« 10月号「わたしの見た中国」-「婚礼車隊」って知ってます? | トップページ | 「婚礼車隊」フン・リィ・チュー・ドゥィ  »

2018年10月26日 (金)

中国・結婚事情

   この、テーマにふれて、何度か書いております。今回書いたのは
  「婚礼車隊」ですが、
   これの対極として、前に「裸婚ルゥォ・フン」ってのも書いてますので、
  ついでの折にでも、「わたしの見た中国」の古いやつもご覧いただけるとU239858238160148770fm26gp0
 
 更にこれの前に、
 お見合いの問題についても触れております。
  まぁまぁ、人生の一大事でもありますからして、
 それなりに話題にもなりますし、
  問題?も沢山あるわけでして、
 もっと、もっと書くことはあるが、それはおいおい
   書くとして、
    さて、今回のこの騒ぎ「婚礼車隊」フン・リィ・チュ・ドゥィ  ですが、
   車をしたてて、結婚相手、新郎が新娘を迎えに行くその車が派手!
   ってことなんですが、
     まず、その・・・これですね、お金がかかります。
     相当かかります。まぁ、台数にもよるし準備する高級外車にもよる
   のは勿論ではありますが、
     ・・・ってことは、ですね、結局これって、俺って金あんどぅ~ってな
   のを世間にというか、待ちゆく人にまで広く知らせようという宣伝活動
   なわけでして、
    当然、そのこのお二人の愛情だったり幸福度とは何の関係性も
   ありません。
    金あんどぅ~を、相手方親族や、自分の周辺の人に知らせるのは
   いくらかの効果?はあるでしょうが、
    このように、街ゆく全く知らん人たちに、それを誇示したからと言って
   対して徳はないんですが、
     そこはそれ、そういう理屈でこうしたものは動いてませんから。
    それは世界中同じでしょ。

    日本だって・・・・以前は、古くは花嫁行列ってなのが・・・。
    でも、これはないなぁ・・・
   これからやって、流行るかなぁ・・・
    ダメでしょねきっと。シャイな?日本人には合わなそう。

    で、要するに、単に?車を連ねて、街中を走るんですが、
   これまた、縁起かなんかを担いでですね、たしか??この車列、
   右折→右折→右折と走るようにしてるんですよね・・・
   中国では交通が日本と反対ですので、右折は割と簡単にできて、
   左折は、日本の右折と同じでちょっと大変なんですし、
     それに何より、わたしが文で書いたように、
    これの撮影隊がすごいですよね、カメラも一台じゃないですよ。
    この人たち、もう必死ですよね、どんなに頑張ったところで、
    新郎新婦がただ、車に乗って移動しているだけの映像なのに・・・
    ・・・・それなのに、それを後で後ろ音楽も入れてどんだけ、
    派手派手に撮るかが求められてるらしく、
      かなりアクロバット的撮影をしてるのを何度も見かけたなぁ・・・
    ・・・ということで、それがどんどん派手になり、
    お金もかけ過ぎて、どうなの?コレ??
    ってとっから、先の「裸婚」へ行くわけですね。
    「裸婚」と字では書きますが、これ、服を着ていない・・・
    という意味ではありませんので、そちらを期待なさった方は
    残念でした!

|

« 10月号「わたしの見た中国」-「婚礼車隊」って知ってます? | トップページ | 「婚礼車隊」フン・リィ・チュー・ドゥィ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・結婚事情:

« 10月号「わたしの見た中国」-「婚礼車隊」って知ってます? | トップページ | 「婚礼車隊」フン・リィ・チュー・ドゥィ  »