« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月30日 (金)

動力車ー中国シンカンセン🚄

相変わらず、希望の列車のチケットが手に入り辛い。
切符売り場のお姉さんには、あきらめて、動力車にすれば、
と、さかんに、🚄を勧められ、
あのう~~それじゃ、こっち周りの列車で途中まで買えるか
どうか調べて下さい、と、食いさがる。
あんたねえ!と言いながら、カチャカチャやって、
ホラ!ね、あるでしょ〜。
この辺まで客の立場に立って、こちらが言わずともやってくれる様になるには
(ーー;)まだまだかかるだろうな。
人が多すぎるしね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

湖南を離れる。

湖南を離れます。何日いたんだ…ん 一週間いても見切れない。
古鎮がそれぞれ離れてるんで、まあまあこんなもんでしょう。
移動しないと切符が手に入らないと大変だしね。
相変わらず、鉄道切符は、希望どうりにはいかんなぁ〜。
結局、希望のは手にはいらん。
乗り継ぎダアあーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

知らない町を歩いて...

全く情報がない町を歩くのはそれなりに大変です。
しかし、それはそれで、楽しいところもあります。
本にも載らない、ネットにも情報がない。
しかし、こうした町に限って予想以上に楽しませてくれるー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

大陸路線バスの度

わたしの旅は、基本その町に着いたなら路線バスを使って移動しようとするので、時間がかかる。しかも、一か所にそんな長く一か所にいないので、大概漸く自分の使う路線が分かった頃には移動だ❗️
明日は大移動。せっかくすいすいバスに乗れるようになったのにね。
バスを待ってると、いかにも慣れたっ様子なのか?地元の人に間違えられ、道を尋ねられたりvしっちゃって・・,・・教えれないですけどね〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

夜中の団体客たち

夜中に突然、廊下が賑やかになって、目を覚まし、そっからは怒涛の、あちこちのドアが、ドタンバタン、次は、廊下で名を叫けびあう。
やられた、団体客の来襲だ。外からの興奮をそのまま持ち込み、こっちが寝てることなど御構い無し。
そっからは寝れない。明けがたウトウトしたら、今度は違う団体なのか、廊下で叫けびあう。
まいった、ツアーガイドさん、注意しましょうよ、どっからの客(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

果物が安くて、美味しい。

中国、果物安すぎ!美味しい!美味しすぎ!イチゴ、昨日買ったのは甘王なんてもんじゃない!デカイし、甘いし、色も!イチゴ食べた感を十二分に満たしてくれた。今日は何食べようかなぁー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖南に入る。

湖南に無事入りました。車中一緒になった老板娘は面白い人でした。ずっと自分の事をびっしり話して、ありがちな根掘り葉堀りこちらの事を訊くことも無く、楽しい人でした。日本にも来たことあると言ってたもんなぁ〜。快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

函館野外劇30周年記念誌、『ありがとう』 

Yjimage    函館野外劇30周年記念誌
      『ありがとう』
    を、函館日中友好協会 にもお贈りいただきました。
    ありがとうございます。
     野外劇30年の活動を丹念に綴ったものです。
     30年の活動を支えられた全ての方に、
    感謝と賛辞を贈ります。
     こちこそ、ありがとう、と言いたいです。
     今や函館市民では知らない人はおりません。
    ですが、これからは、もっともっと、外の人にも知ってもらいたいと
    願っております。
     とりわけ、うちの会は、日中ですので、
    函館へいらっしゃる、隣国からのお客様にも知ってもらい、
    見てもらい、
    できれば、参加もしていただきたいと
    願っております。
      野外劇のますますのご活躍を願ってやみません。
 
     記念誌ありがとうございました。
 
               20018年3月19日
                  函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

今週の中国語 - 「中奨了!」宝くじに当たったら!

