« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

逆転の時代 ・・・ 技術の逆転

  中国と日本のそのこれまでとの位置?おかれている状況?の
 逆転について、
   昨日はその数の逆転を書いた。
   今日はその技術面での逆転ですが、
  これもみなさん?もうお感じになっていると思いますが、
  これまでは、技術的に劣っていた中国、
  それが、いつの間にか、自分たちの前にいたりする。
    これって、その技術畑の人は一番お判りでしょうが、
  これまでは、中国にその技術最新のものをもって行っていたのが
  今度は、中国へ行ってその技術を、最先端の設備に触れる機会が
  増えているはずだ。
    とりわけ、コンピューター、情報処理のところでそれが顕著。
   これは必然、でしょう。
  技術とはそうしたものだし、
   それは、日本もまた歩んできた道でもある。
   中国が違うのはですね、
  そのスピード。
    これには目をみはる。
   今最先端のものが中国発で、
   最先端の技術が中国に集まりつつある。
   それは、たとえば
   こんなシーンでも見れる。
   例えば、顔認識の端末がこんなところにも!!
   ってところで、すでに中国では実用化されている。
     駅での顔認識、 
     学食でも顔認識
157_38350_848a8cc7c95cee80b23a01458

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

逆転の時代 ・・ 数の逆転

   中国と日本の関係が、日本と中国の関係が逆転してきている。
 そんな思いを最近たびたび、感じている。
   先日そんな思いを
  北海道日中友好協会・機関誌 『日本と中国』北海道版に書いた。
   その際の文を以下転載しておく、
   ・・・・・ 函館日中友好協会
     「逆転の時代 - 函館日中・近況」
  年を追う毎に、外国から日本を訪れるお客さまの数が増えている。
  北海道もその例外ではない。急増した外国からのお客様を迎え、
  各地でその数が逆転しているということを耳にする。つまり、これまで
  は圧倒的に日本人が多かった各観光地も知らぬ間に日本人よりも
  外国からのお客様の数が上回っているという。数の逆転だ。
    函館日中も例外ではない。近年その数が逆転している。
    函館日中の活動は2017年に入って2月14日に「春節を祝う会」
  を、6月18日に「野外焼肉交流会」をそれぞれ開催し、協会会員の
  皆さんや中国語教室の受講生、留学生に参加をいただいて交流会を
  開催した。
   交流会を開催する度に参加していただく、日本人の数と中国留学生
  の数が逆転。日本人参加者より中国留学生の人たちの数が多い。
    別段そのこと自体に問題はない。しかし、
  時代を感じる。 
   交流の在り方もこれまでとはまた違った。
   逆転の発想をもってしなければならない時代なのかも知れないと
  考えさせられる。
                        函館日中
    ・・・・
  と、書いた。
    いままたその感を強くしている。
  それは、もう数だけではなく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

中国・烏鎮での会議

   この会議、
  まずは、何でこんな?というか、ここが好いのかぁ・・・
  と思って見ているとの、
   この会議でまたまた、中国はグンと先を行くんですかね?
  と思って注目。
   日本じゃ誰も騒がないでしょうが、
   そりゃしょうがない。
 
   かなり、狭い業界?での会議だし、
  その注目度は国内(中国)にあってもそう大きくはないようだ。
  でも、前にもやったことがあるそうな。
   この烏鎮ウー・チン自体は観光地でしてしかも
   そんな大きな町ではないので、
  あぁ・・あそこでやるんだ~というのと、
  そういえば、昔の古鎮グーヂェンの中に何やら大々的に
  やたら、近代的だが昔風の設えのを建ててるな・・・と思ったのは
  何年前の旅行の時だろう。
    そん時からもうこんな考えあったんですね、きっと。
   やっぱ先をみる時間の感覚が日本人とはどうやら違う。
   さて、その会議、具体的な中まではわたしも判らんが、
  わたしがいま、感じている中国のアイ・ティを初めとした、
  この辺の最新技術、
   そろそろ、その位置が逆転しそうだからだ。
   そういえば・・・・
  逆転だよね、
   先日書いた文がそのまま言えてる、それって・・・
   それは明日また。
03087bf40ad162d9d03caf8f1adfa9ec8_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

