« 情報量と真実への距離の相関関係 | トップページ | 中国にそのまま上陸、台風 “白鹿バィ・ルゥ” »

2019年8月24日 (土)

今週の中国語、「あおり運転」

Photo_20190824150401 中国語での「あおり運転」は、

  もうすでに、定着?してる訳がありまして、

  その、一つがこれ、「路怒症ルー・ヌゥ・ヂェン」

  ってんですがね、

    まぁその、怒れる人たちですよね、しかもそれが、

  病気の一種でもあるかのような。

    この訳ねぇ・・・どうも気に入らない。

 

   その、日本語のこの「あおってる」感や「あおられる」方の

  立場の意味合いも汲んでほしい。

 

   何がいいんですかね・・・

   そのまま、「あおる:が 冲击ツォン・ジィ」でいいなら、

  あとは、運転の方は、驾驶ジャァ・シィ か  开车カィ・チュゥで

  処理しちゃダメですかね??

    逼靠ビィ・カォってのも、寄せられる感じで捨てがたい??

  逼るんですからして。

    沖逼ツォン・ビィ ってことばは無いんですよ、ないんですが、

  こんなのを使いたいかな。

 

    今回の騒動。

   このモノの売れない時代に、一躍

   消費税増税の前ということもあってか、

   ドライブレコーダーが飛ぶように売れてるそうじゃないですか。

    貢献しましたね、売り上げに。

|

« 情報量と真実への距離の相関関係 | トップページ | 中国にそのまま上陸、台風 “白鹿バィ・ルゥ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報量と真実への距離の相関関係 | トップページ | 中国にそのまま上陸、台風 “白鹿バィ・ルゥ” »