« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月30日 (金)

「忠犬ハチ公」中国版・・・って、

640

  これ、中国映画のポスターでして、ハチ公のこのハチの

  カタカナがないので、中国には、八公となってます。

   なんだか、落語の登場上人物のようですが、あの

  ハチ公で、中国映画では無論、渋谷の駅前にいません。

 

   アメリカ映画にもなってますよね、見てませんけど・・・

  こちらも、見てないので、その出来栄えをどうこう、

  とは言えないのですが、

   まぁ、恐らくそう失敗?はない映画作りにはなってるものと、

  監督、その他スタッフを見ていても、

   更には、事前の話題作りから見ても、

   当たる?んでしょうね、

 

   中国、まだまだ。ペットブームですしね

  犬と人間は

   ドラマになるしね。

   

   でも、上のポスター

   犬がお手??というより、

   中国だと、犬と握手?だと思うんですが・・・

   センスいいのかなぁ・・・これで・・・

| | コメント (0)

2021年4月29日 (木)

スポーツ話題をもう一つ、中国ではもう・・

2021042909223632217257795

  見えますかねぇ~

 こちらは、2022年、アジア大会の備えた、その

 話題、カウントダウン500日・・・と言ってますが、

  同じ、カウントダウンでも、もうその~桁違いに近づいてる

 東京オリンピックはまだ?どうなることやら・・・って

 話題が国内では、

 

   なんだろなぁ~この差は・・・

 しようがないのか??ホントに??

  更に言うなら、

U3838761402823438337fm26gp0

   もう、その先の

  北京冬季オリンピックの準備も、

  もう、おさおさ怠りなく・・・ってのが中国

 

  先日はその、オリンピックのたぶんあれってマスコミ向けの

  次のオリンピックの放送が6Kってんですか、

  5Gも更にその先の技術を駆使した画像を見せられ、

  どうだぁ~

   みたいな!!

 

   なんか、差を見せつけますよね・・・

  これでもかぁ~ってくらいに。

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

昨日に続き、スポーツ話題です、排球

  え~っと、画像がないのかなぁ・・・と思って探ったら

  日本側にはないようで・・・

   昨日はマラソンの話題、中国でのマラソン開催の話題でしたが、

  今日、

   中国のバレーチームが確か??もう

  日本に入ってるはずなんですが・・・

   そのことをちょっと知りたいな・・と思っても、

  情報がない。

   いつも、こんなだよね、知りたいことは情報がなくて

  どうでも知らなくてもいいことはネット上は情報であふれてる。

 

    何を知りたいか?

   まぁその、試合の公式名は忘れたが、日本チームとの試合の為に

   国内に入ってきた、中国チーム、

    入るだけで大変だろうなぁ~ってのと、

    入ってからの様々、

    通訳はどうしてるの??とか、

   感染予防の為のその施設は・・・とか、

   結局、知りたいことはな~んにも分らんかった・・??

    って、報告です。

| | コメント (0)

2021年4月27日 (火)

馬拉松、函館マラソンは中止、でも・・

1f3d6dea7c21d3077142afc53f06448d

  まぁ、季節?と言えば季節ですからね、

  ここのところ、毎日?中国各地からのマラソン大会ニュース?

  なんてのを見せられてますが・・・

   一方、日本では、どこのマラソン大会も中止を余儀なくされて

  ますよね・・・

   昨日でしたか、函館マラソンは今年も!中止を決定・・・

  んん~しょうがないよね、いま、やるときではないでしょ!!

 

   上の画は、中国成都市でのマラソン大会、

  昨日見たのは・・・

  いやいや、一昨日も見たぞ・・・ってな

 

   こんなに人が集まって大丈夫??とも思いますが、

  もう一つ、

   こちらは、昨日の開催ニュースですから、

   何で?平日??開催なの・・・ってのが

  今不思議に思ってること、

   しかも、どの大会も参加者数が年々多くなってますよね

  中国、馬拉松熱 マラソンブームか??

