« 半分の民意 | トップページ | 中国でも記録的?大雨で・・ »

2022年7月12日 (火)

英国式 民主主義

C2fdfc039245d688875ca84115eae614d31b24af

   突然??まぁ、とつぜんと言っていいのでしょうね

  彼、英国首相  约翰逊 

  中国語にすると、音まですっかり変っちゃって、ユェ・ハン・シュン

  ってな、音になりますが、ジョンソン首相

 

    彼を余りよくは知らない・・・って当たり前ですが、

  お会いしたこともなければ、何か熱心に彼のことを調べたり

  注意して見ていたり・・・ということもないので、知らない!

    まぁ~近くにいていつも会っててもヒトは分からないから・・・。

 

   わたしの彼の印象は、あの乱れたなりの髪型もあってか、

  やんちゃ坊主!!的な、一国の首相にちょっと申し訳ないが、

  なんせ、画像の印象と、話すその映像の印象では、そうだった。

 

    英国が面白いなぁ~と思ったのは、

   先ずはその~、首相に不満だからといって閣僚が辞めちゃうんですね!!

   これは・・日本にはないよねぇ~

   自分の閣僚、まぁ、日本でいえば、「やってられないよ!!」と

   大臣を辞めちゃうってことでしょ、自分からその席を捨てちゃう・・・

    日本では、しがみつく人は多いけど、こんなことはありえな~い!!

 

    ご本人は・・・と言えば、まぁまぁ、この辺は日本の国会と同じで

   さんざん、責めらえてわけですよ、公衆の面前、テレビ中継も入ってる中、

   でも・・・

    これまた、日本でなら、のらりくらり・・・ですね、

   なんとか嵐が過ぎていくのを待つんじゃないですか??

 

     本人も堪えきれなかったのか、短気???なのか、

8b82b9014a90f6033850c3748c3a2811b151edd0

     辞めちゃうかんね!! 記者発表会も、

   これまた、自分が如何にいままで、貢献してきたかの自慢??

   でしょ、あの演説??

     だったら、辞めないのかなぁ~と思ったら、

   辞めるうえで、自分の功績を並べてみたらしい???

 

    判らん!!

 

    英国式は、ちょっとついていけない・・・

   でも、何点か羨ましい部分はある、

    それって、勿論!日本の政治家さんたちの持ちえないところですが。

|

« 半分の民意 | トップページ | 中国でも記録的?大雨で・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半分の民意 | トップページ | 中国でも記録的?大雨で・・ »