趙微 ヴィッキーー・チャォ 帰国したと思ったら・・・

  つい、この間(わたしの感覚では・・・)
 彼女(趙微ヴィッキー・チャォ)が、
  今度は、
  ・・・ってのも、彼女何度も裁判沙汰になってますし、
  彼女の丈夫(夫)がまた、経済の面でなかなかの
  やりて?らしくて、
   そちらの方、彼の会社関係でも度々話題になってますが、
  今度は、
    中国の証券法違反とかで・・・
  のニュースを目にしたがこれがなんか難しくてわたしには
  ちょっと詳しい処が判らない。
   判るのは、彼の夫の会社、
  ペーパーカンパニーかなんか作って、
  操作したらしい、という程度のことで、
   問題の核心がわたしには判ってない。
   わたしに判るのは
  彼女が望んで自分からそうしてるのか、
  そこもわからんが、とりあえず彼女、
  闘う人らしい、
   決して屈しない、ってことは非を認めない。
   んん・・・でもこれ、中国の女性ってか中国の人にとって
  そんな珍しいことではないからなぁ・・・
   つい、この間話題に人がまたまた話題になっていて
  ちょっと、あれ!と思ったそれだけのことではありますが。
  Ev_2fypatmu9404278_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

今週の中国語 - 「一路不平安」

  今週の中国語、
  直ぐに気づきました?
  本来は「一路平安」ならぬ「一路不平安」
  ってんですが、
    まず、ちゃんとしたやつを説明。
  日本語は「道中ご無事で!!」ってこの別れの際の挨拶、
  中国語では「一路平安イー・ルゥ・ピン・アン」ってんですね。
 
    まぁ、ここまでは大体の人が知ってる。
  ってんで、今日の話題は更にそれを
    「一路平安」ってなってんのは
   今日、中国のサイトを見てたら、
    北海道千歳空港のあの混乱を、日本国内より・・・かなぁ
   トップで取り上げていた。
    んん・・・
   これでまた、北海道の印象が悪くならんといいんだが・・・
   トップ扱いだと、中国の人たち一体これ、何億人が見てるんだ。
     一路平安に直したいなぁ・・・
9358d109b3de9c821ea001206781800a18d
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

「確認座位」は失敗続き

   今月号「わたしの見た中国」で取り上げた、
  この「確認座位 チュェ・レン・ズォ・ウェィ」は失敗続きだった。
   一体他の人はどうされてるのか、まえまえから気になっていた。
  でも、多くの方はこれを必要としていない旅だったり、
  必要としてにしても、中国の人が実家に帰ってる便での再び
  日本へ入国するための便だったりで参考にならない。
    失敗の多くはその、言語能力の問題と、中国の電話事情に
   あったと、いまでは考えている。
    たとえば、、
   日中は遊んで歩いてる、だから、航空会社服務台との連絡が上手く
   いかない、となれば、日中誰かがわたしの替りに連絡を入れておいて
   くれさえすればいい・・・・というのに気づいた。
     そこで、・・・初めての土地の旅で知り合いなどなく、
   そうなればもう泊まったホテルの従業員と少し仲良くなり、
    朝、出かける時に、連絡をお願いして、自分たちは遊びに、
    この時の失敗は、ホテルでのわたしの名前というか、頼んだその人が
   しってるわたしは、中国名、中国読みでのわたしであり、
    連絡を入れた先の相手は、その日にそんな人の予約は入ってない、
   と言われた・・・という、
     あとで分かったが、その時は、慌てた。
     予約さえ入ってないって!!そんなぁ~
   かなり後になって判ったというか、気づいたというか、
    名前を・・・と言われて、そのスペルをどうやら Dong ・・・と
   中国語読みで伝えていたらしい、
     だよね、漢字でいきなり伝えるわけじゃないんで、スペルを
   求められ、普通に、中国読みしてそれをピンインで電話で
   伝え、そんな日本人の予約は入ってない!とキッパリ!!
   言われたんだろうなぁきっと。
     ご本人もその事には気づいてないので、
   ごくごく普通に、わたしに面と向かって、
    ・・・・予約そのものがないそうですよ・・・と言われた。
    その時のわたしは、
   中国人が言ってだめなのものが、わたしの手に終えるだろうか・・
   という不安と、
    更に、最初の予約そのものが・・・がと言われかなりあせった。
    こんな具合に失敗が数々ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

