« 老舗 同仁堂 にも 苦境の波が? | トップページ | 崩れそうで崩れない 本屋の本積み »

2020年8月11日 (火)

今月号「わたしの見た中国」は、本屋さん店内の展示

U10676423811595856350fm26gp0

  本が好きなんで、本屋さんも当然好きだし

 普通の人?より、よけい行ってると思う。

  本に囲まれる・・・って環境だけで惹かれる。

 となれば、図書館でもいいし、自分の書斎でもいいですが、

  なんせほら、本屋さんは行く旅に変化がありますからして・・。

 

  中国の本屋さんが、面白いのは、

 本の並べ方が、独創的。

 時にそれって、本として扱ってませによね・・・

 ってところがあって、

  大丈夫かぁ??とも思うが、

  惹かれる。

 

  その割に日本のように、

  店員さんによる、宣伝カード的なものは見られない。

 概ね、本そのものを使ってのこのような飾りつけ。

 

  これ、見に行くだけで楽しめる。

|

« 老舗 同仁堂 にも 苦境の波が? | トップページ | 崩れそうで崩れない 本屋の本積み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老舗 同仁堂 にも 苦境の波が? | トップページ | 崩れそうで崩れない 本屋の本積み »