ち上がり、

  何事もなかったかのように、別にお礼という風でもなく、犬のほおを

  なでている。近づいた母親も子供に触るより先に犬を撫でている。

 

   その光景をみていたわたしは、

  あぁ・・・ぼんやりと、

  ペットだったんだぁ・・・という思いと、

  ペットのニンゲンの関係ってこれが理想かな、と思った。

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

ペットとの共生 中国では

U12379007473821487498fm11gp0  日本でもその~

  飼えなくなったペットの・・とか、ペットの扱いについて

  近代問題になってますし、

  ペット可のホテルだとか、

  ペット可のマンションだとか、

  更には最近目にした、被災者の避難場所でのペット問題とか、

  人間と暮らすからには、それなりの問題がたくさんありますよね。

 

   これはもう避けて通れない。

  しかも、かなり緊迫してますますし、

  ペット自身にはどうすることも・・というか、早い話がニンゲンサマの

  方の問題とお申しますか、ニンゲン様が解決すべき問題点。

   どう、ともに社会にあって、互いにうまいこと行くかは、大問題、でしょ?

 

   中国のその点の問題で最大は、書きましたが、

   住宅事情です。高層住宅にどう住まわせ、近隣と、さらにはペット自身が

   ストレスなく暮らせるか! これですよ。これ。

 

   中国を見ていても、大した妙案はないらしく、いろいろ問題になってますよ。

   そうした問題があってなお、止みがたいペット愛。

 

   わかるけどなぁ~、でもなぁ~ってことも。

   これからですね、

   とりあえず、中国はまだまだスタートした段階なんで、

   ペットと暮らすにあたり、ペットを介在とした病気の心配とか、

   飼い主はよくても、ペットを飼わない人とのもめ事をどうすかに

   右往左往してます。

    

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

中国ペット事情

U42051784051827634660fm26gp0  中国に限らずですが、

  現代、近代社会でのペットの位置としては、どうしても

  やっぱ、犬ですかね、

  そのトップは。中国もしかり。

  しかし、これ、中国ではごく近代のことでして、

  以前は違ってたよ・・・て話は確か前にもした。

 

   厳密に、人間のペットして生きる覚悟をもって、

  そうなったのは、たぶん?ですが、馬じゃないかと。

   人間と一緒に生きる覚悟ってんですか、まぁ、一緒に

  いてやってもいいかぁ、機嫌がいいなら、多少人間に合わせったて

  まぁそうそう、害にもなるまい、と決意した動物。

   馬ですよね、馬。

   その辺のことも書きたかったのですが、でもまぁ、

  人間が飼うということは、そばで暮らさなくてはいけませんからして、

  そうそう人間の方で、馬を飼うような余裕?のある住宅事情って

  限られた人ですもんね。

   ヨーロッパなんだと、その、貴族ってな人たちが・・・・

  って話ですよ。

 

   で、そんなんのは、中国でも無理なんで、

  自宅で飼うなら、小動物ですよ、犬だって大きいくらいで、

  だから、書いたように以前ですと、小鳥だったんだけどなぁ・・

   いまでも人気ありますけどね。

   小鳥の市がたったりして。その文化は逆に日本にはないよね。

  どうしてだろう。

 

   日本で大衆的に鳥を飼うってぇと。

  ハトですよね、鳩。

   以前は結構ぶーむだったりしたんだ。わたしが子供ころなんか。

  ってことで、ペットもまた、世につれ人につれ、

  ってことを言いたかった。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

新年を迎えるパンダ  大熊猫的過年

201901241040116244599912  毎年、だいたいこのころ、
  この時期に、この話題に
  接してるように思います。
   多分、意図的にそうなってるんでしょう。
 パンダがいち早く、年越し・・・的な。
   干支とは関係なく、
   何故かその・・・中国でもパンダ話題は受け入れられるらしく。
    あれでしょ、
   単に、パンダがそんな恰好をさせられたり、
   上の絵のように、そんな、新年との結びつきが強くもないと
    思われるような
    これって、中国人冬の定番、サンザシ飴掛けを・・・
   という画らしいですが、
     今一つ・・・その狙いがね・・・

    とはいえ、確実に近づく新年に
   この時期の中国はどこか落ち着かなくなりますよね・・・
    今頃みんな、正月用品とかの買い物に忙しい頃ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

