2018年7月 4日 (水)

台湾・台東で地震が多発

  どれくらい、これらの地震が、日本のそれとも関係しているのか、
  或いは、全く関係していないのか、分かってませんが
U32816699083526314588fm58w121h140im   今日は、・・・今日はってのは、昨日もあったんですが、この地域
  今日は、未明の時間に、震度4・6級
   昨日は、夕方の時間に同じような震度で 4・5だったかな。
   だから、特に何かここから見えてくるというものではないんですが、
   地震の備えだけはしておいた方がいいですよね。
   多い。
   とくにこの地域、頻発してます。
   先月だって・・・・
 
   ということで、みなさん、日本もいつ地震があっても不思議ではない
   そんな国ですので、
   気を付けましょう。
    とりあえず、心構えと、自分にできる部分での準備を
   怠りなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

壁から突如出現した、中国古代文が、中国で話題に

   ちよいと複雑なんですが、まずその一般住宅の壁から
  突如、中国古代文の文字が現れた・・・ってなニュースなんですが
Rb4aivsxwbgavrmaag8umbnlca414    これが話題になっているのは、中国。
  これが、発見されたのは日本・大阪。
   発見された文字は中国古代のもの。
  と、中国と日本をまたにかけて?話題は行ったり来たりしてますが、
   多分これ日本で、取り上げられることはないと思いますので、
  ちょいと紹介を。

     まず、発見されたのは上の文字で、
   発見の場所は大阪。
   そう!この間の地震でですね、壁がちょいと崩れ落ちた、
   そうしたらば、何やら文字が見える。
   どうやら漢字だ。しかも漢字だけなんで、漢文だ!と
   ここまでは、だれでも判る。
    そっからですね、この少ない文字列からこれって、中国の
   古代文の一部だ!と分かったのは誰なんですかね??
   普通判らんでしょ・・・これでは。
    手掛かりはこれだけだし、しかも中国の古い古い2千年前の
   さらにはそのほんの一部ですよ。
    わたしかんかは、判ったその方が偉い!ってか、凄い!!と
   思いますが、
    キチンと?出典が<左伝> という書にあるそうで、
   まぁ、その辺は教養のないわたしにはちょっと・・・・
    その書は古いんでしょうが、今回この壁に埋まっていたのは
   いつの時代のか?までは分かってないようです。
    それにしたところで、なんで???
   しかも
D04f09148f794a89845c8d4b1bd5b8fb  この画像からしてどうやら、
  これ、お風呂場??
  んん~
  なんで、この風呂場の内壁にそんな
  中国古典が・・・?
   ってな紹介のされ方をしていて
  それ以上でも、それ以下でもないのですが、

  わたしが、これを取りあげている中国の
    そうしたのを見て、
    いったい、日本人って、どんだけ中国を
   いま、いまの言葉で言えば、リスペクト(尊敬)してたんだ・・
   ってことですよね。
     それにしても、なんで、こんなところに・・・・
   というのと、
     今回の地震がなければ、だれもこれには気づきもしないよね・・
   ってのに驚いてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

今日未明の中国での地震・吉林省松原

  多分、日本の報道には表れないだろうと思いますので、書いておきますね。
U42340916392358501922fm55app1fjpeg   このところ、地震が多い、
  正確には、地震の報道に接する機会が多い、
  あちらこちらで、地震が・・・
   は、以前であればわれわれが知らずにすんだ?その様な世界各地の
  地震の報道にも接せる機会が増えたということでしょう。
     28日午前1時50分と言ってますから真夜中ですね。
   吉林省松原市ってところらしいです。
   わたしは、此処行ったことがない。長春の上っかわらしい。
   ってことは、哈爾濱のほうに近いかも。
    もう一つ、まったくのあてずっぽうですが、
   この松原市という名前ですね、恐らく日本人が名付け親かも。
   日本人がいたその証かも。
    5・7級震度と中国側の発表。
   幸い、人的災害は何とかなかったようですが、
   建物などの被害はかなりあったようです。
    これまた、ご存知のように、中国の建築物は当初からその
   耐震性に重きを置いてませんので、まぁ、ひとたび何かあると
   被害は免れないところにあります。
    そうはいっても、千戸以上の方が夜中に大変な目にあってる
   ようですので、その救済がいま急がれています。
     多分、ハルピンの人たちもこの地震で起こされたかも。
   あとで、ハルピンの友人に久しぶりでメールしてみましょう。
    こんなことでもないと、なかなか、連絡しないからなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

中国・瀋陽も大雪、大荒れの天候

  昨日から盛んに今日は大荒れの天気になるとの予報。
 今日はその通りに朝から、函館は霙交じりの雪です。荒れてます。
  たまたま、昨日、瀋陽市の人たちのことを書きましたが、その瀋陽も
C8177f3e6709c93d45bd46de933df8dcd10    昨日から大荒れです。
   あんまりこんなに雪は降らないんですけどね、
Ec080faec84744219d300a26d31b0cd5482
     なんで、この方を見てもわかるように、
   車の雪はね道具も持ってませんね。
     たまにしか降らないところでの大雪も大変です。

