« 新型肺炎が教えてくれたこと-1.豪華客船 | トップページ | 新型肺炎が教えてくれたこと 3 - ものあまりのはずが、 »

2020年2月19日 (水)

新型肺炎が教えてくれたこと、テレビ報道について。

86d6277f9e2f0708fdd92b58e624b899a801f28e

  この関係・・・ってのは中国ウーハンの新型ウィルスの報道

 ですが、日を追ってというか、とにかく、毎日毎日すごい量の

 ということは、すごい時間をかけて、テレビなどは報道してますが、

 どうもその、あまり普段は見ないテレビを見たせいか?

  えぇ~日本のテレビってこうなの・・・?ってのが感想。

 

  で、

  教えられたのは、

  日本のテレビは、量的にすごく手厚くというか、毎日毎日

  しかも各局、時間をっかて報道するが、

  その中身はみな同じ。

  似たり寄ったり・・・ってのは、みなさんも大体同じ感想

  でしょ??

 

  どうしてこうなるんですかね。

  これだけの時間をかけるなら、もったいない。もっとこう

  こちらの局では、あちらの局ではやってない、

  違った視点からの報道って・・・できないのかぁ・・・。

 

  悪いけど、

  見せられた、中国の国内映像もどの曲も同じような・・・

  同じ局が違う放送時間帯に同じ映像を使うのはまだ・・・

  分かる?が、違う局もまたその映像って、どういこと・・

  しかも、その映像も実に枝葉末節というか、どうでもいい

  映像が。

   違うでしょ!いま放送すべきは・・・

 

  ってな経験は実は、

  われわれは、あの3・11福島原発事故でも経験してます。

  経験してますが、あの時はあれで、国内で放射能の問題って

  扱いづらいんだろうな、くらいに思ってた。

   違うらしい。

   ・・・ってのを今回学んだ。

 

  圧倒的量の報道は、結局なにも知らせてくれない。

   周りに情報ってあふれているようでしょ、

  でもその情報って・・・。

|

« 新型肺炎が教えてくれたこと-1.豪華客船 | トップページ | 新型肺炎が教えてくれたこと 3 - ものあまりのはずが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型肺炎が教えてくれたこと-1.豪華客船 | トップページ | 新型肺炎が教えてくれたこと 3 - ものあまりのはずが、 »