« 外来語なしに生活できるか? | トップページ | 外来語、人名・地名は意味なんかあきらめて?漢字に »

2021年11月 9日 (火)

外来語とのおつきあい

1397157344265_1

   けっこう、どちらの国も最近ではこの外来語というか

  外から、いままでないないコトバの処理には苦労してるようです。

   まぁまぁ、そうは言っても、ここでは、中国と日本の話で

  続けていきたいのですが、

   まずその、昨日のお題の「外来語なしで生活できるか?」の

  答えですが、主体的にはまぁまぁ、頑張れば??なんとかなるのでは、

  例えば、わたしがここに外来語を使わずに書こうと思えばその範囲では

  大丈夫、ただし、周りがそれを許さないでしょ、相手であったり、

  たとえば、ここ、”ブログ”ですが、これをどうしよう・・・とか・・

  こっちが使わずとも相手が・・・

   そういえば、「中国製品を一切使わずに生活できるか??」って人が

  いて、本を出してましたよね、あれに似てるか??

 

   外来語の氾濫の中で、あとはもう程度の問題でしょうかね。

 

   中国と日本の関係でいうと、

   まず、ご存じのように、中国の場合、基本、漢字表記ですので

   日本のように、カタカナにして何でも?入れちゃいましょ・・ってのとは

   ちょいと事情が違います。

    これの逆を言うと、日本から入れたものは漢字があるもんですから、

   外来語と認識されてないものが相当あります。

 

    まずは、中国語の中の外来語から、片付けようと思います。

 

   これはもう、ご存じと思いますが、漢字の表記でどうするか??が

   最大の?問題でして、

     それには、その入れようとしてる言葉の、意味をとって、

   字を充てるか、

     音をとって、字を当てるかの二者択一・・・だったのが、

   最近になって、そのまま?使う、

     DVD・・・っ的な。

   これもう、漢字変換そのものも、アキラメ?手を抜いてる。

 

    では、その実際は・・って話を明日しますね。

   中国語をやってる人にはもう既知のことではありますが。

|

« 外来語なしに生活できるか? | トップページ | 外来語、人名・地名は意味なんかあきらめて?漢字に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外来語なしに生活できるか? | トップページ | 外来語、人名・地名は意味なんかあきらめて?漢字に »