今月号 ー 「確認座位」 の失敗

   これで、何度か失敗している。これ・・・というのはその今月号の話題
  「確認座位」チュェ・レン・ズォ・ウェィ ・・・ リコンファーム。
   なんせ、これ、ちょっと、わたしには、手ごわかった。

   何故、そうなるかというと、幾つかの関門?があって、
  まずその、これって、あらかじめ時間が向こうから指定されていて、 
  ちょっとは余裕はあるんですが・・・一週間くらいから三日くらいかなぁ
  会社によって違う。
    要するにこの間に済ませなくてはいけない。つまり、前もって例えば
  出発の際というような余り早すぎても受け付けてくれない。
   そりゃそうか、それじゃ、確認??にならないから・・・。
 
     時間が区切られ、制限がある。
   しかも国際便となれば、言語の問題がある。
   大概、英語での応対が多かったように思う。しかもそれは互いに母語
  ではないので、そこそこ、大変。そこで、中国語でお願いします・・・って
  いうと、そうしてはくれるのだが今度は向こうの話す話し方が余りに
  早くて加減がなくこっちが追い付かない。
   更にしかも、電話での応対。
  更に更に、中国の当時の電話事情は今の様なわけにはいかない。
  更に更に更に、中国で電話を受ける相手側は、相手が”客”などという
  認識というか、様子にお役様扱いなどしてくれないどころか、
  まるでつっけんどん!!
    そして、文章にも書いたようにこっちは旅先であそんでるのであって、
  朝ちょっと早いと向こうはまだ出勤時間にならず
  ちょっと午後遅いと、さっさと帰ってるのか、もう勤務時間があと少しと
  あっては誰も電話を取り上げない。
    大体電話しても、繋がった向こうが、
  こちらは××服務中心です・・・ってなことを向こうから名乗ることはない、
  しょうがないのでこちらから、そちらは××服務台ですか??と訊く、
  その時点で、何が服務台サービスカウンターだ!!
    ぜんぜんサービスなんかないじゃないか、どこがこれのサービスか
  不思議でならなかった。
    まずは、つながらない。やっとつながってもこのありさま。
  なんでこんなに旅先で苦労しなくちゃならんのだ・・・と
    思ったこと数知れずの「確認座位」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

今月号「わたしの見た中国」ー「確認座位」

   今月号「わたしの見た中国」の紹介遅くなりました。
  とっくに、更新済みです。どうぞ、こちら、
  をご覧ください。
    これねぇ・・・
   わたしが今回書いたのは、国際便のわたしの際はその帰国便の
  お話でしたが、
    意外にそれ以外にもあるんですけどね。
   面倒だったなぁ・・・いや、まだ現在進行形かぁ、
  面倒、何せ、こっちは毎日遊んで、遊んで、遊び歩いてわけでして、
    時に、その存在さえ忘れがち。
    これってわたしだけではないと思うんですよね。
  みんなどうしてるんかなぁ~
    いやいや、やりますよ、やりますけど・・・
   まぁ、まずはそのわたしの面倒くさがり具合を読んで見て
  ください。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

18日、料理教室終了!!

