« 間もなく、公開 『中国医生』 | トップページ | 南京玉すだれ・・・なんて中国にありませんから・・・ »

2021年6月29日 (火)

インド株 と 南京虫

K10013077751_2106101529_2106101608_01_02

  これ、数日前?から、急に??名前が変わりまして、

  今は、「インド株」と言うな!との仰せで、

  「デルタ株」ってんですか・・・それでも、放送なんか見てると

  みんな慣れないせいか、急に対応できないのか、まだまだ

  「インド株が・・・」ってなこと言ってますよ。

 

  これは、まぁ~どっかの取りまとめ機関が、どうもその・・・

  直接インドってな言葉が入るのはその地にとってよろしくない・・・

  てんで、まぁ~変えよう・・と、もちっと、ボンヤリが?いいだろうと・・

  てんで、「デルタ株」になっちゃいました。

 

    以前にも、ホラ!「スペイン風邪」なんて言って、スペインはえらい

  迷惑!!・・といったような、

   実はこの類の名前づけ、とういか、呼称、呼び名って結構あって、

  中国関係でも・・・少なくない。

 

    その~あんまりイメージ的によろしくない方を今回は取り上げてますので、

   「南京虫」なんかがそうですね。

   あれって、別段、南京とは関係ないでしょ・・・

   「南京虫」も、もう若い人は知らないし、言わなくってるから、

   「インド株」だっていつかはそうなるんですけどね。

   そうは、言ってもね、

   ってのがあって、近代では、世界中の人がそう言い始めるのはやはりチョットね。

 

   中国、南京はそれこそ、北に北京があり、南京がある、中国の中でも要所ですからね

   昔から、ここが注目され、

   ナンキン!!の名が付いたのは多いんですよ。

 

    まぁ、若い人はもう知らない、

   ナンキン袋ってな、ざっくりした袋や

   南京錠って、知ってますかね・・・

   南京玉すだれ・・・ってな芸をする人ももういないんでしょうね。

|

« 間もなく、公開 『中国医生』 | トップページ | 南京玉すだれ・・・なんて中国にありませんから・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間もなく、公開 『中国医生』 | トップページ | 南京玉すだれ・・・なんて中国にありませんから・・・ »