2019年11月29日 (金)

香港 国際宝飾展

6159252dd42a28348459976b54b5c9ea14cebfd7

  香港といえば、いまはあのニュースしか報じらえないので、

  あえて、ここで、

  恐らく取り上げられることのない、ニュースを。

 

  香港で開催される、

  宝石関係のバイヤーが集まるような展示会ですね、

  それがいま香港で開かれようとしてます。

   どうなんでしょう、

  会場の警備やなんかで特別大変なんでしょうか、

  それとも、

   街のデモとは関係なく、

  こうしたものは、行われていて、何の違和感もないのでしょうか。

 

   まぁ、

  こちらが、以前のというか、

  香港の本来の姿で、国際的な商取引の場としての香港の位置は

  まだまだ揺るがないでしょうし、

  今後もそうあって欲しいです。

20191129070505601

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

今年の流行色だそうです。

622762d0f703918f364581b65e3d269759eec432  こちらがそうなんだそうで、

 茶色・・・って言っていいですかね。

  どっか違ってるのかなぁ、

  普通に?ちゃで、いいのかなぁ。

  まぁ、

  だそうですよ。

  今年の、というかこの冬のって意味でしょうね。

  誰が、どのあたりから言い出すんですかね、

  この手の話は。

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

靴の字は中国語では鞋ですよ。因みに今年の流行は。

20191018095319507  お尋ねといただいた、

  クツのお話ですが。

  漢字は中国と日本では違います。

  靴 と 鞋 の違いです。

  以前にも書きましたが、中国の方の靴への思いは、

  日本人のそれよりずっと、熱心というか重いというか、

  ずっと、一日中靴をはいての暮らしの文化は確かに、

  重みが違うかもしれません。

 

   ちょっと、調べて・・・と言っても、

  中国ネットをのぞいてみただけですが、

   こちらの 馬丁鞋 マー・ディン・シュェ

  英国の Martens ブランドくつが人気なんですかね?

   そんなくらいの情報しかありませんが、

  この回答で構いませんか??もっと何か中国方のくつに

  関してご質問がありましたら、また、お寄せください。

 

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

中国の服装、その色使い。

  色んな面で、大きく変わりつつある中国。生活の中でも多くの変化が見られる。

  そのうちの一つ、服装も変わってきましたよね。そりゃまぁ、どの国も同じように

95eef01f3a292df518ae0856b2315c6034a87300  流行りだったり、以前にはなかった素材だったり・・

  は、中国に限らずですが、

  わたしの感じでは、今回の旅行でもその感を強くしたのは、

  その色使いが変わってきてますよね。

   以前だと選ばない色、配色の洋服、これって、服飾だけでなく

  建物の内装だったりもそうですが、

   早い話が、中国のひとの色彩感覚に新しい芽が?芽生え始めているというのが

  わたしの結論。

   これって、結局長~い間、中国の人たちが取り入れなかった、色・色づかいを

  生活の中に取り入れ始めました。

   これまた、その発端というか、きっかけというか、そこへ向かい始めたのは

  何故だと思います?

    それって、やはり、生活のゆとり、です。

   そう思いません。

   歓迎すべきことだと思います。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

旗袍チィ・パォ チャイナドレス の着こなし

U22191597533910113221fm26gp0     今月号「わたしの見た中国」は、旗袍チィ・パォ
   について書きましたので、それにふれて書いております。
    この辺でこの話題を、終えたいと思います。

    文にも書いておりますが、
   まぁ、色んな種類のがいまはありまして、
   素材もまた、以前とは違い、シルクにこだわらないなら、
   普通に洗えるし、布の質感もや、光沢も千差万別。選べます。
     ではでは、
    何が、旗袍を特徴づけているかというと、
    まず、その襟ですよね
    立て襟がその一つです。
    これまた、高い低いは自在にできるんですが、
    ちょいと高いほうがその特徴がよく表れて際立ちますね。
    ・・・・ということは、首に長さが・・・・
    ある程度、おありになって方が、お似合いに。
     よく、その体形が、かなり露わになるのをこのドレスの
    特徴とお考えの方もおありのようですが、
    それは、また、そうでないのも多数あって、
    若いうちはそれでいいでしょうが、そうそう、そんなのばかりでは
    ありません。
     前、あわせにその特徴があるのと、
    肩のところであわせたり、
    横だったり、その合わせ目の位置にも特徴が。
    そして、ここも大切なんですが、
    合わせ目はボタンではなく、中国式、コウ と言いますが、
    あの刺繍でつくった、玉の部分と、受け輪のつくりが
    また特徴なんですね。
     あとは、なんだろうなぁ・・・
    和装も同じですが、裏地にちょっとオシャレしたりかなぁ・・・

     長い丈だったり、上のだけだったり、
    袖の長さやら、これらを組み合わせると
    いろ~んな、様式でできるわけですね。
     機会がありましたら、
    みなさんもどうぞ、一着あつらえてみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