   ありがとうございました。
  18日の料理教室は、終了いたしました。
  一難去って、また一難の
   片方の一難がこれにあって、
   もう片方の一難は電脳の調子が悪い。
  なにゆえ、電脳は突然こうなるのか・・・という愚痴はともかく、
    調子が悪いので、こちらの記事もちょっと短めにしておきますが、
   先ずはお礼です。
    参加いただいたみんさんありがとうございました!!
   講師の先生もご苦労様でした。
    詳しくはまた、いままだ、電脳の復旧に努めてまして、
   このあと改めて。
Yjimage_2      感謝参加! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

今週の中国語 - 「禍不単行 フォ・ブ・ダン・シン」

U29368009882578266819fm27gp0_5     一難去ってまた一難 の今週です。

   いやぁ~参りました!

     泣きっ面に蜂 ってんでしょうか、

    今週の中国語はまさにこれ!!

     禍は独りでやってこない!って、

     一つで沢山ですよ。勘弁して!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

やっと( ;∀;) 復旧!と思ったら、急事!!明日の料理・教室

   いやいやぁ~・・・
  電脳も、昨日までは・・・・ってか、もっと前か、好好ル~
    (。>0<。) 
  突然ですね、ここにログインできなくなって、
  この数日、悪戦苦闘・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
  ってか、大したことはしてないんですが、
  それでも不便なんで、あれやこれや・・・はやってましたが

    そんな時に限って!ってんですか、
       (p´□`q)゜o。。
   一難さって、また・・・ってやつです。

   明日の・・・って、急に話題が変わりますが、
  函館日中、明日の 料理教室!!
   先生にお願いしていた、陳さんが・・・来れない・・・って、
  えぇ~、いま・・・
    まぁどうしょうもない、没辨法 メィ・バン・ファ
  代打の先生に急きょお願いしました!!
    ですので、やるにはやるんですが・・・
  もう、みなさんへの連絡も間に合いそうにないし・・・
  こちらをご覧のみなさん、・・・・ということです。

    更に更に、個人的にも・・・えぇ~こんな時に・・・が  
  重なって、今週はなんだろうなぁ
              ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
    まいった!!
   そうだ!
  まだ、やることがあったんだぁ~
              (@Д@;
   ってことで、きょうは急ぎここまで書きました。
  明日・・・大丈夫だったら、また、読んでください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修復中

こちらのブログ、只今修復中。
何故か調子が悪い。
ご不便をお掛けしております。
今少しお時間を下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

今週の中国語中国語 - 「打折 ダァ・ズゥ」

U25608613544253624079fm27gp0

    今日は、ホラ、この日
   双11 スゥァン・シ・イー  の日なんで、
   日本でもヤフーが「いい買い物の日」と言ってますし、
   ここは、安売り話題でしょ!

     ってんで、中国語では割引を
   打折 ダァ・ズゥ
    と言います。

    残念ながら、日本語のその割引は、漢字で書いてもちょっとね・・
   上手く通じないかも。いや、通じないな。
    日本語の方はその、全体を例えば10として、それを割って、
   十分の一を引いたりするからでしょうね・・・多分。

    中国語では、元に数の分だけかけて、引きます。
   ですので、注意してください!
     上の図では、6・5折 となってますよね、
 
   例えば、8折 となってましたら、これ80パーセントオフではなく、
   8掛けですので、20パーセントオフのことです。
    これ、注意が必要です。
   反対もあって、向こうからってのは中国からいらしたお客さんが
   日本の広告をみて、%を理解してない人がいたりして、
   これ結構厄介です。
     今日一には、中国、すさまじい値引き合戦です。
U6280158352129765149fm27gp0_2
    こんなのとか・・・
   なんせ、もう大勢?はついてるかと思いますが
    1元のタイムセールね・・・ご存知の方はご存知でしょうが、
   無茶苦茶なんです。

    あぁ・・・今日はそんな話ではなく、
   割引 = 打折 ダァ・ズゥ の話でした。

     いつも、わたしの話を割り引いて聞いているアナタ!
   これ、ホントです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

どうなる?今年の11・11以降・・・

   もう、明日だもんなぁ・・11/11。この日のことはもう何度も書いてる。

  今!わたしの関心はそのあとの・・・・
Faedab64034f78f0c24e19aa72310a55b31
    こちら。
  宅急便のひとたち。
    恐らくですが、全体の取引高というか、売り上げというか、
  それってもう規制の事実として、昨年比何パーセント伸び!! 
  ってのがもう決まってる。

