« 小説 『第五番』 久坂部 羊 さんの本 | トップページ | 春節臨近、さて、今年の「春節聯歓晩会」は、 »

2021年2月 8日 (月)

小説の中の 感染病

  先週、探していて探し当てられなかった本、

O0607108014826114832_20210208111301

   こちら、ですが、

   戻ってきました!!って、自分で友人に差し上げたのを忘れてました。

   その友人が、届けて、戻して?くれました。申し訳ない( *´艸`)

   すっかり忘れてましたし、差し上げたつもりでしたので、それはいいのですが、

   その差し上げたことを失念して、探し回ってました。

 

    ・・・というわけで、再読!!

   文学にというか、小説にこの手の感染病が題材となった作品は少なくない。

  わたしでもかなりの数みてますしね、

   これ、そのものがテーマ・・・というより、

  小説が扱うのは?人間ですからして、これは、そのわき役にあるわけですが、

  ここを出発点としての人間模様というか、社会模様というか、結構読みごたえ

  ありますよね。

 

    で、

   なんでこの本かというと、奥付をみたら、2012年発行となってましたから、

  そんな、古くもないし、このあとも続々そうした本が出版されていますから、

  そんな新しくもない。

    きっと、このあと・・・ってのは、このコロナ感染騒ぎが終わった後にも

  ドットその手の作品が出てくるでしょうね。

   傑作を待ってますよ!!

    どうもその~

    あの3・11のあとの地震を扱って背景にした作品にもまだ、これは!!

  ってのが出てませんから、少し時間が必要なのかもしれませんね、こうした

  衝撃を吸収し、昇華させるだけの。

 

    と、それはともかく、

   戻ってきた本を見て、どうりで??結末をちゃんと覚えてないなぁ~と思ったら、

   わたしが主人公と勝手に思っていた、作中のその際立っていた少年が結末前に

   作中からいなくなってしまい、そこで、もう終わり!と満足??していたから

   でしょうね。

 

     小説、題の「第五番」あの、クラシックからとってるよね・・・ってのは

   覚えてたんですが・・・

     まぁ、早い話??

    小説でも映画でも音楽でも絵画でも、

   最初みて、また、見直す、読み直す、聞き直す  と

   全然違う場面に気づき、そんなところが気になったりして、

   面白かった!!ってのが結論なんです。

 

   わざわざ、届けけてくれたKさん、ありがとう!!

   謝謝!!

|

« 小説 『第五番』 久坂部 羊 さんの本 | トップページ | 春節臨近、さて、今年の「春節聯歓晩会」は、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説 『第五番』 久坂部 羊 さんの本 | トップページ | 春節臨近、さて、今年の「春節聯歓晩会」は、 »