旗袍 チィ・パォの 魅力

U9132596521040771973fm26gp0      この、旗袍に限らずですね、
   その、どこかの国の民族衣装が、その国のひとたちよりも
   よその国の人たちに愛される?というか
   好まれる?というか、人気があるのはままあることでしょ。
    チャィナ・ドレスも例外ではない。
   意外というか、そう以外でもないのかも知れないが、
   中国の人より、日本人のタンスに眠っているチャィナドレスの
   数が上回ってるかも知れない。
     それ位、いまもそうなのかどうか、
   以前に、中国旅行に行かれて、このドレスをお買いになった
   人は多い。
    或いは、このドレスを着て、写真に・・・・という人も多い。

    と、なれば、
   今、それとは反対に、日本に来て、
   和服を着て写真を撮りたがる、人たちの気持ちも分からないではない。
    かなりの数の方が、買い求めてお帰りになる方も多いようですよ、
   浴衣なんかは相当数いま外国にある。
     持って帰らないまでも、日本に来たからには、和装で一回写真を
   とのご要望は多いようだ。
    ・・・ということで、同じこと・・・というか、反対に、
   チャィナドレスが、いま、日本の各家庭に相当数あるはず。
     中国のチャィナドレス、専門店はそこそこありますが、
   ここも、意外にも顧客の多くが、日本人だったりしていた時期がある。
U4507278294247748018fm26gp0       これって、何でしょうかねぇ・・・・
    でもですよ、
    わたしが注目するのは、
    その比率というか、その・・・・
     他の民族衣装に比べそのチャィナドレスの割合が・・・
    多すぎでしょ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

旗袍チィ・パォ  チャィナ・ドレスを着る人たち

 U10507619193871916140fm26gp0  多分、みなさんお分かりとは思いますが、
  この、チャィナドレスを着た人を町で見かける、
  なんてなことは、まれです。
   ごくたまに、何かの時にそうした人と出くわす
  ことがありますが、
   こちらも、ちょっとギョッと!しますし、
  周りの中国の方もそれなりに注目してるようです
  から、まぁ、そんな頻度なんでしょう。
 
   これって、多分、
   日本でもその和装の人をごくたまに見ますが、それはそんな
   頻繁ではないのと同じだとおもいます。

     中国を旅していて、
    地方の、少数民族の多く住むそんな地域に行くと
   以前はよくその、お年寄りが特にそうですが、
   その民族の、民族衣装で普通に街を歩いてたりしました。
    あれって、あの頃、ほかに着るものがなくて?あれで歩いてたし、
   暮らしの中ではあれでよかった、という時代背景もあっての
    あれだったと思いますよ。

    因みに、今も中国の地方ではたまに見ますけど・・・・
   若い人のそれは概ね、観光産業に携わる人たちの装いであり、
   その辺でお仕事をされているその人たちの、制服?的な
   そんな民族衣装です。
     ですので、正式の??昔ながらの、民族衣装とは当然
   違っていて、服の素材そのものも、文様も、ちょっとづつでは
   ありますが、実は違ってるんですね。
 
     これまた、最近の和服にも言えていて、
    最近の浴衣なんかは、以前はなかった色合いと文様で
    着方も、帯はもう結べなくともなんとかなるようになってんでしょ。

     中国の町のどこかのお店で、チャィナドレスを着ている人を
    見かけるのは、
    あれって、日本料理店の店員さんが制服として、
    日本旅館の従業員や女将さんが着ているのと同じでして、
    制服、コスチュームとしてあるわけでして、
    その点は中国も同じです。

     ・・・・ということは、
   総じて言えるのは、
    どの国も、民族衣装は生活から離れ、
   装飾のひとつとして、
   辛うじて残っていくんでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

旗袍チィ・パォ チャイナドレス が 民族衣装 に

U2953637804693947717fm26gp0  チャィナドレス
  旗袍 チィ・パォが
  何故、中国を代表する民族衣装と
  なったか?なってるとは思いますが、
  その辺も、文の中で少しだけ触れてます。
   結局その長~いなが~い歴史と、
  民族といっても、そりゃもうたくさんの民族が
  暮らすかの国で、
  それを一つに絞るのは実は難しいんです。
  でも、
   もうみなさんの印象の中ではこれがというか、旗袍が
   印象強いですよね。
    ・・・・ということで、チャイナドレスが、代表民族衣装だという
   ことで話は進めさせていただきます。

     旗袍チィ・パォはご存じでしょうが、女性のものでして、
   男性の着るのはこう呼びません。
     次に、この衣装は、中国を代表というか数で圧倒している
   漢民族の衣装ではない!
    というところにゆがみ?はありますが、
   印象としての代表選手としてはこれでしょ。

    日本では、和服といえばそれ男女双方の服装を指してますが
   その点では違うということ。
    同じなのは、この衣装を着ている人はそうそう町では見かけない
   ってことですね。
    多分、世界的に民族衣装の置かれている現状はその辺に
   あると思いますが、
    普段使いじゃなくなっている。
   それって、生活様式の変化と
   西洋化ですよね。
    こては、中国とて免れなかった、ということであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