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

中国だって?烏魯木斉は雪が・・・

Cee620891f96e8a6f96a3d3e380c699e

  今朝がた、北海道のどこかでは雪!!だったようで、

  気温が急激に下がった地方があるようです。

   さて、広いひろ~い 中国、

  そりゃまぁ、ありますよ、こんなことも

  こちらは、4月25日、烏魯木斉 ウルムチの様子。

   まぁ、烏魯木斉とは言え、珍しいですよ

  この時期の雪は・・・

 

   でも、ほら、上の画像でも分かりますよね、

  みなさん、まだまだ、冬のダウンコートを仕舞わずに、

  いざ??って時は出して着てますね・・・

 

   流石ですね、備えあれば・・・ですね、

  北海道でも、北のほうの人たち、

  一体、何時になったら??マイカーのタイヤ

  夏タイヤにするんですかね・・・

   同じ北海道に住んでいてもこれくらに差はある。

  中国の人たち、こんなニュースでは驚かないのかなぁ~

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

今週の中国語、「記者会見」-「新聞発布会」

20201204kaiken01

   どうもその・・・最近、毎日のように見せられている

  「記者会見」の様子、こちらは、首相ですが、これに各地の首領が

  それぞれに、これまた、開くのものだから、「記者会見」だらけ!!

 

    この日本語もちょっと、おもしろい!

  「記者」は、まぁ記者というから、マスコミのそちらの人たち

   でその、後ろの、

  「会見」は、会って、話すの意味ですかね・・

   中国語もまた、「見」の方に、その会うの意味がありますね、

  中国では「見」は見るんじゃなく、会うんですね、ですから

  「再見!」があります。

   「会」の方だと、中国語いろんな意味がありますが、まぁまぁ

  ~できる、の意味で使うとかね・・・

 

     それは、いいんですが・・・良くもないか・・・

   中国語だとこれは、

    「新聞発布会」シン・ウェン・ファ・ブ・フィと

  なります。

Photo_20210424090401

    ホラ!ね、こんな具合に・・・

   しかも、下の芸語訳もそのままなってるでしょ、

   つまり、プレスの人たちを集めて、何事かを、

   専門の方たちが発表する会ですよね。

 

    日本のは、記者会見とは言ってますが、

   政府の意見、発表会

    で、まぁまぁ、いきなり国民全員を相手には

   発表できないので、記者さんを集めておやりになるんでしょうが、

    本来は?本当なら

 

   それは、政府方針ですから、特別なことでもない限り

  あぁ、始終やられてはね・・・・

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

花を食す・・に戻りますが・・

Aec379310a55b319e7f283a0192de32ecefc1763

  話が、行きつ戻りつし・・・申し訳ないですが、

  昨日、届いたニュースで、

  先日書いた、花の話題から更に、その花を食すには・・・

  との話題で書いたばかりのときに、このニュースに接し、

   更にこれが、雲南大学の学食の話題だそうで・・・

 

   って、何のことか分かりませんよね、

  まずは、その昨日届いたのは

   雲南省の省都にある、雲南大学の学校食堂で

  バラを使った料理を提供、しかも、その品数というか、種類が

  20種くらい・・・とのニュースと画像を目にしました。

 

   一つは、上に書いたように、先日書いた、花を食べる料理の話

  ですね、しかも、バラを、バラの花びらを料理に・・・ってのは

  ないわけではないですが、と、日本語的言い回しですが、

  ないわけではない、が、これって、かなり無理してません??ってのが

  一点、

    更には、お味のほうはあんまり書かれてなかったので、どうなんでしょう。

  が、二点目、

   三点目は、なんで?学食??ってが、あって、

   これは、あとで解明された。学校がバラの栽培をしてるらしい・・・が

  分かったが、でも、この度は何でバラの栽培??って疑問と、なんでそれを

  食堂が使うことになった、いきさつも書いてよ・・・と思う。

 

   までが、昨日のニュースで、

  これとは、別にわたし個人の、記憶に大きく起因してますが

   雲南大学はちょっと思い出があって・・・

   あれは、90年代後半ですね、雲南省を旅してました、昆明という町なんですが、

  省都です。その地に宿泊することになり、

   ここもそれなり?に観光地、でも当時はまだまだ現在のように観光産業が

  整っていたわけでもなく、ある湖がありまして、その湖畔のホテルに宿泊を計画、

  タクシーに乗って、そのホテルへ向かっていたら、運転手が、

   「あんたがたは、どこから来た??」といつもの質問。

   まぁ、きっと国内旅行者とは思ってるんでしょうが、まさか、こちらが日本から

  とは思っていなかったと思います。その次に

   「一昨日だったか、あそこのホテルで、日本人旅行者が殺害される事件があって・・」

  あのホテルは今大変だよ・・・ってな説明、

    それを聞いて、急遽、宿泊先を変えようと考えた、ところが、その周辺のホテルが、

  日本のマスコミやら、いろんな取材の人たちが来ていて、空いてない!!