中国 ペット愛好者のいま

A686c9177f3e67097ff68b5537c79f3df9d   たぶん、中国に限らないことなんでしょうが、ある、ブームがひとしきり 
  騒がれたあと、それはより個別な特殊なところへ向かうのでしょう。
   最近目にする、中国ペット関係に話題は、
  これはちょっと・・・と思えるものが多いのは、これも同じといえなくも
  ないが、中国がちょっと違うのはやはり人が多いのでその振れ幅が大きい。

    最近、
   立て続けに、まず、
   一つはちょっと変わったペットの話題、
   それは、ペットそのものよりも、
   その種として変わっていたりの変わり種。
    例えば、先日話題の蛇はその紋様が変わっていて、
   多くの人が注目。
    上の写真はこれまた先日話題になった、
   その色、

   そして、二つ目が
    それが、ペット愛好者たちの間での、
   飼いたい→買いたい、競争で
   値がせりあがり、上の魚など、・・・・んん・・・確か日本円にするなら
   数千万円だったような。
     そんでもって、
   まず、この魚さんを飼える水槽と環境がなければなりません。
   加えてそのお値段がいまいったようにちょっとバカげてますが、
    これがまた、それを飼う人のステータスってんですか、
   それを表す指標となって、どうやら中国ではもてもてらしい。

     ・・・・ってな話に接するたびに、
   ペットといっても、その幅は大きいし、
   それを飼う人の幅?も大きくて、
   中国は人が多い分、それに対応してこうなってるんだろうな、
   と、感心させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

中国 「尋ね犬」 ペットブームのあと

   中国のペット事情、ペットブームの話は前にも書いた。
  「わたしの見た中国」昨年7月にも書いている。そんな一時?が終わり、
  このブーム?にもそろそろ落ち着きが見え始めている、と、次の問題が
Photo
 それは例えば、
 ← こんな問題
  当然これくらいのことは
 あるでしょ、そりゃ。
  飼っていた可愛い自分ちの
 ペットがいなくなったとあれば
 これはもう、大騒ぎ??となる。
  更には、
   これに、懸賞金?も付きそうな勢い。
    こんなのが、あちらこちらで。
    犬はまだしも、
   猫はもっと大変・・・でしょ。
   更には細かな、ペットを飼ううえでのマナーといいますか、
  それをめぐっての問題もかなり深刻。
   日本のようにこの手の細かな事件?はあまり
  いわゆるマスコミでは取り上げられないで、
   噛まれた、噛んだ、問題も相当数あるようだ。

   犬のほうからすればですね、
  あの、高層住宅で飼われるストレスはそれなりに
  あるんでしょ。
   そんな街中では、散歩道もみ~んな舗装道路ですしね。

   それが、単に目立つからそうなのか
  かなりの確率でわたし個人は、中国で飼われている犬が
  多くは何故か?大型犬というのもまた、
   中国らしいなぁ・・・と思ってみている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

動物たちの衝撃映像

    ついでに・・・動物たちの面白映像を・・と思ったが、こちらはきっと

Yjimage みなさんの方が多く目にされてるのでは、
 そんな写真を集めたサイトがありそうだし、
 テレビ番組でもそんなシーンを集めて
 報道してたのを垣間見たことがある。
  つまり、この手の動物のちょっとした
 写真は人気の様だ。
  こんね、写真を含めて、動物がアイパッドを・・
   ってのはもう沢山ありそうだ。

     それに、これらの写真が、
   ネット社会では、まわりまわって、どこでも使われてるので、
   果たしてその発進元がどこかも判らないものが殆ど。

     てことで、中国に限らず、
    世界中の人がこうしたちょっとした動物のその
   衝撃的な映像には人気がある。
     わたしが見た中で面白かったのは、
    これまで何回か紹介してきた。
     最近見た中ではこれからなぁ
5882b2b7d0a20cf4c8a0a4bd7f094b36aca
             これも、中国のあるサイトを見ていて
     話題になったのを拾ったものだが、
     どうも、これ中国じゃないですよね、
     雑誌がね・・・
      いっそ、この雑誌が、「プレイボーイ」だったりする方が
     面白のかも。

      それを抜いても、この熱心なかぶりつき具合にはちょっと・・・
     一体どんな記事(写真)をこんなにも熱心に見てるんだろう・・・
     皆さんの方で、
      中国で、
      中国の動物園で、
     こんな面白写真撮りましたよ!
      ってのがあったら、お送りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

