« 出站口 ツゥ・ヂァン・コゥ を通るたび・・・ | トップページ | 函館大学公開講座へ »

2018年5月18日 (金)

出站口にて、

  結局、旅に出て、旅先のどんな場所でも構いませんが、
 わたしの場合、あぁ・・また中国に来たなぁ・・・と思わせてくれる風景は
 結局その世界遺産の風景でも、壮大な古代建築ではなくて、
U27919094101199147374fm27gp0   ごく、ありふれた日常の風景だったり、
  志井の人たちの何げない振る舞いだったり、
  まるで誰も気にもかけないありふれた傍のモノだったり、
    がわたしをまた・・・の感慨に誘う。

   それはいつもそうだ。
  その為に旅に出ているような気がする。
   この列車を降り立った、または、向こうから列車に乗るべくやってくる
  この人たちの中にポツネンと入っている自分がいる。
   み~んな会いたい人がいて、やらなければならい事があり、
  急ぎ足でわたしのかたわらを行き過ぎてゆく。

    自分ひとり、
   ん・・・!なんだ!・・・と思っている。
   その時、あぁ~また中国に来たんだ!と感じる。

|

« 出站口 ツゥ・ヂァン・コゥ を通るたび・・・ | トップページ | 函館大学公開講座へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出站口にて、:

« 出站口 ツゥ・ヂァン・コゥ を通るたび・・・ | トップページ | 函館大学公開講座へ »