    それはもういい?わたしには関心がない。
   その馬鹿げた?売り上げを記録したそれぞれのお店はネット上に
   あるわけでして、
    当然!商品の発送はこちらが頼り。
   その頼りの、物流の部分で、
   いまいま、色んな問題が・・・。
    そりゃそうでしょ。
   日本だって、宅急便のみなさんのまた別の問題が。
   しかしこの一つ、
    労働力不足は共通してありますね。

    あとの問題は、中国独特の・・・がいっぱいあるんですよ。
   何せホラ、急にこうした需要が湧きだした?中国。
   整備が追い付いてない!ってな、単純な問題の他に、
   更にこの時期は、何度も書いてますが、その量が半端じゃない。
    日本のお歳暮配送・・・なんてなもんじゃないですよ。
   まぁまぁ、ひとつひとつの問題は現場から声が上がって、
   或いは利用者の弁から問題が指摘され、
    それぞれに対応策は打つんですよ、当たり前に。
    ただねぇ・・・その・・・
   何度もしつこいですが、その量がねぇ・・・
   想像つきますか?
     この話題日本でも取り上げられるのかなぁ・・・
   中国サイトでは既に騒がれてますが、中国語での報道しか
   ないようですから、関心のある方は挑戦してみて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

グルグル巻きの赤ちゃん、証拠写真

  前に、「わたしの見た中国」でもこのことはちょっと触れた。

 2016年1月号だから既に二年になろうとしている。
  その折に触れたのは、抱っこで育てるのか、おんぶで・・・が主体。
E1fe9925bc315c602b092c3687b1cb13485     そんで、中国では抱っこ型が大勢を占めてたと思うが、
  それよりも、わたしの印象に残ったのは、
    その赤ちゃんをですね、
   かなり何重にもそのくるんでくるんで・・とでも言いますか、
  もうこれ、
   顔だけ出てる、何かの荷物??
  ってなくらいに、グルグル巻き状態。

    それを、ヒョイとか、大事にか、は別に構わないが、
   抱っこ。

    ですので、
   よく思い出す場面は、
   例えば、前を歩いてるお父さんやお母さんが赤ちゃんを抱いて、
   たまたま、それを後ろ向きに抱いてるときなど、
    肩越しに、ホントに顔だけ出てる荷物?のような感じで見える。 
   しかも、子供が目覚めていると、
   じっとこちらだけ、見てる、見てる。
    中国の赤ちゃんは概しておとなしい。
    そんな荷物状態でジッとしてる。
   もっとも手も足も出ないからそれより仕方ないが。
    上の写真を見て思い出した。
   上の文を書いた折、証拠の写真を掲載するのを忘れてたので、
   付け足しておこうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

はし、橋、 橋話題

   中国でここのところ、続けざまに橋の話題を耳にし、目にした。

4bed2e738bd4b31cc6e067f58cd6277f9f2
     今日、みたニュースはこれ。
   これもまぁ、橋?かな、
    高架橋ってやつですかね、
   こちらは、今日その着工が始まった!的なのを目にしたんですが、
   中国・北京でまたまた飛行場作ってまして、そのニュースから本来は
   お知らせしなくてはこの話題にならないんですが、そこは端折って、
    つもりその、新北京空港までの、リニアなかぁ?
   高速の交通機関を走らせよう、ってわけで、その準備に入ったよ!
    ってニュースでしたね。
   んん・・・・いつも思いますが、やることが早いよね。
   こんなのを見ると、日本の数倍のスピードで今中国は駆け抜けようとして
   いるのがよく判りますよね。
574e9258d109b3de6fc97926c7bf6c81800
     こちらは、高速鉄道と交差して走るこれ自動車道でしょうか、
    どちらも谷合に橋を架けてまして、
    それがまた、途中、空間で交差することもさることながら
    その橋の長さもまた、長そう!
9c16fdfaaf51f3de608e3e2a9feef01f3a2
     こちらは、出来上がったばかりの橋の上で
   その開通を祝って、まだ誰も通らないその橋の上に
   卓を並べ、村人が食事?のような説明文だったと思うが、
   この画像ではちょっとはっきりしないんですが、
    これが橋の上らしいので、その先のずっと向こうの光景が
   見えてますが、見えた先までず~っとそのまま橋なんでしょうね、きっと。
   だって、橋ならどっかで向こうが下降するはずですから、
   その前に途切れてもよさそう・・・
    いやいや、待てよ!谷あいに或いは河の上に掛けたはしなら
   そのままの高さかぁ・・・・んん・・・
     左前方に高層の建築物が見えるが・・・・
   まぁ、早い話がこの橋も長そうだ!と。

