« 中国・瀋陽も大雪、大荒れの天候 | トップページ | 中国は、会議の季節 »

2018年3月 3日 (土)

中国で人気の、小説にも漫画にも変化が

Gamersky_33small_66_2016421142173d    これまでだと・・・というか
  以前だと・・・というか、前までは、
   中国の人と、本や映画や漫画の話をしていて、
  その対象が、中国の本だったり、映画だったり、
  或いは逆に、中国の人が見ている日本の本だったり漫画だったり
  にしても
    要するに、どちらからどちらを覗いても、わたしは何とかかんとか
  その話題についていけた。
    いや、たびたびわたしの方からそうした話題をふったりもしていた。

    ところが、
   ここのところ、それにズレが?出始めて、相手が何をいってるか、
  なんという作品で、どの本で、その作者さえわたしには分からない
  話をされることが多くなった。
    これって、まぁ、そのほとんどの部分は世代差、のところに
  あって、そこが埋まらないから、単に、双方交わるところがない。
Gamersky_35small_70_2016421142154d     中国の人に言われて、話題として提供されてはじめて、
   そんな作品が日本側にあるのを知ったりする。

     別段、そのことに対して驚きもないし、感慨もない。
   ただ、わたしにいまあるのは、
    へぇ~そんな?と言っては失礼か、
   その作品までもが、中国語で読めるのだろうか?と
   疑問に思っている。
    確かめるのを忘れた、これらの漫画を一体どうやって、 
   というのは、中国語で読んでるんだろうかそれとも・・・
   いやいや確か相手は日本語ができないはずだから・・・
   やっぱり中国語で・・・・だろう。
    とするなら、それはそれで、驚きです。
    というのも、逆はない。
   中国の例えば、漫画はちょっとないが、いまいまの小説を
   日本語で読める環境?には日本はないから。

|

« 中国・瀋陽も大雪、大荒れの天候 | トップページ | 中国は、会議の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国で人気の、小説にも漫画にも変化が:

« 中国・瀋陽も大雪、大荒れの天候 | トップページ | 中国は、会議の季節 »