« 「寵物熱」チョン・ウ・ルゥ、ペットブームが 今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | ペットとの共生 中国では »

2019年10月22日 (火)

中国ペット事情

U42051784051827634660fm26gp0  中国に限らずですが、

  現代、近代社会でのペットの位置としては、どうしても

  やっぱ、犬ですかね、

  そのトップは。中国もしかり。

  しかし、これ、中国ではごく近代のことでして、

  以前は違ってたよ・・・て話は確か前にもした。

 

   厳密に、人間のペットして生きる覚悟をもって、

  そうなったのは、たぶん?ですが、馬じゃないかと。

   人間と一緒に生きる覚悟ってんですか、まぁ、一緒に

  いてやってもいいかぁ、機嫌がいいなら、多少人間に合わせったて

  まぁそうそう、害にもなるまい、と決意した動物。

   馬ですよね、馬。

   その辺のことも書きたかったのですが、でもまぁ、

  人間が飼うということは、そばで暮らさなくてはいけませんからして、

  そうそう人間の方で、馬を飼うような余裕?のある住宅事情って

  限られた人ですもんね。

   ヨーロッパなんだと、その、貴族ってな人たちが・・・・

  って話ですよ。

 

   で、そんなんのは、中国でも無理なんで、

  自宅で飼うなら、小動物ですよ、犬だって大きいくらいで、

  だから、書いたように以前ですと、小鳥だったんだけどなぁ・・

   いまでも人気ありますけどね。

   小鳥の市がたったりして。その文化は逆に日本にはないよね。

  どうしてだろう。

 

   日本で大衆的に鳥を飼うってぇと。

  ハトですよね、鳩。

   以前は結構ぶーむだったりしたんだ。わたしが子供ころなんか。

  ってことで、ペットもまた、世につれ人につれ、

  ってことを言いたかった。

|

« 「寵物熱」チョン・ウ・ルゥ、ペットブームが 今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | ペットとの共生 中国では »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「寵物熱」チョン・ウ・ルゥ、ペットブームが 今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | ペットとの共生 中国では »