« 米中経済戦争の最中・・・なのに・・・ | トップページ | 羨ましい、香港 »

2019年11月23日 (土)

今種の中国語 - 「貨到付款フォ・ダォ・フ・クァン」 着払い

U10217504102993425700fm72  この制度、いままでなかったんですが

  中国でもちょっとづつこれが浸透。

   着払い、ってやつですね。

 

  11月11日に先日来お伝えしている、双11スゥワン・シィイーから

  こっち、これまた、以前にお伝えしましたように、

  ネットでの購入のあと、

  そのあとの配送が大変、いままさに、そんな時期の中国です。

   それで、いろいろ問題があることもお話ししました。

  苦情の多くが、商品に対する不満とか、届いた届かないの問題です。

   その快活策の一つとして、これは確かに少し役だつでしょうね。

 

   11・11以降、その先ず爆発的量、

  それで、皆さんは、あぁ~大変だ~とお思いでしょうが、

  そう、確かに量なんですが、

  それって、実はその量を処理するだけの社会制度といいますか、

  インフラなどと最近は言ってますが、

   購入の際の、携帯、スマホのところの通信インフラはもう

  ほぼ出来上がってるんでしょうが、これは早かった、中国。

   しかし、それを届けるためには、

  まず、配送ですね、このシステムがまだ追いついてなかった、

  配送する為には、道路が、

  配送の際の人員、配送の際の中継基地、配送の際のパッケージ、

  配送先の受け取る体制、などなど

   これらが、整備される前に、

  この、双11がどんどん大きくなったんですから、さぁ大変。

 

   つまるところ、

  現象としては、いま大々的に報じられている、双11のその日の

  バカ騒ぎ、一日で幾ら売上げたかを声高に言ってますが、

   この先の、

   配送する人たちがほぼ、残業とういか徹夜に近い状態での稼働、

  そんな人たちが増えればその人たちの夜食を準備する会社が必要、

  その人たちを確保する人材会社が必要・・・と、

   またそこに新しい事態と問題が、

  限りなく大変なんです。

|

« 米中経済戦争の最中・・・なのに・・・ | トップページ | 羨ましい、香港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米中経済戦争の最中・・・なのに・・・ | トップページ | 羨ましい、香港 »