民族衣装の人気

2525d2e76dce4f6a7512ba3b7289f95c    ここで、言ってる民族衣装?ってこれ ↑ ですけどね。
   日本へいらした外からのお客さんにとって、
   この和服、浴衣は相当魅力的、らしいです。
   民族衣装ってどの国も?その国の人たちにはちょっと
   もう敬遠されて、
   生活の中から離れていきつつあるそんな時に
   他の民族の方がその魅力に飛びつく傾向にありますけど
   これって面白いですね。
    そう言えば、
   日本の人が中国で、チャイナドレスをあつらえる、ってな
   のをお手伝いしたことが何度かありますが、
   あの当時も、中国で、中国の人がそれを着ているのは・・・
   とりわけ、生活の中で来てる姿はめったに見なかったもんなぁ~
    同じことか。

    日本ではもう箪笥の肥やしになりつつある、実際なってる
   和服が、
    憧れの的ってのは面白ですね。

    もっとも、これって、実は簡単なことで、
   こうしてたまに着て写真を撮ったりするのにはいいですが、
   これが、毎日・・・となると大変なんですよ。

     まぁまぁ、何にしても
    国外に出て、そうした文化に触れるのは
    旅の楽しみでもあり、学ぶことも多いでしょうから、
    こちらも大歓迎!
      これまではまた、違った
    貸衣装やさん、ってのがそろそろ誕生してもいいと思います。
     「はれのひ」ならぬ「そとのひ」って貸衣裳屋さん、
    できるかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

靴・鞋・クツの想い出、 👠

   ここのところ、中国語教室のご案内で忙しかったので、はなしはまた

  少し戻りますが、今月「わたしの見た中国」で書いた、クツの話題です。
U436841231486664957fm23gp0
    幾つか、忘れらない・・・その、クツに関する出来事ですが、
   あんまり、好い思い出はないなぁ・・・
    一番の想い出は、これまた、今思い出してもおぞましい、
   中国で、某都市、ちょっと混み合う時間帯だったのは確か。
   わたしは路線バスに乗っていた。
     この時間帯はほんとうは避けたかったのだが、
   諸般の事情があり、もう致し方ない。
    それは丁度の出勤時間帯ではないので、いくらかは余裕が
   あったんですが、まぁ、8割がたの込み具合と思ってください。
     座席は無論埋まってるので、中央付近に立ってました。
   中国のバス、吊皮というのはない。
   手すりはあるが、たまたまちょっと届かないような微妙な位置に
   いて、これはちょっと位置を変えたいな・・・と思っていたその時、
    バスが、大きく揺れた、おまけにブレーキも踏んだと思う。
   立って乗っていた乗客はみな体制を崩した。
    わたしも例外ではない。ちょっと横の人に助けられるかたちで
   何とか辛うじて、倒れずにすんだ。
    と、
    その時、
    わたしの脚に激痛が走った。踏まれた。
U2717039566344792447fm23gp0
     しかも、ピンヒールってんですか、ハイヒールの中でも高いやつ
   これで踏まれてごらんなさい、
    痛いのなんのって、脚に穴があいたか??と思った。
    そのハイヒールの履き主である、
    美しいお嬢さんは、そのわたしの脚を見て、
   「あんた!何やってんのよ、ヒールが折れっちゃったらどうすんの!!」
    ・・・・と、もっと何か言ってたが、とにかく私を責める、
    わたしはと言えば、もう半分泣きそうで、痛くて痛くて、
    それどころではない。
   彼女はなおも、
    「何とか言ってよ・・!!」とわたしを責めるが、
    え~~なに??わたしに謝れってことですか・・・?
    あのですねぇ、
    わたしが貴女を踏んずたのではなく・・・・
    それは、貴女も見てるんだから判んでしょ (≧ヘ≦)
    謝るべきはそちらでしょ、的なごくわたしとしても被害者としても
    ごく控えめなことを、しかも他の乗客には聞こえないくらいの
    小さな声で言った、彼女の名誉の為にも。
     と、彼女は
    「いやらしい!!」・・・と言った。
    これって、デカい声で言った、言ってから前の方に移動し、
    次の停留場でさっさと降りってた。
      これだけで終わりだ。
    だが、車内の残されたわたしへ向けられた目は、
    あたかもわたしが何か性的にでもいけないことでもしたかのような
    そんな人を見る目で他の乗客は見てる、
     いやいやいや////
        わたしは被害者でして・・・
    ホラ!見て、痛いんですよ、この甲の部分が、
    何だったらクツも脱いで、靴下も脱いで、お見せしったっていいんだ。
    こんなに踏んだ蹴ったりの目にあって、
    更にこの周囲のわたしを見る目は何だ!!
      両方痛かった、
     脚も痛かったし、
     心も痛かった。
     いまだに癒えずにいる。
     教訓; 中国の女性は強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)