« 中国のホテルでの、「押金ヤ~・ジン」実践編 | トップページ | もう一つの「押金ヤー・ジン」、ビール瓶 »

2021年8月26日 (木)

中国ホテルでの「押金ヤージン」話

  ここまで、中国ホテルでの「押金ヤージン」の何たるか?を

  説明してまいりました。

  500545402_wx

    昨日の続きですよ。

  そんで、その「押金」はどうやら、そんなキッチリした決まりではなく

  例えばですね、わたしがよく取られた?のは、1泊分でしたが、それって

  別に、どのホテルも、というわけではなくて、宿泊する部屋の料金には

  関係なく、その金額が決められていたり、結構いい加減??

   だから、文でも書いたように、ちょいともめると?ですね、相手が

  折れたりしますね。

   「ない、」と言えば??言いかというと、必ずしもそうではありませんが

  こちらの事情を説明して、まぁ、納得とはいかないまでも、

   「こいつ、そこまでしっかり取らなくても大丈夫か・・・」と思わせれば

  大丈夫・・・って、

   そう、思わせる方がずっと難しいので、それくらいなら、現金持ってれば

  大丈夫・・・と、お考えの方はどうそ、そうなさってください。

 

   そんで、

   その「押金」、預かってるかんね・・ということで、領収書というか、

  預かり書を、手渡されます。

   これがまた、「押金単ヤー・ジン・ダン」ってやつですが、紙がもう

  大概、ペラペラで、頼んない、そんな大きくもない紙ですよ、

   でも、それに書かれてる額は、1泊分ですから、そこそこの額であったり

  するわけです。

   これ!なくすと、当然!!大変です。

   これがまた、よく、どこへやったやら、見えなくなるんですよ。

 

   で、チェックアウト、退房トゥィ・ファンの時に、

  「あれ~、そうだ、あの紙ね、どこやったかなぁ~・・」となるし、

   出発の時間も迫ってるし、焦るあせる。

    そんな時でも、ホントは大丈夫なはずなんですよ、だって、実際に払ってるし

   フロントにだってその控えはあるんだし、

   パスポートで本人であることも、確認してるんだし・・・

    ここでも、しっかり、いかに自分がうっかりそれを無くしてか、

    時間も迫ってるんで、どうか、ここは・・・・と、事情を話せば大概は

   大丈夫。

 

    でも、いずれの時も、中国語が必要。

   まぁ、英語でも・・・、いやいや、やっぱり、中国語でお願いします。

 

|

« 中国のホテルでの、「押金ヤ~・ジン」実践編 | トップページ | もう一つの「押金ヤー・ジン」、ビール瓶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国のホテルでの、「押金ヤ~・ジン」実践編 | トップページ | もう一つの「押金ヤー・ジン」、ビール瓶 »