« 中国に踏み切りが少ないわけは | トップページ | 鉄道と踏切、その数と成り立ち »

2018年7月19日 (木)

中国鉄道の踏み切りの少なさ

   こんなことを気にしたり、調べたり、ましてや、それを記録してる人なんてのは
 少ないんでしょうし、どこで、その記録を目にできるかも分からないので、
U3697717931616030183fm27gp0   ほぼ、当てずっぽうで言ってますが、こんな記録はないでしょうね、
   きっと。
    ネット社会に入って、よく言われていますが、
   ネットに入ってどんな細かなことでも書いてあって、
   人が思いつかないようなことも、そこでは調べられていて・・・・
   ってな話ですが、わたしの経験だけから言わせてもらえれば、
   ネットでも意外?に情報は限られていて、
   誰もが知りたいような情報はもうそれは無尽蔵にありますが、
   ひとたびそこからちょっと外れて、
   他人とちょっと違ったことを調べようと思うと、
   これがまた、見事に?ない。

     結局、情報の偏りですよね。
   どうでもいい・・・ある人たちにはどうでもよくない、
   誰それさんの何とか・・・ってのが矢鱈いっぱいあったり、
   一たび何かで話題になろうものなら、もう見切れないくらい
   誰もがそれについて書いてはくれるが、
   悪いがどれもこれも、これどっかで見たぞ、のような
   同じ種類の情報は多くなり、それについて、また書いてたりして
   かなりの量がそこにはあるが、
   肝心かなめのことは、どこにどう書かれてるのかが分かりづらい。

     中国の踏切が日本のそれより少ない、というのをわたしが
   感じたのは、
    旅していてですね、中国の夜行列車やなんかに乗り、
   夕方でた列車は、ず~と走り続けるわけですが、
   日本なら、かなりの頻度であの踏み切りの「カン、カン、カン・・」
   って音がですね、聞こえてこない。
   日本だと、少し・・・かなぁ・・・走って、ちょいと人家というか
   山間を抜けたりして、幹線道路との交わる、
   あるいは農道が線路を横切る、
   すると「カン・カン・カ~ン」と聞こえるのにね。
     誰か、知らないですか、
   中国のこの手の正確な数字というか、実態というか。

|

« 中国に踏み切りが少ないわけは | トップページ | 鉄道と踏切、その数と成り立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国鉄道の踏み切りの少なさ:

« 中国に踏み切りが少ないわけは | トップページ | 鉄道と踏切、その数と成り立ち »