« 北京でも、若者の感染が・・・ | トップページ | 今年の受験生は、2週間前からカンヅメ?? »

2022年5月21日 (土)

”吹垮”了老字号 - 老舗を崩壊させる、コロナ感染

0823dd54564e92583af6b345c0828c52cdbf4e61

   世界中でありがたいことに?中華料理というか

  中国料理のお店はあって、どこでも食べることができる。

   上の写真は、北京のあの!北京ダック有名店ではなく、

  アメリカ、サンフランシスコのお店。

D31b0ef41bd5ad6e625b0ed0dacb64d1b6fd3c70

   こちらは、トロントのお店。

 

   伝えているのは、このコロナ禍で、どこも閑古鳥?がなく

   店内・・・味が守れるか!!との危機感??ですかね、

 

    これって、

   何も、中華のお話ではなく、

   逆に?各国に出店しいる、日本料理のお店も、

   日本でお店を出している、イタリア料理のお店も、

   み~んな、このままでは・・・と、

   思ってるんじゃないですか。

   

    老字号、老舗が苦境・・・

   味が守れない・・・

    

    わかりますよ、よ~く分かります。

   ですが、前にもその・・・味のお話でちょいとお話しましたが、

   何が、美味しいか?は実はその、

   味そのものよりも、そのお店だとか、食材だとか、宣伝だとか

   味を決めるものは・・・

    究極はそのよく言われるように、「空腹」なんでしょうが、

   コロナは、「空腹」と同時に、もう一つですね、「恐れ」を

   一緒に伴ってやってきて、

     まだかかりそうですよね、この「恐れ」が消え去るには。

 

     老子号の味は、みなさん、忘れずにいると思いますよ、

    ただただ、簡単な?ものだけ、食べていればそれで満足!!とは

    ならないでしょうから。

 

|

« 北京でも、若者の感染が・・・ | トップページ | 今年の受験生は、2週間前からカンヅメ?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京でも、若者の感染が・・・ | トップページ | 今年の受験生は、2週間前からカンヅメ?? »