« 町の小さな本屋さん | トップページ | コンビニでの雑誌販売が・・・ »

2020年8月26日 (水)

懐かしの、函館・M文化堂、書店さん

22579c136ba5a5f59b34e110c0ba2282

  本屋さんの思い出、といえば、こちら

 わたしにとっては、はこだて、M文化堂さん。

 

  今はもうないんですけどね。

 最近になって、建物自体もなくなってしまいました。

 

  わたしには、というか、地方都市としては当時は割と

 大きな本屋さんでして、ここへ行けばまぁ一応のものは揃う

 と。3階に分かれていて、床面面積はどれくらいあったのかなぁ・・

  1階が小説・雑誌、その他一般書、

  2・3階にそれぞれ専門書や、学生向け参考書などが。

 

  通いましたねぇ・・・・一時は、毎日行ってましたよ。

 店員さんともなじみになってましたしね。

   毎日、毎日、行ってたって、そうそう毎日毎日買うものが

  あるわけでもないし、そんな余裕もない。

   棚を眺めてるだけ、満足だった。

   今日は、これが入ったのか・・とか、この本面白いのに売れないぁ・・とか

  時には、店員さんが、本の題名、背表紙だけで、その題が勘違いさせるような

  題で、本当は小説本なのに、自然科学の棚に入れられたりして、あれって、

  店員さんの間違いなのか、それとも、誰か客がいたずらでもしたのかなぁ、

   それを、直して、正しい棚に入れ直したりしてましたね。

 

   あとは、当時は、雑誌の創刊号が数多く出版されていた時代で、

  毎日のようにいろんなジャンルのいろんな雑誌の創刊があるわけです。

  これは、頑張って??買ってましたね。創刊号だけ。

   創刊号って、その出版社が思い入れと、思いっきり力を入れて出すので

  創刊号独特の面白さがある。更に、創刊号というだけで買いますので、

  まったく自分には縁もゆかりもない、興味もない、関心もない、そんな

  創刊号でも買うんですね。コレクションですから。

    これが、結構楽しかった。自分には興味も関係もない世界が

  その雑誌を通して覗けるわけですよ。

   特殊な雑誌って結構ありましたし、当時ですから時代でしょう丁度

  コンピューターが少し関心を持たれてきて、その関係の雑誌も多かったですね、

   今見たら、今の子供でさえ、こんな遅い、こんな幼稚なプログラムじゃ・・・

  ってくらいのが、専門誌として、堂々と??出されました。

 

   専門誌って、面白いんですよ。

  興味がなくて近づくことはないのですが、

   「熱帯魚」の世界やら、次の日には「自衛官」の世界かと思えば、さらに

  次のひは「歌舞伎」とか、「アニメ」とか、何でも買って何でも見ていて、

  その創刊号だけみてあとは買わない・・・という変な読者でしたね。

 

   楽しかったなぁ~、あの頃の、M文化堂さんは。

  あれくらいの大きさの本屋さんが自分には丁度いいんですけどね、

  中国にはないなぁ・・・バカにデカイ本屋が多くて。

|

« 町の小さな本屋さん | トップページ | コンビニでの雑誌販売が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町の小さな本屋さん | トップページ | コンビニでの雑誌販売が・・・ »