« 书呆子 スゥ・ダィ・ズ  本の虫 | トップページ | 宣伝のいらない、本屋さん。 »

2020年8月17日 (月)

本屋さんて不思議

0aowscto

  子供の頃かなぁ・・・大分大きくなってからもなぁ・・

 本屋さん好きは今も変わらないが、

  この商売??なんか不思議だなぁ・・と思ってた。

  まず、商売として商品を陳列して客を待つ、

 ってこの感じはわかる。どの商売にも共通したものがある。

  服屋さんだって、靴屋さんだって、並べてる。

 

  違うのは、

  客として入っていったからといって、すぐに店員さんに後を

  つけれることはない、大概ほっといてくれる。ありがたい。本屋さん。

  よほど、こちらから何か言わない限りは向こうからは、

  「今日はこんなんが入りましたよ・・・」などは言ってこないし、

  「あなたにはこんなのがお似合いですよ・・・」なども言わない。

  これが、実にありがたかった。黙った入って行って黙って自分の

  興味のある品を手にし、時に、じっくり読んでも叱られなかった。

 

  つぎに扱い商品の数の多さだ。実に多岐に渡る。

  服だって、靴だってそりゃぁそれなりに種類はあるでしょうが、

  なんせほら、本は森羅万象について書かれてある種類があって

  さらに、他の商品を同じように季節商品も並ぶ。

   大体、他の業種だとそのお店に長くお勤めの店員さんはそこの

  商品のほぼすべてを把握、更には商品知識としてほかのことも

  助言できたりする。

   これが、本屋さんはきっと無理。まんべんなく本のすべての

  分野を把握するなんてありえないし、

   往々にして、本屋さんの店員さんはそれいがいに荷だしや

  商品管理に忙しく、存外、本を読んだり、本についてなにか

  専門的に知るなんてことはない。

   加えて不幸なことに、そうした点ではお客の方がずっと

  そこらへんは詳しくて、詳しすぎて、

  困る??

 

    しかも、どこで、どの本屋で買っても値段は同じ。

  別にあちらで買ったから安くなる、なんてことはない。

   ずっと、古い古い、昭和の初めころの出版を買ったからといって、

  おまけはしてくれない。

 

   子供心に、なんか本屋ってへん!!って

  思っていた。いまでも、ちょっとは・・・。

|

« 书呆子 スゥ・ダィ・ズ  本の虫 | トップページ | 宣伝のいらない、本屋さん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 书呆子 スゥ・ダィ・ズ  本の虫 | トップページ | 宣伝のいらない、本屋さん。 »