    あと、先週だったかに見たニュースでは
   記憶が曖昧というか、ちゃんと聞いてなかったが、
   三峡でしょうきっと、そこにまた新し橋が架かってその長さが・・・
   的なニュース。

    たまたまでしょうが、
   なんでこんなに、橋 ニュースが多いの??
   と思った。

    中国はまだまだかかるよねこの辺の交通・道路関係の整備に。
   そだけでも、あとからあとから、ありそう。
    それなのに、そんな、一番最初に書いたような飛行場専用のも
   また作らなくちゃならんのだから・・・・。

     ただ、
    わたしの杞憂は、
   こうした全ての建造物は建てるときは、盛大でいいんですが、
   そのあと、何十年かしてからの補修が!
     これが大変なんですよ。いま、日本がそうですが。
   考えてんのかなぁ・・・そんなことまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

北国の風物詩は、いまだ健在か?

    子供の頃・・・と言ってもわたしのだが、

  子供の頃、この季節ともなれば必ず見れて風景がある。
  それは、ダイコンを干す、各家庭の軒下やそれ専門の干場でそれが見れた。
U4637826831223720509fm27gp0
     中国ではこちら、ダイコンてんじて、ハクサイ。
   しかも!日本のように、わざわざ?吊るして干したりしない、
   その変に置きっぱなし、
   それでも十分とみてる、吊るしづらいしね。
   乾燥もきついので、干すのは簡単。
2cf5e0fe9925bc31611666da55df8db1cb1
    ・・・ってんで、この時期ともなれば、こうなる。
  こうなるんだ・・という映像を見せられて、何故か嬉しかった。
   何故嬉しんだろう?自分の見知った風景があるから?変わらないから?
   何でしょうね?
   こうした季節の風物詩的な画には、
   そこに暮らしが、
   しっかり根づいた生活があるように思う。

    子供の頃、
   日本にもそうした暮らしはあった。
   ダイコンがずら~と干してあるのを眺めながら、
   間もなく来るであろう冬の暮らしを思う。

    なんで?昔はよくあんなに色んなものを干してたたんだろう、
   確かに食料の保存として優れてもいたし、
   発酵食品しかり、
   干すことで、更に一段優れて食材として活用していたのだろう。
   知恵だね、知恵。

    いまのわれわれの日々の生活しは、
   単に時間をやり過ごしているにすぎないように思う。
   便利にはなった。全てがスイッチ一つで何とかなる。
   だから、なんだというの。便利になった分、何をしてるんだろう。

    中国の北国といって、どの辺あたりを言えばいいのか、
   南は南でこうした、これに似た何かがあるんだろうが、
   わたしの知ってる、その北国の古い古い中国ではよく、
   単位ダン・ウェィ(職場)ごとにこの白菜が割り当てというか
   手当になっていて、その職場の団地の前には山の様は白菜が
   積まれていた。
U9342827601527651346fm11gp0
    単位もなくなったし、
   この風景も徐々に見れなくなるんだろうな、
   とは思う。
   ということで、
   無くなる前に此処に記録しておこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

