« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月24日 (月)

再見2018年!

U6362882582898837237fm11gp0     あと、一週間となった2018年。
  この一年のご愛読、ありがとうございました。
   函館日中ブログは、来年4日から再開いたします。
   今年は、明日からお休み。
   中国語教室も明日からお休み。
   再開は1月8日となります。
   来年の春節は2月5日。
   春節の会はまた、追ってお知らせいたします。
   また、
    2月は、短い中国語会話教室が女性センターで
   始まります。
    周囲の方で中国語を習ってみたい!
   という方が居られましたら、どうぞお申し込みください。
    お申込先は、
   函館女性センターです。
   こちらは、函館市の事業で無料、8回限りのものです。
   詳しい内容も、
   女性センターホームページをご覧ください。
     どうぞ、よいお年を!
                  函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

開放改革40周年の中国

    開放改革から、40年を経た中国。そのお祝いの行事が。
  40年前の中国を思うとき、ちょっと感慨深いものがありますね。
U34934768642789308778fm11gp0    個人的に、丁度大体この 40年
   の中国を見てきたわたしにとって、
     当時、中国が変わるだろうことは誰もが予測できましたが、
   40年でここまで、来るんだぁ~
    という感慨が大きいかな。
U31754264791884446601fm26gp0      それはその、
    こうした、表面的なそれと、
    それ以外にも。
      変わる中国。
 
     実はちょっと懐かしいのです。
U39530679012034258749fm11gp0       この頃の中国が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

暖気ヌァン・チィ 

   今月号「わたしの見た中国」は、中国の暖房設備、暖気ヌァン・チィ
U28413480801493126401fm26gp0    これですが、
   まぁ、その、日本にだってありますから、この設備自体は
   珍しくもない。
    ただその、中国の住宅事情をまず先に考えていただいて、
   あの、集合住宅式といいますか、マンション住まいといいますか、
   あれで、各戸勝手な暖房設備は許されない。
    日本だってそりゃそうでしょ、
   マンション内の、ある家はガス暖房である家は石油・・・ってな
   勝手?は許されないわけです。
    そこんところは日本では、
   各マンションがまず統一の暖房設備はもちますよね。
   そのうえでもって、各戸の使用量を何らかのかたちで測れるように
   すればそれで、OK!ってやつ。
     その辺に多少の不便さ?はありますが、
   例えば自分の家は、自分のお勤め先が石油会社だとしても、
   オール電化のマンションに入ったなら自分の家だけは石油暖房に
   したい~と言ったところで許されないでしょ。
    これ、集合住宅の必須です。
    日本ではこんな程度ですが、
   更に、中国ではこれに加えて、その設備自体がもう決められていて、
   というのは、分かりますかね・・・・
    自分は暑がりだから暖房は弱く・・とかその逆に我が家は・・・ってな
   勝手?が許されないわけですよ。
    或いは、今月はちょっと家にいる機会が少ないので、暖房我が家だけ
   いらないですけど、更には、あっちの部屋は我が家では使わないので、
   暖房入れなくていいです・・・的なわがまま?はダメです。
     結構、不便。
   ですが、自分では何もしなくとも、
   一人夜遅くに部屋に戻ってもあったかお部屋が待ってる・・・
   という便利?もあって、
    うらやましい点もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

今年最後の「わたしの見た中国」はー「暖気ヌァン・チィ」

   早くも年の瀬、街を歩いていても、ラジオを聴いていても、クリスマスソングか
  それに類した歌がひっきりなしにかかっている、そんなこの頃ですが
U28413480801493126401fm26gp0   ことし一年も、
   隗の「わたしの見た中国」をお読みいただきありがとうございます。
    今年最後となりました、今月12号は、
   と題して、内容もそのまま
    中国での冬季間の暖房設備についてのそのお話です。
    南の方にはその切実感がどれくらいお分かりになっていただけるか?
   北国で暮らすものにとっては、
     これ、大問題でして、
    先に文をお読みいただけるとお分かりですが、
   中国でも南の方の地域では暖房設備がないところがあります。
    これって、
   例えば、日本でも北海道の学校設備にクーラーが無いのと同じ
   でして、最初からその備えがない!
     必要がない。
     ところが・・・・
   その辺もそんなにキッパリ!こっからはもう要らないでしょ!!
    ってな、簡単に線は引けないんですよねほんとは・・・
    的なお話よりも、
    その暖房の中国方式についてまずはお読みいただけますか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

華為 ファ・ウェィ と 美国メィ・グォ

U24455614402532789615fm26gp0    一躍・・・というか、
    突然・・・というか、
    唐突に・・・というか、
   名をはせたこの会社・・・ よりも、
   副社長??
    いろんな方がいろんな見方でお話になっておられますが、
   それぞれに、拝聴しております。
    わたしが、思うのは
   この件で感じるのは
   アメリカ 美国メィ・グォの その何と言いますか
   必死さが伝わってはきますよね。
     ずっと、NO1であったトップランナーは
   その座を脅かされるだけで、
   大慌て。
    そういえば、トップ争いではありませんでしたが、
   日本と中国の関係でも
   日本が追い抜かれるときちょっと、ザワっとしましたよね。
    それが、トップ争いでかつ、
   そのトップが、トランプ大統領、トップ大好き、トップじゃなきゃ!
    って人なんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

