« 中国の人たちの服装感覚 | トップページ | 今週の中国語 女性ファッション  »

2020年9月25日 (金)

服飾産業 と 中国

001372acd73d16c900cd2d

   ファッションを、経済面から見ると、

  この産業は、割と小規模の資本から始められるのと、

  服飾、服装は極端に言うと、ある意味、消耗品でも

  ありますので、上手く?いけば大量に製造・販売でき

  そこに利があります。

   ですので、ある国が発展するある段階で必ずこの

  服飾産業が国の発展に寄与する面はありますし、

   それは、国内向けなのは無論のこと、国外に向け

  外貨獲得の一翼を担うことが多くみられます。

   中国も例外ではありません。

 

   というより、中国はかなりの部分それを利用してきました。

  ただ、中国がちょっと違う事情を抱えていたのは・・・という

  話をすると長くなるので先を急ぐ。

 

   かなり国発展に寄与してきたことは書いた。

Photo_20200925104301

   この町での大々的なファッションの催しも何度も見てきた。

  なるほどね、一大産業だよね・・・と納得。

 

   ただ、

  わたしが、普段言ってるのは、

  こんなに産業としてある位置とある範囲を占めているし、

  そろそろ、その歴史も、長くなった、

  それなのに、

   中国から若い?若くなくともいいが、中国から中国発信の

  世界に通用、世界に名をなす、デザイナーが現れない???

  ひょうっとして、わたしが知らないだけでもういるのかもしれないが

  わたしが知らないということは、まだ、その程度だということだ。

   何故だろう??

   歴史もある、ある地位も持ち始めて、多数の専門家もいる、

  なのに・・・

   いつも、そのことを不思議に思っている。

U10920538633949012598fm26gp0

    歴史的も、

    少数民族を多く抱えるあのデザイン感覚からしても、

  そろそろ、中国のこの人ありき!!

   というブランドが出現してしかるべきと思う。

 

   そっから、また、更に一段違った

  中国ファッション界がスタートするでしょう。

|

« 中国の人たちの服装感覚 | トップページ | 今週の中国語 女性ファッション  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の人たちの服装感覚 | トップページ | 今週の中国語 女性ファッション  »