上海で、「万人(集団)お見合い」

U22201053293604181510fm27gp0

    11月11日が近づいてます。
   こちらは、上海で開催された、大型のお見合い会場。
 
     前に「わたしの見た中国」にも書いたが、
   すでに数年経ってる
    こちらをご覧下さい。

      こっからまた少し変わってきてるようだが、
    まぁ、その数がふえてることは間違いない。
U350282171755160553fm27gp0
      わらってられないない、
    大変なんです。
    親はもっと必死。
     ところが、会場の様子なんか見れましたが、
   当のご本人は至って、あせらず、あわてず、ですよ。
U30532823964027044954fm27gp0
    まぁ、せっかくやってんだからきてみました・・・って
   言ってましたよ。
    11・11 光棍節が近づき
   ザワザワし始めてきた中国です。

     これの結果ってか、
   どれ位の成功率??っての知りたいですが、
   この数じゃなねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

伊万卡旋風 - イ・ワン・カ・シュウァン・フン

Aa64034f78f0f73673e369470155b319ebc

   今週の中国語は、勉強にはならないかも、
  この人の、単なる?当て字的な中国語ですが、
  伊万卡 イ・ワン・カ
   となる。それだけ。

   これを取り上げたのは違う理由があって、
  昨晩、何気なくニュースを見ていたら、
  ちょっと笑ってしまった。ニュース番組で笑わせて貰えるとは
  期待してなかったのもあって、今日まだ引きずっている。

   何故って、このシーン、この人が来た!!
  それがトップニュースですよ!!
   いやぁいやぁ・・・日本のニュース番組も、どこに基準があるの?
  笑える!ヽ(*≧ε≦*)φ

    新聞紙上で改めて確かめたら、
   翌日、出席の「国際婦人会議」にご出席に為に来日なさそうな。
   おいおい、大丈夫かぁ??「国際婦人会議」?
   この人呼んじゃったの??
    しかも!これは別の人のお話だが、
   彼女が婦人の社会進出、婦人の職業?について語るそうな、
   彼女が?!!

    ホントにそれでいいの?「国際婦人会議」??
   よく判らんなぁ・・・
   何を期待してるんですか?

    またそれを、
   トップニュースで取り上げるニュース番組が更に判らん?
    あのですね、その朝のあの何てんですか?ニュース番組とも言えない
   ちょっと微妙な??
    思い出した!ワイドショーとか言ってる、
   あれなら・・・まだ・・・判らなくもないが・・・・
   いやいや、わたしの見たニュースは判るでしょ、ニュース番組です!
   いやいや、ニュースではありますからして、報道して構わないんです!
    でもその・・・トップニュースは止めてほしい!
    トップニュースで彼女が何を着てたか!は止めて!!

    笑えた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

中央電視台 中国語スピーチコンテストはもうこれショーでしょ、

U1045608503543368376fm27gp0

    これ、毎年やってまして、
   世界中からその中国語が自慢?の外国の方が
   それぞれの予選を勝ち抜いて、全国放送でその一番を決める、
   ってな、どこにでもあるコンテスト形式ですが、
    見ていて、これってホントにスピーチコンテスト??って
   疑問になる。
     確かに参加者の中国語は旨い、上手すぎでしょ!!

     それを決勝戦のところだけ、テレビでやろう・・・ってわけで、
   お話が上手いのはすでに常識で、
    そっから、この番組では
   中国語の理解度というか深さを試され、
    様々なクイズ、当然、中国語のに関するものですが、
   近年はその難易度を上げるためでしょ、これってホント必要な
   知識なの??というか、中国人でも知らないんじゃないの?
   無論わたしも判らない、
     そんな難易度にもう入ってますよね。
    更に、中国語を使ってのある仮想場面を設け、仮想の役で
   中国の人を即興でその相手をする、
     これはまぁ、判る!
   そのやり取りの巧妙さとか、適切さとか、
    但し、この辺にも、どんな役割になるかですでに難易度が変わる
   ので、そこにもう運みたいなものがある・・・でしょ。
    更に更に、
   多分?要求されるのは自国のなんでしょうが、何か芸事を或いは
   楽器の演奏だったり、特技の披露を・・・
    これって・・・・
   まぁまぁ、ショー的には必要なんでしょ。

     つまり、
    スピーチコンテストってやつが、
    聞かせる、聴く、・・・・
     から、
    見せる
     に変わりつつある。
U5683265972719252764fm27gp0
     そうなるともう、
    なんだろなぁ・・・
    芸能人の応募コンテストに近づこうとしてますけど・・・
   いいんですかね、それで。
    無論、優勝者、優勝チームはうまいですよ、
   ホント上手い!
    驚くほど上手い!!

