« 出站口にて、 | トップページ | 明日はお休み、函館日中・中国語教室 »

2018年5月19日 (土)

函館大学公開講座へ

Yjimage    函館は、今日も雨。
  昨日よりは、降りも弱まって、幾分いいかな、ってな天気。
  何より、昨日のような強風は無くなったので何より。

   たった今、上の2018年春季「函館大学公開講座」
  ってのに行って、戻りました。
    こちらの講座は、色とりどりですが、今回は
  「1960年の日本文学代表団中国訪問旅行を再検討する」
    の講演が聞けるというので、伺いました。
   なんせ、御高名な先生のお話を
   しかも、ただで拝聴できるってんですから、
  これはもう行かない手はないでしょう!

    それにしては・・・・
   受講者がもっとたくさんいていいはずなのに・・・
   雨のせいでしょう。

    流石、大変ち密にお調べになって、
   資料もたくさん読み込んでいらっしゃるので、
   まだまだ先生はお話になりたかったのでしょうが、
   映像も、それも貴重な映像も拝見できました。

    2時間の講演でしたが、あっという間に終わり。
   いま、戻りまして、
    わたしなりに、当時の資料のちょっと気になる点などあり
   いまいま、資料をそこらじゅうに広げて、顰蹙をかってます。

     1960年代、
   中国が外の風を少しだけ入れたとき、
   文学者もそうですが、
   いろんな分野の芸術家たちが、御呼ばれ?で中国へ。
    その中に、
   日中友好協会もまた、団体の一つとして、入ってるんですが、
    そろそろ、この辺の記録をちゃ~んと整理して残して
   おかないと、生き証人??がいなくなっちゃいますからね。

    そういう意味では、地方でのそうした、この当時の活動
   もまた、貴重な資料でして、
    各地の日中の組織のみなさん!
    どっかに資料を残しておいてくださいね。
    ・・・・ってのがわたしの感想です。

|

« 出站口にて、 | トップページ | 明日はお休み、函館日中・中国語教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館大学公開講座へ:

« 出站口にて、 | トップページ | 明日はお休み、函館日中・中国語教室 »