 

    当時、今のように携帯があるわけでもなく、街に引き返し、

  大学の、ゲストハウスにお世話になった。その大学が・・・

    あの時、確か、朝食だけだがお世話になったが、

   こんなオシャレな?食堂でなくて・・・・との思いで

  昨日の映像を見ていた。  

    変わったものです、中国の変わりようは色んな時に色んな事で知らされることになる。

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

中国、蘭の花の思い出

D0103457_23531086

  近年になって、大分、南の花が日本にも入ってきて

  お花屋さんは、彩り豊かになった。

   例えば、デンファレ・・・って名前だけ聞いても

  分かんないか??これ、いま、みなさん普通に目にしてて

  花束なんか頼むとよく入ってきますが、ご覧になれば、あぁ~

  これね!!ってなるんですが、

   それは、ともかく、

 

   欄のお花のお話なんですが、

  思い出したのは、わたしがちょくちょく中国へ行くのを知った

  友人の友人で、熱烈?園芸ファンの方がやってきて、

   「今度行ったら、中国の紫×欄ってのを見つけてできれば

    買えたら買ってきてください、値段は幾らでも・・・」と

  太っ腹!!

   ですが、これには、決定的欠陥??があって、

  お断りした、いや、お断りするよりないのです。

   お分かりの方はもう、この時点でお判りでしょうが、

  植物を持ち込めないんですね、特に、根のあるのなんかは、植物検疫

  ってを、たぶん、ご存じなかったのでしょう。

 

    しかも、ご依頼の種類は当時、とても貴重な方の種類でして

  わたしも、目にしたことはあるが、それは、その趣味の方の家で

  野生のや、販売用のを当時は目にすることがなかった。

   中国でランと言えば、これまた、ご存じの方はすぐに春蘭を

  思い浮かべるでしょうが、あれとて、わたしに言わせればごこごく

  近年のもので、いまはもう、すっかり定着?しましたけど、

   胡蝶蘭だってこんなに身近になると思ってなかったしなぁ~

 

   で、話を戻すと、

  結局、持ってこれないので、写真で勘弁してもらいましたが、

  その写真だって、いまのようにネット上にいくらでも・・・って

  時代でもなかったしね、

   たまたま、雲南省をぶらぶらしていたあの旅、

  あんなに、花に気を付けて歩いてた旅はなかったなぁ~と

  今思い出して、まぁまぁ、それも一興というか、楽しかった。

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

桜は桜でも、こちらは、芝桜

Photstpo9rkvev1b3m4vpgnh210419_320x320

  こちらの、芝桜

  河北省のナントカ?って、聞いたこともない町の風景。

  へぇ~、中国にもあるんだぁ~

  こんな芝桜を売り?にした、公園というか場所が・・

  ってのが写真を見せられた?感想。

 

   昨日、ハコダテの桜も開花宣言!!

  ようやく、今度は木々が芽吹くころを迎えました。

 

   この話題でも、ちょっと、盛り上がった??のは

  中国の春、緑が目に優しい頃・・・

  と、言えばもう、柳ですよね、

   川面に映る柳の木の芽吹くその様子が一幅の絵のよう。

 

   日本ではあの風景少ないなぁ・・・特に

  北海道では。

    何だろうなぁ、あれに替わる北国の樹は・・・と

  思いながら、歩いてました。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

花を食す、食べる花々

U38695342522448956860fm26gp0

   またまた、お花の話にちょいと逆戻り。

  ある方とお話ししていて、そういえば・・・ってのが

  何が そういえば??なのか、よく分からなかったのですが、

  突然、お花は見るだけでなく、食べることもしますよね・・・

  と、切り込んできた。

   はいはい、別段、なんの意外性もないですけど・・食べるし、

  飲むし、薬にもするし・・・

   普段、われわれが植物の多くは、葉を、または、茎を根を

  食してますが、まぁまぁ、どの国だってあるじゃないですか、

  お花を食べる・・・ってのは、それって、美味しい??もあるでしょうが

  多くは、違う点が必ず入ってる。

    匂い、色合い、薬効、なんてなやつですね、

   それで、わたしが例に出したのが、上の、ジャスミンの花。

  茉莉花ってのが、中国名ですが、モーリィファは音としても

  日本の方もご存じの方が多い。そして、一番多いのは、お茶ですね。

 

    実は添え物ですが、料理にも結構使われてますね、

  あんまり、主役?にはならないのですが、

   日本でも、例えば、ある菊の花が料理に使われるのは・・・

  秋田?でしたっけ??

