« 各スポーツ界も復活のきざし ・・でも、空中接触 | トップページ | 今週読んだ本、 「黄コゥ」 »

2020年6月12日 (金)

中国外食産業の行方

U34372752013631141381fm26gp0

  中国では外で食べる割合というか、

  外食の機会、回数が日本より圧倒的に多い・・

  ってのはご存じですよね。

   早い話が、外食が安価。

   自宅で作るより便利。

   朝から外食も珍しくもなく、

  わたしの知り合いにも一日、三食とも外食組が何組もいる。

    まぁその、夫妻ともにお仕事が・・・ってな事情は

  あるにせよ、これは日本だっていまそうでしょ。

   やっぱり、値段か。

  日本であんなに外食を続けたらかなり不経済になると思う。

   

   中国では朝から、

  いわゆる持ち帰ってというか、持ちながらというか、

  簡単に何か買って歩きながら、或いは路上のちょっとした腰掛の

  上で朝食を済ませる人はすくなくない。

 

   何が言いたいか。

  つまるところ、今回の騒ぎ?は日本の比じゃなく、中国外食産業を直撃。

   ちょっと、このあと、

   中国の人たちの、生活様式にも変化をもたらすかも。

   すでにその兆候が。

   

   でも・・・やっぱり自宅では作らないか??

   外食の形?には少なくとも変化をもたらしたでしょう。

   どうなるのかなぁ・・

   もうちょっと様子を見ないとね。

|

« 各スポーツ界も復活のきざし ・・でも、空中接触 | トップページ | 今週読んだ本、 「黄コゥ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各スポーツ界も復活のきざし ・・でも、空中接触 | トップページ | 今週読んだ本、 「黄コゥ」 »