« 日中国交、50年の相互誤解 | トップページ | これまでの50年と、これからの50年 »

2022年9月29日 (木)

日中友好、この50年、蜜月のころ

2022092700000021jij0004view

   ・・・・この50年、まぁ人間だと金婚式だよね~

  と、書いてきた。

   こっからまた、ちょっとたとえ話で簡単に?すませて

  いいですかねぇ~、たとえ話は抜け落ちる部分も多くて

  危険?なんですが、まぁ、分かりいいですからね。

 

    この50年を振り返って、

   あったんですよ、この二国にも蜜月時代が。

   ぼんやりですが、上の画像のような、

P1

   こんな時代ですかね。

   これをそのたとえ話、ニンゲン界で言うとですね、

  例えば、日本を男性、中国を女性側として・・・

  ほんとの気質はこの逆がいいんですが、まぁまぁ、

   結婚当初双方は何もわからず??生活を始めましたよ。

  そのあと、お父さんが一所懸命家庭にお金を入れた?運んだ?

  そこでその家庭は平和を保ち、お母さんもお父さんに感謝!!

 

   しばらくするとこれが逆転までも行かなくとも、

  お母さんだって最初は少ないが収入を得るようにもなり

  ご存じのようにそれは近年では逆転!!

 

    で、今更、お父さんの方は・・・

   あの家具も自分がかったものだ・・とか、(北京地下鉄は、

   とか、あの飛行場はわたしの金で・・・)

   等と言い出しますが、そんな一緒に暮らしててそれは

   当たり前でしょ!ってのがお母さんの言い分。

 

     そして、今や立ち場は逆転!!

   

    ってのが、乱暴な説明ですが、

   つまるところ、経済のところでは上手くいっていたかのような

   双方の誤解がありましたね、

     それって、一時の誤解でした。

 

     昨日も書きましたように、

    双方はそれぞれの”個”があるわけですから

    それをみとめないかぎり、双方の”文化”を許容しないかぎり

   このすれ違い??はずっと続くんでしょうね。

 

    実は、すれ違っていてもいいんですね、

   すれ違っていることをキチンと理解したうえで、

   お付き合いすれば。

 

    ・・・・ちょっと乱暴するぎるたとえ話でした。

|

« 日中国交、50年の相互誤解 | トップページ | これまでの50年と、これからの50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日中国交、50年の相互誤解 | トップページ | これまでの50年と、これからの50年 »