U1682539242699605921fm27gp0   もしも、宝くじに当たったら、中国語では
    中了!ヂォン・ラ!
   と、叫んでください。
     中国語でのこの「中ヂォン」が当たるの意味です。
    実はこれ、
     日本語の中にだって、
    食中毒の「中」とか
    的に当たるから「的中」とか、
    ですね、生きてる?わけですが、
    今は日本はこちら、「当ダン」の方で処理してますが、
    こちらは、中国では、
     ある物事に当たっては・・・とか、
     担当するのこちらの意味のあたる、で使ってます。
    おっと、
    もう一つ、
    中国語をやられてる方は分かりますが、
    普段はこの「中」は一声といって、まっすつぐ、ヂォンーと
    発音しますが、この当たり!の時は、 ヂォン\ と、
    四声での発音となります。
      きっと、ご存じでしょうが、一応ね。
     大体がきっと先には悪いことにあたる・・その使い方
    だったと思うんですね、
     先ほどの、中毒、のように。
     でもまぁ、宝くじにあたるのも、実は・・・・
    そうねぇ、好いことばかりではではないようですしね。
     その意味では
     あってるか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

中国宝くじ(彩票ツァィピァォ)当たったら

U27173500421057355750fm27gp0    今月号、「わたしの見た中国」は、
            彩票ツァィ・ピァォ
    話題ですが、
      確か買うのは、1・2元だったと思います。
    当たったらどうなるの?ってのは
    実は自分が関心がないせいか、あれ~いくらだったかなぁ・・・
   確か、私の場合は日本のもはっきりわかってないんで、
   そんな人の情報は何の役にも立たないのを承知で言えば、
    日本より格段にデカイ!金額が・・・ってな印象をもってるのは
   どっからきてるんでしょうか?

     まぁ、きっと調べれば分かるんですがそれも面倒なんで
   先に話をすすめると、
     あの物価?でですよ、日本より高額当選があるとするなら、
   そりゃまぁ、その差は?凄い!!

     かつですね、これは、どこで見たんだったかなぁ~
   テレビのニュース番組??
     とにかく、その当選者、ご本人が出演というか、
   表に出てきてた。
     これって、日本はないよね。
    中国も、西洋のようにそのまんま素顔丸出し!
   ってなのではなくて、
     何かかぶりもの??での出演だったり、
     声だけだったり、
     代理人?だったり、
   でも、出るのよ、表に。
    この点が違いますよね。

    これは、ある意味また違った意味があるのでは。
   恐らくですが、
    中国、彩票に対する一般庶民のその信頼度ってんですか、
   「ホントに当選者いんのかよ!!」ってな疑惑の目に
   これで答えてるんじゃないでしょうかねぇ・・・
    ってのがわたしの見かたですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

中国の宝くじ(彩票ツァィ・ピァォ)売り場について、

U11450028841210328565fm27gp0_2   今月号、「わたしの見た中国」は、彩票ツァィ・ピァォ、宝くじ話題。
  中国での宝くじ、結構種類があるよ、ってなことを昨日書いた。
   それで、それってどんなとこで売ってんの?
  ってお尋ねですが、これって、ほとんど日本と違わないんじゃない?
  ってのがわたしの答えですが、
   実は正確なところが分かってません。
   一体、あれはどういう決まりになってるんでしょうか、
  例えばですね、日本にあるような、
   地下街のどこかの一角にその売り場が・・・ってのは見たことないなぁ、
  許可されないのかなぁ・・?
    大都市のの地下街なんかあんなに人いっぱいいるんだから、
  あそにあったら売れるんじゃない!
    と、普通には考えますよね。
    これが分からんのと、
   もう一点、
    日本のようなあの、何といいますか、小さなボックスのような、
   一戸建て?ってんですか、物置を改造したような(失礼!)
   あんなボックスタイプ見かけないなぁ、
U15704698983270395922fm27gp0     基本、お店だよね、お店。
   しかも、何故か?・・・中国だからかな?赤が目立つお店が
   多かったなぁ。
     大体この手の、お正月でもないのに紅色が使われてるのは
   この手の店が多かった。
     この色使いは日本にはないよね。
    まぁ、これって宝くじ売り場に限らない、色遣いの違いでは
  ありますが。
    日本のように「出ました!!この売り場から!!」的な看板
  もみなかったように思う、ダメなの?自慢しちゃ??

