« 2月4日開幕、北京冬季奥運会! | トップページ | 加油! ガソリンの値上げに、音を上げる »

2021年12月 7日 (火)

こんなに厳重でも・・なのか、こんな厳重だから・・なのか

   まずその~

  先日、と言っても、今月2日ですから、一週間前くらい

  映像的にはかなりショックの、完全防護服体制の人たちが

  寝静まった、首都・北京のそれも街の真ん中の繁華街を

  練り歩く様子を写したものを目にして、

   まぁ~その東京で言えば銀座あたりをあの完全防御の

  服装で何人もの人が周りに目を配りながら練り歩く姿、

  街には歩いてる人もいない。

    多分、まちまちには、監視場所もあって、通行も

  自由にはさせていないと思う。

 

Ac345982b2b7d0a225688e1fcb34fe0049369af7

    一方こちらは、同じく首都・北京の地下鉄駅構内。

   地下鉄に乗って移動するにも、まず携帯の中の

   グリーンと言われている、自分が感染者ではないことを

   証明する印を持ち歩いて、

    更に、ここ最近のというか、非感染証明がいるらしい。

   地下鉄を利用する人は多いでしょうから、

    東京でもし同じようなことをやったなら、大混乱ですよね。

 

    こうまでして・・・というか、

   こうしてるから、今日の時点では中国全土の感染者数を

   千人を超えない状態で抑え込んでいるのか、

   こうしてもなお、これだけの感染者がいる。

   日本は昨日あたり確か、60くらいでしょ、人口1億で、

   単純には行かんが、人口14億の中国、

   広い国土・・・

    どうなんでしょ、

    よく比較対象の数値として、人口10万人あたりの・・・

   ってのがありますが、まあ、いずれにしても、

   これほど厳重にしているから・・・なのか、

   これほど厳重にしてなお・・・なのかの判断は難しいし、

   どんな防御策がいいのか、まだ、確立されてないのはもどかしい。

|

« 2月4日開幕、北京冬季奥運会! | トップページ | 加油! ガソリンの値上げに、音を上げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月4日開幕、北京冬季奥運会! | トップページ | 加油! ガソリンの値上げに、音を上げる »