« 朋有遠方より来る、 | トップページ | 「春節の味 水ギョーザ作り」 北海道新聞掲載記事 紹介 »

2020年1月30日 (木)

「ギョーザつくり和気あいあい」、函館新聞社さん取材ありがとうございました。

202001271043040_l

  函館新聞社に記載された、日中函館の活動をそのまま

  以下紹介いたします。取材ありがとうございました。

 -------------

中国の旧正月「春節」開始(25日)に合わせ、函館日中友好協会(東出隆司会長)は26日、

函館市青年センターで「春節聯歓(れんかん)会」を開いた。会員や市内在住の留学生ら約60人が、

水ギョーザを作りながら、友好を温めた。 んかん)会」を開いた。会員や市内在住の留学生ら約60人が、

水ギョーザを作りながら、友好を温めた。

 

 毎年恒例の行事。中国北部などでは家族や親戚が集まり、ギョーザを作って食べる習慣がある。

この日は、ギョーザ用のひき肉約7キロを用意した。

 

 留学生約30人はセンターに訪れると、日本語で「あけましておめでとう」を意味する

「新年好(シンニェンハオ)」とあいさつ。会員らと談笑しながら、みじん切りにしたニラやハクサイ、

 ショウガなどを手作りの皮に包んで次々と完成させた。夕方には交流会があり、

  全員で出来たての水ギョーザを味わった。

 

 中国東北部のハルビン出身で、道教育大函館校に昨年から留学中の

 沙恒心(シャ・ヘンシン)さん(21)は「みんなと会話しながら作ることができ、

 とても楽しかった」と笑顔で話した。

|

« 朋有遠方より来る、 | トップページ | 「春節の味 水ギョーザ作り」 北海道新聞掲載記事 紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朋有遠方より来る、 | トップページ | 「春節の味 水ギョーザ作り」 北海道新聞掲載記事 紹介 »