    もう一つは、最近は見ないけど前には、文にも書いた、
   トラックの横腹をグァ~ンと開けてそのままステージになって、
   派手な演出でその場で売る、宝くじトラック、日本にはないよね。
   でも、その・・・分かんないことあ沢山あって、
  発売の種類が多いのに、その割にはそこらへんの売り方は
  どうやってのかなぁ・・・とか、
    あれらのお店って、勝手にはきっと出せないでしょ、
  んん・・・分からんことだらけだ、
    来週中国へ発つんで、調べられたら調べてみよう~っと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

今月号「わたしの見た中国」は、彩票ツァィ・ピァォ

U38602713404113182227fm27gp0    先日、郵票ヨゥ・ピァォ、切手について書きました。
  その際にも申しましたように、この、票ピァォはそうした、
  紙片を表すんだ、という話をしました。そうして、そうした紙の中身は?
  凡そそのお金にからんだものが多くて、
   今月号の「わたしの見た中国」もその意味ではピッタリ?の
  の話です。どうぞ、ご覧ください。
   さて、この彩票が宝くじを表してます。
  これ、結構気に入ってる、漢字表記の一つですね。
   日本語の、「宝くじ」はあまりにストレート過ぎて・・・ちょっとね
   彩りの票、と書いて、これで「宝くじ」は結構上手いというか、
  ちょっと綺麗ですよね。
   逆の日本語が漢字で表記して綺麗なのは、
  例えば「空港」ってのが好きですね、空の港、ってのはいい感じ
  それが中国語では「機場ジィ・チャン」と飛行所ってんで
   あんまり直接すぎて、どうも・・・・。

   閑話休題。
  さて、その宝くじですが、
  中国にあるの?って、驚かれる人もいますが、
  それって、どうしてそうお考えになるんでしょう?
  社会主義には「宝くじ」は似合わない?ってことでしょうか??
   でも、わたしは詳しいことは分かりませんが、あるでしょ、普通?
  どの国だって「宝くじ」??
   ないんですか?誰か教えてください。

   それは、置いといて、
  中国はありますよ「宝くじ」。
  しかも、一杯!!多分ですが、日本よりも・・・?

   ってなことをまずはお知らせしといて、
  「隗かい」のホームページ、「わたしの見た中国」ご覧下さい。
   明日、また、この続きを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

今週の中国語 - 郵票ヨゥ・ピァォ  切手です。

B04a0ff4b8844eaa9888fec8c277eb79     今週の中国語は、切手
  中国語では 郵票 ヨゥ・ピァォ
  ですが、
  前っかわの、郵便の郵の字もまた、例によって簡体字では
  垂が、由の字に代われて、それに右側のおおざとへん、がくっついて
  郵の字をつくります。
    まずその、切手、という日本語もまたこれまたちょっと
  不思議ですね、
   漢字の使い方としては、そのまんまだと、現代ではちょと
  奇異ですよね。
    まぁ、古くいわれはあるようですが、ないとあまりに唐突?
  でしょ、切符ってのはまだね、ナントカ。
   その点?中国語では、票はだいたいそうした、紙切れというか、
  証券的なもの印刷されたなんらかのやり取りを表す紙を、
  票ピァォと呼んでますんで、
   郵票は納得!の意味ですね。
   言葉とはちょっと離れますが、
  中国での記念切手、日本より種類多いかなぁ・・・
  まだまだ、その切手収集家が沢山いますよね、
  あれどこだったかなぁ・・・北京か?ビル丸ごと記念切手を扱う
  業者あ集まった各階ぜんぶ、小さく区切った切手業者の入ってる
  ビルにいってその熱意に驚いたことがある。

    最初の画は、
   いまいま、開催されている、中国での会議を記念して発行の切手。
  なんでも切手になるんだよね・・・これが。
   面白い切手、綺麗な切手も沢山ありますよ、
  興味のある方はちょっと、集めてみてはいかがです。
   というわけで、今週は
    郵票 ヨゥ・ピァォ
   でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