和狗”一帯一路” ー 生活の中の動物たち

   ”寵物”ペットについて書いてきた。ついでに、ペットではないが、

U4679939352539323993fm23gp0 われわれの暮らしの中にいる、
 動物たちのことも少し触れておきたい。
  たぶん?
 まったくの私見ですが、
 人間と仲良く・・・ってか
 人間としょうがない?一緒に仲良く?して
 なんとか暮らそうと覚悟?を決めたのは
   馬マァだと思うんですね。

     丁度今日中国は大きな会議をやってまして、多分日本でも
   話題になると思いますが、
    “一帯一路イ・ダィ・イ・ルゥ”ってんですがね、
   ごくごく乱暴にこれを説明すると、一緒に発展一緒に未来へ、
   ってことなんですが、では、ペットとの未来は・・・と考えてみた。
    最初にお馬さんは、どっかで、ニンゲンに飼われるかわりに、その
   生活を安定させ、ニンゲンに便利をもたらす代わりに、自分たちの?
   マグサは、自分で見付けずとも、ニンゲンがなんとか、食べさせて
   くれるし、時にニンジンなんかもくれるしね・・・ってんで、
   一緒に清潔することを決断?した動物の初めですよね。
    中国の歴史書なんかを見ていてもその考えを強くするし、
   モンゴル地方に見るまでもなく、自分たちの生活を切り離せない、
   動物としている。
      と、して見るならば、“狗ゴゥ”イヌは比較的新しいと思う。
   しかも、こちらは、愛らしさを売ることで、ニンゲンと一緒にいることが
   多いが、でもこれ以外にも、例えば
U20045450142630571099fm23gp0 別に飛行場でなくとも構わないんだが、
 こんねシーンが印象に残っているし、
 たびたび、目にした。
   多分ですが、あれって、犬を使ってのよく
 その役割の代表のように言われている、
 彼ら?の嗅覚を利用しての薬物等の発見
 摘発にあるよりもですね、
   これまた、自身はないんですが、
   多分あれ、犬を人間に、或いは周りの環境に慣れさせるための
   歩き?だと思ってるんですが、
     まぁ、実際にはその抑止力としては結構働いてると思います。
     要するに単に?愛玩動物としてではなく、
   動物たちは好むと好まざるとに関わらす、ニンゲンの暮らしの中に
   取り入れられ、あるモノは迷惑なんでしょうし、あるモノはその地位?
   に満足してるんでしょうが、
     さて、今後はどうなるんでしょうか?
   この点も、もう少しお話したい部分はあるんですが、
    まぁ、もう少し、条件が整ってからこの話題に取り組みましょう。
   大雑把に言っておけば、
     今後これらの、寵物たちが、
     機器ジィ・チィ ・・・ロボットにどんだけ代われるかって問題
    ですよね。
     ロボット型?式?犬や猫が、傍にいればそれでよい時代に
    なるのか、やっぱりホンモノ??だよねぇ~となるのか・・・
    を注目している。
U5245794053418108727fm23gp0
      そのうち、ホンモノ(動物)を飼ってる人は
     贅沢ですねぇ・・・・
      などと言われるようになるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