   かと思えば、
    あの広い中国、南のほうからは、もうそろそろ春の便りが。
   そりゃぁそうだよね
    日本だってそろそろ・・・でしょ。
    とりあえず、中国北方は今日は黄色警告が出てる。
   北海道もまた、いろんな警報が出てます。
    かなわんなぁ・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

2017年、中国高鉄ガォ・ティェの時代、高速輸送時代へ。

   今年の中国を代表するニュースを挙げるなら、
  そりゃまぁ、よく取り沙汰される「一帯一路」のアレとか、
  習近平の体制がどうとか、
   あるんでしょうが、
  全く個人的は、これを第一に挙げたい。
   それが、中国高鉄ガォ・ティェの更なる充実。
    こちらの問題と言うか、高鉄が騒がれ出したのは
  もとより、数年も前のことなのは、誰もがご存知の通り。
    しかし、その後の報道は少ないが、これ、確実に中国では
  どんどん路線を増やしてまして。
    今日接したニュースは、石家庄⇔済南路線が、今年最後?の
  高鉄開通を祝う、というもの。
    これねぇ~単に路線が・・・というだけの問題に留まらないのです。
    やっぱり、これだな、わたし的は中国今年の最大のニュースは。
   いやぁ~大量高速輸送時代に入った中国。
   中国がますます小さく?なる。その感が判りますかね・・・。
   これだけ作ってなお、輸送力と鉄道がやっていけるその比が、
  とりもなおさず、日本と中国の差なんですが、判りますかねぇ・・・
    もっとも無論その事で問題はあるんですよ。
2e7dadec6ac848939e830fcc4d66ab45_2   それを補ってなお、これ、凄いことなんですよ。
4ee16e19d5cb44a68427bd436a08a845    天津⇔成都路線何てもあるらしいのです。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

パンダ 大熊猫 の 名前は、 香香シャン・シャン

20170927011702772

    ちょっと前の話なんで、もうニュースとは言えないかも。
   上のパンダの名前が決まった!
   香香シャン・シャン・・・
    ってんですが、
2017_09_25_xiangxiang
     ってことは、この子、女の子ですよね。
   女の子名前ですもん。
    それにしても・・・
   日本語ではどうやってもこれ、香香シャン・シャンとは読めない
   ですよね、これって完全に中国語意識します。
     日本語だと、コウコウか、キョウキョウでしょ。   
   いいんだぁ~中国語で。
     そこまでいったら是非ですね、
   多分これ、日本の方は、シャン\・シャン\ と 中国で言うと
   四声、四声で読む人が多そうだなぁ、
     これをも中国語で、シャン━・シャン・ 一声・軽声 で
   読んでもらいたいもんですね。
      シャンの意味は中国語的にはとってもいい意味でいい名
   ですよね。
     こんないい名前がこれまで使われていなかったはずもなく、
   前に・・・というか先代がいますよね。もう亡くなったけど。
    ・・・だからいいのか。
Yjimage_1
       パンダの名前もそうそう種類?がないから
    いい名前はもう大概使ってる。

       時、まさに
     日中は、国交正常化45周年記念・・ってんで人間社会は
    騒いでますが、そんな年に生まれたパンダは
Yjimage
      其れも相まって期待されてるようですね。
    このパンダを見に来る・・・ってな理由付けで、中国大物が
    来日・・・ってなことになるんでしょうか。
     是非、
      シャンとまっすぐ少し高い音程で言っといて、
    うしろのシャンは軽声と言って、軽めに添える形で、
               シャン━ シャン・
     と読んであげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

台風 ”泰利” 通過!

12797287800800226850 台風18号、函館を通過しました。

   いやいや、被害もあったんでしょうが、大被害?ってのは聞いてない
   ので、やれやれです。

    それにしても、
   この台風の予測って凄いですよね。
   何で、何日も前にこっちにくんぞ~ってのが判っちゃうんですかね。
     とりわけ、近年の気象予測ってんですか、その技術に?の
   向上は目を見張るものがあると思いません?
U1229214682171664096fm11gp0
      凄いですよ、だってあの九州のあの下のところで
    あんだけ急激に右にカーブをとるってのが分かっちゃうんですよ、
    そりゃまぁ、経験則とか、過去のデータは無論あるでしょよ、
    それにしたって凄くないですか?

     この予測をそうだなぁ~
    100年も前の人にしたなら、信じて貰えないだろうなぁ・・・
    大正ですしょ、
     もっと前、明治の人にしたなら、どうなるの。
    更に前に・・・・と
      台風には余り関係ないことを、
    ぼんやり、いま、考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

台風13号、 「天鴿」 中国南を直撃

   え~・・・ニュースと言っても中国の・・・ですが、

U1439746780865011214fm11gp0
    台風が中国を直撃!ってニュースなんですが、
   この台風、横に一直線に移動し、台湾をかすめ、大陸の南
   広州グァン・ヂォゥ に上陸。
U33409326512839634306fm11gp0_2
       中国では台風の強度を、~級で表しますが 14級だそうで
   更には前にもお話しました様に、名前なんかも付けちゃったりして
    こちら、13号の台風は
    天鴿 ティェン・グゥ
   と呼ばれてまして、鴿=鳩なんですが、鳩の割には
   大荒れ??