三・八婦人節 と 相撲

  昨日書いた中国の三八婦人節サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ
 話題の続き。これまた、つまらんというか・・・でもまぁこの時期?
 限定かなと思ってとりあえず
42166d224f4a20a4fdd07ad39c529822730   取り合わせが意外すぎて面白かったので取り上げました。
  全く意味がないと思います。
   さの昨日の三八婦人節に女性たちがこうして
  お相撲さんの格好で街を闊歩、
    その日、婦人デーであることをアッピール
  ってんですがね。
   やっぱどう考えても意味ないなぁ、
  でもなぁ、
    時期もの話題だし、
   中国で相撲という飛びぐあい?も
   それが女性というか婦人節にという意外性もあって、
   まぁ、記録というか記念というか、
   書いときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

三・八婦人節おめでとう! サン・バァ・フゥ・ニュゥ・ジェ

8eedfc56b5624863bdff051dbef9ae40_2     以前にも書いたので、今日、3月8日が
   婦人の日だ、というのはもうご存知のことと思います。
    それで、
   たまたま、その関連で目にしたニュースがこんなのだと
   こんなの、ってのは失礼か、
   訂正、
   もっとこう、婦人の日というその日らしいニュースがあるはず。
B2de9c82d158ccbfe3458e2915d8bc3eb13     でもまぁ、それって、
   日本のニュースを扱う中国での話題の取り上げ方も
   同じようなことがいえるんですが、
    結局なんか、
   違うんだよなぁ・・・・これ・・・と
   思ってみている。
    更に心配は、
   これを真に受ける??人だっているわけでしょ。
   これをこのまんま、そうなんぁ~とか、
   えッ!そうなの!!
    とかの人がいる。
   そっちの人の方が実は多いんでよね。
   それがちょっと心配。
    婦人の日だからと言ってなにも、チャィナドレスで
   並ぶ日ではないし、婦人の人チャイナドレスにはなんの
   関係もないわけでして・・・。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

ゆとりある社会へ、中国

U4243983201017759403fm173s20ea48b62   始まった、中国・第十三届全国人大 ・一次会
   昨日の李克強 リィ・クゥ・チャン のお定まりの?演説を聞いていても、
D62a6059252dd42a73a6df840f3b5bb5c9e    こんな映像を見せられても、
   ここのところの中国にちょっと余裕が見え始めてきた、
   人間のというか、ヒトの余裕って、そのまぁ
   言葉にも出ますよね、
    昨日の演説からもそれは見て取れるし、
   端的には以前のような、××に勝利しよう!とか、
   ××を堅持・・・的な言い方がなくなって、
   誰かの背中を追いかけている感、が薄れて、
   それはもういいんだ・・・って感じ、
    上の歓談の絵をみても、
    内外記者に対する対応を見ても、
U28325451793092319434fm173s1423e8b4      そうそう、きりきりせずとも好くなった中国。
    これって、
    やっぱ経済なんだろうなぁ・・・
      でもですよ、
    あえて言うなら、本当の余裕ってこんなんじゃなくて・・・・
    ってのは、まだ、分からないよね。
    本当は中国そのへんのことを早くに知るはずの国なんですけどね。
    だってほら、
    この長い歴史と、あまたの偉人がおって、その 教えがあるんですから。
     それにも気づてはいるんでしょうけどね、
    とりあえず今は、高みに上って見えてきた景色を楽しんでる、
    ってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

