« 懐かしの、函館・M文化堂、書店さん | トップページ | コロナ下で、中国書店も苦戦 »

2020年8月27日 (木)

コンビニでの雑誌販売が・・・

Rkonbini16

   コンビニの出現って??どれくらいですか??

 わたしの住むような地方都市では、80年代に入ってからですから、

 30年ちょっとですかねぇ。

 

   で、それが、本屋さん話とどうかかわるかというと、

  本屋さんの衰退の一つの要因がここにある・・・とわたしは思ってる

  わけでして、あれ・・・つまりコンビニでの雑誌販売をやらなければ

  もう少し、町の本屋さんはなんとか生き延びれていたのに・・と思う。

   雑誌は、書籍との取り扱いが日本では少し異なってまして、

  コンビニができると早くから雑誌も置くようになった!!便利!!

   ってんで、本屋さんに行く回数も、行く機会も減ったし、減らした。

  あれ、失敗でしょ!!本屋さんの立場としては。

 

    しかも、世界に冠たる、日本のコンビニの雑誌売り場は、ヤバイ!!

   で、コンビニは24時間営業・・ときたら、そっちへそっちへ・・と

   流れる。何を言ってるかわかりますよね・・・。

 

 

    ではでは、中国のコンビニは??ってえと

  これまた、日本から乗り出したコンビニがそのマニュアルも携えて

  中国で展開しておりますので、まぁ、店内は大体似たり寄ったりの配列。

   ってことは、中国でもコンビニで雑誌は扱ってますが、

   日本とはちょいと事情が違うのは、前にどこかに書きましたが

  中国、「報亭」ってのがあってですね、町のスタンド販売ですね、

  こちらで、新聞と雑誌をず~っと扱ってきた歴史もあり、

  中国の本屋さんでの雑誌の位置は当初から日本とは違ってまして、

  普通に、雑誌は町でついでに買うものとの一般の方の認識があり、

  それをもって、つまり、コンビニで雑誌を扱ったから本屋さんが・・・

   の論は立たない。

 

   日本の失敗を中国は学んでるのかなぁ・・・。

|

« 懐かしの、函館・M文化堂、書店さん | トップページ | コロナ下で、中国書店も苦戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしの、函館・M文化堂、書店さん | トップページ | コロナ下で、中国書店も苦戦 »