    でも、なんだろうなぁ・・・この、しっくりこなさは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

ヴィッキー・チャォ 趙微 来日、東京映画祭

6c85bdc551a24dd2815a6538126cd438

   東京映画祭、
   審査員としての来日らしですが、
   女優の趙微 ヂャォ・ウェィ  ヴィッキー・チャオ さん
   上の写真右から二人目・・・って
   女性は一人だけの様ですが、
    彼女、今回は問題の発言もなく、問題の衣装も?もなく
   無難だったようですね。
D53f8794a4c27d1ed3c7c89d10d5ad6edcc
    結構・・というか、かなり日本がお好きですよね、
   そんで、何が言いたいかというと、
   そんなことでは全くなく、

    地方に住んでると、
   東京がいいなぁ・・・と思えるのはこういうときですよね、
   あと、美術館が多いとか・・・。
     まぁ、でも東京に住んでたからと言って、
   そんな余裕があるかどうかが・・・・そこが問題なんですが。
     機会は多くあった方がいいよね、という単純なお話です。
   でも、東京には住みたいとは思いませんけどね。

     こっからまた、話が変わりますが、
   例えばですね、東京に行ってたまにしか行かないので、
   必ず行くのが美術館と、古本屋街ですが、
    時々思うんですね、
   たまにこうして来るから、あぁ、これこの本知らなかった、
   これ買っとかないともう買い逃すかも・・・と思って買いますよ、
   買うから帰りの荷物が多くなって・・・・
    で、思うのは、もし、これが、もし、
   東京に住んでいていつでも目にして、何時でも買えるとなったら、
   果たして同じように、すぐにこれを買うかどうか・・・・
    ですよね。

    結局、
   東京映画祭で、かなりめってに見れない、
   中国映画も見れるんですが、
   見るかなぁ~
   自信ないなぁ・・・。

     ってことを、彼女のニュースを見ていて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

函館日中友好協会ー11月の予定

U29694082482571477447fm27gp0_2


    もっと、急激に冷え込むのかと思っていたら、
  今朝の、函館はそうでもないですね、雨ですが。
   11月に入りました。
  早いですね。
    今月の函館日中の予定行事は、
  11月18日土曜日に、
    陳冠伯さんを先生に、
  中国料理教室 を開催致します。
    すでに会員の皆さんには「はこだて日中」の発送をおもって
   お知らせしております。
    参加ご希望の方はお申し込みお急ぎください。
  参加費は会員1000円です。
   友人・知人をお誘いの場合は、そちらの人数もお知らせ
  下さい。また、会員以外の方の参加費は1500円となりますので
  ご注意ください。
    会員優先でのお申し込みを受け付け、
   定員になり次第締め切りとなります。
    電話またはメールで氏名人数の報告をお願いいたします。
   11月の中国語教室は
    11月6・13・20・27と
   各火曜日の授業が予定されております。
    但し、初級の6日と13日は先生の都合で、違う先生が
   代理で参ります、どうぞよろしくお願いいたします。
    以上が11月の日中の予定です。
   他に、ユネスコ協会さんから国際交流・留学生との集い
   ご案内をいただいております。
    こちらは、代表でどなたかに出席して頂きます。
   札幌日中友好協会から
   記念誌「10周年記念誌」が届いております。
    貸出ご希望の方はご連絡下さい。
   以上が、
    函館日中11月の予定です。
  どうぞよろしく。
U27385569761694245742fm27gp0





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »