« 有り余る遺産をどうするか | トップページ | 函館日中 6月の予定 »

2018年5月31日 (木)

立ちはだかる中国、羽毛球

2018052818224097230547992   優勝を決め、喜ぶ、中国隊ドゥィ、羽毛球ユゥ・マォ・チュゥ隊
  相手は、日本チーム。
    乒乓球ピン・パンチュゥ 卓球では最近日本チームの
  勢いに押され、以前の王者・中国の威容がゆらぎつつある昨今、
  こちらでは、何とか面目を保ち、嬉しかったんでしょうね。

   ことのほかの喜びようです。
  日本チームは、桃田選手がやはり強いようで、
  一矢を報いています。

    ・・・・という、ニュースを見ていて、
   思うのは、
   よく言われる、お家芸ってやつですが、
   これを維持しるのは現代では至難の技ですよね。
   試合そのものの技より、こっちの技の方が難しいってんですか。

   早い話が、例えば日本の柔道、
   世界各国に優れた指導者を出し、愛好者が増え、
   その本家本元が苦しくなるってやつですね。
   とりわけ、この手の、体力というか大型というか、体の大きさで
   かなりの部分が占めるそうした分野では、
   日本に限らず、アジアの選手たちは不利と言っていい。

    その代表が、
   相撲だ。

|

« 有り余る遺産をどうするか | トップページ | 函館日中 6月の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ちはだかる中国、羽毛球:

« 有り余る遺産をどうするか | トップページ | 函館日中 6月の予定 »