   あれもまた、もう、食べるように栽培している、その菊を

  あれはまぁ、単品で、しかも、一品として使われてますが

  あの手の使われ方はそうそう多くはないです。

 

    それまた、どの国もそう変わらん事情にあるでしょう、

  あくまでも、香りづけだったり、彩りだったりなら、まだまだ

  いろんなお花はありますが、

    中国だと、香辛料の類・・・その数は多い。

 

    結局、ニンゲン、

   きれいなお花を見て、

   あれをどうやって食べよう・・・と考えるよりは

   まずは、鑑賞!ってのが普通じゃないですか。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

ホンコン・サザビーズ・オークションの毕加索

96eabaae67f31d0a94efd2b2d06254d2

     こちらは、違いますよ、こちらはピカソの絵ではなく、

   中国の作家  張大千 の作品。

  わたし個人の関心はこちらにあったので、

  こちらの写真を掲載。

  むろん、一番の注目はピカソの作品だったようで、

  無事?×億香港ドルかなんかで落札されたようです。

 

   ピカソ話題はちょっと脇に置いておいて、

  中国でも、国内の作家の作品を大切にしよう・・・との

  気運?は出てきてるようですから、

  ちょっと安心してますが、

   日本でもそうですが、一度、国外へ出てしまった

  作品を再び、買い戻す?のは大変ですからね。

 

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

拝登 バィデン

 今日の、トップニュースはこちらですかね

  拝登 バィデン × 菅首相 会談。

 

  まぁ、その内容その他は報道にお任せ。

 

  会談のそのテーブル席ですか、

  拝登 バィデン側というか、美国アメリカ側というか

  なんで、向こうは

   二重マスク??

  しかも、

   下が白で、上が黒ってのは、

  なにか、訳あり???

   ってな、中国報道でした。

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

中国、花の名前

U37921853333083354498fm26gp0

  「わたしの見た中国」の文にも書きましたが、

 これでも?・・・っていう、これでも、が何を指してる

 わかりませんが、これでも、わたしは花の名前をよく知っている

 方でして、大体のお花屋さんでならんでいるような花や、

 町を歩いていて見かける花の、その名前は言える。

   まぁ、それは話の本筋から外れるのでどうでもいいが、

 若いころにかなり興味をもって、お花なの名前を覚えた。

  若い時に覚えたことは忘れずらい・・・ってのはホントです。

 

   ところが、ですね、

  中国ではそれは全く役だたない!!

  なぜって、中国語はご存じの通り漢字しかないので、

  わたしが知っている殆どの、カタカナ名、時にそれって、

  お花の学術名だったりすることもあるんですよね、

  だから、・・・というか、それでなくとも、日本でもカタカナ名

  のこうしたお花の名まえは、日本語としては全く意味を持ってません。

  現地の言葉だったり、発見した外国の人の名まえだったり。

 

   それらが、みんな、そんなことを無視して?漢字名になります。

  これは、かなり困った?というか、厄介でした。

   しかも、中国の人は・・・というか、日本の人だって普通には

  そんなにそんなに、花の名まえを知ってる人ってのはいないわけで、

   これ、何て花ですかね~  と聞いても答えが返ってくることは

  ごくごく、稀です。

   稀に帰ってきた答えも、音だけではどんな字を書くのか何故

  そんな名、なのかなんて、だ~れも説明などしてくれない。

 

    できたら、花屋さんの店先の、あの花を飾っているその前に

  名札?を並べてもらえると嬉しいなぁ~

U33046532322188011884fm26gp0

 

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

中国のお花屋さん

U35603057493654321766fm26gp0

   中国のお花屋さんのお話を続けます。

  自分の感じでは、急に増えてましたね、お花屋さん。

  その前は、こんな具合の、単独のお店ではなく、ですね、

  その場に行けば、そういうお店が大挙して?ある・・・ってな

  形でこれはもう、例えば、お茶屋さんもそうでしたし、

  単独の街にそうしたお店が現れ、普通?になったのはいつ頃から

  だろうか・・・・と考えている。

 