これからの寵物との暮らし

Photo

    今月号「わたしの見た中国」、「養寵物ヤン・チョン・ウ」に
   ふれて書いてます。
    あの文で書き切れなかった部分にも少しふれておきましょう。
   ますます、ペットとの暮らしは重要性を増していくんでしょ、
   だからこそ、こんなに増えてる、増え続けている理由はそこにある。
    昨日はそのことを書いた。
    今日はその明日を書いておくと、
   ペットとの距離の問題ですが、今後この状態が続くなら
   ペットはますます、家族としてその位置を占めるでしょうね。
   ペットは家族。
   家族はいつも一緒に、
   ・・・ってことで、どこでも連れて歩く。
Yjimage
     買い物に訪れた、スーパーの駐車場で、こちらも不注意だが、
   狭い車と車の間を抜けようとしたとき、突然、車内の犬に、
   吠えれれてビックリ!!なんてな経験ありませんか。
    んん~買い物にまで連れ出すかぁ・・・
    ってことで、旅先も連れ歩くし・・・
    となってきた、日本。
    ペットと一緒に宿泊可能はホテルはそれをうってる。
    中国でも間もなく・・・
U120712525441380753fm23gp0
 いまのとろこは、
 まだ、こんな感じ。
 クルマが自転車。
 犬の方にも技術?がいる。
 これはまぁ、
 散歩の範疇にはいってるんだろうなぁ、と
 思う。恐らく、自転車で引いて走ってたのが
         いつか、疲れて?のったんじゃないの。
U191245603481123603fm23gp0
  こちらはもう、完全に
 旅先ですよね、
  乗せてもいいんだぁ・・・
  しかも籠に入れずにこうして
  窓から乗り出してますけど・・
  駄目じゃないですか?これ・・
         どうなんでしょ。
         ちょっと、交通法規も判ってませんので何ともいえませんが、
         ちょっとね・・・
     つまり、このように片時も離れられない、そんな存在となった
    各家庭のこうして寵物はいったい、
    その主張と権利をこんご叫び始めると思いますけど、
    一体、社会がそれをどこまで許容するか!!
     これが今後の課題でしょう。
      これって、どこまで??
    どこまで、ホントの?家族と同じように扱えるの、って問題。
Yjimage_1
     なんらかの災害にあって、
    避難します。
    家族ですからペットだって非難しますよね。
     でもほら、避難先ですから、
    一緒にいつまでも・・・は、かなり無理があるでしょ。
    こうした点もそろそろ
    真剣に考えておかなくてはならんでしょ。
    昨日の、数の問題ともかかわってますが、
    中国もペット事情今後いろんな問題がありそうだなぁ・・・
    機会があればまた書いてみたいです。
     ただ、自分でペットを飼ってないので、気づかない点も
    多くあると思います。
     中国のペットの置かれているこうした問題はどうなってる?
   などの具体的問題があったなら教えてください。
     今度行ったときにでも注意してみて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

中国における、人口と犬口の割合

   中国のペット事情について書いてます。

U4464586353763899760fm11gp0
    あんまり話を広げちゃうとわたしの手に負えなくなるので、
   ペッと言えば、その代表、狗ゴゥ犬と、猫マォ ですね、
   とりわけ、犬話。
    それで、今日のわたしの提案?話題は、
   だれか、こういうことを研究してる人いないですかねぇ。
    その最近、ペットとりわけ犬を飼ってる人は増えてると思うんです。
   思うでしょ?わたしだけ??いや、絶対増えている。
    何時と比べてって?どの時代と比べても今が一番多いと
   勝手に思っている。
     それでこの、人口に占める?飼われている犬の割合つまり、
   造語ですが、犬口はどれくらいのもんなんだろう・・・ってのが
    最近の関心というか、この話題での注目点。
    わたし自身はいまペットを飼っておりません。いま・・・ていうか
   犬を飼ったことがない。
     それは、この研究??には全く関係ないのでいいと思う。
U7594143583927747503fm23gp0    先を急ぎますよ。実はこの寵物チョン・ウ話題、
   前にこちらのブログ欄でも書いてます。何度か書いてる。
   2013年ですからもうかなり前、「増え続ける犬口について」
   なって言っていて、その頃から「犬口」って勝手に名乗ってますが、
    ようするに、誰か、その~このところの人口に対する犬口の
   割合なんてのを調べたりしている、達人がいないかなぁ・・・と
   期待しておるわけですが、
    例えばわたしの住む町はもう最近人口減少傾向に歯止めが
   かからず、いまや30万人を割り込んで、毎月、毎月、人口が
   減っている状態。
     なのに・・・というか、逆に・・・というか、
    犬口は増えてる、かなり増えてる。
   増えてる実感はあるが、はたして、本当にそうなのか、
   どれ位増えてるの?と訊かれると誰も判らない。

    と、こっからが中国の話題に。
   中国ね、ご存知のように、人口13億。いや14億近いかも。
   でもって、昨日も、「わたしの見た中国」でも書きましたが、
   これまた、犬口は増えてる。これからもその傾向は続きそう。
    ・・・ってことは、この先どうなんの?
   ってのがわたしの心配。
     今のその、人口と犬口の割合をちゃんと知ってれば、
   ですね、
    一体その、人口と犬口の一番適切な割合は・・・・
   ってなことを研究している研究者はいないんですかね?
    いるでしょ!
   世界中にごまんと研究者はいるんだから、
    もしいないなら、これから、早急に取り組んだ方が好いと
   思いますよ。
     大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)