« 今月号「わたしの見た中国」、中国窓の柵について | トップページ | 「わたしの見た中国」から、さらに、窓枠の話を »

2019年4月23日 (火)

窓の桟についての考察

U42419088493723592774fm26gp0  中国でよく見られるこの窓の桟のお話。

  昨日から、続いてます。

  まずその・・昨日書いたようにこれの主たる?役割がですね、

  子供転倒防止のようなところにあるのであればですね、 

  これって、外より、中につけるべき??では・・・と考えるのは

  わたしだけ?

   大体、日本でですねこの手のものや、この手の建物をみると

  どうしても、そうした施設といいますか、

    逃走を防止、したり、外からの侵入を防止の方に

  わたしなどは考えがいっちゃいますね。

   ちょいと高層のマンションといいますか集合住宅でどの窓にも

  この桟がはまってるのを、例えば歩いていて、例えばバスの車窓から

  みて、思うのは、

    ・・・えぇ~これ、普通の住宅??ってな感想でして、

   思えばそうそう、そんな施設というか機関の建物がこんな

   街中あるわけがないので、そこは、住宅だろうな・・・ってのは

   分かるんです、分かるんですが・・・こんな厳重なのは何事?

   と思っちゃいますよね、誰だって。

U13233053491968987460fm26gp0  なんか・・・ものものしいんですけど・・・

   これが却っていいんですかねぇ・・・

   安心??

   ホントに?! 

|

« 今月号「わたしの見た中国」、中国窓の柵について | トップページ | 「わたしの見た中国」から、さらに、窓枠の話を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月号「わたしの見た中国」、中国窓の柵について | トップページ | 「わたしの見た中国」から、さらに、窓枠の話を »