« 今月、9月号「わたしの見た中国」は、「 钥匙 ヤォ・シ」鍵です | トップページ | そんなにたくさんのカギ?どうするの?? »

2021年9月23日 (木)

钥匙 ヤォ・シ と 锁门スォ・メン カギですよね鍵

Jibbon02

   今月号「わたしの見た中国」の話題に触れて書いてます。

  カギのお話なんですが、

  まずその~、中国語のお勉強というか、

  日本語の言ってるそのカギはちょっと、そのまま中国語に

  ならないお話を昨日しました。

    持ち歩くほうのカギと、かけるほうのカギは違うんだと。

 

   まぁ、そこはいいですか。

  鎖門は、スォの使い方が面白いでしょ。

  鎖スォが、かぎをかけちゃう、の意味ですからして、

  自分家にカギをかけるなら、鎖門で、

  国自体を閉じちゃう、だからして、鎖国なわけであります。

   で、一時、ご存じのように日本はホントに、

  国にカギをかけて、閉じちゃった時期があるわけであります。

 

    钥匙 の歴史はまた、それぞれの年代を代表して

   いろいろ変化してきております。

 

   最近だと、家の钥匙はともかく、カギと言えば車のカギ

  だったりですね、

   そのカギもまた、インテリジェンス・キーってんですか、

  以前とはまた、違うカギがつぎつぎと表れてきています。

 

    これは、ちがうところで、書いたのかなぁ~

   南京錠ってのがありますよね、

   あれに、なにゆえ、南京の地名をつけたか?

   北京錠じゃなくて、南京。西安錠でもいいような。

    となること、この”錠”のほうも気になりません??

   こっちは、そんな意味はなくて、単に?かたまり?というか

   金属のその塊といってます。

    ややこしい??

   ちなみに、”鍵”のほうは、カンヌキってんですか、あの

   しんばり棒??わかいひとはもう分かんないよね、

     止しましょう。

 

    話題は、以前、中国の人たちが、ジャラジャラ?カギを

  必要以上に持って、歩いてたそんな時代のことです。

    

 

|

« 今月、9月号「わたしの見た中国」は、「 钥匙 ヤォ・シ」鍵です | トップページ | そんなにたくさんのカギ?どうするの?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月、9月号「わたしの見た中国」は、「 钥匙 ヤォ・シ」鍵です | トップページ | そんなにたくさんのカギ?どうするの?? »