   これもまた、条件がそうですから、北の地方よりはずっと

  南の方にお店は偏ってましたよね・・・・ってな話はともかくとして、

U329112119269090792fm26gp0

   旅行者として、町で、普通に?こうしたお店を目にするように

  なったのは、それはもう、生活がそれだけ、余裕が出てきた

  という証明でもありますし、

   ひとびとの心にそうしたゆとりが見れるのは大歓迎すべき

  ことではあります。

 

    花屋さんですから、普通にお花を売っているお店ですので、

  あんまり、その都度、中にづけづけ?入って行ったりはしないんですが、

  まぁまぁ、外から眺めていても、心和む・・・というか、

   彩も含めて、誰も嫌な思いはしないだろう。

 

   売り方?も、そうそう変わったところもなく、

  種類になると多少は違ってるんでしょうが、それは、

  国を違えているんですから、当然!!と言っていいでしょう。

 

   先に書いたように、新しいお店が多いので、

  綺麗ですね、全体に。

   扱ってる商品が商品だけに、中も割と綺麗にしてますね、

  中には日本にもないような超豪華なお店があるのは、これまた

  花屋さんに限らずです。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

日本人大好きの”生”と、生花について、

U23462460094224493422fm26gp0

      今月号、「わたしの見た中国」

  中国のお花屋さんに触れて書いております。

   文の最初のほうでもふれてますが、

  日本語のナマバナ・・ですね”生花”

  これ、中国語でもギリギリ??通じるんですが、この

  日本人の使ってる””生””の使い方は、中国語のそれとは違ってます。

   日本人は””生””大好きですよね、なんでも??ナマ

  食べ物は無論のこと、ビールもナマ、お茶までさいきん生茶って??

   この使い方が中国語には馴染まない??

  そんな、ナマがすきなのは、日本人だけで、

  中国語にとっての生で、せいぜいが、かなり日本語に近いのでは

  火を通していない・・・の意味で使ってます。

U379645298910745680fm26gp0

    ですので、どこかに生えている花だったり、こうした鉢植えだったり

  へは、移行しやすいのですが、

   日本人の言う、生花店で売っている、お花は

  鮮花 シェン・ファ ということで、やっと、ナマバナに。

 

   日本人もお魚の方は、鮮魚店??って言ってるのにね。

 

   ついでに言うと、中国語の多くは、一つの漢字は一つの読み

  なので、日本語のこの「生」の字は

  読みがたくさんありすぎて??手に負えない。

   日本人だって大変だ!!

 

   生憎、生粋、早生、生業、晩生、て

 

   って、全部違う読みだってのは、日本語検定レベルですよね。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

今月号、「わたしの見た中国」は、中国のお花屋さん

  今月号、「わたしの見た中国」は、春の話題にふさわしい??

 中国の、お花屋さんのお話です。

   「中国的鮮花店 シェン・ファ・ディェン」

 を、ご覧ください。

U3426799171266130538fm26gp0_20210413091901

   まぁまぁ、お花屋さんですから、国を違えても

  扱っているお品は、お花、

  その花もいまやどんどん、その~グローバル化??ってんですか

  あまり、違いがなくなってきてて、面白くない??

   それは、それとして、

  それでも、違うのは、

   やっぱり、人だよね、ヒト・・・

  お店の人だったり、買い求めに来た人だったり、

   ・・・のお話をまずは、お読みください。

 

  明日もまたこの話題です。

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

花咲く季節 ・・・海棠の花

Photo_20210412105801

   北の国の人間にっとっては、きっと、この春の花の時期に

  対する、思い入れ?はもう、その南の人たちとは違っている、

  待ち望んでいた春になり、花々が蕾をつけ、木々の緑が芽吹く頃の

  北国は、美しい。

 

    花に対する、思い・・・というか、待ち焦がれているその

  気持ちが強いほど、待たされたその思いが、一気に開花とともに

  解き放たれるその感じはきっと南の人とは大きく違う。

 

   また、花を愛でる、というのは余裕??の話であって、

  暮らしにも、心にもそれを愛でる余裕がなかれば、どんなに花々が

  見事に花咲かせようと、目には入ってくるが、心には・・・。

 

   中国の人たちの、花に対するものもどんどん変わってきた、

  先週ちょっとお話したが、あんなに”“さくら”の開花が話題になるのは

  そうした背景があってのことですが、

   先日、送られてきた写真は、ご本人は分かってないようですが、

  海棠の花の写真が、多数送られてきた。

   確かに綺麗!!