今週の中国語ー「可不是クゥ・ブ・シィ」 ~だよね~

   中国をちょっと習ったことがあるなら、
  相手に同意する、そんな時は
    対ドゥイ!
   というぐらいは誰でも知っている。
   更にそれを、 対、対、対!!! と続くけたなら
   相手への同意の強さを表し、
   相手を喜ばせることになる。
    是シィ!
   ってのもあるが、こちらはちょっと硬いかな。
   そして、今週是非覚えて、使ってほしいのが
   可不是クゥ・ブ・シィ!
    ってのが、
   日本の中国語学習者は意外に使わないが、
   中国ではもっと使われていて、なぜかあんまり教科書でも
   扱わないのは、何故なんだろう??

    これ、使ってください。
   相手がいったことに、 だよね~と賛同したいとき、
    これを使ったなら、相手も、おぉ!あなたの中国語は・・と
   思われますよ。
U30114086114043560319fm11gp0_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

ぞくぞく里帰りの”国宝”たち

960a304e251f95ca0cf1690cc4177f3e670    ぞくぞく、
   中国へ、買い戻されている
   中国の文物古物。
    どの国にもこうした事情はありますが、
   自国の文化にそう目を向けず、
   そんな時に、
   国外の人たちがその芸術性を高く評価
   買われていったか、持ち出されていった、宝物たち。
    中国は多いんですよね。
   歴史も長いしね。
 
     ・・・ってんで、
   本家になかった文芸宝物たちを今中国は必死に買い戻して
   います。
    いいことです。
   これは、本家にあってこそ・・・
   のものがたくさんありますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

旅行中にこうなると・・・大変だよね

10dfa9ec8a136327e2fd69899c8fa0ec08f    こちらは、今日の中国、某飛行場の様子。
   煙台イェン・タィってんですが、
   まぁ、一般の?日本の方はご存じない。
   あんまり観光ではいかないところですからね。
   われわれは、
    これの逆というか
    例えば昨日・今日の北海道の欠航ってな時に 、
   そんな時だって国外からの観光客はいっぱい来てるし、
   日本国内を移動の外国人観光客だって・・・
    これが、困る。
  普通に??日本人であったところで、
   そんな事態に対応するにはかなりの努力?が必要。
    それが、言葉が判らない、
   いろんな事が分かってない人たちがひとたびこれに
   巻き込まれたなら・・・・
    って、考えると、
   逆に、中国に限らなくていいですが、
   こうした予測しなかった事態にどう対応するかは
   難しい。
    せめて?やっぱり、コトバですよね・・・
   自分の置かれている状況が正しく把握できないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

ちょっと、恥ずかしいか?日本の民主主義

094g910l0    中国の某有名ネットサイトでも
   取り上げられた、日本の先日のこの様子。
    中国の方がこの映像とあの説明でどれくらいの方が
   判ってるのか、かなり不安ですが、
    ちょっと、恥ずかしいかな。
   この様子が恥ずかしいとは思わない。
    必死で双方が、自分の主張を通そうとしてそうなってる。
   その事になんの不思議もないし、
    個人的にはあの台湾議会の様子などを見てると、
   まだまだ・・・・と。

     恥ずかしいのは、
   白熱する議論・・・とある報道は言ってましが、
   全く白熱してないでしょ・・・これ。

     もし、もし、
   民主主義が数の理論だけで成り立つなら、
    今は、現状、数だけで言うなら、
   あらゆること?を通すことができるのですから、
    議論の場など要らない??
    これが、民主主義の姿だとするなら、
   中国の人たちは上の映像を、
    どんな感じで目にするんだろう??
    掴みかかる、自由?
    罵倒する  自由?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

ブルブルの寒さ、北京でも

  寒いよぉ~って、ニュースが中国からも
2018121009522951783   なんでも、
  12月中旬としては、近年にない寒さを記録してるそうで、
   どうりで・・・というか、
  北海道も寒いのです。
   函館は数日、雪も。
  もうかなりの量ですよ。
 
    暖かくして過ごしてくださいね。
  この時期、
   この寒さを暖かく過ごすことで、
   逆か! この寒さを温かくして乗り切りことが、
   未病に繋がるんだ!
   ってな記事を今見ていたわけですが、
735ba061133a4e768086fcb558d00d4e    中国でもうこうした研究が進んでるわけですよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

