« 鉄道と踏切、その数と成り立ち | トップページ | 『シルクロード・甘粛省書展』ご案内 »

2018年7月21日 (土)

今週の中国語 - 「熱中症」について

   多分ですね、恐らくですが、「熱中症 ルゥ・ヂォン・ヂェン」と読んで
  意味も辛うじて??通じてるかぁ・・・大丈夫かなぁ・・・日本にいる中国の人なら
  大丈夫か。んん・・・微妙!!って、これも流行ってるんですよね、ビミョウ。
Yjimage    実は前にもこれ取り上げてましてね、でも、もうお忘れでしょうし、
  最近こちらに遊びに来てる人のために、再びの「熱中症」ですが、
   まず、わたしが言いたいのは、この「中ヂォン」の使い方ですよね、
  これって、その「真ん中の」の中で日本では使われることが多くなり、
  あんまり、「当たる」又は「中る」の使い方の中が少ないので気づかない
  方が多くおいでのようですが、
    「中ヂォン」はあたる!の方で使われてまして、
   そん時は「食毒」ってなことで、毒にあたっちゃってるわけですよね。

   さて、そこで、熱に中ってるんで、熱中症なんでしょうが、
  「症」は同じですね日中共に疾病の意味ですから、お病気ですよね。
   
   ところが、問題?なのがもう一つ、
  普段、日本人は気温や気候の暑さは、暑さ と言ってるくせに、くせにですよ
  なぜ?こん時だけ 熱 を使うかなぁ・・・
   逆に中国語では、暑いときは 熱ルゥ と言ってましてね
   暑いは使わない・・・・のですが、
   日本語のこの熱中症を言うときは、逆にこちら 暑い 方の字を使うんですね
  これが。
   どうして、こうも捻じれて漢字が使われますかね・・・
   ですんで、結論、
  中国の方での  熱中症を 言いたいときは
  語順も逆さになって
        中暑 ヂォン・スゥ
    と、言うんですねこれが。

|

« 鉄道と踏切、その数と成り立ち | トップページ | 『シルクロード・甘粛省書展』ご案内 »

コメント

はじめまして、いつもブログを楽しく拝見させております。北京北海道人会 幹事団の佐藤と申します。
先日メールをお送りさせて頂いたのですが、届いておりますでしょうか?
8月に函館に帰省致しますので、予定が合えばご挨拶に伺いたいという内容でした。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: 北京北海道人会 幹事団 | 2018年7月22日 (日) 08時03分

Nin好!歓迎Ni来函館。

投稿: 函館日中友好協会 | 2018年7月27日 (金) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の中国語 - 「熱中症」について:

« 鉄道と踏切、その数と成り立ち | トップページ | 『シルクロード・甘粛省書展』ご案内 »