« 站台 ズァン・タィ ー 中国駅のプラットホームに立てば | トップページ | 中国プラットホーム(月台ユェ・タィ)での 別れのシーン »

2021年7月14日 (水)

中国のプラットホーム 風景

Ew7sidzu4aaixua_20210714105801

  中国駅、プラットホーム、月台ユェ・タィは、

  実は日本のように?気楽に入っていくような場所ではなく

  見送り、出迎えの人がそんなにいるわけではない。

   ただ、

  時期?ともなれば、例えば春節、例えば入学時期、など

  別れを惜しむ、喜んで出迎えるひとたちがいないわけではない。

 

    田舎と都会では大きく事情がことなる。

  そりゃそうだ、あの人数ですから、都会では、なにせ

  駅舎へ入る?だけで大変なんですから、

   もっとも、誰でも入れてたらそれはそれで大変だろうしね

  事情はよく分かる。

   人を抑えたり、人を導いたりするのは難しい!!

   このコロナ騒ぎでもそれはよくわかるでしょ!!

 

   ですので、誰でも入りやすい・・・ってなわけにはいかない。

  それでも、見送る、迎えられる行為がないわけではない。

   手続きが面倒だし、いろいろ制限があるがそれでもそうしたい

  そうしなければならない、人達の数がこれまた相当数いる。

 

    どちらかと言えば、別れのシーンですかね、

   ホームでこれからの別れ、それぞれが先を心配し、それぞれが

   これまでの思い出に浸り、

    じっと見つめあったり、目頭に手を、あるいは涙を・・・

   のシーンは国を違えたところで同じだ。

    全然事情が分かってないこちらでも、その背景を勝手に想像して

   なかなかにいいものだ。

 

     それでも、日本と違うのは、

   大勢の人が見送りに来ていて、出ていくのは一人・・・なんてのは

   そうね、日本でももう最近はないか・・・

   そんなのは少なくて、

     多くは、一人見送り、一人見送られ・・・

   ってのが多いが、

     男女だったり、時に同性同志だったり、

   やっぱり、比率は男女が・・ってのが多かったかな。

    これがまた、良かった、

    何かわけありげ・・・・ってのが。

|

« 站台 ズァン・タィ ー 中国駅のプラットホームに立てば | トップページ | 中国プラットホーム(月台ユェ・タィ)での 別れのシーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 站台 ズァン・タィ ー 中国駅のプラットホームに立てば | トップページ | 中国プラットホーム(月台ユェ・タィ)での 別れのシーン »