   そして、この名から判るように、この花、中国由来のものですね

  海棠ハイ・タン

   と読みますが、この、ハイ・タンの音も実はちょっと面白いんですが、

  それはともかく、

   中国ではとってもよく、あちらこちらで目にする木で、

  咲いた様子がまた、

U37167417491003930268fm26gp0

    とっても綺麗で、更に実も食べれるらしいです。わたしはまだ

   食べたことはないが、摘まんでいる友人を見たことはある。

 

   この話、中国の方から、

   花見に行ってきたよ~との連絡に、さくらだ!と本人は思ってる

  らしいですが、それ、桜じゃありませんね、

    大丈夫それくらいの勘違いは、花を愛でるにはなんの支障もない。

   うんと、花を楽しめばいい。

 

    実は、お花の話題で、

   今月は、中国のお花屋さんを書いた、

   そのお話は、明日から徐々に・・・。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

今週の中国語 - 蔓延防止  

 

U1282369422036800485fm26gp0

       まん延防止法等重点措置

  ってのが、正式?名称なんですか?

 

   これ結構、面白い!

  何故、最初の蔓延のまんを平仮名にしましたかね?

  別段漢字そのままでよくないですか?

  そんな難しい漢字でもないし、画数だって・・・

 

   中国語も全く同じですし、音も近い

  マン・イェンと読んでいただければ・・・

  中国語の場合先に、防止がきますね

  ですから、防止蔓延となります

 

   その後ろの 蔓延防止法等 の この等も

  日本人大好き!!

   決めちゃわない、等にいろんなものを入れ込んじゃう

 

   さらに、法なのに 措置なんですね。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

下雪口拉!! 桜に雪

U8126576332017248312fm26gp0

    雪です。

   ハコダテも、時おり白いものが・・・

   そんな珍しくもないですが、ちょっと暖かくなったので

   木々も芽を吹き始めたところです。

 

     ハコダテはまだですが、

   いまちょうど、こんな、桜の花に雪・・・の地域は

   どこでしょう、東北当たり、郡山あたりでしょうか、

    中国でも今年、こんなことが度々各地でありました。

   もっとも、かの国は広いのでこうしたことはそう珍しくもなく、

    あまり取り上げてももらえませんが・・・

 

    これから、中国での花の思い出を書こうと思ってるが、

   もう一つ?の雪の思い出のほうは、大分以前に

 

     下雪了!!

 

    って、書いたのはもう何年も前ですね。

   お時間があったら、上をクリックしてご覧ください。

    謝謝!!

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

新緑の中国

U26105648311121338635fm26gp0

   茶畑のその緑の美しさを、わたしが知ったのは

  中国ではじめて、知った。

   日本だって同じだろうが、実は、日本のそれを

  わたしは、いまでも見たことがない。

   時期をたがえて、その地に降り立つこともなく、遠くから

  日本のあるお茶の産地に近づいたことはあるにはあるが、

   実際、新緑がこんなに美しく、心にしみるものだ!

1_20210408095501

   というのは、

   中国安徽省の某茶畑に足を踏み入れた初めて知った。

 

  周囲の木々にも、新緑はあるのだが、

  茶畑の新緑は、

   その量と圧倒的な新緑が

  いまでも忘れられない。

 

   そして、中国茶を飲むたびに、あの風景がよみがえる。

  ご存じのように、中国茶は茶葉をそのままグラスに入れて

  茶葉そのものも愛でながら飲むので、

   これはこれで、なるほど、よくできてるな・・・

 

   と、思いながら今も、中国緑茶を飲んでいる。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

子供たちの登校風景

U18927682192158778978fm26gp0

  たまたまですね、今朝、ちょうど昨日あたりが入学式だったのか、

 きょうから!学校!!って、小さな子供たちの登校風景を目にして、

  交差点にたぶんボランティアなんでしょう、子供たちの道路横断を

 見守る父兄?なんかの姿も目にしました。

 

  中国と、違うのはですね

 登校そのものは、そう変わらないですね、無論学期の始まる時期は

 中国はいまではありませんが、まぁまぁ、始まるときは・・・

U1364032786318791534fm26gp0

   こんな、ボランティアというか、交通違反の罰則代わりにこれを

  課せられる・・・ってな町もあるにはあるんですが、

   まぁまぁ、子供たち見守りたい??も出てきて、登校に慣れるまで

  それを見守るのもまた、同じですね。

 