今週の中国語 -「快逓クァイ・ディ」 宅急便

  日本の宅急便は、最初から、宅急便?だった??
  宅配便ってのもまだあるでしょ。まぁどっちにしても、お宅へ配るわけだ。
  中国語でこのまま書いても通じませんねぇ・・・これ。
  数日書いてますから、お気づきでしょうが、
  日本のそれ・宅急便、とはちょっと違うんでそのままんかと言われると
  ちょっと、ね・・・
   でも、これしかないでしょ、日本の宅急便に当たるのは
U4257223944227212171fm26gp0
     快逓 クァィ・ディ
  ってのがそうなんですが、
    快クゥァィは無論、速い、
    逓ディは、手渡すのいみでしょ、そのむかし昔、
  日本でも、逓信省ってがありまして、それが、郵政省になり
   それが、いまや民営化・・・って話は違うほうへ行きそうですので
  戻りますよ。
U25872167153500795343fm26gp0      でその、日本の宅急便を思い浮かべていると、
   たとえば、その仕組みだとか、違いまして、
    中国ではこうして、バイクで運ぶのが多いですし、
    ほかの国だって、先にも書きましたように各国いろいろあって、
   アメリカのデリバリーサービスがどうなんてるか分かりませんが、
    そういえば、日本で、デリバリーというと、
   なぜか、食べ物の方を思い浮かべたり、それ限定だったりする人も
   いますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

中国物流事情 

U14881424723016299877fm26gp0_2    日本のそれ、
   物流がすばらしいのでそれがそのまま
   世界基準だと思ったら大間違い、
    いやぁいやぁ世界はそうなってない。
   これがひとつ、
   次に、中国の問題に限定して言うと
   一番の問題は、
    順番が逆なんだよね中国、
    どう逆かというと、
   例えば上の画がそうですが、
   ネットでの販売というこれまではなかった
   形態が世に出てきて
    それからやっと
   それを配送するためのインフラ整備に入る。
 
    物流が整わないうちに物流のその先にあるやつが
   スタートしちゃってる、
     これじゃぁ間に合うわけがない。
    でしょ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

中国・物流事情

 私から、中国の友人、Dさんに贈った荷物が届いた!との電話があった。
  はいはい、よかったですね・・・との会話のあと、
  ところがね・・・・と、切り出したのが、
    日本からの荷物が××日で届いてるのに・・・
   その数日前に自分が頼んだ、中国国内でネット購入した某商品が
 いまだ、届かないんだよねぇ・・・という話。
   わたしは、失礼ながら、
  ア( ゚Д゚)ハァ?  アハハと ちょっと笑ってしまって
  おいおい、それって失礼か??と思い直し、
  大変ですねぇ・・・・とは、
  いったものの。
   実際大変なんですけどね。

   ご存知でしょうが、
  先月のあの。11・11 騒ぎからまだ・・・・
  冷めやらぬ中国。

   ここでも日本とは違ういろ~んな事情を抱えまして
  中国の宅急便を含め、
  物流はいまというか、ますます大変なところへ来てるんでしょね。
    これだけの話で分かりますか??
   もっと具体的なというか根本のというかその辺のお話は
   明日に。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

やっぱ公務員だよね!

B8014a90f603738db919d06fbe1bb051f81    中国は、
  いまが、公務員試験のその真っ最中、
  ・・・ってんで、
   駆け付けたというか、お申し込みは90万人越え!
  無論試験会場はここだけではありませんが、
    それにしてもねぇ・・・・
   やっぱ、
   公務員ですかね?
   平均で60倍以上の難関だそうですよ。
   ってことは、100倍それ以上のとこがあるってことで、
   ソンナところへ入れる人って、
    もうそれだけで、
   凄くないですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

12月 函館日中

U23261064831300077298fm26gp0    函館日中友好協会
    12月の予定は、
   まず、中国語教室は年末を控え
   12月最後の25日火曜日はお休みとなります。
    ですので、今月は
   4・11・18日の 3回開催講座となります。
     どうぞ、ご注意ください。
    ただいま、
   会員向けに「はこだて日中だより」発送しております。
   お手元に届くまでいま少しお待ちください。
    この秋からの活動の報告です。
    年末・年始に特別の活動は予定されておりません。
   来年は
    春節が2月5日ですので、
   それに向けの準備に入ります。
    どうぞよろしくお願いいたします。
              函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

またまた、痛ましい事件が

71  昨日になるのかな、
  群馬県でのことですが、
  またまた、
  痛ましい事件が。
   中国から来ている
  技能研修性が殺害された。
  犯人の方も中国研修生らしい。
   同時にいま、
   今朝の新聞を見ていて、
   一面、トップに
    「道内実習生失踪88人」という
   字がおどっているのを見ている。
    そして、更には今の国会の論議でのあのありようも
   何度かニュースで目にしている。
    この問題、
   技能実習生の問題は、
   最近になってこうなったというのでもなく、
   上の88人という数字も、今年の・・・ということであり、
   それって、今年に限った問題でも数でもない。
    更に上の、
   事件にまでなるケースも、
   単発では、その地域ではニュースになっているが、
   全国的に或いはきちんと長期的に見て、その数を
   発表されることはない。
    いまいま、
   こんなに問題を抱えているのに、
   その問題は棚上げして更に進もうとしている点、
    前に書きましたが、
   この問題の最大は、”物”を外から入れるというのとは
   違い”人”を入れるんだという、大前提の視点がスッポリ抜けて
   いる点。
    もう一点は、
   この問題、論議されるとき、当然ずっと先の将来に
   日本の形にも影響する問題なのに、
   なんであんな年寄りばっかりが論議してるの?
   若い人の考え、若い人の意見、若い人の希望を
   是非取り入れてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »