« 春節すんで日がたって | トップページ | 今月号「わたしの見た中国」は、-旗袍 チーパオ »

2019年2月16日 (土)

カタカナ(外来語)多すぎでしょ。

Yjimage     昨日も、あるところで
   外来語使い過ぎというか、多すぎというか、使いますよねぇ・・・矢鱈と、
   ってな話をしてまして、
    昨日は聴取が同年代だったので、多少の賛同は得られたようですが、
   どうなんでしょ、
     わたしの方が古い!
   そのせいもあるでしょうが、ちょっと気にはなってますね。

     例を挙げればきりがないのですが、
   最近だと、 コンテンツ ってんですが、使い方もどうも間違ってません?
   あるいは、ターゲットとお客さんのことをインタビューなんかでも堂々と
   うちの店のターゲット、的な使い方ですが、
    お客さんに対してあれでいいんでうかねぇ・・・・とか
   思っちゃってますね。

     昨日は、中国ではそこんとこどうしてんの?
   のお話ですが、
     中国だって外からそうしたものがどんどん入ってきますよそりゃぁ。
    実は日本からもそうとう入れてまして、
    それはその、漢字で入りますんで、
    外来語と気づいてもいないかも。

    で、その欧米のものも漢字に変換しなくてはなりませんので、
   そこは、まぁ、日本とはちと違った事情にあるわけです。
    その辺ももう少しお話したかったのですが、
   なんせ、その前に日本のなんだろなぁ・・・・
    使い慣れればそれはそれでいいんでしょうけどね。
   確かにね、
     一部外来語には、日本語に置き換えが難しいものがある。
   それは認める。
 
     そう言えば、はなしはちょいと飛びますが、
    先日の、うちの催した春節の会の新聞記事、
     見出しがどの新聞も
    水ギョーザで・・・となっていて
    なぜ、ギョーザはカタカナ表記なんだ!とのご意見に、
   んん・・・水餃子だからじゃないですか?
    とか、餃子もある意味ほら、外来語じゃないですか、
    ですからして、ギョーザとカタカナで表記するが正しい、
   とのご意見もありましたが、
    まだ、真相は不明。
    で、この話の結論は、
   日本は、ひらがな の ほかに
   カタカナもあって好かったね! ということなんです。

|

« 春節すんで日がたって | トップページ | 今月号「わたしの見た中国」は、-旗袍 チーパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタカナ(外来語)多すぎでしょ。:

« 春節すんで日がたって | トップページ | 今月号「わたしの見た中国」は、-旗袍 チーパオ »