     どこも大変ですね、最近の気象の異変は。
U3541680099240551493fm11gp0
     あちこちで、水害が。
    そろそろ、この地方、珠海ってところを通り越した・・・と
    思います。
     で、何でこの話題かというと
   来週、すでにホームページでもご案内してますが、
   珠海からやってくる人たちがいるんですね。
    内藤敬先生率いる弓道文化訪日団のみなさん、
   まさに、この珠海ってところからやってきますね。多分みなさんもう
   出発の準備で忙しい頃。

     まぁ、台風は過ぎちゃえば・・・
    飛行機さえ順調に飛び立てば・・・

      そう言えば、去年はこの団は函館に来てから台風に遭遇!
     結構、仲好いんだぁ・・台風と・・・
     ってな、時期だだからですね。
U35724247952636521419fm11gp0
      それにしても、どの国も台風報道ではこんな実況中継を
    してますけど、もういいでしょこんな危険なところでの実況は。
     上の上の写真の河のそばに様子を見に行ってる人たちも
    危ないですよ!それでは。

      訪日団は来週、火曜日函館入りの予定です。
     お待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

続続報 九塞溝 地震

7dd98d1001e939014001a9d971ec54e737d

        そろそろ?日本ではこの地震の報道もされなくなるのでしょうから、
   こちらで、少し伝えておきましょう。
     先ずその、中国語書きでは、 九寨沟 ジュゥ・ザィ・ゴゥ
   となりまして、 日本語書きの   九塞溝 キュゥ・サィ・コゥ
   との違いがあります。
      上の画像が今回の地震発生後に撮影された現地の空撮です。
   これだけではちょっと判らないのですが、かなり土砂が雪崩れ込んでる
   ようですので、景色は変わってるのでしょう。
      避難された方は、
0b7b02087bf40ad17e610c055d2c11dfa8e
         現地の方はテント生活。
     こうした後方の作業と言いますか、地震後の様々な手配は
    中国も、とくにこの辺りでは地震が多発してますので大分
    慣れてきまして、対応が早いです。
      今、力を入れているのは亡くなった方(20名)の内
    14名の方は身元が判ったのですが、まだ身元の確認ができない
    6名の方の解明と、
      道路の復旧に力をいれているようです。
      避難されている方の服装なんかを見てると、
    やはり山際なので朝夕は寒いのか結構着てますね。
    避難場所におられる方は食べ物、飲み物の心配はないようですが、
    現地の方でしょうから、今後の生活に向けての心配はこれから
    なのでしょう。
      テント内での生活を映した画像も多数、見ることが出来ますが、
    そんな中でも、子供たちが狭い場所にノートを広げて宿題なのか
    勉強をしています。
      いつまた学校に行けるのでしょう。
     9月の新学期には・・・
Ca1349540923dd54d3df818fdb09b3de9d8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

九塞溝地震 続報

789

   昨日の続報です。
   現地は、今日また強い余震が続いていてちょっと大変です。
   空撮でみてもかなりの範囲で山が崩れてますので、この先への
   救助隊は別ルートで入ってるのでしょう。
     被災の全容が見えるのはまだちょっと先の様です。
Bd3eb13533fa828b92adda06f71f41349_2
        無論、政府は全力でその救済に向かっております。
   日本のニュースでどういう内容で報じれているのか分からないですが、
    ここは、観光地でして、途中そうそう大きな町もありませんので
   政府も急ぎ掴みたいのは旅行者の動向でしょうが、これが結構
   厄介ですよね。
D0589789ea874661ace8e6a432ed1fb7
      こうした団体の方たちはまずまず、掴めてると思いますが、
    最近は個人旅行者も多いです。
      外国の方も多いし、無論国内旅行者は近年この地は人気で
    ほぼいつでも旅行者が数万の単位で入ってると思います。
      自分の事として考えてみても、例えばわたしの旅行は予定も
    余りきちんとしてない、個人での旅行ですので、こういう時困りますよね。
    また、携帯電話も持ってない、となれば、
      宿泊していれば、宿泊名簿(必ずパスポートを提示するので)。
C653373bda184f04b7ee007c6b1d6ffb        (ホテルの壁もひびだらけなのが見て取れます。)
     今こちらの主流は飛行機で近くの空港まで入るのが多いらしい。
     以前ですとえんえんバスでしたけどね。
     バスのチケットを購入する際の身分提示は求められないので、
     こうした個人旅行者を把握するのはかなり厄介な作業となります。
C24e3883ddf7445fa7e3b9bbfdd13f13
       まぁそれでも最初の地震は夜でしたので、そんなときに
     どこかを歩いてるってな旅行者もないでしょうから、
     ナントかここ数日で全容が見えてくるでしょう。
024f78f0f736afc307a47a80b919ebc4b_2
               とりあえず、現地はまだまだ余震が続きそうですので
     安全な地域までこの人たちを移動させなくてはなりません。
C8ea15ce36d3d539abc209263087e950342
 
      どうやら、九塞溝の形そのものも
     一部変わっているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