« 桜は桜でも、こちらは、芝桜 | トップページ | 花を食す・・に戻りますが・・ »

2021年4月22日 (木)

中国、蘭の花の思い出

D0103457_23531086

  近年になって、大分、南の花が日本にも入ってきて

  お花屋さんは、彩り豊かになった。

   例えば、デンファレ・・・って名前だけ聞いても

  分かんないか??これ、いま、みなさん普通に目にしてて

  花束なんか頼むとよく入ってきますが、ご覧になれば、あぁ~

  これね!!ってなるんですが、

   それは、ともかく、

 

   欄のお花のお話なんですが、

  思い出したのは、わたしがちょくちょく中国へ行くのを知った

  友人の友人で、熱烈?園芸ファンの方がやってきて、

   「今度行ったら、中国の紫×欄ってのを見つけてできれば

    買えたら買ってきてください、値段は幾らでも・・・」と

  太っ腹!!

   ですが、これには、決定的欠陥??があって、

  お断りした、いや、お断りするよりないのです。

   お分かりの方はもう、この時点でお判りでしょうが、

  植物を持ち込めないんですね、特に、根のあるのなんかは、植物検疫

  ってを、たぶん、ご存じなかったのでしょう。

 

    しかも、ご依頼の種類は当時、とても貴重な方の種類でして

  わたしも、目にしたことはあるが、それは、その趣味の方の家で

  野生のや、販売用のを当時は目にすることがなかった。

   中国でランと言えば、これまた、ご存じの方はすぐに春蘭を

  思い浮かべるでしょうが、あれとて、わたしに言わせればごこごく

  近年のもので、いまはもう、すっかり定着?しましたけど、

   胡蝶蘭だってこんなに身近になると思ってなかったしなぁ~

 

   で、話を戻すと、

  結局、持ってこれないので、写真で勘弁してもらいましたが、

  その写真だって、いまのようにネット上にいくらでも・・・って

  時代でもなかったしね、

   たまたま、雲南省をぶらぶらしていたあの旅、

  あんなに、花に気を付けて歩いてた旅はなかったなぁ~と

  今思い出して、まぁまぁ、それも一興というか、楽しかった。

|

« 桜は桜でも、こちらは、芝桜 | トップページ | 花を食す・・に戻りますが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜は桜でも、こちらは、芝桜 | トップページ | 花を食す・・に戻りますが・・ »