« 海外からのマラソンランナーたち、函館マラソン | トップページ | 今週の中国語は、こちら -  水灾スゥィ・ザァィ »

2018年7月 6日 (金)

函館を駆けぬけた、海外からのランナーたち

Banner  昨日のお話の続きです。
  で、その
  7月1日の函館マラソンに参加した、海外からのランナー・・・
  と、言ってもわたしの場合は中国語圏の方しかお相手できないし、
  かつ、いらした方全員とも触れ合うことはできませんので、
  その点を前置きしておいて、

   例えば、Tさん、香港人、
  今回のはこだてマラソン参加は初めて。
   もともと?市民ランナーらしく、日本の京都マラソンにも参加した
  ことがあるということですから、お話には出てこなかったがきっと
  日本以外の外国のマラソン大会なんかにもエントリーしたことが
  あるんでしょうね。
   今回は、なんで函館マラソン??ってとこが要の問題ですが、 
  それは、
   香港にJTB旅行社があるそうで、日本旅行を計画していた
  Tさん、今回は北海道旅行を・・・と思って、旅行会社へ行った、
  たまたま、時期的にはこだてマラソンがピッタリ日程にあった。
   千歳に入り、道南へ、マラソンに参加後は翌日小樽へ戻り
  札幌へ入り、千歳から香港へ、
   のコースで4泊5日の日程。
   これに申し込むと、マラソンの申し込みも、宿の手配も、
  函館までの移動その他ぜ~んぶやってくれるのでとても
  便利だった・・・と、Tさんの話。

    ちなみに、ちょっと参考までに代金を伺ったら、へぇ~
  Tさん、お金持ち!ってくらいの設定にはなっていたが、まぁまぁ
  そこを苦にしない?なら、こりゃ便利だわね・・・って話で。
    マラソンそのものの感想もうかがったが、生憎の天気。大雨。
   でも、香港の雨の降り方はこんなもんじゃないこともあるよ、と平気。
   更に、この時期のこの涼しさはありがたい、走りやすとおっしゃる。
7fe713d2f5a34570a079256597ae7dfb    この天候で、沿道の応援隊はいつもより少なったが、
   彼には、踊りで(多分あの和服姿で雨のなか踊っていた方々)が
   印象深く、それをあげ、
    ちいさな子供の投げかける「ガンバッテ~!!」という声が
   耳に残って、それを覚えた、と言ってました。
    緑の島でのエイドの食べ物にも触れていて、こちらは大満足。

    そんで、こっからですが、
   やっぱり、昨日もちょっと書きましたが、直行便がないので、
   ここまでの交通手段や、乗り換えその他、街での言語での問題は
   やはりちょっと大変だったようで、
     英語だけではどうも上手くゆかず、
   ご本人は、「もうちょっと、普通話(北京語)ができれば・・・
    (彼は広東語が母語)、」とはおしゃってましたが、いやダメですよ
   北京語ができたって・・・って、話はしておきました。

     彼の仲間にもまだまだ、こうした、小さな?マラソン大会に
   観光を兼ねて参加したいのはいるらしい。
     それには、まず足
      言語
     申し込み時期がかなり早い、
   などの問題があるようですよ。
    外国人申し込み枠ってのを設けて、もう少し申し込み基準などの
   ところで、ゆるやかな規則を設ける手も考えたほうがいいかもね、
   というのはわたしの感想。

|

« 海外からのマラソンランナーたち、函館マラソン | トップページ | 今週の中国語は、こちら -  水灾スゥィ・ザァィ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/73809794

この記事へのトラックバック一覧です: 函館を駆けぬけた、海外からのランナーたち:

« 海外からのマラソンランナーたち、函館マラソン | トップページ | 今週の中国語は、こちら -  水灾スゥィ・ザァィ »