« 窓の桟についての考察 | トップページ | 今週の中国語ー「自动驾驶」ズ・ドン・ジャァ・シィ »

2019年4月26日 (金)

「わたしの見た中国」から、さらに、窓枠の話を

U13233053491968987460fm26gp0_1  とびとびの話で申し訳ない。

  何せ、何で、日本の暮らしってこう雑用が多いんだろうな・・って

 思いません?忙しくしたくないのに、何故か、いつの間にか雑用に忙殺?

 何で、こんなに時間がとられるかなぁ・・・って話は今回関係ないので

  ↑ ↑ この、中国の窓枠ってんですか、桟といいますか、この話に

 戻り、これも今回でもう、纏めよう・・・って、まとまるのかなぁ??

 

   とにかく、自分、わたし的には、中国を旅していても、中国のニュースを

  見たりしても、気になるこうした細かい??ことの、

  何で??何が??それって・・・を知りたがる癖がありますね。

  子供みたい・・・って、ところもあるか。

  しかも!それが、今回のように、ホームページの文を見ていただければ

  結末がわかりますが、自分の身に振り掛かって来たりします、忘れられない

  思い出と、忘れられない疑問になるわけでして、それはどなたも同じ?でしょ。

   ネットなんかでも、中国、子供が、大人が、どっか狭いところに挟まる

  映像、よくあるじゃないですか。古い井戸だったり、家と家の間の壁だったり、

  フェンスのような間だったり、

    だから、今回は、この柵にはさまっちゃった子供を救出!!

   ってほど、たいそうな話でもなく、人命にも関わらず・・・ということで、

   機敏に?子供を救出したわたしは、表彰されることもなく、

   地元新聞に載ることもなく、

   家族からはさすがに、謝謝!とは言われたものの、

   そのすぐ後には、そのご家族は普通の生活に戻ってましたよ。

   ・・・ってことは、これ、初めてじゃなかったんじゃないの、

   時々この子は、こんなことになってるんじゃないかなぁ・・・・??

   というのが、いまのわたしの感想でして、

   それが、合ってるのか、或いはもっと、違う見方をしたほうが良いのか

   分らぬまま、あの、体験だけがいまだ忘れられずにいるわけであります。

    ただ、それを書きたかった。

|

« 窓の桟についての考察 | トップページ | 今週の中国語ー「自动驾驶」ズ・ドン・ジャァ・シィ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 窓の桟についての考察 | トップページ | 今週の中国語ー「自动驾驶」ズ・ドン・ジャァ・シィ »