« 住宅が当たった!!・・・って? | トップページ | 中国の「家」問題 »

2020年9月 3日 (木)

中国住宅事情

9000dd238de9990ff811662ca0a34789

   ついでに??・・・中国住宅事情というか

  「家」を買う人たちについて・・・

  と、言っても分かんないですよねこの問題。

   まずその、わたしが考える住宅問題でいうと、

  売った、買ったそれではなく・・・ですね、

  中国の人が住むにいまの政府の住宅政策はその

  数、質が足りてるの・・って話でして、

   売った、買ったは、常にその中間におられる業者

  早い話が、不動産屋さんの、儲かった話はまだまだ尽きないし、

  それって、いまいまの日本にだってある、不動産儲け話の話ですよね、

  これはもう、中国いまでも枚挙にいとまがない。

   ・・・ってことは、まだまだ足りていない??ってことかというと、

  それもまた、ちょっと違う感じがして、無理やり高値相場を作り出す

  そんな方向がなきにしもあらず。

 

   ・・・と、なんでこんな話になったかというと、

  昨日の、中国テレビドラマ「安家アン・ジャァ」の話を引きづってます。

   あのドラマ、結構よくできていて、監督さんはきしくも 「安」監督、

  原作というか制作脚本のところに、「六六」が入っていて、

  あの女優さん・・・って話はいいか!本筋から外れるしね。

 

  要するに、不動産屋にお勤めの主人公側から見ている

  住宅を買う人たちの様子、

  住宅を買った人たちのお話ですが、

   そうなんだぁ~って点も多く、

  上海の不動産屋さんは相変わらず大変ですよ・・って話で、

 

   話を戻します。ではでは、上の写真のような且つてよく見られた

  地方都市なんかで過ごす人たちの住宅は、

   いま世代が変わろうとして、いったいどうなんてるのか?

  これからどうなるんだろう・・・ってのがわたしの関心ごとなんですが、

   とは言え、他人事ですからね・・・・

  土地は持てない、中国の人たちの、住宅に、「家」に対する感慨って

  わたしたちとは当然違うんでしょうね。

|

« 住宅が当たった!!・・・って? | トップページ | 中国の「家」問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅が当たった!!・・・って? | トップページ | 中国の「家」問題 »