   違うのは、

Photo_20210407095901

    これは、まぁ南の方の町でしょうから、バイクや自転車が

  多いですが、北だとまぁそのマイカーに子供を乗せて、出勤途中に

  学校まで・・・ってのが多いですかね。

 

    要するに、日本と違うのは

  中国に限らずだと思いますが、

   子供一人きり?で、登校、下校はさせない・・・というか、

  させられない、とういか。  

    これって、おおむね、治安の問題です。

   日本で、たまに、明らかに小さな子、一年生か低学年の子が

  独りで、ランドセルを背負って、これまた、小さな小さな歩幅で

  道をとぼとぼ歩いて、一体どこまでこのまま独りで帰るのかなぁ~

  等と余計な??心配をして見てることがありますが、

   基本、中国で、あれはない。

U3970013401197455620fm15gp0

   こんな具合に時間ともなれば、校門は

  父兄、祖母祖父でいっぱい!!

   こどもたちの出を待ってますね。芸能人に出待ちと同じです。

  では、迎えに行けない家庭はどうするか・・・は色々でしょうが

  とりあえずは、誰かに見守り?頼みます。

 

   これ、結構大変なんですよ。

  大変さの代わりに、家族の絆というか、これはこれで、

  親子や、世代を超えての教育といういう面ではいい面もあります。

 

    都市部はこうですが、

   お判りでしょうが、中国、広いですから

  田舎?と言っていいのかな、

   通学路がもう大変!!って、

U1415424042892063048fm26gp0

    こんな子供たちも・・・・。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

2021年清明節・・終わってみれば・・

U4182637686770903885fm55app54fjpeg

   清明節の三連休が終わりました!!

  どこも同じですね、新冠病毒の影響で、一応??の自粛?で

  待ち構えていた人たちもいたでしょうし、

    もともと??がホラ!お墓参りですから・・・

  とは言っても、あんまり無暗?に故郷へ帰ったり移動するな!!

  ・・・とまではきつくは言ってないが、

   そこそこ??遠慮しいしいの三連休・・・

  連休ともなれば、やっぱり、出かけたいよね~ってことで

U1789991423680188301fm11gp0

    各地、渋滞も。

 

   結局ですね、

    中国発表ですが、しかもこの発表、中身の詳しいことが

  分からないので、ごくおおざっぱなお話と思っていただいて

  結構ですが、

    この三連休、移動した数の総数・・・が

  日本の総人口を越してますけど!!

    一億四千万との発表です。

 

    すぐ、こうなりますよね・・・・やっぱり!!って

   感じですが、

    これだけの人が移動して

   さてさて、

   この後、どうなるんですかね・・・・

    U42314849383815844334fm11gp0

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

春、芽吹く花々と清明節

U36172405813225418597fm11gp0

   清明説 チン・ミィン・ジェ

  です。毎回この人のことは何度も書いてますので、

  どういう日かは省略。

 

   中国もこの頃になると、一気に暖かくなってそれこそ

  外へでたくなる季節ですね。

   連休です。

   台湾ではちょっと不幸な事故が。

  中国でも、ちょっと、国内で、死者が出るような事故では

  ありませんが、やっぱり人がでるとね・・・

 

1f695abeedb3571c762d509ddd32982b

   これは、桜ではなくですね、

  桃の花です。

   多分、中国全土では、桜よりこちらが多いし、もっと

  梅の木は多いでしょうね。

   スモモの木も多いですね、

  例の、李下に冠を・・・って、あの政治家さんたちの好きな

  たとえですが。

 

    一気に、いろんな花が咲くいい時期となりましたよ。

 

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

王力雄 『セレモニー』 再び

Img_20210402_0001

   一週間前にも、この本をとりあげて、今日またふたたび・・・

  ってのは、ちょっとどうかとも思うが、

   これが、読み返してみてですね、改めて、面白かったので

  紹介しますね。

 

   手元にあるのは、

   一昨年、2019年5月の出版になってますから、2年目か・・

  んん・・・この年のベストテンには入るよねこの作品。

 

   こうして紹介していつも思うのは、別に筋を紹介して

  あぁだ、こうだ、となるのは単に全体のストーリー紹介ですから、

  それが、目的ではないので、それはそれで、違うな・・とは思うし、

   自分の気に入ってるところだけ紹介しても、された方は何のことやら

  になるしね・・・

 

   ということで、ごく簡単に言えば、

  中国、現代社会の問題、監視社会ですね、そんな中でおきる

  中国のトップ、主席が暗殺されちゃいますよ、こんな大事件なのに、この

  小説の主眼はそこになくって、

   題もその主席が予定していた、記念式典だから『パレード』なんですが、

  この式典の最中・・・いやいや、式典をやる準備の前日の演習中に起こる、

  暗殺が話の起点です。

    李博 リー・ボォ が主人公になってますが、この人あんまり欲なさすぎ

  でしょ。

    李博の奥さんが 伊好イー・ハォ って、 一号イー・ハォにかけてます??

 

    それで、思わぬ形??で、手に入れそうになる、

  この入れそうになる・・・ってところがまた、いいんですが、

   民主主義を手に入れそうになる・・・・中国

 

   やっぱり、あんまり説明してても面白くないか・・・

 

   お読みになるのが一番です。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

春を告げる花々

U22333184171794073718fm26gp0

   春を告げる花は、桜だけに限らずですね、

  色んな花がありますよね。

    中国で、この時期に限らずですが、

  花の名前のつけ方がうまいなぁ~と感心する。

 

    普段、お気づきでしょうか?私ども記憶というか

  覚えている花の名前、カタカナ名が多いんですよね。

   これって、外来種をそのまま、学名だったり、その国の名を

  取り入れたり・・・ってことをしています。自覚はあまりないですが。

 

   一方、中国は、

   これに限らず、その、表記の文字を漢字しかもたないこの国は

  何がなんでも漢字で。当然、花の名も漢字で。

   時に、外国のその名をそのまま、その音に字をあてたりしますので

  これだと、何のことやらわかりませんが、とりあえず、音だけ。

 

    漢字表記で意味に重点を置いたものたちが、

   流石!!漢字の国だけあって、うまいよね~ってのが

   例えば、上の画は、「迎春花イン・ツゥン・ファ」は

   春を迎える花

    どうもその、レンギョウのことだと思うし、実際中国でも見ました。

   ただ、ちょっと、違ってる点もあったように思いますが、

   まぁ、国によって多少違いはあるんでしょう、あれはレンギョウです。

     この黄色が春を告げます。

U35171597202157425780fm26gp0

    こちらは、日本では、プリムラってんですがね、

   こちらの中国名?は、

    報春花 バォ・ツゥン・ファ

   って、これも綺麗な名付け方。

 

   日本で花の名を覚えるのは、それなりに結構大変ですが、

   いっそ?中国名??漢字で花の名を覚えたら、

   覚えやすいのかなぁ・・・

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

中国からの花の便り

U2616122592288853385fm26gp0

  中国の友人、知人からの花の便りが続々届いてますが、

  さすが、広い国だけに、南の人のそれが終り、いまは北の人たちの・・

  

    前にもちょっと書きましたが、わたしにわざわざ、桜の開花の様子を

  送ってくれるのは、日本人の桜好きを知ってるからで、

  かつまた、彼らも一度は日本に来て、または、日本での桜の報道を見て

  その美しさを知ったからですね。

   もともと、というか、中国の人の、花に寄せる思いが、

  その歴史もあってちょっといびつ?でして、これまであまり顧みない

  というか、その美しさを愛でる余裕がなかった、と言っていいでしょう。

    その意味で、花よりだんご ではありました。

  花を愛でるだけの余裕がようやく?芽生え始めてきた。よかった!!

 

    これからは、どんどんそちらへ向かうでしょう。

  

    花の木も、そうですが、極端に言えば、以前の中国、花壇というのも

  なかったですね。

   天安門のあの綺麗な花壇に見えるのはみな、鉢植えを多量に寄せて植え込んだ

  もので、催事用のものが多かった。

   公園にも、日本のような季節の花を植えて鑑賞する花壇はすくなかった。

   それって、まぁ、中国の土壌のせいもあるにはありましたが、

  公園に花壇があり、四季の花が楽しめる、というような公園は少なかった。

    気候的には、あんなに国土が広いんですから、いろんな種類の花が楽しめて、

  栽培も気候条件としては難しくないはずなのに、

    花を栽培し、鑑賞する、時代が、中国にもやってきた。

132779170_zsite

    公園の植栽技術などはこれからまだまだ改良の余地はあるが、

  綺麗なものを、鑑賞し続けていけば、

  どんどん、それは良くなるでしょうから、

  期待しています。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »