2021年2月 2日 (火)

「上に政策あれば、下に対策あり」の庶民

U9146252742386094697fm15gp0

   これって、かなり前にちょっと中国で流行ったその

  言い回しですが、

   この精神?ってなくなったわけではなく、

  脈々といまも・・・ってか、ずっと生き続けるものだと

  思いますね。

   ですから、中国でも若い人たちはこのコトバもう

  ご存じないでしょうが、未だある。

 

   コロナの下での年末を迎えた中国、

  昨日もちょっと書きましたがそうそう、庶民派めげてばかりも

  いない。

   外務省から、海外渡航はするな!!と厳命が今日も発せられ、

  ちょっと、遊びにも行けないしね、

   国内もできるだけ移動するな!!と言われてる。

 

   なら、都会に働きに出た若者たち、

  日本も同じでしょ、東京から脱出できなくなった、

  となれば、そこで楽しむよりない。

 

   意外な商売??が受けている。

8cb1cb134954092305406f8f07cb2a0eb2de49b5

   例えばコレ、

   どうせ、何処もいけないなら、近場の写真館でこの際は

   思いっきり、若い自分を撮っておこう!!ってやつらしい。

   中国古代式服装がここのところ流行ってるのは、前にも書いた。

   そんな衣装をつけて、記念の写真を撮り、

   憂さ晴らし、

     でも、ここの店、わたしが見た範囲ではかなり流行っていて、

   ”蜜”で、しかも”マスクなし”でしたけど・・・。

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

2020年 中国ファッション界

U967333094556675775fm26gp0

   ちょっと、表題が大袈裟すぎた・・・

  それを期待した人には申し訳ない、

  もとより、わたしは中国に限らず、ファッションの方にとりたてて

  何かあるわけでもなく、全くその世界に詳しいわけでもない、

   なのに、これをちょっと書きたかったのは

   去年あたりからですかね、ホントはもっと前々からあったんでしょうが、

  「中装」というのか、

  昔の中国風ファッションに多少若い人たちを含めて、

  回顧??というか、人気が出てきた、あるいは、その服装を

  ちょっとした集まりや公式のパーティーや芸能の人たちが・・・

  というのを聞いたり、目にしたりして、

   ちょっと注目!!

 

   こっからですよね、

  こっから、

  更に、現代に合わせた新しいデザインが生まれることを

  期待しているんですね、

   結局、その民族の古来からの服装はそうそう

  簡単に捨てちゃダメ・・・ってのに、魅かれてます。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

新款時装 シン・クァン・シィ・ズゥァン

8383ae0877ecc94eafef57f851b2d421

   先日・・・って、もうだいぶ前か?中国のその

  現代ファッションについて書いた。

   こちらは、8日に上海で開かれたファッションショー。

  盛況だったようで、なによりです。

0783ea3b05fe5cb70f1d7a754136534c

    その、前の時も書いたと思いますが、

   ファッション界をリードするような、

   デザイナーの出現が待たれますね。

    モデルさんはもう、

   世界のトップモデルとして活躍されてる方を

   多数輩出してます。

 

    先日亡くなった、

   ケンゾー・タカダ

    のように、ブランドを立ち上げ世界に冠たる

   デザイナーがこれから出てくることでしょう、

   中国から・・・。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

服飾産業 と 中国

001372acd73d16c900cd2d

   ファッションを、経済面から見ると、

  この産業は、割と小規模の資本から始められるのと、

  服飾、服装は極端に言うと、ある意味、消耗品でも

  ありますので、上手く?いけば大量に製造・販売でき

  そこに利があります。

   ですので、ある国が発展するある段階で必ずこの

  服飾産業が国の発展に寄与する面はありますし、

   それは、国内向けなのは無論のこと、国外に向け

  外貨獲得の一翼を担うことが多くみられます。

   中国も例外ではありません。

 

   というより、中国はかなりの部分それを利用してきました。

  ただ、中国がちょっと違う事情を抱えていたのは・・・という

  話をすると長くなるので先を急ぐ。

 

   かなり国発展に寄与してきたことは書いた。

Photo_20200925104301

   この町での大々的なファッションの催しも何度も見てきた。

  なるほどね、一大産業だよね・・・と納得。

 

   ただ、

  わたしが、普段言ってるのは、

  こんなに産業としてある位置とある範囲を占めているし、

  そろそろ、その歴史も、長くなった、

  それなのに、

   中国から若い?若くなくともいいが、中国から中国発信の

  世界に通用、世界に名をなす、デザイナーが現れない???

  ひょうっとして、わたしが知らないだけでもういるのかもしれないが

  わたしが知らないということは、まだ、その程度だということだ。

   何故だろう??

   歴史もある、ある地位も持ち始めて、多数の専門家もいる、

  なのに・・・

   いつも、そのことを不思議に思っている。

U10920538633949012598fm26gp0

    歴史的も、

    少数民族を多く抱えるあのデザイン感覚からしても、

  そろそろ、中国のこの人ありき!!

   というブランドが出現してしかるべきと思う。

 

   そっから、また、更に一段違った

  中国ファッション界がスタートするでしょう。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

中国の人たちの服装感覚

8a55f950

  Sさんからのご指摘ですが、

 中国の人たちのオシャレが・・・は、中国の経済が発展、

 早い話がお金をもって、服装にお金をかけるれるようになった・・・

  のご指摘ですが、

 そのご指摘は間違いなくあります。

  ただ、わたしがここで書いてきたのは、

 一つは、そうしてお金持ちや、オシャレにやたらお金をかける人たち

 ではなく・・・・ごくごく、一般のひとたちのそれを言ってまして、

  確かに経済的な問題はありますが、

  なんでもかんでも、経済からの視点で片付けるのは危険?です。

 

  例えば、校則でいろいろ制限がある女学生たちにもオシャレはあり、

 中国だって、数年前のあのスカートをはいたひとを見たことがない

 そんな時代だってオシャレな人はいました。

   オシャレとはそういうものだということです。

  この人たちは、素地?がこうですから、

  そうした制限?がなくなれば、一気にまた自分のオシャレに走る・・

 

  それが、今だ!

  と言ってます。

 

  そうした変化を言っています。そして、それは近年

 Sさんのおっしゃるように、経済発展がその後押しを・・・

  という図式です。

 

   この先、どうなるかというと・・・

  はまた明日に。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

打扮・搭配 、変わる中国人のオシャレ感覚

U28584168943839475261fm26gp0

    昨日の続きになります。

  中国のひとたちのオシャレに対する感覚がここのところ

  大きく変わり始め、実際に変わってきている。

 

   こうした、「概念」の変化、

  つまり、これと言って絶対の正解がない、

  しかも、それ自体は形をもたない、

   「オシャレ」といったような、実体のないもの、

  これが変わり始めると、その国の深いところで変化が始まった

  と、わたしは見ています。

 

    形があるものは、直ぐに正解?が出せますし、

  機能が優れたものは、それをお金を出して買うのは簡単。

 

   「オシャレ」のようなものは、

  最初、ごくごく、一部の人たちが、自分の信じる?ものを

  自分なりに消化して、用いるんですが、

  最初、それは、ごくごく一部の人たちの、趣味??的な

  ものであり、限られたもの。

   それが、中国もこうして、誰もがオシャレに気付き始めて

  それって、正解がない?ので、それぞれが、

   試し?始めたのが数年前あたりから、

   そして、ここへ、きて定着。

  多くの人たちがこれに気づき、これを重視し始めたいま、

  中国はまた、大きく変わり始めている。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

年代にあわせたオシャレを!

U67039466322812421fm173app49fjpeg

  ここ数年で、急激に

  中国の人たちのオシャレに対する感覚が

  変わりつつある。

 

   以前と比べてどこが違うかというと、

  オシャレでのその主張が、

  前へ前へのそれだったのが、

  引いた?オシャレに目覚めたらしい。

U36383852333198669288fm173app49fjpeg

 

   それって、

  やっぱり、その・・・外を見てですね、

  自分たち以外の価値観があるんだと・・・

  気づいた、

  やっと?気づいた、

  それが選択の範疇に入ってきた、

  

   ・・・・

  こういうことが、ですね

  オシャレ以外でも、その従前の価値を見直すという意味で

  中国で始まりつつあるわけですが、

   こと、オシャレや服飾の問題だとまぁ簡単ですが、

  これが、ほかの分野ともなるとね・・・

   なかなか、そうは、直ぐには変われない。

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

平時也帯口罩和帽子

E67a83902fed3ebc520404a23235a1a9

  中国のスターたちのこれが標準装備?

  なんで、

  今回はまったくそれにそってます?から

  違和感がない。

   どころか、さきがけ?といえます。

6dbde45916e224963f0595ac73abc8ec

  もう、だいたい誰もがこんな感じ。

 

   ってことは、

  いまは、中国の街中はスターだらけ・・・?

  かというと、

   外出自粛が続いてましたから、

  空港でこんなひとを見かけることも少なかったようです。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

反転する立場 -口罩コゥ・ザォ 篇

U31681260781078001630fm15gp0

  最初の頃、

  日本の報道では、中国のこんな変わった??怪しげな?

  マスクの人の映像を流しては、

   ホラ、ホラ、中国はいま大変なんですよ・・・

   マスクもないんですかなぇ・・・かわいそうに・・・

  ってな報道があって、

   それを受けての、日本からマスクを送らなくっちゃ!!

  ってなことになったんですね。

   覚えています・・・

 

   あきらかに、何かしらの揶揄といいますか

  ちょっと、ちょっと・・・的なおふざけさがあっての

  の映像だったともいえます。

   昨日は、「村への他所からの侵入管理」でみた

  それと同じ構造で、マスクもまた。

 

   それが、今や逆転、

  向こうから送ってもらったり、

  手作りマスクやら、異業種からのマスク制作やら、

   笑ってる場合じゃないです。

 

   あの当時、

   大げさともいえるあの、わたしが今でも覚えてるのは

  手製のポリ容器かなにかで作ったマスクに、

  さらにたぶん、雨衣、レインコートを改造したような防護服、

  さらになんか傘みたいのしてたかな・・・

   あの人、

   意外にあの時点で、このウィルスの恐ろしさを見とおしてた?

  なかなかに凄い人だったのかもね。

   

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

香港 国際宝飾展

6159252dd42a28348459976b54b5c9ea14cebfd7

  香港といえば、いまはあのニュースしか報じらえないので、

  あえて、ここで、

  恐らく取り上げられることのない、ニュースを。

 

  香港で開催される、

  宝石関係のバイヤーが集まるような展示会ですね、

  それがいま香港で開かれようとしてます。

   どうなんでしょう、

  会場の警備やなんかで特別大変なんでしょうか、

  それとも、

   街のデモとは関係なく、

  こうしたものは、行われていて、何の違和感もないのでしょうか。

 

   まぁ、

  こちらが、以前のというか、

  香港の本来の姿で、国際的な商取引の場としての香港の位置は

  まだまだ揺るがないでしょうし、

  今後もそうあって欲しいです。

20191129070505601

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