中国は、会議の季節

Ioyzfxipenm8534971    中国では今日からの会議に。
   テレビも特別番組編成でそれを伝えています。
    日本では、習主席の任期が・・・で、多くの報道が割かれてますが、
   無論?中国の論調の柱はそこになくて、
     いまいま、席に着いた代表の席には、
   36頁の報告書を手にいま読み進んでることでしょう。
   うち、前がわ14頁がこれまでの5年間、
    後の後ろのページは、これから、未来を語ったものだそうで、
   それから見ても、過去の実績はそう強調するまでもなく、
   未来に向かって何をなすかを多く語っているようです。
    一つは、開放改革40周年を強調してるのと、
    経済的は日本を抜いて世界の二位に、
   ってなのを盛んに取り上げてます。
5882b2b7d0a20cf4ca69a1f17a094b36aca     始まりました、始まりました。
   今、10時。現地時間9時ですので、
    お偉いさんの、ひな壇に並ぶ人たちの入場、
    開会宣言です。
    これに先立ち、
   人民代表会議場入り口での、
   メディアに対するサービス?でしょうか
   各地代表のさらにその選ばれた代表、
   ネット会社の社長とか、少数民族の村の代表とか、工場長とか
   その代表に選ばれた人への、
    マスコミ各社からの一問一答的な、何てんですかね、
   レッドカーペットの途中でのインタビュー的なのを見せられていて、
     まず、
   農民の代表(とはいえ、普通の人じゃないだろうなぁとは思うが)
   が、記者の質問に対し、(あれこれ、事前に質問内容知ってるのか?)
   実に堂々と自身の考え意見を述べている。
    これにもちょっと驚きというか、中国はどんだけすごい人がいるんだ、
   とは思うが、
    それよりもなによりも、わたしが、
   一番に感心したのは、おしなべて、み~んな、
   綺麗な普通話いわゆる、北京語でお話になるんだこれが、
     まぁ、そういう人たちなんでしょうけどね。
     変わったよね中国も。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

中国で人気の、小説にも漫画にも変化が

Gamersky_33small_66_2016421142173d    これまでだと・・・というか
  以前だと・・・というか、前までは、
   中国の人と、本や映画や漫画の話をしていて、
  その対象が、中国の本だったり、映画だったり、
  或いは逆に、中国の人が見ている日本の本だったり漫画だったり
  にしても
    要するに、どちらからどちらを覗いても、わたしは何とかかんとか
  その話題についていけた。
    いや、たびたびわたしの方からそうした話題をふったりもしていた。

    ところが、
   ここのところ、それにズレが?出始めて、相手が何をいってるか、
  なんという作品で、どの本で、その作者さえわたしには分からない
  話をされることが多くなった。
    これって、まぁ、そのほとんどの部分は世代差、のところに
  あって、そこが埋まらないから、単に、双方交わるところがない。
Gamersky_35small_70_2016421142154d     中国の人に言われて、話題として提供されてはじめて、
   そんな作品が日本側にあるのを知ったりする。

     別段、そのことに対して驚きもないし、感慨もない。
   ただ、わたしにいまあるのは、
    へぇ~そんな?と言っては失礼か、
   その作品までもが、中国語で読めるのだろうか?と
   疑問に思っている。
    確かめるのを忘れた、これらの漫画を一体どうやって、 
   というのは、中国語で読んでるんだろうかそれとも・・・
   いやいや確か相手は日本語ができないはずだから・・・
   やっぱり中国語で・・・・だろう。
    とするなら、それはそれで、驚きです。
    というのも、逆はない。
   中国の例えば、漫画はちょっとないが、いまいまの小説を
   日本語で読める環境?には日本はないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

中国・瀋陽も大雪、大荒れの天候

  昨日から盛んに今日は大荒れの天気になるとの予報。
 今日はその通りに朝から、函館は霙交じりの雪です。荒れてます。
  たまたま、昨日、瀋陽市の人たちのことを書きましたが、その瀋陽も
C8177f3e6709c93d45bd46de933df8dcd10    昨日から大荒れです。
   あんまりこんなに雪は降らないんですけどね、
Ec080faec84744219d300a26d31b0cd5482
     なんで、この方を見てもわかるように、
   車の雪はね道具も持ってませんね。
     たまにしか降らないところでの大雪も大変です。

   かと思えば、
    あの広い中国、南のほうからは、もうそろそろ春の便りが。
   そりゃぁそうだよね
    日本だってそろそろ・・・でしょ。
    とりあえず、中国北方は今日は黄色警告が出てる。
   北海道もまた、いろんな警報が出てます。
    かなわんなぁ・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »